お食い初め

お食い初めはいつまでに行うべき?やり方や必要なものについて解説

赤ちゃんお成長を祈るための行事として、お食い初めがあります。

お食い初めの儀式は、生まれてから100日目に行う行事です。

今後、食に困らないことを祈るための儀式なのでしっかりと行ってあげる必要があるでしょう。

ただ、赤ちゃんが初めての場合、「いつ行えばいいの?」や「どのようにして行えばいいの?」と言った疑問があるかと思います。

そこで今回の記事では、お食い初めのやり方や必要なものについて徹底的に解説します。

これからお食い初めの儀式を行うという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

生後100日記念日の寝相アート!可愛い飾りや便利なアイテムを紹介生後100日目は一生に一度しかありません。 そんな日に、記念の寝相アートを作りたいと思っている方はとても多くいます。 今回の...

お食い初めはいつまでに行えばいいの?

お食い初めはいつまでに行うべき行事なのか、気になりますよね。

先程も言いましたが、基本的には生後100日目に行うのが一般的です。

ただ、地域によっては差があり、110日、120日という地域もあります。

また、必ずしも100日目に行わなければいけないということはありません。

出産後の母親の体調やお子さんの体調を最優先に考える必要があるので、100日に行えないということもあります。

ちなみに、お食い初めを行う意味は「生きていく上で食に困らないため」なので、離乳食が始まるまでには終えておきたいですね。

100日を過ぎていてもお食い初めをすることは可能なの?

先程も言いましたが、100日を過ぎてしまっていてもお食い初めをすることは可能です。

伝統的な行事ではありますが、必ずしも100日にやらなければいけないという理由はありません。

そもそも、お食い初めを必ずやらなければいけないという理由もないので、ご家族の中で考えてみることをおすすめします。

ただ、生後100日という一つの節目として祝ってあげることは大切ですね。

体調に問題が無いのであれば、ぜひやってあげましょう!

お食い初めをする日程を決めるポイント

お食い初めをする日が100日目というのはわかっていただけたかと思いますが、平日であったり、外せない用事とバッティングしてしまったりする可能性はありますよね。

ご家族だけで行うのであれば、簡単にできるかもしれませんが、家族以外にも招待をするのであれば土日祝日に行う必要があります。

お食い初めの儀式を行った後に、会食をするという家庭も多いので、みなさんが集まれる日にちを考えておきましょう。

その場合、100日を過ぎてしまっても問題ありません。

また、生後100日というのはまだまだ体調に不安が残ります。

急に体調を崩してしまうということも考えられるので、柔軟に対応できるように考えておきましょう。

お食い初めをするまでにするべき準備

お食い初めをするまでにするべき準備について紹介します。

基本的には、下記の3つを準備しておきましょう。

  • 食事
  • 食器
  • 歯固め石

お食い初めの儀式にはこれら3つが必要です。

ではそれぞれ解説します。

食事

お食い初めの食事は一汁三菜が基本です。

具体的には以下のようなものを用意しておきましょう。

  • 鯛(魚類):鯛の尾頭付きが一般的
  • 赤飯(米類):赤飯はお祝の場で欠かせないご飯
  • お吸い物:鯛や季節の野菜を入れる
  • 煮物:人参・大根・かぼちゃなど
  • 香の物

お食い初めをするのであれば、このようなものを用意しておくことがおすすめです。

最近では、仕出しで取り寄せをすることもできるので、ご自身で用意することが難しいという方はそちらを利用してみましょう。

【お食い初め】百日祝いの料理は何がいいの?料理以外に必要なこと紹介百日祝いの料理として、お食い初めがありますよね。 そこでどのような料理を食べればいいのかわからない方もいらっしゃいます。 ど...

食器

お食い初めをするとなれば、特殊な食器が欠かせません。

具体的には、以下のようなものが必要です。

  • 祝い箸
  • 漆塗りのお膳

お食い初めでは、これら2つの用意が必要です。

それぞれ解説します。

祝い箸

実際にお子さんに食べさせるわけではないのですが、食べる真似をするために使用するため箸です。

柳で作られている物を使用し、八寸(24cm程度)の長さの物を用意しましょう。

八寸の意味は、「末広がりの八」を意味しています。

生後1ヶ月で、お宮参りをする際に神社の方にもらえることもあります。

また、百貨店で購入することもできるので、持っていないという方はご自身で用意したほうがいいかもしれませんね。

漆塗りのお膳

お食い初めの料理を置くためのお膳を用意しなければなりません。

漆塗りのお膳を用意する必要があるのですが、男の子と女の子で若干異なっているので、それぞれ解説します。

男の子の場合

男の子の場合には、内側と外側の両方が漆塗りのお膳を使用しましょう。

ただ、地域によっては使っているお膳が異なっている場合もあるので、年長者に聞くことがおすすめです。

女の子の場合

女の子の場合には、内側が朱塗りで、外側が黒塗りのお膳を用意しましょう。

ここでは、一般的なお膳について紹介しましたが、地域によっては男女が逆のものを使用するということもあるので、確認しておくことが重要ですね。

歯固め石

お食い初めをする際に最も重要なアイテムが歯固め石です。

歯固め石というのは、赤ちゃんの歯茎に優しく付けてあげるために使います。

歯固め石を赤ちゃんの歯茎に付けてあげることで、立派な歯が生えてくることを祈ります。

昔の人達は、歯が強ければ長寿であると考えられていたのでこのような儀式が行われていました。

歯固め石は、どんな石でも良いというわけではありません。

しっかりとした歯固め石の入手方法は以下のとおりです。

  • 神社でもらう
  • 神社から拾ってくる
  • お食い初めセットを購入する

このような方法があります。

それぞれ具体的に解説しますね。

神社でもらう

歯固め石は、神社でもらうことができます。

生後1ヶ月程度でお宮参りをした方も多いと思いますが、その際にお食い初めで使用する歯固め石や祝箸をもらえる神社も場合もありますね。

お宮参りをまだ済ませていないという方は、神社で聞いてみることがおすすめです。

もちろん、お宮参りを済ませてしまっているという方も多いと思いますので、再度訪れて聞いてみることもいいでしょう。

神社から拾ってくる

神社から拾ってくるということもできます。

境内でちょうど良さそうな石を見つけることができれば、それを使用するということも考えておきましょう。

その際には、しっかりと消毒をする必要があります。

使い終わったら神社の境内に戻すことも忘れずにしましょうね。

お食い初めセットを購入する

お食い初めセットが販売されていることもあります。

仕出し屋さんでお食い初め用のご飯を購入した際に、食器や料理、歯固め石が一緒に付いてくるということもあるので、一気に用意したいという方におすすめです。

歯固め石の代用

歯固め石を使うということは、外に落ちている石を使うということがほとんどです。

そのため、いくら消毒をしたとしても嫌な方は嫌でしょう。

そのような方のために、歯固め石以外に使えるアイテムを紹介します。

歯固め石の代わりになるアイテムは以下のとおりです。

  • タコ
  • アワビ
  • 栗の実
  • 碁石
  • 紅白餅

これらのアイテムであれば代用することができます。

石を赤ちゃんの歯茎に付けたくないという方は、上記のもので代用しましょう。

お食い初めはどこで行えばいいの?

お食い初めの儀式はどこで行えばいいのかわからないですよね。

基本的には、自宅で行うことが多いです。

また、個室のあるレストランでも行うことがありますね。

レストランに行けば大人と赤ちゃんの料理の両方を用意することができるので、楽に行事を済ませることが可能です。

ただ、生後100日程度の赤ちゃんは、体力がほとんどないので長時間慣れない場所に居ることはおすすめできません。

体調を崩してしまう可能性もあるので、できるだけ短い時間で済ませるように心がけましょう。

また、真夏や真冬の場合には、赤ちゃんだけでなく母親の体調にも気をつけてあげましょうね。

お食い初めには誰を呼べばいいの?

お食い初めの儀式をするときに、誰を呼べばいいのか疑問に思いますよね。

基本的には、両親と赤ちゃんだけで済ませせることが多いです。

ただ。ご家庭によっては、祖父母や親戚を呼んで大々的に行うということもあります。

そのような場合には、会食をするということもあるので、そちらも考えておく必要がありますね。

このような行事がない限り集まらないということもあるので、もし集まれるのであれば集まることをおすすめします。

と言っても、誰かを呼ばなければいけないということはないので、ご家族の中で相談して決めましょう。

お食い初めの写真撮影なら「ふぉとる」

プロのフォトグラファーに撮影を依頼することで、安心安全に写真撮影を行ってもらうことができます。

「ふぉとる」の百日祝いの記念撮影であれば、かわいらしい赤ちゃんの姿をしっかりと撮影してもらうことが可能です。

それ以外にも、赤ちゃんとご両親の日常的な写真を撮影することもできます!

「ふぉとる」であれば、ご自宅まで出張して撮影することも可能です。

また、1時間からフォトグラファーに撮影を依頼することができるので、赤ちゃんやママへの負担も少ないですね!

もちろん、赤ちゃんの撮影に特化しているフォトグラファーも多数いますので、安心して撮影を依頼することができます。

お食い初めの記念写真をプロのフォトグラファーに依頼したいという方は、ぜひ「ふぉとる」をご利用ください。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

お食い初めの儀式まとめ【いつ・どこで・誰と】

この記事では、お食い初めの儀式についてまとめてきました。

この記事で紹介した内容をまとめておきます。

いつ:生後100日程度
どこで:自宅やレストラン
誰と:ご家族や親戚で

これだけ覚えておきましょう。

また、お食い初めには必要なアイテムが多いので、しっかりと用意しておきましょうね。

お食い初めの写真をおしゃれに撮る方法とは?100日祝いを思い出に!赤ちゃんの生後100日を祝う、お食い初めではおしゃれな写真を思い出に残したいと考えている方がたくさんいらっしゃいます。 生後100...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。