お食い初め

生後100日記念日の寝相アート!可愛い飾りや便利なアイテムを紹介

生後100日目は一生に一度しかありません。

そんな日に、記念の寝相アートを作りたいと思っている方はとても多くいます。

今回の記事では、かわいい寝相アートを撮影したいという方向けに、寝相アートにおすすめのアイテムやかわいい寝相アートを紹介します。

これから寝相アートを作ってみたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

100日祝いとは?

そもそも、100日祝いとは何?という方もいるかもしれませんね。

その名の通り、生後100日を祝うことを指します。

そして、生後100日を祝う際に、寝相アートを記念として撮るというイベントが生まれました!

また、100日祝いにはお食い初めと呼ばれるお祝い事もあります。

お食い初めは平安時代から行われている行事の一つで、赤ちゃんの健康を祈るために行われています。

お食い初めでは、魚を箸で食べることが基本です。

100日アートと一緒に行ってあげましょう!

100日記念日の寝相アートをするときのポイント

100日記念日は一生で一度しかきませんよね。

そのため、数日前から準備をしておきましょう。

あらかじめ、撮影したいシチュエーションや構図を固めておくと、当日にイメージ通りの写真を撮ることができます。

では、100日祝い当日までに準備しておくべきポイントや、当日のポイントを紹介します!

  • テーマ決定
  • テーマに沿ったアイテムの購入
  • 購入したものの事前準備
  • 当日は赤ちゃんを刺激しないようにする

それぞれ簡潔に紹介します。

テーマ決定

最初に行ってもらいたいこととしては、100日祝いのテーマを決めることです。

インスタやツイッターに100日祝いの写真を載せてくれている人はたくさんいるので、それらを参考にしてもいいでしょう。

事前にテーマを決めておかないと、どんな寝相アートを作っていいのかわからなくなってしまいます。

寝相アートの完成系が想像できないと、アイテムも購入できませんよね。

そのため、最初の段階でテーマをしっかりと決めておきましょう!

テーマに沿ったアイテムの購入

続いては、決定したテーマをもとにアイテムの購入をしてください。

寝相アートで使うアイテムは大量になってしまうという方も少なくありません。

たくさんのアイテムで、いろいろな写真を撮りたいですよね。

そのため、ご自身で決めたテーマに合うようなアイテムを揃えておきましょう。

購入したものの事前準備

購入したものは、テーマごとに分けておいておきましょう。

当日になって、ぐちゃぐちゃだとどれを使うのかわからなくなってしまうことがあります。

そうならないためにも、事前に仕分けをしておくことをおすすめします。

当日は赤ちゃんを刺激しないようにする

赤ちゃんは、少しの音でも起きてしまいます。

また、寝返りを打てるようになっていると、寝相アートを撮影することは難しいかもしれません。

100日はその日しかありませんが、絶対に100日目に撮影しなければいけないということはありませんので、赤ちゃんの動きに合わせましょう。

無理やり写真を撮ってしまうと、泣き出してしまう可能性もあるので、かわいそうですね。

赤ちゃんの体勢に合わせてアイテムの配置を変更できるといいですが、難しい場合は時間をおいて望みましょう。

寝相アートで使えるアイテム紹介

ここからは、寝相アートで使えるアイテムを紹介します。

100均でも買えるようなアイテムがほとんどなので、ぜひ参考にしてください。

寝相アートで使えるアイテムは以下の通りです。

  • フェルト
  • 造花
  • 手芸
  • ひも
  • 文字ブロック
  • 風船
  • おむつ
  • お気に入りのおもちゃ

これらを紹介します!

フェルト

最も使われているアイテムと言っても過言ではないですね!

大判のフェルトを購入してきて、背景に使ってあげるといいでしょう。

背景によって、雰囲気も変わってくるのでとても使いやすいです。

また、大判のフェルトであれば、自身でカットすることによって好きな形にすることができます。

テーマに合わせて様々な形に変化させられるのも良い点ですね!

赤ちゃんに害がないので安心して使うことができます。

造花

造花を入れたいという方も多くいます。

特に、季節のお花を入れてあげると、100日祝いの季節も思い出にしておくことができるので、雰囲気を出すことができますね!

また、お花があるというだけで一気に華やかになるので、かなりおすすめのアイテムです。

手芸

手芸の商品で言えば、綿を用いて雲や雪を表現することができます。

また、綿も再利用することができるので、無駄にならないという点もいいですね。

綿を使ったとしても、赤ちゃんに害がないので安心です。

ひも

ひもを使って、天使の羽を表現している方もいますね。

ほかにも、写真全体をご祝儀のように表現して、ひもを用いるという方もいます。

100均でも、いろいろな色のひもを販売しているので、使いたい色のひもを購入してみましょう!

文字ブロック

文字ブロックを入れることで、何の写真かすぐにわかるようになりますね。

シンプルに100日祝いを表現することができますし、ブロックで遊んでもらうこともできます。

ひもや綿を大量に買ってくるよりも、シンプルな写真を作れますね。

加えて、ゴミも増えないのでおすすめです。

風船

小さい風船や、ナンバーバルーンを使うことをおすすめします。

ナンバーバルーンは、きらきら光っているので豪華さを手っ取り早く出すことができますね!

ナンバーバルーンの0を赤ちゃんの顔に収めてあげるととてもかわいい写真を撮影することも可能です。

ナンバーバルーンも、100日祝いということを簡単に表現できるのでおすすめです。

おむつ

普段から使っているおむつで100を表現する方もいます。

使っているおむつに柄が付いていると、かわいらしい写真になりますね!

また、後々見返すと「こんなおむつ履いていたなぁ」という気持ちになれて、懐かしく思えるので素晴らしいアイテムです。

お気に入りのおもちゃ

やはり、お気に入りのおもちゃは欠かせません。

お気に入りのおもちゃも、大きくなってから見返すと懐かしくなるものです。

せっかくなので、おもちゃも入れてあげましょう!

かわいい寝相アート紹介

それではここからかわいい寝相アートを紹介します。

お花で0を表現

こちらの写真では、赤ちゃんを1にしてお花で0を表現していますね。

シンプルですが、とてもきれいな写真です。

ハートの紙でかわいい男の子

こちらの写真は、100日祝いを表現はしていませんが、しっかりとハートの紙を設置できていて、かわいい写真取れています。

100日祝いだからと言って、必ず100を表現しなければいけないわけではないので、テーマに合わせて撮影をできるといいですね。

寝相アートを撮影するときのポイント

寝相アートを撮影するときには、構図やアングルなどが決まっています。

うまい写真を撮るときには、構図やアングルが重要になので、それらのポイントを紹介します。

また、撮影時に気を付けなければならないポイントは他にもあるので、併せて紹介します。

構図やアングル

まずは、構図やアングルについて考えてみましょう。

基本的には、赤ちゃんを写真のど真ん中に置いてインパクトのある写真を撮ればOKです。

そのため、構図に関しては日の丸構図を使いましょう。

また、アングルはハイアングルがおすすめです。

真上から撮ることによって、平面的に見えるようになります。

両親で横に入って、自撮り棒を使っても問題はありません。

ただ、スマートフォンが絶対に落ちないように気を付けましょう。

カメラで人物を撮影する際に使える構図を紹介!それ以外の技術も重要人物の撮影を考えているときに、どのような撮影方法がマッチしているのか、わからないという方も多くいます。 実は、人物を撮影する際に使...

影の使い方

写真撮影における影は最大の敵です。

真上からの撮影をするとなると、自身の影が映ってしまいますよね。

ただ、それを回避する方法もあります。

それは、自然光を利用することです。

家にある電灯は消して、日中に外から入ってくる日差しだけで撮影をするようにしましょう!

そうすれば、影を減らすことができるので、撮影者の影が邪魔になることはありませんね。

撮影時のモード設定

最後は設定モードの紹介です。

赤ちゃんが寝ているのであれば、そのまま撮影しても問題はないですが、起きているとなるといつどんな動きをするかわかりません。

そのため、狙った写真を撮ることが難しいです。

狙った写真を撮るためには、連写モードを使いましょう。

連写モードを使ってとにかく大量の写真を撮ることで、撮りたかった写真を撮ることができます。

寝ている時には、起きてしまう可能性があるので、シャッター音に注意ですね!

寝相アートで生後100日をお祝いしてあげよう

生後100日というのは、人生で1度しかありません。

そのため、できるだけ可愛く撮ってあげましょう!

アイデア次第でいろいろな撮影ができるのでぜひいろんなシチュエーションでの撮影をしてみてくださいね!

また、100日祝いをプロのフォトグラファーに依頼することもできます。

一生に一度しかない大切な日を、最高級の写真に収めたいのであればプロのフォトグラファーに撮影を依頼してみましょう!

赤ちゃんの笑顔を引き出すことが得意なフォトグラファーもいるので、満足のいく写真を撮るためには、とてもおすすめです。

100日祝いの写真撮影を頼むなら「ふぉとる」。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。