プロフィール

写真写りが悪いのはなぜ…?理由と対策方法について徹底解説!

スマホが普及するにつれて、写真を撮る機会も身近になりました。

今では食事をするときにも、遊んでいるときにもどんなときでも写真を撮影しますよね。

友人と写真を撮ってみたときに「自分だけ写真写りが悪い…」と気に病んでしまうことも多くあります。

どうしたら写真写りが良くなるのか気になりますよね。

そこで今回の記事では、写真写りが悪いと感じてしまう理由や写真写りを良くする方法について解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

写真写りが悪いと感じてしまう原因について解説

ではさっそく、写真写りが悪いと感じてしまう原因について解説します。

そもそも、写真写りが悪いのはキレイな芸能人でもあることです。

そのためブサイクだから写真写りが悪いということはないので安心してくださいね。

写真写りが悪くなってしまう場合には、以下のどれかに当てはまってしまっている可能性があります。

  • 顔が暗く見えてしまっている
  • リップが十分に塗られていないかも
  • 写真の角度や撮り方に原因があることも
  • 姿勢が悪いと老けて見える!
  • 目がしっかりと開いていない

これらについてそれぞれ解説しますね。

顔が暗く見えてしまっている

顔が暗く見えてしまっているだけでも、写真写りが悪くなってしまいます。

顔が暗く見えてしまう最大の原因として、髪型が挙げられます。

パーマやツヤのない髪型が原因になっている可能性があると、覚えておきましょう。

リップが十分に塗られていないかも

写真を撮影するときに、化粧直しをする方も多いです。

ファンデーションやチークをするかもしれませんが、一番はリップをおすすめします。

特に食事のあとに写真を撮る場合やリップを付けてから長時間経っている場合には、リップの塗り直しをしてみてくださいね。

写真の角度や撮り方に原因があることも

スマホで撮影する時代ですよね。

ただスマホに搭載されているカメラレンズのほとんどが、広角レンズです。

広角レンズを利用すると、どうしても面長になりやすいデメリットがあります。

それを改善するために、写真を撮る角度を調整するのがおすすめです。

斜め上から撮影をしてみましょうね。

姿勢が悪いと老けて見える!

意識をしなければ、ほとんどの方が猫背になって生活をしていますよね。

全身の写真に限らず、猫背になって撮影をしてしまうと実年齢よりも老けて見えてしまうデメリットがあります。

だらしなく見えてしまうこともあるので、しっかりと背筋を伸ばして撮影を心がけましょう。

目がしっかりと開いていない

写真を撮影するときに、目がしっかりと開ききっていない方も多いです。

その場合は写真写りが良くなることはありません。

レンズを見すぎてしまうと、緊張して目を閉じてしまう方も多いのであえて違う場所を見ておきましょう。

写真を撮る合図と同時に目を開けるのもおすすめです!

写真写りが悪いのを改善するための具体的な方法を解説

では実際に、写真写りが悪いのを改善するための具体的な方法を解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 眉毛を少しあげてみる
  • 写真を撮る前に化粧直しをする
  • 利き顔を前にする
  • 写真慣れしておく
  • アイテムを使って写真写りを良くすることもできる!

これらについてそれぞれ解説します。

眉毛を少しあげてみる

目をしっかりと開くことが出来ない方は、目を開こうとするのではなく眉毛を上にあげるイメージを持つのがおすすめです。

目をしっかりと開こうとするよりも、自然な目の開き方ができます。

半目にもならないので、ぜひ試してみてくださいね。

写真を撮る前に化粧直しをする

先程もリップを塗り直すと伝えましたが、可能ならリップ以外も直すのがおすすめです。

ただ友人と写真を撮るのに全体のメイクをし始めたら引かれてしまう可能性があります。

そのため長時間のメイクはNGです!

少しの時間で簡単にメイク直しをしましょう。

利き顔を前にする

自分の中で自信がある側の顔を写真側に向けてみましょう!

人間の顔は左右非対称になっているため、右と左で顔の出来が違います。

鏡で自分の顔を確認してみて、自信のある方の顔を決めてみましょう。

写真慣れしておく

写真を撮影するときに、どうしても無愛想になってしまうなら写真慣れができていないだけの可能性もあります。

その場合には写真慣れをするのが最優先です。

何度も写真撮影をしてみて、写真に慣れてみてくださいね。

そうすることで、自分の中で撮影されるときの正解を見つけることができます。

自撮りでもいいので、まずは写真に慣れることを意識しましょう。

アイテムを使って写真写りを良くすることもできる!

写真を撮る時には、身につけているアイテムによって写真写りを良くすることもできます。

具体的におすすめのアイテムは以下のとおりです。

  • メガネ
  • サングラス
  • カラコン
  • マフラー

これらを利用すれば、簡単に写真写りを良くできるので利用してみましょう。

どうしても写真写りが悪くなってしまうならプロカメラマンに撮影を依頼しよう!

プロに撮影依頼写真写りが悪いと感じている方は、プロカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです。

プロカメラマンに撮影してもらえば、写真写りが悪くならないため、自分自身に自信が持てますよ!

自信が持てれば、今後も写真を撮影するのが楽しみになります。

そのためプロカメラマンに写真写りのいい写真を撮影してもらうのがおすすめです。

そしてプロカメラマンに写真撮影を依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは15枚納品で、10,780円という価格で提供しています。

業界最安値でプロカメラマンから写真写りのいい写真を納品してもらえます!

またふぉとるにはコンシェルジュがいるので、撮影してほしい写真のシチュエーションに合わせてプロカメラマンを紹介できます!

ぜひふぉとるを使って、他撮りを撮影してもらってくださいね。

>ふぉとるで撮影できる写真はInstagramで確認!

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】写真写りが悪いのは自分の顔が悪いせいではない!自信を持とう

この記事では、写真写りが悪い方の特徴や写真写りを良くする方法についてまとめました。

写真写りが悪くなってしまう特徴をもう一度まとめます。

  • 顔が暗く見えてしまっている
  • リップが十分に塗られていないかも
  • 写真の角度や撮り方に原因があることも
  • 姿勢が悪いと老けて見える!
  • 目がしっかりと開いていない

どれも簡単に対策できることなので、ぜひ確認してみてくださいね。

またプロフィール写真を撮影する場合、写真写りを良くしたいと思いますよね。

そこでおすすめなのが、プロカメラマンに撮影してもらうことです。

出張撮影サービスのふぉとるでは1時間あたり10,780円から撮影できるので、ぜひ利用してみてくださいね!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。