お食い初め

【お食い初め】百日祝いの料理は何がいいの?料理以外に必要なこと紹介

百日祝いの料理として、お食い初めがありますよね。

そこでどのような料理を食べればいいのかわからない方もいらっしゃいます。

どんな食事が、お食い初めの行事に合っているのかわからないと用意のしようがありません。

そこで今回は、お食い初めで食べるべき料理を紹介します。

また、お食い初めでは料理以外にもさまざまな用意が必要です。

それらについてもまとめて紹介します。

百日祝いとは?どんな行事なのか解説

そもそも、百日祝いとは生後100日を祝う行事です。

お食い初めには、赤ちゃんが食べ物に困ることが一生ないように願う意味があります。

また、お食い初めと一緒に歯固めも行います。

歯固めでは、石のような硬く丈夫な歯が生えてくることを願い行われる行事です。

歯固め石を赤ちゃんの歯茎に当ててあげることで、儀式が完了します。

百日祝いに必要な道具

正式なお食い初めには様々な道具が必要です。

正式にお食い初めを行うのであれば、下記の3つのものを用意しておきましょう。

  • 祝い箸
  • 祝い膳
  • 歯固め石

それぞれ紹介します。

祝い箸

祝い箸は、柳の木からできている箸で、長さが八寸(24cm)で作られています。

八寸の長さに意味があり、『八』の字が末広がりで縁起がいいとされています。

縁起の良いモノなので、普通の箸ではなく祝い箸を利用しましょう。

祝い膳

祝い膳というのは、お食い初めの時以外にも七五三や成人式などのお祝いの席で出される食事のことを指します。

基本的には、鯛や赤飯のような食事が主流です。

現在では、イタリアンのような洋食のメニューが出されることもあります。

自分の家で作ることもできるので、後程献立を紹介します。

歯固め石

歯固め石は、赤ちゃんの歯が丈夫に育つことを祈って使用されます。

箸で歯固め石に触れた後に赤ちゃんの歯茎を触れることで儀式は終了です。

地域によっては、歯固め石を直接赤ちゃんの歯茎に付けることもあります。

どちらの場合にしても、しっかりと熱湯消毒をしたうえで行いましょう!

また、地域によっては歯固め石ではなく梅干しや栗を使って儀式を行うこともあります。

いろいろな意味が込められているので、お好きなものを使ってもいいですね。

お食い初めに重要な歯固め石の入手方法を解説

そもそも、歯固め石はどこで手に入れればいいのか不明という方もいるかと思います。

歯固め石は、神社に行ってそこにある石を借りてくることが一般的です。

お宮参りの際に、祝い箸や祝い膳と一緒にもらうことができる神社もあります。

ただ、神社から石を取ってくることに抵抗があるという方は、歯固め石を購入することもできるので、そちらを利用するといいでしょう。

歯固め石は、1つか2つ持っておけば問題ありません。

お食い初めを自宅で行う場合の献立

お食い初めでは、縁起の良いモノを食べることが目的です。

そのため、基本的な献立も決まっているので、紹介します。

基本的には以下のような組み合わせで食事を用意しましょう。

  • 焼き魚(鯛)
  • 赤飯
  • お吸い物(はまぐり)
  • 煮物
  • 香の物

これらは、一汁三菜といわれていて主流な食事内容です。

それではそれぞれ紹介します。

焼き魚(鯛)

鯛といえば『おめでたい』といわれますよね。

もちろん、お食い初めの食事に選ばれる理由はそれだけではありません。

鯛は表面が赤で、中身が白という紅白の色合いになっていることも縁起の良い理由とされています。

また、魚類の中では寿命が長いということも、長寿を祝う意味に繋がりますね。

ご自身でお食い初めをするのであれば、自分で鯛を買ってこなければなりません。

お食い初めで鯛を食べるのであれば、尾頭付きのものが推奨されています。

毎日のように尾頭付きの鯛が販売されているとは限らないので、前もって予約をしておきましょう!

赤飯

おめでたい日に食べるものといえば、赤飯ですね。

赤飯も、紅白の色を表現しているため縁起が良いとされています。

魔除けや邪気を払うといった意味が込められているので、古来より食べられています。

地域によっては、赤飯ではなく栗ご飯やお餅を食べている場所もあるため、好みのものを食べても問題ありません!

お吸い物(はまぐり)

続いては、お吸い物です。

お吸い物は、飲むことによって吸う力を高める意味合いが込められています。

そして、お食い初めでは蛤のお吸い物が用意されていることが多いです。

蛤は、2枚の貝殻がぴったりとくっつくため、『良い伴侶と出会えますように』という願いで食べます。

お吸い物は、蛤を入れなければいけないわけではなく、鯛を入れることや松茸などいろいろなものを入れることがあります。

煮物

今までの食材は基本的に内容が決まっていましたが、煮物に関しては特に決まりはありません。

その季節の旬な食材を使って煮物を作りましょう!

ただし、縁起のいい食材を入れることが重要です。

縁起が良いとされている食材は、以下の通りです。

  • 人参×大根
  • タケノコ
  • レンコン
  • 昆布
  • タコ
  • ごぼう

これだけではありませんが、上記のものは縁起が良いとされています。

それぞれ簡単にどのような意味が込められているのか紹介しますね。

人参×大根

人参と大根を組み合わせることによって、紅白を表すことができるので縁起が良いとされています。

タケノコ

タケノコには、『すくすく育つ』といった意味が込められています。

そのため、お食い初めにぴったりの食材といえるでしょう。

レンコン

レンコンは、穴が開いていることから『見通しがいい人生を送ることができる』という願いが込められています。

昆布

昆布は『よろこんぶ』といって縁起がいいものとされています。

昆布自体も、成長が早く繁殖力が高いので、子沢山を願って食べられることもありますね。

タコ

タコは『多幸』と言い換えられることがあります。

つまり、幸せが多い人生になることを祈るために食べられる食材ですね。

他にも意味があり、タコは英語でオクトパスと言いますよね。

それを少し書き換えると『置くとパス』になります。

つまり、悪いことを放置していれば解決できるという意味合いに捉えられますよね!

このような2つの意味があるタコも縁起がいいので、お食い初めで用意しましょう。

ごぼう

ごぼうを食べることで、長寿や家内安全に繋がるとされています。

ごぼうは、土の中で大きく根を貼っています。

そのような背景から、土台が安定すると考えられて食べられてきた縁起のいい食べ物です。

『豆=マメに働く』という意味合いが込められています。

仕事を円滑に進めるためにも、豆を食べることは有名です。

香の物

最後は、香の物です。

香の物といわれるとなじみがないかもしれませんが、漬物のことを言います。

香の物の『香』は幸せの『幸』とかけられているので、あえて香の物と呼ばれています。

香の物を作る際には、タコや人参、大根などを入れることで縁起のいいものにすることが多いです。

タコを使う場合には、歯固め石と同様の役割をさせることができるので、地域によってはとても人気の食材ですね!

お食い初めの儀式を行う順番

お食い初めは、食事や歯固め石の流れは基本的に決められています。

お食い初めの順番は基本的には以下の通りです。

  1. 赤飯
  2. お吸い物
  3. 赤飯
  4. 赤飯
  5. お吸い物

この順番を3回繰り返した後に、歯固めの儀式を行ってお食い初めが終わります。

これが正式なお食い初めの順序ですが、そこまでしっかりと行わないという方もいるので、目安として覚えておきましょう!

お食い初めは生後百日を祝う大切な儀式!

今回の記事では、お食い初めについて紹介しました。

お食い初めは生後100日を祝い、今後の成長や健康を祈るための大切な儀式です。

また、赤ちゃんにお食い初めの食材を食べさせることはできないので、儀式が終わったら大人で食べてしまいましょう!

お食い初めは、人生で1度しかない行事なので、しっかりと写真に収めてあげることをおすすめします。

お食い初めの様子をプロのフォトグラファーに撮影を依頼してみたいという方は、『ふぉとる』を活用ください。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。