レタッチ

レタッチを副業にして在宅ワークで稼ごう!写真・画像加工で稼ぐ方法

レタッチの技術があれば、それを副業にすることができます。

いわゆるレタッチャーと呼ばれる仕事ですね!

今までに画像や写真をレタッチしたことがある方であれば、副業にするチャンスがあるので、ぜひ検討してみましょう!

この記事では、副業レタッチャーになる方法やレタッチの副業で稼ぐ方法について紹介します。

今後、副業としてレタッチをやっていきたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

副業レタッチャーになる方法とは?

副業レタッチャーになるための方法について紹介します。

最初に言ってしまうと、未経験で副業レタッチャーになることがかなり難しいです。

というのも、経験がなければそもそも依頼を受けさせてもらえないからですね。

そのため、レタッチャーになりたいのであれば、アシスタント業務や個人でできることを積み重ねていきましょう。

ときには、無償でレタッチを引き受けることで、クライアントの要望に答えるという経験をすることもできます。

全くレタッチをしたことがないという方は、このような流れでレタッチャーになるようにしましょう。

もともと、レタッチャーとしての経験があるという方であれば、その経験をアピールすることで依頼してもらえるようになります。

とりあえず経験を積んでみてくださいね。

そもそもレタッチとは何をする仕事?

「そもそも、レタッチってなんですか?」と考える方もいるかもしれません。

何かしらの副業をしたいと考えている中で、レタッチという言葉に出会った可能性もありますもんね。

レタッチの意味を簡単に解説すると、写真を編集することです。

写真の補正をして、広告や雑誌などで使われている写真を作成することがメインの仕事ですね。

基本的に、PhotoshopやLightroomのようなソフトを使ってレタッチをすることになるので、使用したことがないという方はまずそれらのソフトを触ってみることがおすすめです。

レタッチの具体的な内容は、クライアントによって異なります。

基本的には下記のポイントをいじることがほとんどです。

  • 写真の明るさ変更
  • 色味の調節
  • 肌の質感調整
  • 写真の合成
  • 電線のような写真の中に不要なものの削除

これらのやり方を理解しておくことが重要なので覚えておきましょう。

レタッチャーとはどんな仕事?必要な資格やスキルについて徹底解説レタッチャーという仕事をご存知でしょうか。 レタッチャーというのは、広告や本などで使用する画像や写真のレタッチをする方のことを指し...

レタッチを副業にする方法を紹介!

ここからは、具体的にレタッチを副業にする方法について紹介します。

レタッチを副業にする方法としては、以下の4点です。

  • 企業が出している案件をこなす
  • フリーランスが出している案件をこなす
  • ご自身でオリジナルの商品を作成する
  • ノウハウを発信する

それぞれ解説します。

企業が出している案件をこなす

副業であっても、企業が出している案件を請け負うことは可能です。

ランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスを利用することで、案件を請け負うことができるでしょう。

クラウドソーシングサービスを使うメリットとしては、案件を受けていくうちに目に見える形で実績が生まれることです。

評価システムがあり、過去の案件の評価を誰でも見ることができるようになっています。

そのため、その実績をクライアントに見せることで「レタッチができる人」ということを簡単にアピールすることができます。

また、クラウドソーシングサービスは、案件が終わった時点でお金が入る仕組みになっているので、即金性も高いです。

企業の案件は、割とたくさん出回っているので、需要と供給でマッチすることが想像できます。

いろいろなクラウドソーシングサービスがありますが、とりあえず「ランサーズ」と「クラウドワークス」に登録しておきましょう。

無料で登録することができるので、いろいろな案件を見ておく目的でも複数登録しておくことがおすすめです。

フリーランスが出している案件をこなす

クラウドソーシングサービスは、企業が出している案件がほとんどです。

しかし、世の中には個人で依頼を出している方もいます。

そのような方とマッチングするサービスもあります。

おすすめするサービスは「ココナラ」です。

ココナラであれば、自分の得意なことを出品することができます。

何を言っているのかよくわからないかもしれませんが、要は「ご自身のスキルを売りに出せる」ということです。

こちらから案件を探すのではなく、こちらがスキルを売りに出して、仕事を請け負う流れになります。

「レタッチができる」ということを売りに出すのであれば、以下のような仕事を請け負うことになるでしょう。

  • 写真のレタッチ
  • 画像のレタッチ
  • アイキャッチ作成

需要が多い場合もあるので、「写真のレタッチに特化している」や「画像のレタッチに特化している」ということを売りに出すといいですね!

「ココナラ」もかなり有名なサービスなので、供給が多くなっています。

そのため、他の人と差別化できるポイントを用意しておくことが大切ということを覚えておきましょう!

ご自身でオリジナルの商品を作成する

いきなり副業のハードルが高くなった気もしますが、ご自身のオリジナルの商品を作成してみることでも、お金を稼ぐことができます。

ただ、「レタッチでどのような商品を作ればいいのか?」と疑問に思う方もいるかと思います。

結論から言ってしまうと、Lightroomのプリセットを商品化することがおすすめです。

そもそも、プリセットというのは、写真の色味や明るさ、シャドウなどの数値を保存したものです。

それを読み込むだけで、いろいろな写真に全く同じレタッチ効果を反映することができるようになります。

レタッチのプリセットを販売している方は、結構いるのでそれらを参考にすることで商品化のヒントを得られるでしょう。

レタッチのプリセットは、1度作ってしまえば延々に売れてくれる商品になるので、とてもおすすめです。

副業となると、在庫を抱えるようなことはしたくないと考える方が多いので、レタッチのプリセットがとてもおすすめです。

ぜひ、一度作ってみましょう。

ノウハウを発信する

あなた自身が知っているレタッチの技術を、発信することもとてもおすすめです。

具体的に言えば、ブログやユーチューブで情報を発信していくことで、副業につなげることができます。

もちろん、レタッチに特化した技術を持っているのであれば、教室のようなものを開催してみてもいいでしょう。

レタッチ教室を開くにしても、「どうやって生徒を集めればいいの?」と悩んでしまう方が多いですよね。

生徒を集めるためにおすすめできるサービスがあります。

それは「ストアカ」というサービスです。

こちらのサービスでは、個人間のレッスンのマッチングをすることができます。

特にデザイン系のマッチングが人気なので、レタッチは向いていると言えるでしょう。

写真教室ということで、家に招かなければいけないのかと思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

レンタルスペースやカフェなどを利用して授業をすることができるので、おすすめです。

他にも、「タイムチケット」というサービスでは、あなた自身の時間を売ることができるサービスです。

写真関連が人気なので、レタッチとの相性もいいでしょう!

レタッチを副業にするデメリットはある?

ここまで、レタッチを副業にする方法について紹介してきました。

ただ、どれも簡単なことではありませんよね。

ここからは、レタッチを副業にするデメリットについて紹介します。

ここで紹介するレタッチを副業にすることのデメリットは以下のとおりです。

  • 稼げるまでに時間がかかる
  • 大した金額は稼げない
  • 実務経験がないと仕事がないかも

ではそれぞれ解説します。

RAW現像とレタッチの違いとは?レタッチのポイントについて徹底紹介カメラをお持ちの方であれば、RAW現像やレタッチという言葉は聞いたことがあるかと思います。 ただ、どちらも「画像を編集する」という...

稼げるまでに時間がかかる

当たり前の話ではありますが、稼げるまでに時間がかかります。

ここで紹介している4つの稼ぎ方のどれを実践したとしても、半年間はほとんど稼げずに終わってしまうでしょう。

月数万円ですら簡単に稼ぐことはできないということを覚えておいたほうがいいですね。

ランサーズやクラウドワークスで実績を積まなければいけないということもあり、かなりの時間がかかるでしょう。

大した金額は稼げない

先程も簡単に言いましたが、月数万円ですら簡単には稼げません。

あなた自身が、「どのくらい稼ぎたいか」にもよりますが、大した金額は稼げないということを覚えておきましょう。

半年頑張ってようやく月1万円の副業収入ということもありますね。

まとまったお金を稼ぎたいと考えているのであれば、本業に集中したほうが早いかもしれませんね…。

実務経験がないと仕事がないかも

レタッチ自体は、大して難しいことではありません。

とは言っても、写真や画像、色の使い方についてはしっかりと学んでおく必要があります。

これらの経験は、実務で行っていないとなかなか身につかないということが予想できますよね。

そのため、いままで一度も実務経験がないという方は、副業でレタッチをすることは難しいかもしれません。

副業レタッチャーになるために必要なスキル・資格

ここからは、副業レタッチャーになるために必要なスキルや資格について紹介します。

結論から言ってしまうと、レタッチャーに必要な資格はありません。

スキルは、レタッチを思うようにできることですね。

そのため、目に見える形で必要なスキル・資格はないということを覚えておきましょう。

ただ、持っておくと有利になれる資格はあるので、それを紹介します。

Photoshop (R) クリエイター能力認定試験

受験資格 スタンダード・エキスパートともに誰でも受験可能
検定の内容 ソフトを使用して指示通りの作業が正確にできるか
実技の内容 検定の内容と同じ
実技試験に必要な機材 特になし
筆記試験の難易度 なし
実技試験の難易度 スタンダード:普通
エキスパート:難しい

Photoshopクリエイター能力認定試験は、その名の通り「Photoshop」の使い方を理解しているか確認するための試験ですね。

レタッチャーになるとすれば、ほぼ確実にPhotoshopを使用することになります。

そのため、こちらの資格を持っておくだけで「Photoshopをしっかりと使える人」ということをアピールできます。

また、表の通り、試験にはスタンダードとエキスパートの2種類あります。

初心者の方であれば、スタンダードから受験することがおすすめでしょう。

エキスパートは、応用力や技術力が求められてくるので、初心者には難しいです。

最終的にはエキスパートの資格を取れるように勉強してみましょう。

フォトグラファーやカメラマンになるなら「ふぉとる」に登録!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

そのような方には、フォトグラファー専用のプラットフォームに登録することがおすすめです。

フォトグラファー専用のプラットフォーム「ふぉとる」では、フォトグラファーをしっかりと審査して採用しています。

ある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」!

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

レタッチは副業でもできる!とりあえずやってみることが大切!

今回の記事では、レタッチを副業にすることができるのかについて紹介しました。

簡単に稼ぐことはできませんが、地道に続けていくことで副業レタッチャーとして稼ぐことができるようになるでしょう。

また、プリセットやブログのような在庫を抱えなくても収益を生んでくれるような仕組みを作れると尚いいですね。

最後にレタッチを副業にする方法をまとめておきます。

  • 企業が出している案件をこなす
  • フリーランスが出している案件をこなす
  • ご自身でオリジナルの商品を作成する
  • ノウハウを発信する

これらのどれかに当てはまれるように頑張ってくださいね!

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

エモい写真を実現するレタッチのアプローチ【プロフォトグラファーが執筆】【この記事を書いた人】 Nocchi(のっち) 1993年北海道生まれ Webエンジニアとして働く傍ら、休日フォトグラファーとして...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。