レタッチ

RAW現像とレタッチの違いとは?レタッチのポイントについて徹底紹介

カメラをお持ちの方であれば、RAW現像やレタッチという言葉は聞いたことがあるかと思います。

ただ、どちらも「画像を編集する」ということしかわからず、それぞれをよく理解していないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、RAW現像とレタッチについて、それぞれの違いを紹介します。

しっかりと理解できていないという方はぜひ参考にしてくださいね。

カメラの構図を理解すると写真のレベルが上がる!?おすすめ構図紹介 『せっかく一眼レフを買ったのに、なんだかうまく写真が撮れない…。』 『構図の勉強をしたいのですが、結局続かない…。』 ...

RAW現像とレタッチは違うの?それぞれの違いを解説

それでは早速RAW現像とレタッチの違いについて紹介します。

簡単に流れを紹介すると、

  1. RAW形式で写真を保存する
  2. RAW形式の写真を編集する(レタッチ)
  3. RAW現像でお好きな画像形式に変更

このような流れになります。

これらを具体的に解説します

RAW形式で写真を保存する

まずは、RAWについての解説をします。

ただ、「そもそもRAWとは?」という方も多くいるかと思います。

まずはRAWという形式について紹介しましょう。

RAWというのは、その名の通り「生」という意味です。

つまり、RAWファイルで保存された写真は、撮影したままの「RAW(生)」のデータとなります。

RAWで保存するとなれば、レンズが写した絵をそのまま撮影されることになります。

しかし、RAWは画像として表示するのには向いていません。

では、なぜRAWで保存したほうがいいかというと、レタッチをすることになるからです。

続いて、レタッチの説明をします。

RAW形式の写真を編集する(レタッチ)

レタッチというのは、RAW形式で保存した写真を好きなように加工し、編集することを指します。

撮影した写真は、色味や露出が不完全なことが多く、編集をすることでより美しい写真にすることができます。

ただ、画像を編集するさいにJPEGやPNGだと思ったように編集することができません。

そのため、RAWという保存形式である必要があります。

定番なレタッチアプリはPhotoshopやlightroomでしょう。

これらのアプリケーションを用いることで、ご自身のお好みの色や明るさにすることができます!

RAW形式の写真を、お好みの色や明るさにすることができたら、最後にRAW現像をしましょう。

RAW現像

最後に必要な要素がRAW現像です。

RAW現像というのは、RAWという形式を画像形式に変更することを指します。

基本的には、JPEGやPNGにすることになるでしょう。

最初から、JPEGやPNGにしてしまうとレタッチができないから、このような複雑な手段を択ばなければなりません。

またRAW現像は、特定のアプリケーションがないとすることができません。

基本的には、PhotoshopやlightroomでRAW現像をすることが一般的です。

月額で使うことができるので、ぜひ使ってみましょう。

レタッチをする際のポイント紹介

続いては、レタッチの方法について紹介します。

レタッチは、主に明るさ補正と色味の調整の2つをすることになります。

どちらも重要な要素なのでそれぞれ解説します。

明るさ補正

まずは、明るさ補正について紹介します。

写真を撮影する際にも、写真の明るさを調整していますよね。

シャッタースピード、ISO感度、F値で調整ができます。

しかし、撮影をしてみると「なんだか思っている写真にならない…」ということがありますよね。

その際にレタッチをすることで、カメラではできないような微調整を加えることができます。

明るい写真を暗くすることも、逆に暗い写真を明るくすることもできてしまいます!

写真において、被写体をどれだけ目立たせることができるのかという点が重要なので、ぜひレタッチをしてみましょう。

色味の変更

レタッチをすれば、色味の変更、補正もすることができます。

写真の一部のみの色を変更することもできてしまうので、よりくっきりとした写真を作ることが可能です。

もちろん、写真全体の色味を変更することもできるので、全体的に青みがからせたり、赤くしたりとお好きなようにすることができます!

ピンとくる写真を撮影できないという方は、レタッチをしてみてくださいね!

JPEGやPNGではレタッチできないの?

ここまでの説明は、RAW形式の話でした。

しかし、RAWはデータ量が重くなってしまうので、できればJPEGで保存をしたいという方も多くいるかと思います。

そこで、「JPEGでもレタッチができればいいのにな…」と思う方もいるでしょう。

結論から言ってしまうと、JPEGでも多少はいじることが可能です!

ただし、本当に「多少」です。

JPEG形式の写真の色味や明るさを無理に変更しようとすると、写真の色自体が変わってしまうということにも繋がります。

そのため、本格的にレタッチをしたいと考えているのであれば、RAW形式で保存することがおすすめです。

RAW現像とレタッチのまとめ

今回の記事では、RAW現像とレタッチの違いについて紹介しました、

最後にそれぞれの順番をまとめておきます。

  1. RAW形式で写真を保存する
  2. RAW形式の写真を編集する(レタッチ)
  3. RAW現像でお好きな画像形式に変更

RAW形式の写真でないと、レタッチがほとんどできないということと、レタッチが済んだRAWを、RAW現像で画像形式に変更することを覚えておきましょう!

どちらとも、Photoshopやlightroomを利用することになるので、ぜひ加入してみて下さいね!

カメラに上達方法とテクニックを徹底解説!上達には5つの要素が必要 「カメラを購入したのですが、思ったように写真を撮ることができません。」 「せっかく一眼レフカメラを買ったので、カメラの上達方法...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。