一眼レフの基礎知識

【2021年】安い一眼レフ紹介!型落ちモデルか中古がおすすめ

一眼レフカメラに興味がある方の中には、値段が高そうで手が出ないという方もいらっしゃるかと思います。

確かに、一眼レフカメラは数千円では手に入れることはできませんし、高いものだと数十万円することもあります。

しかし、初心者がそんなに高い一眼レフカメラを購入する必要はありません。

しっかりと、初心者向けのモデルで比較的安価なものがあります。

また、この記事で紹介する、中古や型落ちモデルを購入することによって更に初期費用を下げることが可能です。

一眼レフカメラの購入を検討している方は是非参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

ふぉとるの詳細はこちら

安く購入できる一眼レフカメラの特徴

まずは、安く購入できる一眼レフカメラの特徴について紹介します。

安く購入できる一眼レフカメラの特徴は以下のとおりです。

  • 型落ちしている
  • 中古のカメラ
  • レンズキットを購入する
  • 購入せずにレンタルという方法もある

それぞれしっかりと解説しますね。

型落ちしている

まずは、この記事のタイトルでも紹介している通り、型落ちモデルを購入することで安く一眼レフカメラを購入することができます。

『型落ちモデルって性能が悪いんじゃないの…?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、つい最近までは現行モデルだったことを考えれば、性能に問題はないということがわかりますよね。

初心者にとっては型落ちモデルだとしても、しっかりとした写真を撮ることができるので、最初の一台としては問題ないです。

ただし、注意しなければならないのが、5年近くモデルチェンジされていなかった場合です。

5年近くモデルチェンジがされていなかった場合には、型落ちモデルと最新モデルでかなりの性能差がある可能性があります。

そのため、型落ちモデルを購入する際には、現在の最新モデルと購入を検討しているモデルが作られた年月を把握しておきましょう。

あまりにも年月が開いているようでしたら、性能に差が生まれていることが考えられますので、気をつけてください。

中古のカメラ

中古のカメラというのも一眼レフカメラを安く購入する際にはとても重要なポイントとなってきます。

基本的に、中古のものであれば値段が落ちていることがほとんどです。

もし、中古品に抵抗がないのであれば中古品で最新に近いモデルを購入すると良いでしょう。

中古の一眼レフカメラは基本的に以下の4つに分類されています。

  • 極上品
  • 良品
  • 並品
  • ジャンク品

ジャンク品になってしまうと動かない可能性が大なので気をつけましょう。

それ以外であれば、見た目以外に大した差はありません。

ご自身の予算と相談して必要な一眼レフカメラを購入しましょう。

中古品であっても『ショット数』という部分だけは確認できるとなお良いです。

ショット数というのは、そのカメラが今までに切ったシャッターの回数を指します。

一眼レフカメラもショット数に寿命があるので、あまりにもショット数が多い場合には注意が必要です。

基本的に、ショット数の寿命は以下のように決まっています。

  • エントリーモデル:10万回
  • ミドルモデル:15万回
  • ハイエンドモデル:20万回

確認させてもらえるのであればしっかりと確認しておきましょう。

レンズキットを購入する

一眼レフカメラを利用する際には、レンズが必要です。

レンズによって一眼レフカメラで撮れる写真の質が上がるくらいには重要です。

そのため、カメラとレンズを買わなければならないとうことになります。

ただ、それだと結構な金額がかかってしまうので予算をオーバーしてしまうかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、レンズキットという商品です。

レンズキットは、カメラ本体とレンズがセットになっている商品で、それぞれを単品で購入するよりも安く済むことがほとんどです。

加えて、レンズキットでは汎用性の高いレンズをセットにしてくれていることがほとんどですので、初心者のうちはそのレンズでも全く問題ないでしょう。

レンズキットは新品がほとんどなので、中古や型落ちモデルよりは高くなってしまう可能性があります。

中古や型落ちモデルよりも、最新モデルで多少安く購入したいという方におすすめです。

購入せずにレンタルという方法もある

購入する方法とは別になってしまいますが、レンタルをするという方法もあります。

安い一眼レフカメラと言っても数万円はしてしまうので、合わなかった場合のリスクが高いですよね。

そのため、まずはレンタルをしてみて一眼レフカメラを購入するか検討するという方法も撮ることができます。

簡単に一眼レフカメラをレンタルするメリット・デメリットを紹介します。

一眼レフカメラをレンタルするメリット

一眼レフカメラをレンタルするメリットは、購入するよりも安価で一眼レフカメラを使用することができるという点です。

いろいろなカメラを試すことができるので、自分の欲しいカメラを見つけることもできますね!

一眼レフカメラをレンタルするデメリット

一眼レフカメラをレンタルするデメリットもあります。

レンタルといっても、数千円してしまうことがほとんどです。

3泊4日でカメラとレンズを借りた場合、5000円以上はかかってしまうでしょう。

それを10回やった場合、エントリーモデルの一眼レフカメラを買えてしまうことになります。

また、コンビニで返却をしなければならないので、面倒くさいと感じるかもしれませんね。

故障させてしまうと保証をしなければならないということもあるので、気をつけましょう。

10万円以下で購入できる一眼レフカメラ10選!

それではここから型落ちモデルで安い一眼レフカメラを紹介します。

また、一眼レフカメラを購入する際に見ておかなければならないポイントもしっかりと紹介します。

一眼レフカメラを購入する際に見ておくべきポイントは以下のとおりです。

  • 値段
  • センサーサイズ
  • 大きさ・重量
  • 液晶モニター
  • ISO感度
  • 連続撮影速度
  • Bluetooth機能

これらは必ず確認するべきポイントです。

商品の紹介と一緒に解説します。

\1分で仮登録完了!/

ふぉとるの詳細はこちら

キヤノン『EOS Kiss X80』

値段 約44,000円(中古品)
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約440グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~6400
連続撮影速度 最高約3.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi

EOS Kiss X80はEOS Kiss X90の前モデルです。

Wi-Fi機能も搭載されているので、スマートフォンに送ることが簡単です。

撮影した写真をすぐにSNSで投稿したいという方は増えています。

そんな方におすすめの一台ですね!

ただ、欠点を言うとすると、連続撮影速度が最高約3.0コマ/秒しかないという点です。

例えば、運動会の写真や電車の写真を撮りたいという方にとっては向いていないかもしれません。

ただ、コスパはかなりいいので連続撮影速度にこだわらないのであれば、おすすめです!

性能面では、EOS Kiss X90と大きな差はないので、EOS Kiss X80でも問題ないでしょう。

キヤノン『EOS Kiss X7』

値段 約34,000円(中古品)
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約407グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~6400
連続撮影速度 最高約4.0コマ/秒
Bluetooth機能

こちらもキヤノンの型落ちモデルです。

EOS Kiss X9の前モデルですが、EOS Kiss X7は世界最小、最軽量ということでベストセラーモデルとなっています。

このカメラが人気な理由は、一眼レフカメラであるのに軽量でコンパクトという点でしょう。

ミラーレス一眼カメラと同じくらいの重さなので、気軽に持ち運びができてしまいます。

ただ軽いと言っても、性能はエントリーモデルのカメラにしては十分です。

加えて、レンズキットが4万円台で購入出来てしまうのも破格すぎますね!

ただし、型落ちモデルなので新品で見つけることは難しいです。

基本的に中古で購入することになるでしょう。

キヤノン『Canon EOS M10』

値段 約55,000円
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約265グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~12800
連続撮影速度 最高約4.6コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi機能

こちらのカメラは、ミラーレス一眼カメラです。

一眼レフカメラとは少し違いますが、きれいな写真を撮れるという点では変わりありません。

このミラーレス一眼カメラの良い点としては、新品でも55,000円程度で購入できるという点ですね。

それに加えて、一眼レフカメラと同等の機能を備えているのでとてもおすすめです。

キヤノン『EOS 9000D』

値段 約71,093円
センサーサイズ APS-C
大きさ・重量 約540グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約6.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi/Bluetooth

少し値段は高くなってしますが、値段にしては高性能な作りになっています。

エントリーモデルとして有名ですね。

ハイエンドモデルに引けを取らないくらいには性能がいいので、初心者のうちから高性能な一眼レフカメラに触れていたいという方におすすめです。

キヤノン『EOS KISS X9i』

値段 約79,800円
センサーサイズ APS-C
大きさ・重量 約532グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約6.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi/Bluetooth

EOS Kiss X9iは、キヤノンのXシリーズの性能を高めて作られたモデルです。

ほかのXシリーズの性能では満足に写真を撮れないという方におすすめのカメラです!

性能が良いと言っても、初心者にやさしいバリアングル液晶を採用しているので、かなり撮影はしやすくなることが考えられます。

また、EOS Kiss X9iには測距点が45点あるので、動きのあるものをしっかりととらえることが可能です。

運動会や電車を撮影したいと考えているのであればEOS Kiss X9iがいいでしょう。

こちらも多少値段は高くなってしまいますが、その分の性能は担保されているのでおすすめです。

ニコン『D5600』

値段 約87,640円
センサーサイズ APS-C
大きさ・重量 約415グラム
液晶モニター 3.2型(3:2)TFT液晶モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約5.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi/Bluetooth

D5600はWi-FiやBluetoothの機能を搭載しているため、一眼レフカメラで撮影した写真をすぐさまスマートフォンに送ることもできます。

エントリーモデルの一眼レフカメラではありますが、ミドルモデルに近いと言っても良いほど性能が高いです。

レンズキットも発売されているので、少しでも安く購入したい方は検討してみましょう。

ニコン『D3500』

値段 約54,780円
センサーサイズ 23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー
大きさ・重量 約365グラム
液晶モニター 3型TFT液晶モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約5.0コマ/秒
Bluetooth機能 Bluetooth

基本的にD5600とほとんど変わらない性能を持っています。

変わっている点といえば、

  • 液晶モニターが固定されている
  • Wi-Fi接続ができない

点ですね。

これらのポイントに3万円以上の価値はないと考えているのであれば、こちらのモデルを購入すると良いでしょう。

ニコン『D5300』

値段 約42,328円
センサーサイズ 23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー
大きさ・重量 約365グラム
液晶モニター 3.2型(3:2)TFT液晶モニター
ISO感度 100~12800
連続撮影速度 最高約5.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi

D5300は、古くから愛されているロングセラーモデルですね。

液晶モニターはバリアングル使用になっているので、いろいろなアングルでの撮影を簡単に行うことができます。

自動でピントを合わせるオートフォーカスは39点となっているので、D3300よりも使いやすいことは間違いありません。

それでいて5万円を切っているので、初心者の方にも手が出しやすいでしょう。

さらに、動画撮影機能もフルHDに対応しています。

撮った動画をカメラ内で編集することも出来てしまいますので、これ一つですべてをまかなえるくらいの性能を誇っています。

性能には関係はありませんが、デザインも種類があり愛着が湧くこと間違いなしですね!

ペンタックス『K-70』

値段 約78,936円
センサーサイズ CMOS:23.5mm×15.6mm
大きさ・重量 約628グラム
液晶モニター TFTカラーLCD
ISO感度 100~102400
連続撮影速度 最高約6.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi

このカメラは、アウトドアでカメラを使いたいと考えている方におすすめの一眼レフカメラです。

氷点下10度でも動作が確認されているほどの耐性を誇っています。

耐久面も素晴らしいのですが、性能面も素晴らしいです。

エントリーモデルのカメラではありますが、視野率100%の光学ファインダーが搭載されています。

シャッタースピードに関しても、最速で1/6000秒に対応しています。

ほかのエントリーモデルのカメラだと、1/4000秒が基本となっているので、かなり差が出ますね!

また、初心者に優しい手振れ補正機能も搭載されているので、エントリーモデルのカメラにしては十分すぎる性能です!

防塵や防水性能もあるので過酷な環境での撮影をする予定があるのであればこちらのカメラがおすすめです。

ペンタックス『LUMIX DC-GF9』

値段 約49,500円
センサーサイズ 4/3型Live MOS センサー
大きさ・重量 約269グラム
液晶モニター 約104万ドット可動式モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約5.8コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi

こちらの商品は2017年に発売された商品です。

型落ちモデルとなっているので、5万円を切っています。

このカメラの特徴は、自撮りに特化している点です。

4Kセルフィー写真が撮れるため、カメラ女子に人気が高いカメラです。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラはどっちがいい?

一眼レフカメラの購入を検討されている方の方にはミラーレス一眼カメラというカメラがあることを知っている方もいるかと思います。

どちらも一眼カメラなのできれいな写真を撮ることは可能なのですが、どちらを選んで良いのかわからないという方もいますよね。

ここでは、簡単に一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いを紹介し、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

簡単に違いを言ってしまうと、ミラーレス一眼カメラには一眼レフカメラの中にあるミラーが無いカメラになっています。

ミラーがないことによってよりコンパクトで軽い作りになっている点が特徴です。

そのため、ミラーレス一眼カメラはカメラ初心者やカメラ女子に人気があります。

では、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

一眼レフカメラのメリット・デメリット

一眼レフカメラのメリット・デメリットを紹介します。

一眼レフカメラのメリット

一眼レフカメラのメリットは以下のとおりです。

  • 高画質の写真が撮れる
  • 性能が良い
  • レンズのバリエーションが多い

一眼レフカメラはなんと言っても高画質・高性能なので、きれいな写真を撮りたいという方に向いています。

また、一眼レフカメラの歴史が長いため、カメラ自体もいろいろなものを選択することができますね。

シチュエーションに合わせてカメラをチョイスすることも、写真撮影の醍醐味でもあるので面白さが増すこと間違いなしです!

一眼レフカメラのデメリット

一眼レフカメラのデメリットは以下のとおりです。

  • サイズが大きい・重い
  • ミラーレス一眼カメラよりも高価になりやすい

ミラーレス一眼カメラと比較すると、サイズが大きく重くなってしまいます。

そのため、旅行や長時間撮影すると疲れてしまう可能性がある点がデメリットです。

また、エントリーモデルを選んだとしえも5万円程度が底値なので、値段は高い傾向にあります。

ミラーレス一眼カメラのメリット・デメリット

続いてはミラーレス一眼カメラのメリット・デメリットについて紹介します。

ミラーレス一眼カメラのメリット

ミラーレス一眼カメラのメリットは以下のとおりです。

  • 軽量でコンパクトな作りになっている
  • シャッター音が小さい
  • 写真の仕上がりを確認してから撮影できる
  • 初心者のサポート機能が充実

これらがミラーレス一眼カメラのメリットと言えるでしょう。

先程も簡単に説明しましたが、ミラーレス一眼カメラは一眼レフカメラにあるミラーがないため、軽量でコンパクトな作りになっています。

そのため、ファッションの一部としても取り入れられるようなアイテムになっています。

また、ミラーを使用して写真を取らないため、シャッター音が小さいです。

シャッター音が気になるという方も多くいるので、そのような方におすすめです。

ミラーレス一眼カメラのデメリット

ミラーレス一眼カメラのデメリットは以下のとおりです。

  • バッテリーがすぐに無くなる
  • レンズのバリエーションが少ない
  • 一眼レフカメラよりも性能が低いことが多い

ミラーレス一眼カメラはコンパクトな作りになっているので、バッテリー自体も小さくなってしまいます。

そのため、長時間の撮影や旅行時に持っていくのであれば、予備のバッテリーを用意しなければなりません。

それ以外にもミラーレス一眼カメラの機能のほとんどに電気が必要なのでバッテリーの消耗が早いということもあります。

レンズに関しては、ミラーレス一眼カメラがまだまだ発展途中なので、バリエーションが少ないです。

いろいろなシチュエーションで撮影したいと考えているのであれば一眼レフカメラのほうがいいですね。

一眼レフカメラを安く購入したいなら型落ちモデルがおすすめ!

一眼レフカメラは、中古や型落ちモデルを購入することで通常の値段よりも安く購入することができます。

現在の一眼レフカメラは、安いモデルと高いモデルの性能の差も小さくなっていて、安価であっても高性能であることがほとんどです。

そのため、入門機であっても十分にきれいな写真を撮ることができます。

今回紹介した比較的安いカメラも十分な性能を誇っているのでぜひ購入してみてくださいね。

最後に、紹介したカメラの性能をまとめておきます。

値段 センサーサイズ 大きさ・重量 液晶モニター ISO感度 連続撮影速度 Bluetooth機能
キヤノン『EOS Kiss X80』 約44,000円(中古品) 22.3mm×14.9mm 約440グラム TFT式カラー液晶モニター 100~6400 最高約3.0コマ/秒
キヤノン『EOS Kiss X7』 約34,000円(中古品) 22.3mm×14.9mm 約407グラム TFT式カラー液晶モニター 100~6400 最高約4.0コマ/秒
キヤノン『Canon EOS M10』 約55,000円 22.3mm×14.9mm 約265グラム TFT式カラー液晶モニター 100~12800 最高約4.6コマ/秒 Wi-Fi機能
キヤノン『EOS 9000D』 約71,093円 APS-C 約540グラム TFT式カラー液晶モニター 100~25600 最高約6.0コマ/秒 Wi-Fi/Bluetooth
キヤノン『EOS KISS X9i』 約79,800円 APS-C 約532グラム TFT式カラー液晶モニター 100~25600 最高約6.0コマ/秒 Wi-Fi/Bluetooth
ニコン『D5600』 約87,640円 APS-C 約415グラム 3.2型(3:2)TFT液晶モニター 100~25600 最高約5.0コマ/秒 Wi-Fi/Bluetooth
ニコン『D3500』 約54,780円 23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー 約365グラム 3型TFT液晶モニター 100~25600 最高約5.0コマ/秒 Bluetooth
ニコン『D5300』 約42,328円 23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー 約365グラム 3.2型(3:2)TFT液晶モニター 100~12800 最高約5.0コマ/秒 Wi-Fi
ペンタックス『K-70』 約78,936円 CMOS:23.5mm×15.6mm 約628グラム TFTカラーLCD 100~102400 最高約6.0コマ/秒 Wi-Fi
ペンタックス『LUMIX DC-GF9』 約49,500円 4/3型Live MOS センサー 約269グラム 約104万ドット可動式モニター 100~25600 最高約5.8コマ/秒 Wi-Fi

比較をして選んでみて下さいね!

最新のおすすめ一眼レフカメラは以下の記事で紹介します。

【2021年】おすすめの一眼レフカメラ13選!初心者からプロまで!最近では、スマートフォンで手軽にきれいな写真を撮ることができるようになっています。 InstagramやTwitterなどでも、ス...

最新のおすすめミラーレス一眼カメラは以下の記事で紹介します。

【2021年】初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ15選!写真を趣味に一眼レフカメラよりもコンパクトで持ち運びやすいという点で人気な『ミラーレス一眼カメラ』。 一昔前までは、一眼レフカメラの方がきれい...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。