お食い初め

お食い初めの写真撮影を行う際の服装とは?マナーやポイントを紹介

お食い初めというのは、赤ちゃんが生まれて100日ごろに、「一生食べ物に困りませんように」と願う行事です。

そんなお食い初めを行う際には、写真撮影をすることが一般的です。

写真撮影をしなければいけないとなると、服装に気を遣わなければなりませんよね。

しかし、初めてのお食い初めの場合、どのような服装が正しいのかわからない方も多いです。

そこで今回の記事では、お食い初めの写真撮影を行う際の服装や服装のマナーについて紹介します。

お食い初めについても簡単に紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

お食い初めの写真撮影をする際の服装のマナー

ではさっそく、お食い初めの写真撮影をする際の服装のマナーについて紹介します。

普段着でもいいのか、フォーマルな格好がふさわしいのか、気になりますよね。

それぞれ紹介します。

普段着でもOK

お食い初めを自宅で行うにしても、外食をするにしても、普段着で参加してOKです。

普段と全く変わらない服装でも問題はありませんが、印象を良くしたいのであれば、カーディガンを羽織ることがおすすめです。

汚らしい格好にならなければ問題はないので、普段着でも大丈夫でしょう。

フォーマルな格好がふさわしい

普段着でも問題はないのですが、できればフォーマルな格好をするといいでしょう。

特に、神社に行ってお参りをする場合であったり、外食をしたりするのであれば、フォーマルな格好がおすすめです。

フォーマルな格好の例に関しては後程詳しく解説します。

お食い初めの写真を撮影するときの服装は何がいいの?

お食い初めの写真を撮影するときの服装について紹介します。

ここでは、以下の4つに分けて紹介します。

  • 赤ちゃんにおすすめの服装
  • 母親におすすめの服装
  • 父親におすすめの服装
  • 祖父母におすすめの服装

これらについてそれぞれ解説します。

赤ちゃんにおすすめの服装

赤ちゃんと言っても、男の子と女の子では着るべき服装が異なりますよね。

そのため、男の子と女の子でそれぞれ紹介します。

男の子

まずは男の子の衣装から紹介します。

基本的には以下の衣装をすることがおすすめです。

  • ロンパース
  • 普段着

タキシード型のロンパースや着物型のロンパースを着ることで、正装感が増すのでとてもおすすめと言えるでしょう。

タキシード型のロンパースにベストやジャケットが付いている物であれば、春夏秋冬どれにも対応できるのでおすすめです。

着物型のロンパースの場合には、日本行事をしているという気持ちになれるでしょう。

どちらもお食い初めの儀式に合った服装なので、おすすめですね。

女の子

続いては、女の子の衣装について紹介します。

基本的には以下の衣装をすることがおすすめです。

  • ロンパース
  • セレモニードレス
  • お宮参りで使用した衣装
  • 普段着

女の子であれば、セレモニードレスを着ることがとてもいいですね!

華やかさを出したいときには、ドレスを着用することがとてもおすすめです。

また、お宮参りを行ったときに来ていた衣装を着ることもいいでしょう。

お宮参りは生後1か月程度で行われる行事なので、もしかすると着ることができないかもしれませんが、着させられれば使い回すことも可能です。

母親におすすめの服装

続いては、母親におすすめの服装について紹介します。

母親がお食い初めに参加する際には、以下の服装がおすすめです。

  • 授乳服
  • 着物
  • スーツ

お食い初めを行う時期は、まだまだ授乳をしなければなりません。

外で授乳をしなければならないタイミングが来ることを考えると、簡単に授乳ができる授乳服がおすすめです。

この際におすすめなのが、フォーマルな授乳服を用意することです。

今後もこのような行事はたくさんあるので、1着用意しておくと安心でしょう。

父親におすすめの服装

続いては、父親におすすめの服装を紹介します。

父親におすすめの服装は以下の通りです。

  • スーツ
  • 着物

フォーマルな格好をするのであれば、上記の2着がおすすめですね。

ただし、お子さんよりも目立つ格好をすることはNGです。

というのも、あくまでも主役は赤ちゃんなので、それよりも目立ってしまってはおかしいからですね。

服装の「格」という概念を理解して服装を選びましょうね!

祖父母におすすめの服装

祖父母の服装は、両親の服装に合わせることが大事です。

父母がスーツや和装をしているのであれば、それに合わせて服装を決定します。

両親と祖父母が参加してどちらかだけ普段着だと浮いてしまいますよね。

そうならないためにも、祖父母と両親の服装は合わせることが大事です。

事前にどのような服装でお食い初めを行うのか確認をしておきましょう!

お食い初めの服装を決める際に必要な「格」とは?写真撮影にも関わる

先ほどから、服装の「格」について紹介していますね。

「格」というのは、お食い初めのような儀式やフォーマルな場で考えなければいけない服装のマナーです。

着物の「格」については下記を参考にしてください。

子供 父親 母親
1 着物・袴 着物・フォーマルなスーツ 着物・スーツ
2 スーツ・ドレス ビジネススーツ ワンピース
3 カジュアル カジュアル カジュアル

このように、服装には「格」が決められていて、ご家族が同じ格の服装を選ぶことが重要です。

服装の格が異なっていると、浮いてしまうので気を付けましょう。

お食い初めの写真撮影を行うとなれば、一生の思い出になりますよね。

そんな写真で、服装がちぐはぐだと、いい気分ではないでしょう。

そうならないためにも、服装の「格」という概念を理解してお食い初めを開催してくださいね。

お食い初めを行う時期ごとによる服装のポイント

お食い初めは、生まれた時期によって行う時期が異なりますよね。

そのため、春夏秋冬ごとにおすすめの服装を紹介します。

肌寒さが残る3,4月ごろには、ロンパースを着せてあげることがおすすめです。

また、寒いときに羽織ることができる毛布があると、安心してお食い初めの写真撮影をすることができるでしょう。

春の終わりの5月ごろになると、気温が高くなるので体温調節ができるような服装にしてあげるといいですね。

ブランケットや薄手の毛布を一緒に持っていきましょう。

6,7月ごろの梅雨の時期には、通気性の良い衣装を着せてあげましょう。

麻素材のベビー服であれば、通気性もいいですね。

写真撮影をするときだけかわいい服に着替えさせてあげることがおすすめです。

ただ、お祝いの時には普段着に着替えさせてあげると楽になりますね。

秋は季節の変わり目なので、体温調節がとても重要です。

9月ごろにはまだまだ暑さが残っているので、7,8月と同じ衣装でも問題ありません。

しかし、9月後半から10月に入ると、気温の上下が大きくなってくるので、体調を崩しやすい時期になります。

また、11月に入ると一気に寒くなるので、温かい衣装を用意してあげることがとても重要ですね。

春と同様に、ブランケットや薄手の毛布を一緒に持っていきましょう。

冬になると、完全に寒くなりますよね。

もちろん、寒さの対策は必須なのですが、暖房に対する対策もしなければなりません。

温かい格好をしてあげることは当たり前なのですが、暖房によって汗をかいてしまうことを考慮してください。

汗をかいていないかこまめにチェックするとともに、汗をかいてしまったときのために肌着を持っておくことがおすすめです。

お食い初めの衣装はどのように用意すればいいの?

続いては、お食い初めの衣装を用意する方法について紹介します。

お食い初めの衣装を用意する方法は以下の通りです。

  • 通販で購入する
  • 衣装のレンタルサービスを利用する
  • 知り合いや近所の方に借りる

これらについてそれぞれ解説します。

通販で購入する

お店で購入することが一番ですが、いろいろな理由があって買いに行けないということもあるでしょう。

その場合には、ネットショッピングや通販を利用して購入することがおすすめです。

直接触って確認することができないので、どのような素材かわからないのがデメリットと言えます。

しかし、家でゆっくりと商品を選ぶことができ、家まで送ってもらうことができるので、とても簡単に買い物をすることが可能です。

忙しい方や、疲れがたまっている方にとってはとてもいいサービスなので、ぜひ利用してみましょう。

ただ、衣装選びで失敗したくないという方がほとんどだと思いますので、しっかりとレビューの確認をしておくことがおすすめです。

レビューをみることで、実際に購入した人たちの声が聴けるので、それを参考に衣装を購入しましょう。

衣装のレンタルサービスを利用する

お食い初めは一生に一度しかないので、衣装を購入すること自体がもったいないと感じる方もいるかもしれませんね。

そのような方は、衣装のレンタルサービスがおすすめです。

衣装のレンタルサービスを利用すれば、お手入れをする必要もなく、お食い初めで利用するだけでいいのでとても楽でしょう。

また、お子さんだけの衣装ではなく、母親や祖母の衣装も選べることがあります。

ただし、衣装をレンタルするとなると、汚してしまった場合にクリーニング費用が高くなってしまうことがあります。

お食い初めを行うということは、食べ物を使うわけですから、汚してしまうということはよく考えられますよね。

それを避けるためには、先にレンタルした衣装で写真撮影を行ってから、お食い初めを行うという流れです。

このような流れであれば、衣装を汚さずに済みますね!

レンタル衣装を汚してしまうと、クリーニング費用がとても高くなってしまうので気を付けましょう。

知り合いや近所の方に借りる

最後は、知り合いや近所の方に借りることがおすすめです。

近所に仲の良い知り合いがいることが前提ですが、借りることができればとても楽ですよね。

無料で借りるとは言いづらいかもしれませんが、衣装を購入したりレンタルしたりするよりも安く借りることができるので、声をかけてみることがおすすめです!

ただ、お子さんのお食い初めの時期がかぶっていると借りられないので、あてにしすぎないように気を付けましょう。

そもそもお食い初めはどのような行事?

「そもそもお食い初めはどのような行事?」という方もいるでしょう。

ここからは、お食い初めについての解説をします。

  • 何をする?
  • 必要なものは?
  • いつ行うの?
  • どこでする?
  • 誰を呼ぶ?

これらについて簡単にまとめますね。

何をする?

「そもそも、お食い初めでは何をするのか?」という疑問をお持ちの方もいると思います。

お食い初めは、赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて行われる儀式です。

この儀式では、祝い膳を用意して、それを食べる真似をしたり、歯固め石を歯茎につけてあげたりします。

また、生後100日を祝って行われるので、「百日祝い」と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

必要なものは?

続いては、お食い初めに必要なモノについて紹介します。

基本的には、以下の3つの物が必要です。

  • 食事
  • 食器
  • 歯固め石

具体的な内容については以下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。

【お食い初め】百日祝いの料理は何がいいの?料理以外に必要なこと紹介百日祝いの料理として、お食い初めがありますよね。 そこでどのような料理を食べればいいのかわからない方もいらっしゃいます。 ど...

いつ行うの?

お食い初めを行う時期は、生後100日目とされています。

しかし、地域によっては、110日目や120日目とされている地域もあるので、異なっていることがありますね。

必ずしも決められた日に行う必要はなく、赤ちゃんや母親の体調がいい日に行いましょう。

具体的な内容については以下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。

お食い初めはいつまでに行うべき?やり方や必要なものについて解説赤ちゃんお成長を祈るための行事として、お食い初めがあります。 お食い初めの儀式は、生まれてから100日目に行う行事です。 今...

どこでする?

基本的には、自宅か外食のどちらかで行います。

自宅の場合には、ご自身で祝い膳を用意する必要がありますが、気楽に行うことができますね。

一方で、外食をする場合には、お食い初めの食事が用意されているところを選ぶことがおすすめです。

ホテルや料亭であれば、用意されていることもあるので、外食が良いという場合には探してみましょう!

誰を呼ぶ?

お食い初めをやるとなると、誰かしら呼んだほうがいいのかと思うかもしれませんね。

基本的には、誰かを呼ばなければいけないというルールはありません。

ほとんどの方は、ご家族間で行うか、祖父母を呼ぶことが多いです。

お食い初めを行う手順

続いては、お食い初めを行う手順について紹介します。

お食い初めをするとなると、基本的に食事の儀式をさせることになりますよね。

食べさせる真似の儀式にはしっかりと順番が決められています。

お食い初めをするのであれば以下の順番で行うようにしましょう。

  1. 赤飯
  2. お吸い物
  3. 赤飯
  4. 赤飯
  5. お吸い物

このような順番で食べさせる真似をすることが一般的です。

具体的には以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

お食い初めで食べさせる物の順番は決まっている!準備方法を徹底解説赤ちゃんが生まれてから三か月程度で行われる「お食い初め」という儀式を聞いたことがあるでしょうか。 お食い初めでは、赤ちゃんの健やか...

お食い初めの食事は何を用意すればいい?

最後に、お食い初めで用意するべき食事について紹介します。

基本的に、お食い初めでは縁起の良いモノをたくさん用意することがおすすめです。

具体的には以下のようなものを用意するといいでしょう。

  • 鯛(魚類):鯛の尾頭付きが一般的
  • 赤飯(米類):赤飯はお祝の場で欠かせないご飯
  • お吸い物:鯛や季節の野菜を入れる
  • 煮物:人参・大根・かぼちゃなど
  • 香の物

最近では、お取り寄せをすることもできるので、「作るのが大変だな…」という方は利用してみることもおすすめです。

お食い初めの写真を想い出に残すなら「ふぉとる」!


プロのフォトグラファーに撮影を依頼することで、安心安全に写真撮影を行ってもらうことができます。

「ふぉとる」の百日祝いの記念撮影であれば、かわいらしい赤ちゃんの姿をしっかりと撮影してもらうことが可能です。

それ以外にも、赤ちゃんとご両親の日常的な写真を撮影することもできます!

「ふぉとる」であれば、ご自宅まで出張して撮影することも可能です。

また、1時間からフォトグラファーに撮影を依頼することができるので、赤ちゃんやママへの負担も少ないですね!

もちろん、赤ちゃんの撮影に特化しているフォトグラファーも多数いますので、安心して撮影を依頼することができます。

お食い初めの記念写真をプロのフォトグラファーに依頼したいという方は、ぜひ「ふぉとる」をご利用ください。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

お食い初めではしっかりと服装を整えて写真撮影をしましょう

この記事では、お食い初めで写真撮影をする際の服装について紹介しました。

お食い初めは一生に一度しかない行事なので、しっかりと行ってあげることがおすすめです。

写真撮影を行っておくことで、将来見たときにいい思い出になっていること間違いないですね!

ぜひお食い初めを行って、記念写真を撮影しておきましょう。

家族写真の撮影が人気なスタジオ10選!スタジオの選び方についても紹介お子さんが生まれると、家族写真の撮影の機会が増えますよね。 七五三や入学式、卒業式などいろいろな行事があるので、必然的に写真を撮影...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。