学校行事

運動会の写真でよくある失敗を紹介!失敗しないための準備方法

運動会の写真撮影をできるだけ失敗しないようにしたいと考えている人はほとんどです。

ただ先輩パパ・ママは運動会の写真撮影で失敗をしてしまっていることが多く、後悔してしまっている方も多くいます。

自分のこどもを撮影するなら、絶対に失敗したくないですよね。

そこで今回の記事では運動会の写真でよくある失敗について解説します。

これから運動会を迎えるこどもがいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

運動会の写真でよくある失敗

では実際に、運動会の写真でよくある失敗について解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • カメラの準備を忘れてしまう
  • ぶれた写真になってしまう
  • 自分の子ではない子を撮っていた
  • カメラが重くて長時間撮影できなかった
  • 逆光になってしまう
  • 前からの写真がない

これらの失敗についてそれぞれ解説します。

カメラの準備を忘れてしまう

まずはカメラの準備を忘れてしまうことが挙げられます。

最近では一眼レフやミラーレスカメラがなくてもスマホで撮れてしまうので、最悪の自体にはなりませんが、質は落ちてしまいますよね。

また、一眼レフやミラーレスカメラの本体は忘れなかったとしてもメモリーカードやバッテリーを忘れてしまうことがあります。

バッテリーやメモリーカードについては、半日以上撮影をするので予備を持っていくのがおすすめです。

いつ何が起きても対応できるように、準備しておいてくださいね。

ぶれた写真になってしまう

ブレブレの写真になってしまう可能性があります。

オートフォーカスモードやシャッタースピードを速めない限り、まともな写真は撮れません。

具体的には、1/500以上のシャッタースピードに設定して撮影をしましょう!

それでもきれいに撮れない可能性があるので、適宜調整してください。

自分の子ではない子を撮っていた

運動会って全員同じ服装になるから、自分の子供かどうかわからなくなってしまいますよね…。

自分の子供だと思って背中を撮っていたら、実は全く知らない子だったということもあります。

そのため、家を出る前に子供の靴や靴下の色を確認しておくとイイですね!

それ以外にも、出場する競技や出番を予め確認しておくことが大切です。

いきなり出番が来ても上手く撮影できない可能性が高いので気をつけましょう。

カメラが重くて長時間撮影できなかった

一眼レフやミラーレスカメラを持っている方によくあるのですが、カメラが重くて途中で撮影を辞めてしまうことがあります。

カメラは500グラム以上あるので、長時間持っているとだんだん疲れてきてしまいます。

プルプルしてくると、手ブレの原因にもなってしまうので気をつけましょう。

三脚があるだけでも疲れを軽減できるので、利用を検討してみてくださいね。

逆光になってしまう

運動会は校庭でおこなうことが多いです。

晴れている日の校庭で運動会をおこなう場合には、逆光になってしまう可能性がありますね。

時間帯によって逆光で全く顔がわからない写真ができてしまう可能性も…。

それを避けるためには、光の向きに応じて撮影する場所も変えることです。

ただ多くの親がいるため、無理に移動するのはNGです。

どうしても動けずに撮影を続けなければならないのであれば、露出補正をプラスしてみてくださいね。

前からの写真がない

子供が正面に写っている写真がないという失敗も多いです。

どうしてもタイミングが合わずに後ろからの写真が多くなってしまいます。

この対策方法も、事前にこどもの出番を確認しておくことです。

事前にこどもの出番がわかっていれば、合わせて移動できますからね。

運動会の写真撮影を失敗しないための準備方法

運動会の写真撮影を失敗しないための準備方法では続いては、運動会の写真撮影を失敗しないための準備方法について解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 予備バッテリー・メモリーカードの用意をする
  • 三脚を用意する
  • 自分の子供が出場する出番を知っておく

これらについてそれぞれ解説します。

予備バッテリー・メモリーカードの用意をする

予備バッテリーとメモリーカードの用意は必須です。

運動会は半日以上時間が掛かるため、一眼レフやミラーレスカメラのバッテリーはほとんどなくなってしまいます。

また常に撮影しているわけではありませんが、それでもメモリーカードの容量は圧迫されてしまいますよね。

これらの理由から、予備バッテリーとメモリーカードは必ず用意しておきましょう。

「こどもの出番はこれからなのに…!」というタイミングでバッテリーがなくなってしまったら後悔してもしきれません。

それを防ぐためにも、予備バッテリーとメモリーカードを用意しておいてくださいね。

三脚を用意する

常にカメラを掲げていたら、疲れてしまいます。

そこでおすすめなのが、三脚を使うことです。

三脚を使えば重さに耐える必要もないですし、写真がブレブレになってしまう可能性もありません。

いいことしか無いので利用しない手はないですね!

ただし、場所を取るため三脚をしっかりとおけるほどの場所を確保できるか確認してから持ち込むようにしましょう。

自分の子供が出場する出番を知っておく

事前に自分のこどもが出場する出番を知っておくことも大切です。

無駄に写真を撮影しなくても、良い写真がたくさん撮れますからね。

いきなりこどもが競技に出場してきても、カメラの準備に時間が掛かってしまいます。

事前に知っておけば、準備時間を用意できるのでとてもおすすめです!

運動会の写真で失敗をしたくないならプロカメラマンに依頼しよう

プロに撮影依頼運動会の写真で失敗したくなければプロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

運動会で写真撮影をする場合、動きのあるこどもを撮影することになりますよね。

素人が完璧にきれいな動きのある写真を撮るのは難しいです。

そこでおすすめなのが、プロカメラマンに撮影してもらうことです!

プロカメラマンに撮影してもらえれば、プロクオリティの写真を思い出に残すことが出来ますね。

そしてプロカメラマンに写真撮影を依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは15枚納品で、10,780円という価格で提供しています。

またふぉとるには専属のコンシェルジュがいるため、子供の写真が得意なカメラマンや動きのある写真が得意なカメラマンを紹介可能です。

ぜひふぉとるを使って、運動会のきれいな写真を撮影してもらってください!

ふぉとるで撮影できる写真はInstagramで確認!

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】運動会の写真でよくある失敗を参考に失敗しないようにしよう

この記事では、運動会の写真でよくある失敗を紹介しました。

もう一度まとめます。

  • カメラの準備を忘れてしまう
  • ぶれた写真になってしまう
  • 自分の子ではない子を撮っていた
  • カメラが重くて長時間撮影できなかった
  • 逆光になってしまう
  • 前からの写真がない

上記の失敗を理解して、失敗しないようにしましょう。

また運動会の写真で失敗したくないなら、プロカメラマンに撮影してもらうのもおすすめです。

ふぉとるであれば、1時間10,780円で撮影できるので、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。