ウェディング

結婚式の前撮りに親は呼ぶべき?メリット・デメリットを解説!

結婚式の前撮りをする際に、両親を呼ぶか呼ばないか迷ってしまいますよね。

両親を呼べば、一緒に写真を撮ることができるので、思い出になることは間違いありません。

ただ、呼んでしまうと、夫婦で考えているようなラブラブな写真を撮影することはできないかもしれませんよね。

そもそも、結婚式に親を呼ぶのであれば前撮りまで参加してもらう必要はないという考えもあります。

今回の記事では、「結婚式の前撮りに親を呼ぶ必要があるのか」や「結婚式の前撮りに親を呼ぶメリット・デメリット」について紹介します。

これから結婚式の前撮りを計画している夫婦の方はぜひ参考にしてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

結婚式の前撮りに親を呼ぶ必要はある?

結論から言うと、結婚式の前撮りに親を呼ぶことはおすすめです。

そもそも結婚式の前撮りに親を呼ぶ必要はあるの?という意見をお持ちの方もいます。

確かに、結婚式でドレス姿を見せることができるので、前撮りにまで呼ぶ必要はないとも言えるでしょう。

ただ、結婚式当日は、家族と一緒にいられる時間は少ないです。

また、結婚式当日は何かとバタバタしてしまうので、家族としっかりとした写真を撮影することができないかもしれません。

そのため、結婚式の前撮りをする際に親を呼ぶことで、ゆっくりと自然な写真を撮影しておくことができます。

このような理由から、結婚式の前撮りに親を呼ぶことはおすすめです。

結婚式の前撮りに親を呼ぶメリット・デメリット

結婚式の前撮りに親を呼ぶメリット・デメリットここからは、結婚式の前撮りに親を呼ぶメリット・デメリットについて紹介します。

結婚式の前撮りに親を呼ぶメリット

まずは結婚式の前撮りに親を呼ぶメリットから紹介します。

結婚式の前撮りに親を呼ぶメリットは以下の通りです。

  • 結婚式で着ない衣装を見せることができる
  • 両家の父母が揃って写真撮影をすることができる
  • リラックスして撮影することができる
  • 小さな旅行感覚になる

これらについてそれぞれ解説します。

結婚式で着ない衣装を見せることができる

結婚式の前撮りでは、結婚式とは違う衣装を着ることがほとんどです。

そのため、結婚式とは違った衣装を親に見せることができますね。

親であれば、息子・娘の衣装姿をたくさん見たいと思っています。

このような理由から、親孝行という点でもメリットになるでしょう。

両家の父母が揃って写真撮影をすることができる

結婚式となれば、両家の親も写真に写ってほしいと考える方も多いです。

ただ、結婚式の当日だと、結婚式や披露宴でバタバタしてしまうことが多いので、両家の両親や家族で写真を撮影することが難しいこともあります。

結婚式の前撮りでは、写真を撮影することがメインなので、ゆったりと撮影することができます。

そのため、しっかりとした集合写真を撮影したいのであれば、結婚式の前撮りに親を呼ぶことがおすすめですね。

リラックスして撮影することができる

カメラでの撮影に慣れていないという方は、家族がいることでリラックスして撮影を行うことができますね。

その場の雰囲気を盛り上げてくれるような家族がいれば、自然な笑顔で写真撮影をすることができます。

逆に、見られてしまうと緊張してしまうという方もいるので、注意しましょう。

小さな旅行感覚になる

ロケーション撮影を行う場合には、小さな旅行をした気分になるでしょう。

最近では、好きな場所で結婚式の前撮りをすることができるようなサービスもあるので、行ってみたかった場所で撮影することもできます。

もちろん、しっかりとした旅行をした先で結婚式の前撮りをすることも可能です。

親と結婚式の前撮りをすることになれば、家族旅行やプチ家族旅行を味わうことができるので、親睦も深めることができるでしょう。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

結婚式の前撮りに親を呼ぶデメリット

続いては、結婚式の前撮りに親を呼ぶデメリットについて紹介します。

結婚式の前撮りに親を呼ぶデメリットは以下の通りです。

  • 父母の目線が気になってしまう
  • オプション料金が必要になってしまうことも
  • ラブラブな写真を撮影できない

これらについてそれぞれ紹介します。

父母の目線が気になってしまう

両親がいるとなると、気になって撮影に集中できないという方もいるでしょう。

親孝行として付いてきてもらったとしても、緊張してしまっては意味がありませんね。

ぎこちない写真ばかりでは、後々後悔してしまう可能性があるので、父母の目が気になってしまうという方は、呼ぶかどうか考えてみましょう。

オプション料金が必要になってしまうことも

撮影を依頼するフォトスタジオや写真館によって異なりますが、夫婦以外の人が参加するとなると、オプション料金が掛かってしまうことがあります。

また、両親が参加することによって撮影時間やカット数が増えてしまうということも想像できますよね。

そのような部分でもオプション料金が必要になる場合があるので注意しましょう。

両親に参加をしてもらうのであれば、できるだけオプション料金が掛からないようなところを選びましょうね。

ラブラブな写真を撮影できない

両家の親がいるとなると、ラブラブな写真を撮影することは難しいでしょう。

手を繋いで撮影するくらいであればできるかもしれませんが、キスや抱き合っている写真は、目線が気になってできないという方が多いです。

気にせずできる場合はデメリットにはなりませんが、ほとんどの方は気にしてしまうでしょう。

ラブラブな写真を結婚式の前撮りで撮影しておきたいのであれば、親を呼んでもいいか今一度考えてみるといいですね。

結婚式の前撮りに親を呼んだ夫婦のコメント

ここからは、結婚式の前撮りに親を呼んだ方のコメントを紹介します。

結婚式の前撮りに親を呼んだ理由は、結婚式当日の衣装とは別のもので撮影をする予定だったからです。和装での前撮りをしたのですが、せっかくなら見てもらいたいということで両家の親を呼びました。違う姿を見てもらって満足してくれたのでこちらもよかったです。

結婚式の当日はバタバタするだろうなと思ったので両家の親を招いて結婚式の前撮りをしました。そこまで仲が良かったわけでもないので、少し不安はありましたが結果として仲良くなることができたので良かったのかなと思います。

結婚式の前撮りをしてもらう時に、カット数や人数にオプション料金が必要ないということだったので親を呼びました。時間で撮影をしてもらうプランだったので、前半は家族との写真撮影、後半は二人でラブラブな写真を撮影してもらいました。両方ともしっかりとした写真になったのでとてもいい思い出です。

どれをみても良いコメントしかありませんね!

結婚式の前撮りに親を呼ばずに後悔するよりも、呼んで失敗してしまったほうが諦めがつくので呼ぶことをおすすめします。

一生に一度しかない、結婚式の前撮りを親と一緒に撮影して大切な思い出を作ってくださいね。

結婚式の前撮りに親を呼ぶ場合の服装について解説

結婚式の前撮りに親を呼ぶ場合の服装について解説続いては結婚式の前撮りに親を呼ぶ場合の服装について解説します。

当日まで服装について話さないと、当日の衣装がバラバラになってしまう可能性があります。

それではせっかくの前撮りも台無しです。

そこでここからは、結婚式の前撮りにおすすめの服装について解説します。

具体的に、以下の3通りの条件で紹介します。

  • 結婚式場で前撮りをする場合
  • リゾート地で結婚式の前撮りをする場合
  • カジュアルな格好にしたい場合

それぞれ参考にしてみてくださいね。

結婚式場で前撮りをする場合

結婚式場で結婚式の前撮りをおこなう場合には、礼服で撮影するのが一般的です。

結婚式当日と同じような雰囲気で撮影できるからですね。

男性であればスーツ、女性であれば着物やフォーマルドレスにしましょう。

家族で持っている衣装の系統が合わないのであれば、レンタルも視野に入れてください。

基本的には家族全員で、衣装の格を合わせるべきなので気をつけてみてくださいね。

リゾート地で結婚式の前撮りをする場合

リゾート地で結婚式の前撮りをする方も増えています。

沖縄やハワイなどで結婚式の前撮りを検討されている方は、アロハシャツのようなカジュアルな格好で撮影することも多いです。

リゾート地で結婚式の前撮りをおこなったことがわかりやすくなるので、写真撮影のメリットが大きくなります。

リゾート地の結婚式場に撮影を依頼する場合、アロハコーデをレンタルできる場合もあるので、聞いてみるといいでしょう。

カジュアルな格好にしたい場合

最近では、カジュアルな服装で結婚式の前撮りをおこなう新郎新婦も多いです。

いつもの自然な姿を結婚式の前撮りでも写してほしいと思っているのですね。

ただ一緒に撮影をする家族に対して「いつも通りの格好で撮影する」と伝えても困惑されてしまいます。

そのため事前にどのような服装で撮影するのか、詳細まで伝えておきましょう。

具体的な例を出すことで、当日の写真撮影で失敗する可能性を減らせます。

結婚式場でおこなう場合でも、リゾート地でおこなう場合でも、必ず事前に撮影当日の服装について話し合っておくことが大切です。

結婚式の前撮りに親を呼ぶ際の注意点

ここからは、結婚式の前撮りに親を呼ぶ際の注意点について紹介します。

結婚式の前撮りに親を呼ぶ際の注意点は以下の通りです。

  • 服装の格を合わせる
  • 撮影してくれるフォトグラファーに親が来ることを伝えておく
  • 両家の親にスケジュールを共有する
  • 当日のスケジュールを事前に確認する

これらについてそれぞれ解説します。

服装の格を合わせる

結婚式の前撮りの写真を撮影するとなれば、和装やドレスで撮影をすることになるでしょう。

そのような格好に合わせておかないと、夫婦以外の方が浮いてしまうでしょう。

ただ、和装を用意することができないという方もいますよね。

その場合には、スーツやワンピースのようなフォーマルな格好をすることがおすすめです。

また、逆に全員私服でラフな写真を撮影することもいいでしょう。

あえていつも通りの写真を撮影することで、緊張しなくて済みますね。

撮影してくれるフォトグラファーに親が来ることを伝えておく

結婚式の前撮りをしてくれるフォトグラファーには、事前に親が参加するということを伝えておくと良いでしょう。

なぜなら、基本的には夫婦二人で撮影をすることが多いからです。

事前打ち合わせの段階で、「親が来る」ということを伝えておけば、スタッフが慌てることがありません。

当日スムーズに撮影をするためにも、しっかりと伝えておきましょう。

両家の親にスケジュールを共有する

結婚式の前撮りに親を呼ぶと決めたら、両家の親に空いているスケジュールの確認をしましょう。

まずは両家のスケジュールを確認する必要がありますね。

撮影日を決めてから両家の親にスケジュールを共有したとしても、どちらかに予定があったら面倒くさいことになってしまいます。

それを避けるためにも、まずは両家の親のスケジュールを聞いておきましょう!

その後空いているスケジュールに結婚式の前撮りを入れて、日程の共有をしてくださいね。

当日のスケジュールを事前に確認する

事前に結婚式の前撮りのスケジュールを親に共有すること以外にも、当日のスケジュールを確認するのも必要です。

たとえば、結婚式の前撮りを終えたら食事会をするのかどうかなどですね。

結婚式の前撮りをする場合、両家の親が顔合わせをするいい機会です。

そのため食事会を開くことも多いので、事前に確認をしておきましょう。

結婚式の前撮りを親と一緒に撮影してもらう方法とは?

最後に結婚式の前撮りを親と一緒に撮影してもらう方法について解説します。

結婚式の前撮りをするとなると、写真スタジオをえらぶことが多いですよね。

しかし、それ以外にも撮影してもらう方法があるので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式の前撮りを撮影してもらう方法は以下のとおりです。

  • 写真スタジオ
  • 出張撮影サービス

これらの方法で撮影してもらうことがおすすめです。

これらの方法について解説します。

写真スタジオ

写真スタジオであれば、しっかりとしたセットと衣装を用意してもらって撮影してもらうことができます。

もちろん、ウェディングフォトに必要な小物も用意してもらえるので、ご自身で用意するものがないです。

とてもラクに撮影をしてもらえますよね!

また、写真スタジオごとにセットが異なっているため、ご自身の理想なシチュエーションのセットで撮影してもらうことも出来ます。

ただし、写真スタジオによっては、人数で費用が変わる可能性があるので、掛かってしまう費用が増えてしまう可能性がある点に注意しましょう。

下記記事で、ウェディングフォトの撮影におすすめのスタジオやポイントについて解説しているので参考にしてくださいね。

出張撮影サービス

出張撮影サービスで、結婚式の前撮りを親と一緒に撮影してもらうこともおすすめです。

出張撮影サービスであれば、ロケーション撮影もしてもらえるので、お好きな場所で撮影してもらえます。

また、出張撮影サービスであれば、時間単位で費用がかかるので、撮影してもらう方の人数が増えても費用が増える可能性がありませんね。

ただし、ウェディングフォトに必要な衣装や小物を用意してもらえないので、注意です。

出張撮影サービスで、家族と一緒に結婚式の前撮りをするのであれば、ウェディングドレスや撮影で使いたい小物をご自身で用意する必要があります。

用意できるのであれば、出張撮影サービスで利用することがおすすめですね!

結婚式の前撮りを親と一緒に想い出に残すなら「ふぉとる」!

プロに撮影依頼結婚式の前撮りを親と撮影するなら、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめです!

結婚式の前撮りを親とする場合、追加費用が掛かる撮影スタジオや出張撮影サービスもあります。

しかし「ふぉとる」では、結婚式の前撮りを何人で撮影しても費用が変わりません!

そのためお得に撮影することができますね。

またふぉとるではコンシェルジュに撮影したいシチュエーションを伝えて、その撮影が得意なカメラマンを抜粋してくれて紹介してもらえます。

結婚式の前撮りを親と撮影しても、1時間あたり10,000円程度で撮影できるため他のサービスよりも費用を抑えて撮影できますよ!

もちろん、結婚式やフォトウェディングの撮影のプロカメラマンも多数在籍しているため、満足の撮影を提供できます。

結婚式の前撮りを親と撮影したい方は、ふぉとるを利用してみてくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
撮影枚数 無制限(納品枚数:15枚)
※プランによって異なる
対応している地域 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県(今後47都道府県対応予定)
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

結婚式の前撮りに親を呼ぶと親孝行になる!最高の撮影にしよう

この記事では、結婚式の前撮りに親を呼ぶかどうかについて紹介しました。

結婚式の前撮りに親を呼ぶことで、親孝行ができますが、そのせいで撮影をしたい写真を撮影できなくなってしまっては本末転倒ですよね。

そのため、夫婦間でしっかりと話し合うことがおすすめです。

結婚式の前撮りが時間制の場合、前半後半で分けることもできるので、そのような使い分けをすることもおすすめですね!

結婚式の前撮りは一生に一度しかないので、最高の撮影にしてもらいましょうね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。