学校行事

学芸会・お遊戯会の写真の撮り方を徹底解説!撮影の注意点も解説

こどもの学芸会やお遊戯会の写真をたくさん撮影しておきたいですよね。

しかしどのように撮影すれば良いのか分からずに、いる方も多いです。

学芸会やお遊戯会で撮影する際には、おすすめの撮り方が決まっています。

そこで今回の記事では、学芸会やお遊戯会の写真の撮り方について徹底解説します。

これから学芸会やお遊戯会の写真を撮影する予定がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

学芸会・お遊戯会の写真の撮り方

学芸会・お遊戯会の写真の撮り方ではさっそく学芸会・お遊戯会の写真の撮り方について解説します。

具体的には以下の3つを意識しましょう。

  • 手ブレしないような設定にする
  • 望遠レンズを使用して撮影する
  • ズームを極力使わない

これらについてそれぞれ解説します。

手ブレしないような設定にする

まずは手ブレしないような設定にすることが大切です。

写真が手ブレしてしまうだけでも、良い写真にならなくなってしまいます。

また学芸会やお遊戯会は会場を暗くしておこなわれることも多いため、手ブレしやすいです。

具体的に手ブレしないためにできることは以下の3つです。

  • シャッタースピードを上げる
  • ISO感度を上げる
  • F値を小さくする

手ブレを抑えるためには、これらがとても重要です。

それぞれ詳しく解説します。

シャッタースピードを上げる

まずはシャッタースピードです。

シャッタースピードを上げることにより、シャッターが開いている時間が少なくなるため手ブレを抑えられます。

ただどのように設定すればいいのかわかりませんよね。

具体的には、レンズの焦点距離以上にすることがおすすめです。

例えば、レンズの焦点距離が200mmだったとしましょう。

その場合には、1/200以上のシャッタースピードに設定すると手ブレを抑えられます。

撮影モードをシャッタースピード優先にするだけで簡単に設定できるので、練習してみてくださいね。

ISO感度を上げる

続いてはISO感度を上げることです。

シャッタースピードを上げると、シャッターが空いている時間が少なくなってしまうため光を取り込む時間も少なくなってしまいます。

そうなると、写真全体が暗くなってしまうデメリットが出てきます。

ISO感度を上げることで、写真全体を明るくすることができるのでシャッタースピードを上げるときには絶対に設定しましょう。

ただしISO感度を上げすぎてしまうと、写真全体にザラザラとしたノイズが生じてしまうので、ISO感度の上げすぎには注意です。

ISO感度はカメラごとに設定できる値が異なっているので、数字の大きいものを選択しておきましょう。

F値を小さくする

最後はF値です。

F値を小さく設定することで、写真全体が明るくなりシャッタースピードを早くすることが出来ます。

シャッタースピード優先モードで撮影する場合には、自動的にF値を設定してくれるため気にする必要はありません。

そのため、初心者が一眼レフやミラーレスカメラを購入して学芸会やお遊戯会の写真を撮影する場合にはシャッタースピード優先モードで撮影しましょう!

望遠レンズを使用して撮影する

続いては、望遠レンズを利用して撮影することがおすすめです。

200mmや300mm以上の望遠レンズだと満足に撮影できますよ!

一眼レフやミラーレスカメラを購入する際に、レンズキットで購入することもあるかもしれませんが、それに付いてくるのは標準レンズがほとんどです。

標準レンズでも撮影できないことはありませんが、絶対に失敗したくないのであれば望遠レンズを利用しましょう。

ズームを極力使わない

標準レンズやスマホで撮影する場合、ズームを使って撮影してしまう方が多いです。

ただのレンズでは、しっかりとこどもの写真を撮影できないこともあります。

ただズームを使いすぎてしまうと、ぼやぼやの写真が出来てしまいます。

それではきれいな写真は撮れないので、気をつけましょう。

また学芸会やお遊戯会全体の写真がなければ、思い出として残りにくくなってしまいます。

こどもの写真だけでなく、学芸会やお遊戯会全体の写真も忘れずに撮影しておきましょう!

学芸会・お遊戯会の写真撮影の注意点

続いては、学芸会・お遊戯会の写真撮影の注意点について解説します。

具体的には以下のポイントに注意しましょう。

  • フラッシュは極力使わない
  • シャッター音が大きいものは使わない
  • 撮影に夢中になりすぎない

これらについてそれぞれ解説します。

フラッシュは極力使わない

学芸会やお遊戯会は基本的に室内でおこなわれます。

そのため光が足らず、フラッシュを使いたくなる気持ちもわかります。

ただフラッシュを使っていると、学芸会やお遊戯会の邪魔になってしまう可能性があります。

また学校によっては、フラッシュ禁止としているところもあるため、事前に確認しておきましょう。

光が足りないときには、シャッタースピードを遅くしたりISO感度を上げたりして調整しましょう。

シャッター音が大きいものは使わない

学芸会やお遊戯会では、こども達が声を出して頑張っていますよね。

それを阻害するようなシャッター音が出てしまうなら、カメラは使用しないようにしましょう。

撮影に夢中になりすぎない

学芸会やお遊戯会は、こどもの成長を見るのがメインです。

あくまでも写真撮影はメインではなく、学芸会やお遊戯会を見るのがメインです。

写真撮影に夢中になりすぎないようにしてくださいね。

学芸会・お遊戯会の写真を思い出に残したいならプロカメラマンに依頼しよう

プロに撮影依頼学芸会・お遊戯会の写真を撮影する際に、一眼レフやミラーレスカメラを購入しようとしている方もいますよね。

ただ一眼レフやミラーレスカメラを購入しようとすると、最低でも数万円は掛かってしまうので初期費用が高いです。

また学芸会・お遊戯会できれいでぼやけていない写真を素人が撮るのは難しいです。

そこでおすすめなのが、プロカメラマンに撮影してもらうことです!

プロカメラマンに撮影してもらえれば、プロクオリティの写真を思い出に残すことが出来ますね。

そしてプロカメラマンに写真撮影を依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは15枚納品で、10,780円という価格で提供しています。

またふぉとるには専属のコンシェルジュがいるため、子供の写真が得意なカメラマンや動きのある写真が得意なカメラマンを紹介可能です。

ぜひふぉとるを使って、学芸会・お遊戯会のきれいな写真を撮影してもらってください!

ふぉとるで撮影できる写真はInstagramで確認!

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】学芸会・お遊戯会の写真を撮り方や注意点を理解するべき

この記事では、学芸会・お遊戯会の写真を撮り方や注意点について解説しました。

もう一度まとめます。

【学芸会・お遊戯会の写真を撮り方】

  • 手ブレしないような設定にする
  • 望遠レンズを使用して撮影する
  • ズームを極力使わない

【学芸会・お遊戯会の写真撮影の注意点】

  • フラッシュは極力使わない
  • シャッター音が大きいものは使わない
  • 撮影に夢中になりすぎない

これらを理解して撮影をしてみてくださいね。

また学芸会・お遊戯会の写真を一生の思い出として残したいのであれば、プロカメラマンに撮影してもらうのもおすすめです。

プロカメラマンに撮影してもらえれば、素人が頑張って撮影するよりも良い写真を撮影してもらえます。

プロカメラマンに撮影してもらうことも検討しましょう。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。