マタニティ

マタニティフォトを一生の思い出に!撮影方法や時期を徹底的に解説

日本でもマタニティフォトという言葉をよく聞くようになりました。

マタニティフォトというのは、母親のおなかが大きくなっている様子を撮影する写真のことです。

赤ちゃんがおなかにいる時も、大切な思い出になるため、撮影をする方が増えています。

初めてのお子さんの場合は特に、マタニティフォトを撮影したいという方が多いですね!

今回の記事では、マタニティフォトの撮影時期や、おしゃれな撮影をするための方法についてまとめています。

これからマタニティフォトの撮影をしてみたいという方はぜひ参考にしてくださいね!

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

マタニティフォトとは?魅力を解説!

冒頭でも簡単に紹介しましたが、マタニティフォトというのは「おなかが大きくなってきた妊婦さんを撮影する」ことです。

妊娠しているおなかを撮影されることに抵抗感を持つ方もいるかもしれませんが、赤ちゃんと記念写真を撮る最初の機会ということで人気が高いです。

生まれてきたお子さんと見返してみることで、懐かしい気持ちにもなれるでしょう。

マタニティフォトは、赤ちゃんがおなかの中にいる時にしかみることができないので、とても貴重ということもわかりますね!

ぜひ、マタニティフォトを撮影してみてください。

きっと大切な思い出になりますよ!

マタニティフォトの撮影時期

マタニティフォトを撮影したいと思っている方の中には、いつごろ撮影すればいいのかわからないという方もいますよね。

ここでは、マタニティフォトの撮影時期について具体的に解説します。

個人差はありますが、基本的には妊娠7~9か月ごろがおすすめの時期です。

マタニティフォトは、おなかのふくらみが重要なので、できるだけ大きくなってきた時がおすすめといえるでしょう。

その時期にちょうどいいのが、7~9か月目ということです。

ただ、臨月まで待つことはおすすめできません。

母親の体に負担が掛かってしまったり、出産が予定よりも早くなってしまったりと、トラブルの原因になります。

ギリギリに撮影するのではなく、できるだけ余裕を持った撮影を心がけましょう!

遅くとも臨月前ということさえ覚えておけば大丈夫です。

おしゃれなマタニティフォトを撮影するための準備

マタニティフォトを撮影するとなれば、ただ撮影するだけではちょっぴり悲しいですよね。

できることなら、おしゃれに撮影したいと考えるのが一般的です。

しかし、マタニティフォトは妊娠している母親を撮影することになるので、負担をかけてしまうこともあります。

そのため、無理な撮影はしないようにしましょう。

そこでここでは、マタニティフォトをおしゃれに撮影する方法を紹介します。

具体的には以下の内容を紹介します。

  • マタニティフォト用の衣装
  • マタニティフォトに使えるアイテム
  • マタニティフォトを撮影場所

これらを具体的に解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

マタニティフォト用の衣装

まずは、マタニティフォトに使用する衣装ですね。

マタニティフォトは、おなかを出して撮影することが多く、肌の露出が多くなってしまうという印象をお持ちの方も多くいるかと思います。

しかし、それが恥ずかしいという方であれば、カジュアルな服装を着て撮影するということもできます。

もちろん、撮影の目的としては「おなかのふくらみ」なので、できるだけおなかのふくらみがわかるような服装が望ましいです。

おなかを出して撮影をしたいという方は、マタニティドレスという服装がおすすめです!

マタニティドレスは、ワンピースのようにゆったりとした服なので母親の体に負担も少なく済みます。

マタニティフォトを撮影する際には、マタニティドレスやカジュアルな服装を着て、おなかを締め付けないように気を付けましょう!

マタニティフォトに使えるアイテム

続いては、マタニティフォトに使えるアイテムを紹介します。

マタニティフォトを撮影する際によく使われているアイテムは以下の通りです。

  • アルファベットや数字の置物
  • 赤ちゃん用の服やシューズ
  • 赤ちゃん用のおもちゃやぬいぐるみ
  • 糸電話
  • エコー写真

上記の物がおすすめです。

アルファベットや数字の置物は、赤ちゃんの名前や誕生予定日などを表現するために使用することができます。

他にも、赤ちゃんが生まれてきたときに使うようなおもちゃや洋服、靴などを用意してあげるのもいいでしょう。

糸電話を母親や父親とおなかにつけるような写真も流行っていますね!

まるで赤ちゃんと電話できているかのような写真を作ることが可能です。

どれもおしゃれな写真を撮影するために重要なアイテムなので、用意することをおすすめします!

マタニティフォトを撮影場所

マタニティフォトを撮影するとなれば、場所も重要ですよね。

マタニティフォトを撮影するとなれば、基本的に自宅かフォトスタジオがおすすめです。

自宅やフォトスタジオであれば、リラックスして撮影をすることができますからね!

自然な雰囲気を表現することができます。

ただ、自宅やフォトスタジオでは面白みのない写真になってしまうと考える方もいるかもしれませんね。

そのような場合には、大きな公園で撮影してもらうということもおすすめです。

緑の中で撮影をしてもらうことで、散歩をしている姿や遊んでいる姿を撮影してもらうことができますね。

また、思い出の場所で撮影をしてもらうということもできるでしょう。

その場合は、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用することがおすすめです。

フォトグラファーの出張撮影サービスであれば、お好きな場所に数時間単位で撮影だけをしてもらうことができます。

その場合には、撮影してもらったデータを受け取ることが基本になるので、お友達やご家族に送ることも簡単にできますね。

しっかりと思い出に残したいという方は、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用してみましょう!

ただし、野外での撮影をしてもらう際には、母親の体調を最優先に考えましょう!

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

おしゃれなマタニティフォトを撮影するためのポージング

マタニティフォトをおしゃれに撮影するとなると、ポージングも重要になりますね。

特に人気な撮影方法としては、母親を撮影する方法、夫婦で撮影する方法、おなかだけを撮影する方法の3つです。

どれもおしゃれに撮影する方法があるので、それぞれ解説します。

1人で撮影する場合

母親が1人で撮影をする場合には、おなかに手を添えるポーズが定番です。

立って撮影をする際には、ふくらんでいるおなかの下の方に手を添えることで、おなかのふくらみをよりわかりやすく表現することができます。

もちろん、立って撮影するだけではなく、横になって撮影することもあります。

その際には、優しくなでてあげているような写真を撮影することが可能です。

マタニティフォトを撮影する際に正面から撮影してしまうと、おなかのふくらみがわかりにくくなってしまうので、斜めから撮影することがおすすめです!

斜めや横から撮影することで、簡単におなかのふくらみを写真に残すことができます。

おなかのふくらみをより強調したいという方は、ぜひ試してみてください!

おなかだけを強調して撮影する

おなかをアップにして撮影するという方法も流行っていますね!

ただおなかを写すのではなく、いろいろなアイテムを取り付けて撮影することが多いです。

お花を付けたり、おなかに文字を書いたりすることがありますね!

SNSを見るとたくさんのアイデアが転がっているので、参考にしたいものを見つけることも重要ですね。

夫婦で撮影する場合

マタニティフォトは夫婦で撮影することも多いですね。

マタニティフォトを夫婦で撮影する際には、旦那さんがおなかに耳を当てている写真が定番と言えるでしょう。

他にも、夫婦で手を当てている写真や手でハートマークを作る写真などが人気のポーズです。

2人で撮影することで、幸せな感じをより強調して写真に残すことができます。

ただ、夫婦で撮影をすることになれば、マタニティフォトの撮影が難しくなってしまいます。

夫婦でマタニティフォトを撮影したいという方は、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用してみましょう。

出張撮影サービスを利用することで、幸せな写真をきれいに撮影してもらうことが可能です。

ご家族全員で撮影する場合

最後は、ご家族全員で撮影する方法です。

夫婦だけでなく、親戚や祖父母も一緒に撮影することもあります。

その際には、集合写真のように撮影することがおすすめです。

真ん中に妊婦さんを配置して、それを囲うように集まりましょう!

おしゃれなマタニティフォトの撮影方法

おしゃれなマタニティフォトを撮影するためには、撮影方法にもこだわらなければなりません。

アイテムや撮影する際のポーズも重要ですが、構図やアングル、写真の色など、マタニティフォトをおしゃれにするためには様々な要素が必要です。

ここでは、以下のポイントについて紹介いたします。

  • モノクロ写真にしてみる
  • 影を撮影する
  • 全身を写さない

それぞれ紹介しますね!

モノクロ写真にしてみる

マタニティフォトをおしゃれにする方法の一つ目は、モノクロ写真として撮影してみるということです。

撮影した写真をモノクロにすることで、カラーで撮影した写真とは全く別の印象を与えることができます。

シチュエーションによっては、カラーのほうがモノクロよりもおしゃれになることもあるので、すべての写真をモノクロにすればいいわけではありません。

しかし、シチュエーションによってはモノクロの方がおしゃれになるので、ぜひ試してみましょう。

自宅で撮影をしている方は特に挑戦してみるといいでしょう。

影を撮影する

マタニティフォトを撮影するとなれば、カラー写真で全身を撮影することを想像するかもしれません。

そのような写真ももちろんおしゃれに撮影することができますが、影を撮影することもおすすめです。

おなかのふくらみを影で表現することで、おなかを直で撮影するときとは全く違った写真になります。

いろいろな写真を試してみることで、ご自身のお好きな写真を見つけることができるかもしれません。

ぜひ影の撮影も試してみてくださいね。

シルエット撮影もおすすめ

シルエット撮影は、その名の通り母親のシルエットを撮影する方法です。

写真を逆光で撮影することによって、身体をシルエットだけで撮影することができます。

シルエット撮影は、神秘的な印象を与えることができるので、マタニティフォトとの相性がとてもいいです!

おなかの輪郭がしっかりとわかるようになるので、マタニティフォトとしてもわかりやすいです。

全身を写さない

先ほども少し紹介しましたが、全身を写さずに撮影することもおすすめです。

全身を写す写真もおしゃれに撮影することはできますが、あえて全身を写さないことでおしゃれな写真を作り出すことができます。

小物や手を置いて撮影するとさらにおしゃれなマタニティフォトになるでしょう!

マタニティフォトを記念に残したいのであればプロのフォトグラファーに頼もう!

マタニティフォトを撮影するとなれば、準備や撮影が体力的に難しく、撮影自体を諦めてしまうという方もいます。

しかし、ニューボーンフォトは一生の思い出に残る写真になるということが考えられるので、撮影自体はしたいと考えている方も多いでしょう。

マタニティフォトの撮影を考えている方は、マタニティフォトの撮影のプロフォトグラファーに依頼してみましょう!

プロのフォトグラファーに撮影を依頼することで、安心安全に写真撮影を行ってもらうことができます。

「ふぉとる」のマタニティフォトの撮影であれば、お母様やお父様の姿を撮影してもらうことが可能です。

それ以外にも、シルエット撮影や経験からのおしゃれな写真を撮影することもできます!

「ふぉとる」であれば、ご自宅まで出張してマタニティフォトを撮影いたします。

また、1時間からフォトグラファーに撮影を依頼することができるので、撮影をされるお母様の負担も少ないですね!

もちろん、マタニティフォトに特化しているフォトグラファーも多数いますので、安心して撮影を依頼することができます。

マタニティフォトをプロのフォトグラファーに依頼したいという方は、ぜひ「ふぉとる」をご利用ください。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

マタニティフォトは一生の思い出に!

マタニティフォトは、一生の思い出になる写真といえるでしょう。

ここで紹介した、おしゃれなマタニティフォトを撮影するテクニックを参考にして撮影をしてみてくださいね!

また、撮影自体が難しいという方は、ぜひプロのフォトグラファーに依頼してみてください。

必ず満足のいく写真を撮影してくれますよ!

お宮参りは写真だけ撮影してもいい?写真撮影の費用や注意点を紹介赤ちゃんが生まれて最初の行事といえば、お宮参りですよね。 お宮参りは、赤ちゃんが無事に生まれてきたことを氏神様に報告し、感謝を伝え...

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

LINEから無料相談