フォトグラファー

独学でフォトグラファーになることはできるのか?必要なことを解説!

フォトグラファーになりたいと考えたときに、「独学で勉強してフォトグラファーになることはできるのかな?」というふうに考えた方もいると思います。

近年では、「カメラ」が趣味として浸透していて、その延長線上でフォトグラファーとして働いてみたいと考える方も多いです。

そのため、カメラの専門学校に通わずにフォトグラファーになりたいと考えている方がほとんどでしょう。

今回の記事では、フォトグラファーという仕事を独学ですることができるのか否かについて解説します。

これから独学でフォトグラファーになりたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

フォトグラファーという職業は独学でなれるのか

それでは早速、フォトグラファーという職業は独学でなれるのかという点について解説します。

結論から言ってしまうと、フォトグラファーは独学でもなることができます。

そもそも、フォトグラファーやカメラマンというのはご自身で名乗るだけでも慣れてしまう職業です。

フォトグラファーになるための下積み期間は、人それぞれ違うので答えがありません。

もちろん、フォトグラファーを目指すために専門学校に通うこともできますが、独学で勉強することも可能です。

とはいっても、独学で簡単にフォトグラファーになれるわけではないので、注意は必要ですね。

独学でフォトグラファーを目指すメリット・デメリット

ここからは、独学でフォトグラファーを目指すメリット・デメリットについて紹介します。

独学は簡単ではありませんので、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で取り組むようにしましょう。

独学でフォトグラファーを目指すメリット

まずは、独学でフォトグラファーを目指すメリットについて紹介します。

独学でフォトグラファーを目指すメリットは、以下のとおりです。

  • お金を掛けずにフォトグラファーになれる
  • 時間や場所に縛られない
  • 自分のペースですすめることができる

これらが独学のメリットと言えるでしょう。

それではそれぞれ解説します。

お金を掛けずにフォトグラファーになれる

独学の最も大きなメリットとしては、お金を掛けずにフォトグラファーになることができるという点でしょう。

近年では、インターネット上に有益な情報が腐るほどあるので、それらを参考にするだけでもかなり上達することができるでしょう。

Noteのようなサービスで、少しだけお金を払えば、更に質のいい情報を手に入れることができるので、学校に通わなくても勉強ができてしまいますね!

時間や場所に縛られない

独学であれば、会社の通勤時間や休み時間、学生の通学時間など、どこでも勉強をすることができますね。

学校に通うとなると、毎日数時間以上時間が取られてしまうので、難しいという方も多いでしょう。

特に、会社員の方だと学校に通うこと自体が無理ですよね。

独学であれば、どこでもいつでも勉強することができるので、おすすめです!

自分のペースですすめることができる

独学は学校で学ぶのと違い、ご自身のスピードで勉強をすることができます。

いきなり、大量の情報を勉強しても自分の中で消化できない可能性があります。

しかし、独学であれば自分自身の飲み込み速度に併せて勉強をしていくことができるのでおすすめです。

誰かに急かされるのが嫌いという方には、独学が向いていると言えるでしょう。

独学でフォトグラファーを目指すデメリット

続いては、独学のデメリットについて紹介します。

独学のデメリットは以下のとおりです。

  • モチベーションを維持できない
  • 学びを理解しにくい
  • 性格な目標が立たない

これらについて解説します。

モチベーションを維持できない

独学で勉強をするとなると、モチベーションの維持が難しくなります。

学校に通っていると、同じ勉強をしている友達に出会うことができますよね。

その場合「みんなが勉強をしているから自分も頑張らなきゃ…」という気持ちになるという方が多いです。

独学はモチベーションの維持が難しいので、デメリットと言えるでしょう。

学びを理解しにくい

ご自身で勉強をしていても、しっかりと学べているのかを自分自身で理解しにくいという点がデメリットです。

先生がいれば、学んでいることが理解できているのか、答えを出してくれます。

しかし、独学では先生がいないので、答えがわかりませんね。

そのため、ご自身が学んでいることが合っているのか間違っているのか理解をすることが難しいのです。

これが独学のデメリットと言えるでしょう。

正確な目標が立たない

学校に通う場合、明確な目標というものが提示されます。

例えばテストですね。

「どのくらいの期間でどれだけ勉強すれば、そのテストに合格できる!」と理解することができます。

しかし、独学の場合にはゴールを見失ってしまう可能性があります。

「フォトグラファーになりたい!」という目標のもとで独学を始めるわけですから、ゴールはフォトグラファーになることでしょう。

しかし、フォトグラファーになるということ自体が、曖昧なのです。

具体的に言うと、フォトグラファーというのは自分で名乗ってしまえばその時点でフォトグラファーになれてしまいます。

そのため、ご自身の理想としているゴールを細かく設定することが大事です。

ただ、ゴールを正確に決めることができない方が多いので、それが独学のデメリットになるでしょう。

独学でフォトグラファーになるために勉強するべきこと

ここからは、独学でフォトグラファーになるために勉強するべきことについて紹介します。

独学でフォトグラファーになるために勉強するべきことは以下のとおりです。

  • 構図やアングル
  • シーン別でおすすめの撮影方法について
  • レンズの種類やレンズフィルターについて
  • 現像やレタッチについて

これらについてそれぞれ解説します。

構図やアングル

まずは、構図やアングルについて勉強することが大事でしょう。

そもそも構図というのは、写真のバランスを整えるために必要な要素だと思ってください。

バランスの悪い写真はおしゃれに見られないことが多いので、構図の勉強は必須です。

最初は、構図についての勉強を初めて、それに合わせてアングルを調整する流れがおすすめです!

構図に関しては、下記の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

カメラの構図の勉強方法を紹介!基本を学んで効率的に上達しよう!カメラを購入したことはいいけれど、満足な写真が撮れないという方も多いです。 そのような方の大半は、カメラの構図を理解できていないと...
カメラの構図を勉強するための本15選!上達するための近道紹介!一眼レフカメラやミラーレスカメラを購入したけれど、思うように写真を撮れないという方も多くいるかと思います。 その理由の一つに、写真...

シーン別でおすすめの撮影方法について

続いての勉強するべきことは「シーン別でおすすめの撮影方法」です。

どういうことかというと、撮影をしたいと考えているシーンに合わせた撮影方法を知っておくことで、そのジャンルに特化することができます。

撮影をするとなればいろいろなジャンルがあります。

  • 風景写真
  • ポートレート写真
  • スナップ写真
  • フード写真

この他にもいろいろな撮影ジャンルがあります。

ご自身で、どのような撮影をしたいのか考えて、勉強するようにしましょう!

レンズの種類やレンズフィルターについて

続いては、レンズの種類やレンズフィルターについて勉強することが大事です。

レンズの勉強をすることで、撮影したいと考えている写真を撮影できる可能性が大幅に広がります。

望遠レンズや単焦点レンズなどいろいろなレンズがあるので、それぞれの使用用途を簡単に勉強しておきましょう!

カメラレンズの種類を紹介!撮りたい写真を撮るためにはレンズが重要一眼レフやミラーレスカメラを使って写真を撮影する際に欠かせないものに『カメラレンズ』がありますよね。 初心者の場合には、一眼レフや...

また、レンズフィルターというものもあります。

これを用いることで、写真をもっとおしゃれにすることができるので、ぜひ使用してみてくださいね!

おすすめのカメラレンズフィルターを紹介!必要性や選び方を徹底解説カメラのレンズを購入した際に、レンズフィルターも一緒に購入を検討している方も多くいるかと思います。 一眼レフカメラやミラーレスカメ...

現像やレタッチについて

続いては、現像やレタッチについての勉強です。

カメラで撮影したままの写真では、世の中でバズっているような写真にはなれません。

レタッチをして、極限まできれいな状態にすることが大事です。

そもそもレタッチというのは、写真を編集することです。

色味やホワイトバランスを変更して、自分の思う最適な写真に変化することですね。

PhotoshopやLightroomのようなソフトを用いてレタッチをすることになるので、それぞれ触れる用になっておくことをおすすめします。

RAW現像とレタッチの違いとは?レタッチのポイントについて徹底紹介カメラをお持ちの方であれば、RAW現像やレタッチという言葉は聞いたことがあるかと思います。 ただ、どちらも「画像を編集する」という...

独学でフォトグラファーになるために勉強以外でするべきこと

ここまでは、独学でフォトグラファーになるために勉強するべきことについてまとめました。

しかし、フォトグラファーは勉強以外にもやるべきことがたくさんあります。

ここからは、勉強以外でやっておくべきことを紹介します。

フォトグラファーになるために勉強以外でやっておくべきことは以下のとおりです。

  • まずはカメラを買ってみる
  • フォトグラファーということを名乗ってみる
  • フォトグラファーとして仕事を受けているということを公表する
  • 案件をこなしていく
  • ポートフォリオサイトを作成する
  • マーケティングの勉強をする
  • 参考にしたいフォトグラファーのマネをする

これらがとても重要です。

それぞれ解説します。

まずはカメラを買ってみる

当たり前のことかもしれませんが、まずはカメラを買ってみましょう。

たまーに、フォトグラファーになりたい方がカメラよりも前に勉強をすることがあります。

それでは、成長速度が遅くなってしまうので、まずはカメラを購入するところから始めることがおすすめです。

本気でカメラを始めたいという方であれば、Sony a7ⅢやNikon D750のような名機を購入することをおすすめします。

しかし、これらは性能がいい分、30万円近くの初期投資になってしまうので、難しいという方もいるかもしれません。

その場合には、入門機を購入して勉強をすることがおすすめです!

最初の勢いが大事という方は、性能の良いカメラを購入しましょう!

フォトグラファーということを名乗ってみる

カメラを購入して、写真を撮影し始めたら「フォトグラファーです」と名乗ってみることをおすすめします。

そうすれば、仕事を依頼してもらえる可能性がとても高まります。

そもそもフォトグラファーでもない人に仕事を依頼するわけがないので、「とりあえず名乗ってみる」ことが大事です。

ただ、以下の用に考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

  • 実力が足りていないと言われるかもしれない…。
  • 世の中のフォトグラファーよりも劣っているから言いにくい…。

このような考えをしてしまうということもわかりますが、最初の段階からめちゃくちゃすごいフォトグラファーはいません。

とりあえず名乗ってみて、成長していけば問題ありませんね!

フォトグラファーとして仕事を受けているということを公表する

フォトグラファーと名乗るだけでは仕事が来る可能性は低いです。

そのため、「フォトグラファーとして仕事を募集しています!」と公表することが必要でしょう。

ツイッターやインスタのようなSNSで公表すれば、それ経由で仕事をもらうこともできるのでぜひ試してみてくださいね。

案件をこなしていく

フォトグラファーとして仕事をもらうことができたら、しっかりと案件をこなして行きましょう。

あたりまえのことかもしれませんが、少しずつ成長を実感していくと、天狗になってしまう方がいます。

しっかりと初心を忘れずに案件をこなしましょうね。

ポートフォリオサイトを作成する

ある程度作品が溜まってきたら、ポートフォリオサイトを作成することが大事です。

SNSでも集客をすることができるのですが、ポートフォリオサイトを用意しておくことで楽に仕事の話をすることができるようになります。

ポートフォリオサイトは、ワードプレスというサイトを使うことで簡単に作ることができるのでおすすめですよ!

ワードプレスでポートフォリオサイトを作る方法は下記の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。

フォトグラファーにおすすめのワードプレス紹介!ブログやポートフォリオを作ろうフォトグラファーやカメラマンが、ワードプレスでサイトを作ることは多いです。 ブログやポートフォリオを作成することで、仕事につなげる...

マーケティングの勉強をする

フォトグラファーとして仕事を手に入れるためには、マーケティングの知識が必要になってきます。

どれだけ実力が合ったとしても、マーケティングの知識がなければ、上手にお金を稼いでいくことはできません。

「フォトグラファーとしてお金をたくさん稼ぎたい」という方であれば、マーケティングについてもしっかりと勉強しておきましょう。

下記記事でフォトグラファー向けのマーケティングについて紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

フォトグラファーが仕事を取るためにはマーケティングが重要!フリーランスフォトグラファーの方や、副業フォトグラファーの方で仕事をもらえないということで悩んでいる人は多いです。 そんな方たちは...

参考にしたいフォトグラファーのマネをする

ここで紹介する最後の内容は、参考にしたいフォトグラファーのマネをするということです。

自分自身の中で、参考にしたい方を一人でも見つけておくと指標になってくれるので、かなりおすすめの方法です。

最近では、プロのフォトグラファーでもSNSで撮影した写真を公開していることが多いです。

そのため、簡単に好きなフォトグラファーを見つけることができるでしょう。

参考にできるフォトグラファーを見つけることができたら、その方と同じような構図・アングルで撮影を試みてみましょう。

最初のうちは難しいと感じることもあると思いますが、勉強をしていくうちに段々と同じような写真を撮影できるようになりますよ!

フォトグラファーやカメラマンになるなら「ふぉとる」に登録!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

そのような方には、フォトグラファー専用のプラットフォームに登録することがおすすめです。

フォトグラファー専用のプラットフォーム「ふぉとる」では、フォトグラファーをしっかりと審査して採用しています。

ある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」!

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

独学でフォトグラファーになることは可能!とりあえず勉強と撮影を繰り返す

フォトグラファーは独学でもなることが可能です!

とりあえずやっておくべきこととしては、勉強と撮影を繰り返すことですね。

ここで紹介した内容を参考に、独学でフォトグラファーを目指してみてください!

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

フォトグラファーやカメラマンにおすすめの服装紹介!黒が正解ではないフォトグラファーやカメラマンとして仕事をする場合、スーツということはほとんどないですよね。 スーツでいいのであれば、悩まずに済むの...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。