お食い初め

お食い初めは写真だけ撮影してもいい?撮り方や撮影場所についても解説

お食い初めは子供にとって、大きな節目です。

生後100日をお祝いするため、「100日祝い」とも言われていますね

大きな節目になるため多くの方が写真撮影をして、思い出に残しています。

ただお食い初めの文化は段々と薄れていて、行事をおこなうよりも100日祝いとして写真だけを撮影しようと考えている方も多いです。

そこでお食い初めをおこなわずに、写真撮影だけしてもいいのか気になりますよね。

そこで今回の記事では、お食い初めをおこなわずに写真撮影だけをしてもいいのか解説します。

これからお食い初めを迎える子供がいる方はぜひ参考にしてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

お食い初めは写真だけ撮影してもいい?

ではさっそく、お食い初めは写真撮影だけしてもいいのかについて解説します。

結論からいうと、お食い初めは写真だけ撮影してもOKです!

しかし、ただ写真を撮っただけでは見返したときになんの写真なのかわかりません。

そのため、ただ写真を撮るだけではなくお食い初めをしていることがわかるように撮影するのがおすすめです。

「お食い初めの様子がわかるように撮影するなら、行事をおこなうのと同じでは?」と思うかもしれません。

しかしお食い初めは服装や撮影場所でわかりやすくできます。

服装や撮影場所についても解説します。

お食い初めで写真だけでも残しておくメリット

お食い初めで写真だけでも残しておくメリットでは続いては、お食い初めで写真だけでも残しておくメリットについて解説します。

そもそもお食い初めの文化を知らない場合、撮影する意味があるのかもわかりませんよね。

ここでは具体的にお食い初めで写真だけでも残しておくメリットを解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 赤ちゃんの成長記録になる
  • 家族で記念写真が撮れる
  • ママ友に共有できる

これらについてそれぞれ解説します。

赤ちゃんの成長記録になる

先程も言いましたが、お食い初めは生後100日をお祝いする行事です。

そのため、単純に赤ちゃんの成長記録になるのがメリットですね!

生後100日は生まれてからすぐのように感じますが、親子とも相当苦労しています。

そのような苦労を思い出として残すのも大切ですね。

また最近では、お食い初めではなく「100日祝い」を重視し「100日アート」も流行っています。

生後100日にフォーカスしたいなら「100日アート」をしてみるのもおすすめです!

家族で記念写真が撮れる

生後100日ともなれば、家族全員でお祝いをしたいと思いますよね。

そこで親戚や祖父母と集まる機会もあるでしょう。

子供の思い出だけでなく、親戚や祖父母との思い出にも繋がります。

ママ友に共有できる

最近ではSNSで子供を共有している方も多いですよね。

ママ友がいる方は、お互いに写真を共有できます。

また他のママ友がやっていたデザインを真似することもできるので、とてもおすすめです!

年賀状に使うこともできますし、いろいろな汎用性があるのでぜひ撮影しましょう。

お食い初めで撮影する際の服装

続いては、お食い初めで撮影する際の服装について解説します。

服装をカジュアルな格好以外にすることで、行事感を出すことができますね。

具体的に両親と子供の服装に分けて解説します。

両親の服装

両親と子供だけでお食い初めをおこなうなら、カジュアルな格好でも大丈夫です!

しかし親戚や祖父母を呼んでお食い初めをおこなう場合には、フォーマルな格好をするのが無難ですね。

父親はジャケットやスーツを着用し、母親はワンピースやスーツを着用しましょう。

自宅でおこなうだけであれば、全員カジュアルな格好でOKです。

子供の服装

子供の服装は、小袖やドレス、タキシードなど好きなものを選びましょう。

お食い初めの主役は子供なので、できるだけ正装をするのがおすすめです。

ただし長時間着せていると、嫌がってしまう可能性があるため、できるだけ手短に済ませてあげましょうね。

お食い初めで撮影する際におすすめの撮影場所

ではお食い初めで撮影する際におすすめの撮影場所を解説します。

具体的には以下の場所で撮影するのがおすすめです。

  • 自宅
  • 写真スタジオ
  • 神社

これらについてそれぞれ解説します。

自宅

お食い初めは本来、自宅でおこなうことが多い行事です。

そもそもお食い初めとは、「一生食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる行事です。

そのためお膳を用意して、食べさせる真似をするのが行事の内容です。

そのシチュエーションを撮影したいなら、自宅でゆっくりとおこなうのをおすすめします。

100日アートをする場合にも、自宅で横になって撮影することが多いため、自宅での撮影がおすすめです!

写真スタジオ

お食い初めは写真スタジオで撮影してもらうことも可能です。

お食い初めは大きな行事なので、写真スタジオに専用のプランが用意されていることもありますね。

お得に思い出に残る撮影をしてもらえるので、写真スタジオで撮影してもらうのもおすすめです。

神社

行事といえば神社を結びつける方も多いです。

お食い初めでもお参りに行くことがありますよね。

そこでお食い初めのお参り途中に撮影してもらうのもおすすめです!

出張撮影サービスを利用すれば、お参りをする神社までプロカメラマンに来てもらって撮影してもらえます。

写真スタジオよりも費用を抑えられるので、ぜひ利用してみましょう!

お食い初めを撮影するならプロカメラマンに依頼するのがおすすめ

プロに撮影依頼お食い初めの写真撮影は、プロカメラマンにしてもらうのがおすすめです。

出張撮影サービスを利用すれば、写真スタジオと比較して費用を抑えつつプロカメラマンに撮影してもらえます。

お食い初めの写真は一生の思い出になるので、できるだけおしゃれな写真を撮影してもらいたいですよね。

そしてプロカメラマンに写真撮影を依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは15枚納品で、10,780円という価格で提供しています。

またふぉとるには専属のコンシェルジュがいるため、子供や赤ちゃんの撮影が得意なプロカメラマンを紹介します。

ぜひふぉとるを使って、一生の思い出になるお食い初め写真を撮影してもらってくださいね。

>ふぉとるで撮影できる写真はInstagramで確認!

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】お食い初めは写真だけでもOK!思い出に残そう

この記事では、お食い初めを写真だけ撮影していいのか解説しました。

結論としては、お食い初めは写真だけ撮影してもOKです。

大切な思い出になるので、ぜひ撮影しておきましょうね。

またお食い初めの写真を撮影してもらうなら、プロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

出張撮影サービスのふぉとるでは、プロカメラマンによって大切な思い出を撮影できます!

ぜひお食い初めをふぉとるのプロカメラマンに依頼してみてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。