フォトグラファー

フォトグラファーの会社に勤める方法を紹介!アルバイトから始めよう

「フォトグラファーってかっこいいよなぁ…」
「どうやったらフォトグラファーになれるのかな?」

フォトグラファーになりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

インターネット上で、きれいな写真やかっこいい写真を公開している人を見ると、憧れますよね!

そのような経験から、フォトグラファーを目指したいと思う人も多くいます。

そこで今回の記事では、上記のような悩みに対する応えを紹介しています。

これからフォトグラファーとして、働いてみたいという方やフォトグラファーに興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

フォトグラファーは資格や検定は必要?有利になる可能性がある!

フォトグラファーの会社を見つける方法

ではさっそく、フォトグラファーの会社を見つける方法について紹介します。

仕事をするとなれば、会社に勤めることがほとんどですよね。

そのため、まずはフォトグラファーの会社を調べる方法について紹介します。

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

  • 求人サイトでフォトグラファー会社を調べる
  • フォトグラファー専用の求人サイトで調べる
  • お住まいの地域の写真館を調べる
  • 業務委託型フリーランスフォトグラファーとして働く
  • アルバイト求人を探す

これらについて紹介します。

求人サイトでフォトグラファー会社を調べる

一番手っ取り早い方法としては、大手の求人サイトで「フォトグラファー」や「カメラマン」と調べてみることでしょう。

そうすれば、カメラマンやフォトグラファーを募集している会社を簡単に見つけることができますよね。

それ以外にもメリットがあります。

求人サイトでフォトグラファー会社を調べるメリットは以下のとおりです。

  • アドバイザーに手伝ってもらえる
  • いろいろな会社を見比べられる

これらのメリットがあるといえるでしょう。

それぞれ解説します。

アドバイザーに手伝ってもらえる

大手の求人サイトであれば、転職アドバイザーのようなアドバイザーがいます。

アドバイザーサービスというのは、ご自身が希望とマッチしている会社を持ってきてくれるサービスですね。

それだけではなく、就職が決まるまで手伝ってくれることがほとんどです。

しつこいと思うくらいに手伝ってくれるので、就職にこまることはなくなりますね。

どうしてもフォトグラファー会社に就職・転職したいという方は、大手の求人サイトでアドバイザーサービスを利用してみてください!

いろいろな会社を見比べられる

大手の求人サイトであれば、とても多くの求人がありますよね。

フォトグラファー会社の求人だけに絞ると、多くはないかもしれませんが、見比べることはできます。

自ら求人を見比べることで、お好きな会社を見つけることができますね!

残業時間や給料を見て、ブラック企業かどうかを判断することもできるので、ぜひ大手の求人サイトでフォトグラファー会社を検索してみましょう。

フォトグラファー専用の求人サイトで調べる

次は、フォトグラファー専用の求人サイトで検索をすることがおすすめです。

大手の求人サイトに求人を出すほど予算がないけれど、求人をしている企業を見つけることができます!

フォトグラファー専用ではなくても、カテゴリーで【フォトグラファー・カメラマン】と用意されているのであれば、かなり求人があることがわかりますね。

こちらの場合にも、いろいろな会社を見比べられるメリットがあります。

ぜひフォトグラファー専用の求人サイトで検索してみてくださいね。

お住まいの地域の写真館を調べる

お住まいの地域にある写真館を調べてみることもおすすめです!

お住まいの地域にある写真館だと、求人サイトに求人を出していることが少ないです。

基本的には、店舗の前に張り紙があるくらいでしょう。

そのような写真館を狙ってみてもいいですね。

具体的に調べる方法としては、【お住まいの地域名+写真館・フォトスタジオ】です。

このように調べることで、地域にある写真館やフォトスタジオを調べることができます。

ただ、正社員としての募集ではなく、アルバイトや契約社員としての採用になる可能性もあります。

そのため、会社に勤めたいと考えている方からすると、合っていないかもしれませんね。

とりあえず、検索をしてみることをおすすめします。

業務委託型フリーランスフォトグラファーとして働く

業務委託型のフリーランスフォトグラファーというのは、会社から仕事を定期的にもらって仕事をこなしていく形になります。

一般的なフリーランスフォトグラファーの場合には、ご自身で仕事を取ってくる必要があります。

一方で、業務委託型のフリーランスフォトグラファーであれば、定期的に仕事がもらえるという利点がありますね。

フリーランスとなると、安定しない印象を持たれる方が多いと思いますが、業務委託型であればある程度安定して仕事をもらえるでしょう。

また、業務委託型であれば会社に勤める必要はありません。

基本的にはフリーランスとして働くことができるので、自由な生活をしつつフォトグラファーをしたいという方におすすめです!

アルバイト求人を探す

まずはアルバイト求人から探すのがおすすめです。

アルバイトであれば全国各地で求人募集を見つけられますからね。

正社員やアシスタントとしての求人を探そうとしても、なかなか見つからないという場合にはアルバイト求人を探してみましょう。

また自分が挑戦したいジャンルに応募するのは難しい可能性もあるため、まずは経験を積むためにもカメラマンのアルバイト求人に応募するのが大切です。

アルバイトを副業として活動することもできるので、まずはアルバイトでも働いてみることがおすすめですよ!

未経験からプロカメラマンになるためには?

未経験からプロカメラマンになるためには?未経験からでもプロカメラマンになることはできます。

未経験からプロカメラマンになるためには、専門学校に通ったりカメラマンの弟子になったりするのが基本です。

最近ではインスタグラムやツイッターで自分の作品を紹介できるようになっているため、従来の専門学校に通ったりカメラマンの弟子になったりする必要はなくなりつつあります。

センスや作品だけで一気にプロカメラマンになれると覚えておきましょう。

ただ、いきなりセンスや技術を持っている人はいません。

まずはアルバイトや専門学校に通って、写真について学ぶことがおすすめです。

1枚だけバズったとしても、一時の人として忘れられてしまいます。

定期的にバズらせられるような写真を撮影するためには、それなりの技術を学ばなければなりません。

そのためにもアルバイトや専門学校に通うことがおすすめです!

自分がどのようなジャンルのカメラマンになりたいのか、しっかりと考えておきましょうね。

フォトグラファーの仕事は会社に勤めないフリーランスがおすすめ!

ここまで、フォトグラファーとして働くための方法をいくつか紹介してきました。

ただ、実際にはフリーランスフォトグラファーとして働くことがおすすめです。

稼ぎが青天井になりますし、お好きなときに仕事をすることができます。

もちろん、最初のうちから稼げるわけではないですが、将来的に有名なフォトグラファーになれば年収1000万円以上も夢ではないでしょう。

ここからは、フリーランスフォトグラファーとして仕事をする際に必要なことについて紹介します。

フリーランスフォトグラファーとして会社に勤めず働く方法

フリーランスフォトグラファーとして会社に勤めず働く方法では早速、フリーランスフォトグラファーとして会社に勤めずに働く方法について紹介します。

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

  • フォトグラファーの登録サイトに登録する
  • ご自身で仕事を取ってくる

これらについて解説します。

カメラマンとフォトグラファーの違いはある?わかりやすく解説!

フォトグラファーの登録サイトに登録する

フリーランスフォトグラファーが最初に行っておくべきこととしては、フォトグラファーの登録サイトに登録することです。

具体的には、「ふぉとる」や「ラブグラフ」のようなフォトグラファーと撮影をしてもらいたい人のマッチングサイトですね。

これらのようなサイトに登録をすることで、仕事を受けやすくなります。

この際に、過去の実績があると更に仕事を受けやすくなるので、案件をこなしておくことがおすすめです。

ご自身で仕事を取ってくる

フリーランスフォトグラファーであれば、自ら仕事を受けることがほとんどですね。

基本的に、待っているだけでは仕事がもらえることはありません。

自分から行動をすることで、仕事を手に入れることができるので、しっかりと行動をすることがおすすめです。

具体的にできることは次の項目で解説します。

フリーランスフォトグラファーとして会社に勤めず働くためにやるべきこと

ここからは、フリーランスフォトグラファーとして会社に勤めずに働く際にやっておくべきことについて紹介します。

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

  • まずは副業として始めてみる
  • ポートフォリオを作成する
  • SNSで発信する

これらについて紹介します。

まずは副業として始めてみる

いきなりフリーランスフォトグラファーとして働き始めるのは、正直難しいです。

実績がなければ仕事を受けることができない期間が長くなってしまうので、生活費すら稼げないかもしれません。

経験が少ない人にわざわざ仕事を依頼する人はいないからですね。

せめて1年間くらいは副業として、実務経験を積んでおくことがおすすめでしょう。

副業としてフォトグラファーを経験するのであれば、ランサーズやクラウドワークスのようなサイトで募集することがおすすめです。

最初のうちは、単価も低いですが下積み時代だと思って頑張りましょう。

いきなりフリーランスフォトグラファーは難しいので、注意してくださいね。

ポートフォリオを作成する

少しでも撮影をしているのであれば、ポートフォリオを作成することがおすすめです。

ポートフォリオというのは、写真の作品集ですね。

ご自身で撮影した写真を見てもらうためにも、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオがあるメリットは以下のとおりです。

  • 実力をすぐに判断してもらえる
  • サイトを作っておけば仕事をもらいやすくなる

無料でも作ることができるので、絶対に作っておきましょう。

また、ブログとして運用していれば記事の作成依頼ももらえることがあります。

そのため、フォトグラファーとブログの相性はとてもいいです。

ぜひ、ポートフォリオを作成しつつ、カメラに関する情報を拡散してみましょう。

SNSで発信する

ポートフォリオは、WEBサイトとして作成することが多いです。

「WEBサイトの作り方なんて知らないよ!」という方もいると思います。

そんな方は、SNSをポートフォリオにしましょう。

インスタでは、写真を公開することができますよね。

インスタと写真はかなり相性がいいので、作品をまとめるにはかなりおすすめです。

WEBサイトでポートフォリオを作成することが面倒くさいという方は、インスタで簡単に作成してみましょう!

フリーランスカメラマンとして働くなら「ふぉとる」!

ふぉとるカメラマンになる

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

そのような方には、フォトグラファー専用のプラットフォームに登録することがおすすめです。

出張撮影サービスの「ふぉとる」では、カメラマンを募集しています。

下記のようなジャンルで案件があるため、いろいろなカメラマンにおすすめです。

  • 七五三
  • お宮参り
  • ウェディング
  • ニューボーン
  • マタニティ
  • 家族
  • ともだち
  • お食い初め
  • 長寿/還暦祝い
  • SNS用
  • 宣材写真
  • 物撮り

ある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

特にポートレートやニューボーンフォトの需要が高いため、撮影できるカメラマンの方はぜひ登録を検討してみてください!

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

フォトグラファーとして働くなら会社以外の選択肢も視野に入れよう!

フォトグラファーとして働く方法はいくつもあります。

最初のうちは、副業フォトグラファーとして働くことがおすすめです!

稼げることがわかってきたら、フリーランスフォトグラファーになるといいでしょう。

有名なフォトグラファーになることができれば、それだけ稼ぎも増えます。

収入が安定するまでは大変ですが、自分自身で仕事の量を選べるという点にはとても魅力がありますね。

スキルがあるのであれば、フリーランスとして独立していきましょう!

フォトグラファー・カメラマンとは?仕事内容や種類を徹底的に紹介!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。