家族

家族写真を撮影するときの服装に迷う方必見!行事別に服装を徹底解説

家族写真を撮影するとなったときに、どのような服装で撮影してもらえばいいのかわからないという方は多くいます。

服装と言っても、ドレスコードや和装、カジュアルな服装など様々ですね。

そこで今回は、家族写真を撮る際におすすめの服装を紹介します。

家族写真を撮る機会のある行事をピックアップして紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

家族写真をおしゃれに撮るための方法を徹底解説!服装やポーズが重要

家族写真で服装を決める方法

家族写真を撮影するとなると、一生の思い出として残したいと考えている方が多いです。

写っている服装によって、写真自体のイメージが変わってくるのでコーディネートはとても重要といえますね。

今回は、写真での表現をもとに服装を紹介します。

簡単に以下のような方法で選ぶといいでしょう。

  • しっかりとした雰囲気を表すのであれば「フォーマルな服装」
  • 一生の思い出にするのであれば「着物のような和装」
  • ラフな感じを出したいのであれば「カジュアルな服装」

それぞれ紹介します。

しっかりとした雰囲気を表すのであれば「フォーマルな服装」

フォーマルな服装をするのであれば、お宮参りや入学式のようなしっかりとした行事の時がおすすめです。

フォーマルな服装をすると、写真に緊張感が出て、重みのある写真にすることができますね。

一生の思い出にするのであれば「着物のような和装」

着物のような和装をすることによって日本特有の良さを表現することができます。

印象強くすることができるので、思い出にもなるでしょう。

伝統的な行事の場合には和装がおすすめです。

ラフな感じを出したいのであれば「カジュアルな服装」

最後はカジュアルな服装の紹介です。

カジュアルな服装というのは、日ごろから着ているような服装のことですね。

例えば、シャツ×ジーンズのような服装のことをいいます。

きちんとした行事ではなく、個人で楽しむようなイベントの時にはカジュアルな服装がおすすめです。

誕生日なんかは特にカジュアルな服装で撮影すると、自然な写真を撮ることができます。

また、カジュアルな服装で撮影する際には、全員で服装の色を揃えておくときれいな写真を撮ることができます。

きれいな写真を撮影したいと考えているのであれば、事前に服装は決めておくと良いですね!

家族写真を撮る行事別!おすすめの服装

それでは早速、行事別におすすめの服装を紹介します。

日本では数多くの行事がありますよね。

それぞれの行事によって、力の入れ方も全く違うのでどのような服装で撮影すればわからないという方も多いです。

そのような悩みを解決できるように解説するのでぜひ参考にしてくださいね。

今回紹介する、行事は以下の通りです。

  • お宮参り
  • お食い初め(百日祝い)
  • 初の誕生日
  • 七五三
  • 入学式
  • 卒業式
  • 成人式
  • 結婚式

上記の行事はかなり主流なものなので、経験される方も多いかと思います。

では、それぞれに合う服装を紹介します。

家族写真にはお揃いコーデがおすすめ!カジュアルな服装が人気

お宮参り

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから30日前後で神社にお祈りしに行く行事です。

赤ちゃんが生まれたことや、これからの成長を祈るために必要な儀式ですが、その際にもしっかりと撮影することが多いですね。

お宮参り時の服装としては、カジュアルなものは避けたほうがいいでしょう。

なぜなら、神社にいきお祈りをするということが主な内容なので、神様に対して失礼が内容にしなければならないからです。

オフィスカジュアルのような服装であれば問題ありませんが、カジュアルすぎてしまうとお宮参りの服装としては合わないので注意が必要です。

男性であればスーツが主流ですね。

女性の場合は、赤ちゃんの服装に合わせることが多いです。

以下の服装は避けましょう。

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • スウェット
  • サンダル
  • スニーカー

しっかりとした行事なので、カジュアルすぎる服装には注意です!

お食い初め(百日祝い)

続いては、お食い初めです。

お食い初めは、生まれてから100日をお祝いする儀式ですね。

赤ちゃんが小袖を着ることが主流ですが、難しければベビー服でも問題ありません。

父母の服装としては、どのような規模で行うかによって変わってきます。

例えば、父母子供だけで行うのであれば、カジュアルな服装でも特に問題はありません。

しかし、祖父母を招いて行うのであればカジュアルな服装よりもフォーマルな服装の方が合っていますね。

会食や挨拶などを含んでいるのであれば、しっかりとした服装を選びましょう。

しっかりとした服装をするのであれば、以下の服装がおすすめです。

  • スーツ
  • ドレス
  • ワンピース

このような服装を着てお食い初めの儀式を行いましょう!

初の誕生日

初の誕生日を迎えたら祝ってあげたいですよね!

しっかりとした行事ではないですが、家族の写真として納めておきたいという方も多いです。

行事ではないので、服装の力を入れるべきは赤ちゃんの服装です。

例えば、ベビードレスを着せてあげたりタキシードスタイルにしてあげたりと可愛さを表現することができますね!

父母であれば、普段の服装でも問題ないでしょう。

もちろん、親族で大きなイベントとして行われる場合にはフォーマルな服装を選ぶ必要がありますが、それ以外であれば大丈夫です。

お好きな格好をして、お子さんの初の誕生日を祝ってあげましょう。

七五三

七五三をするときには、祖父母を呼ぶことも多いでしょう。

そのため、服装は父母、祖父母、お子さんで分けて考えなければなりません。

それぞれ紹介します。

七五三を迎えるお子さんの服装

お子さんに関しては、しっかりと服装が決められています。

女の子の場合には、3歳と7歳で2回ありますが、それぞれ着る服が異なるので注意です。

3歳の時には髪置と呼ばれる三つ着の着物を着ることになります。

7歳の時には帯解と呼ばれる四つ着の着物を着ることが一般的です。

男の子の場合は、5歳のときに1度七五三を経験しますね。

その際には、袴着を着ることが主流です。

また、和装をしているのであれば草履をはくことも覚えておきましょう。

上記の服装が正装とされていますが、近年ではワンピースやスーツのような服装も流行っているので、好みで選んでも問題ありません。

父母の服装

父母の服装は、基本的にスーツや着物になるでしょう。

注意しなければならないポイントとしては、お子さんよりも目立つような服装はしないということです。

なぜなら、七五三の主役はあくまでもお子さんだからですね。

そのため、できるだけお子さんの服装を引き立てるような色合いの服を選びましょう。

祖父母の服装

祖父母に関しても、父母の服装と同じものを選べば問題ありません。

ただ、注意点としては前もって父母の服装を確認しておくことです。

バラバラな服装になってしまうと統一感のない七五三になってしまうので、どのような色の服を着るか、スーツか着物かなど確認はしておきましょう。

入園・入学式

基本的には、スーツやワンピースのような服装がおすすめです。

必ずしもスーツでなければいけないということはありませんが、カジュアルな服装は避けましょう。

また、父母の服装はしっかりとバランスを揃えることが重要です。

校門前で写真を撮ることが主流だと思いますので、恥のない服装を選びましょう。

卒園・卒業式

卒業式も入学式と特に変わらない服装で問題ありません。

色に関しても、派手すぎてしまうと目立つので、紺や灰色の服装を選ぶことをおすすめします。

成人式

成人式では必ずといっていいほど家族写真を撮ることになりますね。

成人式でのお子さんの服装は、男性であれば和装かスーツが主流です。

女性であれば振袖が一般的ですね。

派手な服装をすることもあるのですが、父母に関してはスーツや着物がベストです。

毎回のことではありますが、主役はお子さんなので、それ以上に目立ってしまえばおかしな話ですよね。

そのため、派手な格好はしないようにしましょう。

結婚式

最後は結婚式について紹介します。

新郎新婦に関しては、和装か洋装でフォーマルな服装になりますね。

ご家族の方だと、フォーマルな服装でもカジュアルな服装でもどちらでも問題はありません。

ただし、どちらの場合にしても服装は皆さんで合わせる必要があります。

1人だけがフォーマルな服装だと浮いてしまいますからね。

しっかりと事前に打ち合わせをしておきましょう!

家族写真を撮るときの親族の服装

お子さんから見て、父や母、祖父母に関しては説明をしてきましたが、それ以外の叔父や叔母に当たる人たちはどのような服装をしていいかわからないですよね。

また、そもそも叔父や叔母を呼んでもいいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんな行事においても、叔父や叔母を呼ぶことに問題はありません。

呼べるのであれば、親族をたくさん呼んであげましょう!

ただ、人数が増えれば増えるほど、服装がバラバラになってしまう可能性が高まります。

そのため、祖父母とだけ打ち合わせをするのではなく、しっかりと行事に参加する方全員と話をしておく必要があります。

主役となる方の邪魔にならないような服装を心がけましょう。

家族写真は一生の思い出!服装で後悔のないようにしよう

今回は、家族写真を撮影する際の服装について紹介しました。

最初にも紹介しましたが、迷ったら場合は以下のように決めるといいですよ。

  • しっかりとした雰囲気を表すのであれば「フォーマルな服装」
  • 一生の思い出にするのであれば「着物のような和装」
  • ラフな感じを出したいのであれば「カジュアルな服装」

家族写真は何年後かに見返したときに思い出となることが多いです。

思い出として残ってしまうことを考えて家族写真を撮れるといいですね。

また、思い出となるのでプロのフォトグラファーに撮影をしてもらいたいという方もいらっしゃいます。

1日だけフォトグラファーに撮影を依頼するということもできるので、興味がある方はぜひ利用してみましょう。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。