ウェディング

結婚式の前撮りを和装で行う際のポイント紹介!絶対に確認しておこう

最近では、結婚式の前撮りを和装で行うことが流行っています。

普段から和装をすることは、ほとんどないので特別感を出すためにはうってつけの服装ですね。

挙式とは別の服装をしたいという方は、前撮りで和装がおすすめです。

今回の記事では、結婚式の前撮りを和装で行う際のポイントや確認事項などをまとめてご紹介します。

結婚式の前撮りを和装で行いたいという方はぜひ参考にしてください。

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

結婚式の前撮りの服装とは?和装・洋装どっちがいいの?

「そもそも、結婚式の前撮りに和装を選んでもいいの?」
「前撮りと挙式で服装を変えるのはアリ?」

このような疑問を持っている方もいるかもしれませんね。

まずはこれらの悩みから解決します!

結論から言ってしまうと、結婚式の前撮りに和装を選ぶことに問題はありません。

また、結婚式の当日と前撮りで服装が異なっていることにも問題はないです!

せっかくの記念なので、好きな格好をして写真を撮っておきましょう!

前撮りと挙式で違う服装をしておくことで、違った雰囲気の写真を思い出に残すことができますよね。

ぜひ和装で前撮りをしてみてください!

結婚式の前撮りを和装で行う際に知っておくべきこと

それでは、ここからは和装で結婚式の前撮りを行う際に知っておくべきことについて紹介します。

ここでは以下のポイントについて解説します。

  • スタジオorロケーション撮影
  • 前撮りをする時期
  • 前撮りをする季節
  • 前撮りの費用

それぞれ具体的に解説します!

スタジオorロケーション撮影

結婚式の前撮りをするとなれば、スタジオ撮影かロケーション撮影のどちらかを選ぶことができます。

スタジオ撮影というのは、結婚式場やフォトスタジオで前撮りを行う方法です。

スタジオで撮影するとなれば、天候や気温に左右されないので、一年中好きなときに撮影をすることができます。

一方で、ロケーション撮影は屋外で結婚式の前撮りをする方法です。

出会った場所や思い出の場所での撮影をすることができるので、結婚式の前撮りにふさわしいと言えますね!

和装でロケーション撮影を行う際は、神社や庭園のような和を表現できるところが望ましいです。

ただし、ロケーション撮影の場合は天候に左右されてしまうので、雨が降ってしまうと思っていた写真が撮れないこともあります。

どちらもメリット・デメリットがあるということを覚えておきましょう!

前撮りをする時期

結婚式の前撮りは、どのくらいの時期に行うのがいいのかご存知でしょうか?

結論から言ってしまうと、結婚式の3ヶ月ほど前がおすすめです。

結婚式の前撮りで撮影した写真を結婚式で使用するとなれば、写真の加工作業で数ヶ月かかってしまうこともあるので、なるべく早い時期がおすすめといえるでしょう。

納品の時期を確認してから、結婚式の前撮りを行ったほうがいいですね!

また、ムービーを撮影してもらったとなると、写真よりも加工に時間がかかってしまいます。

どちらにしても、余裕を持って3ヶ月前くらいに結婚式の前撮りをしてもらいましょう。

前撮りをする季節

結婚式の前撮りをロケーション撮影でしてもらう場合には、季節も重要です。

ロケーション撮影で人気の季節といえば紅葉が見られる、秋頃ですね。

それ以外にも、桜が満開の時期や6月頃の新緑などが人気です。

ロケーション撮影をしたいと考えている方は、撮影をしてもらう季節についても考えておきましょう。

前撮りの費用

結婚式の前撮りを和装でして貰う場合、基本的には10万円から15万円程度の費用がかかります。

内訳としては、撮影費用、衣装のレンタル費用、ヘアメイク費用などですね。

曜日や時期によって、設定されている値段が異なっていることもあるので、事前に確認をしておくことがおすすめです。

また、和装を持っている方やメイクを自分で行うことができるという場合には、費用を抑えることができます。

例えば、撮影だけのサービスを利用すれば、一万円程度で撮影をしてもらうことが可能です。

衣装やメイクを自分で行いたいという方は、出張撮影サービスを利用してみましょう。

結婚式の前撮りでおすすめの和装紹介!和装にも種類がたくさんある

結婚式の前撮りでおすすめの和装紹介!和装にも種類がたくさんある和装とひとくくりにしても、実際にはたくさんの種類の服があります。

そこで、ここでは結婚式の前撮りにおすすめの和装を紹介します。

基本的には以下の和装を選びましょう。

  • 白無垢
  • 色打掛
  • 引振袖
  • 振り袖

これらについて紹介します。

白無垢

結婚式といえば、白無垢姿が代表的ですね!

純白の和装で清楚な感じを出すこともできます。

最も高い格式とされているので、結婚式にふさわしい服装といえるでしょう。

色打掛

白無垢と同じ格式の和装に、色打掛というものがあります。

色鮮やかな和装として有名ですね。

色が華やかなものが多いので、着ている女性を華やかにすることができます。

「結婚式の前撮りはできるだけ華やかに撮影したい!」と考えている方におすすめの和装です。

引振袖

引振袖は、一般的な振り袖とは違い、袖の部分が長く綿が入っているものです。

より女性らしさを表現したいという方におすすめの和装といえるでしょう。

着やすく、動きやすいという特徴もあるので、妊娠をしている場合にはとてもおすすめできますね。

振り袖

未婚女性の礼装といえば、振り袖ですね。

未婚女性しか振り袖を着ることはできませんので、最後のチャンスです。

そのため、最後の記念として振り袖を着るという方も多いですね!

結婚式の前撮りで和装におすすめの髪型紹介!男性・女性ごとに解説

続いては、和装に合っている髪型の紹介をします。

和装をするとなれば、髪型もしっかりとセットすることで、より清潔感を出すことができます。

そのため、服装と同じくらい髪型も重要といえるでしょう。

今回は、男性と女性で分けて紹介するのでぜひ参考にしてください。

男性におすすめの髪型

男性におすすめの髪型は、短めにすることです。

基本的に、ワックスを付けて固めることになるので、髪は短くしておくことをおすすめします。

具体的な髪型は「ツーブロック」がおすすめです。

現代風の髪型ではありますが、和装ともよく似合うのでぜひツーブロックにしてみましょう。

女性におすすめの髪型

女性の場合には、洋髪でも問題はありません。

最近流行りのボブであったり、ショートヘアであったり、どんな髪型でも和装に似合いますね。

また、和装をする場合には伝統的な髪型をしたいと考える方もいるかと思います。

その場合には、かつらを使用することも可能です。

結婚式の前撮りを行う際に、かつらのレンタルがあるかどうかも確認しておきましょう。

和装にアクセサリーはつけてもいいの?

結婚式の前撮りを派手にしたいというふうに考えている方は、アクセサリーをたくさんつけたいと考えているかもしれません。

アクセサリーを付けることで、華やかさを増すことができるので、たしかにつけたいというのもわかります。

しかし、和装をする場合には派手なアクセサリーはおすすめできません。

ただ、指輪やネックレスなど思い出のものをつけたいという方もいるかもしれませんね。

その場合には、フォトグラファーの方に確認してみることをおすすめします。

あまりにもアクセサリーが多くなってしまっては見栄えが悪くなってしまいますが、どうしてもつけたいというものもあるでしょう。

その際には、「アクセサリーをつけても変な写真にならないでしょうか?」と確認をしてみることがおすすめです。

また、和装をする際には、髪の毛にアクセサリーを付けることが多いです。

例えば、女性であれば髪の毛にお花を付けたり、かんざしをつけたりいろいろなものがありますね。

具体的におすすめのアクセサリーは以下のとおりです。

  • 風船
  • 和傘
  • 紙吹雪
  • 赤い糸
  • フォトフレーム

これらのアイテムを使って、特別な写真を撮ることもできます!

それぞれ具体的な写真を見ていきましょう。

風船

紙風船もいいですね!

紙風船であれば、100円ショップでたくさん購入することができます。

和装と相性がいいので、ぜひ使ってみてくださいね。

和傘

和傘も和装に似合いますね!

和傘を使って、シルエットショットをするととても風情のある写真を撮影できるのでおすすめです。

赤い糸

運命の赤い糸を表現することができます。

和装でなくでもおすすめのアイテムですね!

和装で結婚式の前撮りをする際におすすめのポーズ

続いては、和装で結婚式の前撮りをする際におすすめのポーズについて紹介します。

記念写真といわれると、正装でポーズをしないと想像されるかもしれませんね。

しかし、結婚式の前撮りであればどんなポーズをしても問題ありません。

もちろん、結婚式で使う写真の場合には、しっかりとした写真も撮っておく必要があります。

ただ、ご自身が撮りたい写真を撮ることが一番なので、好きなポーズで写真を撮ってもらいましょう!

ここでは、具体的におすすめのポーズや写真の例を紹介します。

ここで紹介するポーズや写真例は以下のとおりです。

  • ツーショットで撮影
  • ソロショットで撮影
  • バックショットで撮影
  • 体の細部のみを撮影
  • シルエットショットで撮影

これらを写真付きで紹介します。

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

ツーショットで撮影

ド定番ではありますが、結婚式の前撮りでは必ず撮るべき写真がツーショットです。

和装の前撮りでは、基本的に新郎新婦の立ち姿を撮影することがほとんどです。

二人で並んだ写真は、年賀状にも使われることもあるので、しっかりと撮っておきましょう。

ソロショットで撮影

ツーショット以外にも、それぞれのソロショットも撮影しておきましょう。

一生に一度しかないので、いろいろなアングルからソロショットを撮影しておくことがおすすめです。

また、その場で決めていると時間がかかってしまうので、事前に撮影したい場所やアングルを決めておきましょう。

ポージングや小物を使って最大限魅力を引き出してもらえますよ!

バックショットで撮影

あえて背中を撮影してもらうということもあります。

基本的に撮影をしてもらうとなると、正面からの写真を想像するかと思いますが、バックショットもおしゃれです。

特に、和装を着ていて神社や庭園を散歩している姿なんかは、後ろ姿がとても映えますね!

正面で撮影してもらうとなると、どうしても構えてしまうものです。

しかし、後ろからの撮影であれば、自然体を写してもらうことができます。

庭園や神社で撮影してもらう予定があるのであれば、バックショットも撮影してもらいましょう!

体の細部のみを撮影

続いては、体の細部のみを撮影してもらう方法です。

具体的に言うと、手や足、手をつないでいる部分など、体のどこかにフォーカスを当てて撮影する方法です。

手をつないでいる部分のみをズームして撮影してもらうことで、結婚指輪をより際立てる事もできますね!

もちろん、手だけではなく足だけにズームをして撮影してもらうこともあります。

例えば、神社に向かって歩いているシーンでしょうか。

とてもおしゃれな写真ができあがるので、ぜひ体の細部のみの写真も撮影してもらいましょう!

シルエットショットで撮影

最後は、シルエットショットの紹介です。

シルエットショットというのは、室内や夕焼けのときに逆行を利用して撮影する手法なのですが、それを用いることで幻想的な写真を撮影することができます。

影だけを主張することで風情のある写真にすることが可能です。

普通に被写体を撮影するだけではないので、違う雰囲気を出すことができます。

おしゃれな写真の筆頭とも言えるので、ぜひ1枚は撮っておきましょう!

結婚式の前撮りを和装でする際の注意点

ここからは、結婚式の前撮りをする際の注意点について紹介します。

先程も少し触れましたが、ロケーション撮影をする場合には雨によって延期をすることも考えられますよね。

そのため、撮影する日程の1週間位前からコマメに天気予報を確認するようにしましょう!

雨が振りそうであれば別の日に延期してもらわないといけないので、確認は必須です。

また、和装をするとなると、体の露出が増えます。

例えば、うなじや手、顔は常に露出している部分ですよね。

その部分の手入れは怠らないようにしましょう!

きれいな写真を撮影したいのであれば、確実に手入れは必須です。

必要であれば、エステやネイルサロンに言ってお手入れをしてもうことも考えましょう。

結婚式の前撮りを和装でする際の持ち物紹介

結婚式の前撮りを和装でする際には、持ち物が必要なことがあります。

具体的に必要なものをまとめておきますので、必ず用意しておきましょう。

男性に必要な持ち物

  • V字型の肌着
  • ステテコパンツ
  • 自分のサイズに合った白足袋
  • 撮影時に使いたい小物

女性に必要な持ち物

  • タオルやてぬぐい
  • 裾よけ
  • ストッキング
  • 自分のサイズに合った白足袋
  • 撮影時に使いたい小物

結婚式の前撮りを和装でする際におすすめのスポットを紹介

続いては、結婚式の前撮りを和装でする際におすすめのスポットを紹介します。

和装ロケーション撮影でおすすめなのは以下のスポットです。

  • 神社・お寺
  • 日本庭園
  • 歴史的建造物
  • 京都や金沢市のような街

それぞれ解説します。

神社・お寺

和装といえば神社やお寺が似合いますね!

撮影が許可されている神社やお寺も多くあるので、確認してみるといいですよ。

ただし神社やお寺で撮影をする場合には、提携している写真スタジオや出張撮影サービスのみの場所も多いので、勝手に撮影をすると止められてしまう可能性が高いです。

下調べも入念におこなってくださいね。

日本庭園

日本庭園でも和装ロケーション撮影が似合います。

特に秋頃の紅葉シーズンに日本庭園で撮影をすると、とてもおしゃれな写真になります!

茶室のような和室で撮影するだけでも、和風な写真を思い出に残せるのが良いですね。

歴史的建造物

日本にはさまざまな歴史的建造物があります。

例えば、南禅寺水路閣なんかがおすすめです。

おしゃれなレンガ造りの橋の下で和装前撮りをすれば、おしゃれな写真になること間違いありません!

京都や金沢市のような街

最後におすすめなのが、京都や金沢市のような町並みが和風な場所ですね。

和装なら和風な場所で撮影することで相乗効果を得られます。

景観にマッチした服装で撮影をすると良いですね!

結婚式の前撮り以外にもフォトウェディングがおすすめ

この記事では結婚式の前撮りを和装でおこなう方法について解説しました。

結婚式の前撮りに似た撮影方法にフォトウェディングがあります。

フォトウェディングは結婚式をおこなわずに、写真撮影だけを思い出に残すことです。

最近では、フォトウェディングを和装でおこなう方も増えています。

結婚式の費用を抑えたいと思っている方や和装の姿を思い出に残せればいいと思っている方は、フォトウェディングも検討してみてくださいね。

結婚式の前撮りを和装でプロに撮影してもらおう!

プロに撮影依頼ここまで和装での結婚式の前撮りについて解説しました。

和装での結婚式の前撮りをするとなると、できるだけ安く質の高い写真を撮影してもらいたいですよね。

そして和装での結婚式の前撮りが一生の思い出になると考えるなら、プロカメラマンに撮影を依頼するのがおすすめです。

和装での結婚式の前撮りをプロカメラマンに依頼すれば、一生の思い出に残る写真を撮影してもらえます!

プロカメラマンに和装での結婚式の前撮りを依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは写真スタジオや他の出張撮影サービスの中でも業界最安値となっています。

もちろん最安値だからといってカメラマンの腕が悪いわけではなく、厳正な審査に通過したプロカメラマンが満足にいくまで撮影します!

コンシェルジュに相談することもできるので、ぜひふぉとるを使って和装での結婚式の前撮りを撮影してもらってくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

結婚式の前撮りを和装で撮影するときのまとめ

最近では、結婚式の前撮りを和装で撮影する方も増えています。

和装と言っても、たくさんの種類の服装があるということを覚えておきましょう。

また、結婚式の前撮りは一生に一度しかなく、一生の思い出に残ること間違いありません。

そんな大切な撮影は、プロのフォトグラファーに依頼することがおすすめです。

プロのフォトグラファーに撮影を依頼したいという方は、ぜひ「ふぉとる」をご活用ください。

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。