レタッチ

「レタッチはずるい」と言われている理由を解説!レタッチは悪?

「レタッチをする人はずるい!」と言われているところを聞いたことはありませんか?

実は、割とこのような考えを持っている方が多くいます。

レタッチをする=即興できれいな写真を撮影することができない人と思われているからですね!

そこで今回は、レタッチがずるいと言われている理由や、レタッチそのものについての紹介をします。

レタッチを副業にして在宅ワークで稼ごう!写真・画像加工で稼ぐ方法レタッチの技術があれば、それを副業にすることができます。 いわゆるレタッチャーと呼ばれる仕事ですね! 今までに画像や写真をレ...

そもそもずるいと言われているレタッチとはどういう行為?

そもそもレタッチがどのような行為なのか、解説いたします。

レタッチというのは、写真を編集することを言います。

色味の調整やホワイトバランスの変更などいろいろなことを行って、元の写真を違う形に変えていく行為です。

このように、本来の写真からかけ離れた写真に変更することをレタッチといいます。

レタッチがずるいと言われている理由

続いては、レタッチがずるいと言われている理由について紹介します。

主に、以下のような理由でレタッチがずるいと言われています。

  • 即興で撮影できているわけではないから
  • 何時間でも掛けていい写真にするから

確かに、こう見るとずるいと言っている理由がわかる気がしますね。

それぞれ詳しく解説します。

即興で撮影できているわけではないから

レタッチをするとなると、露出補正やホワイトバランスまで変更することができてしまいます。

つまり、RAW形式で写真を撮影しておけば、大抵の写真は全く別物のように変更することができるということです。

RAW形式というのは、写真を圧縮せずに生のまま撮っておくことです。

露出補正やホワイトバランスは、撮影をする前に決めることができます。

そのため、それらを後から変更することに対してずるいと感じている人が居るのです。

RAW形式で保存してしまえば、どれだけでも追求することができてしまうという点もずるく感じている点のようですね。

何時間でも掛けていい写真にするから

レタッチをしなければパットしない写真も、何時間・何日間・何週間と時間を掛けてレタッチをする場合があります。

そうなると、「果たしてそれはプロのカメラマンなのか?」という疑問が生まれるようですね。

このような疑問から、レタッチはずるいと言われているようです。

即興できれいな写真を撮影することができる人のことをプロと呼ぶのであれば、レタッチはずると言われてもおかしくはありません。

このような理由から、レタッチがずるいと言われていることを覚えておきましょう!

レタッチはずるいのか?

ここまで、レタッチがずるいと言われている理由について紹介してきました。

しかし、本当にレタッチはずるいのでしょうか?

結論から言ってしまうと、レタッチはずるいとは言えません。

その理由は、そもそも写真はレタッチが前提として撮影されているからですね。

レタッチをせずに、完璧な写真を撮影することはできないと思っておいた方がいいでしょう。

そもそも、世の中で出回っている写真のほとんどは、レタッチされています。

そのため、レタッチがずるいのであれば、世の中の正攻法を否定することになってしまいますよね。

企業が使っているような広告や商業写真でも使われているので、それらを否定し始めたら何が正しいのかわかりません。

このような理由から、レタッチがずるくはないということがわかりますね。

きれいな写真にしたいならレタッチが必須!

きれいで美しい写真を撮影したいのであれば、レタッチをすることが必須です!

ずるいと言われている現状もありますが、気にしていてはきれいな写真が作れなくなってしまいます。

気にせず写真を撮影しましょう!

レタッチャーとはどんな仕事?必要な資格やスキルについて徹底解説レタッチャーという仕事をご存知でしょうか。 レタッチャーというのは、広告や本などで使用する画像や写真のレタッチをする方のことを指し...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。