ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトのおくるみはセルフで撮れる?巻き方や注意点を解説

「ニューボーンフォトのおくるみってセルフで撮影できるのかな」
「おくるみの巻き方や、撮影時に気をつけることがあれば知りたい」

徐々に日本でも撮影する方が増えてきたニューボーンフォト。

いくつか種類がありますが、ころんと丸いフォルムでかわいらしいおくるみのポージングは、ニューボーンフォトのなかでも人気のひとつです。

「頬杖やうつぶせは無理でも、おくるみなら普段も巻くし、セルフで撮影できるのかな」という方もいらっしゃいますよね。

そこで本記事では、ニューボーンフォトでおくるみのセルフ撮影する巻き方について解説します!

撮影時に気をつけたいことや、セルフ撮影以外の撮影方法についても紹介していますので、ぜひ最後まで読んでいただき、おくるみのニューボーンフォト撮影にお役立てください。

ニューボーンフォトの出張撮影なら「ふぉとる」
【バナー】ニューボーンフォト-20240221ふぉとる公式サイトの無料相談画面に移ります
撮影料金
21,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで13,780円(税込)~
撮影時間
2時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

フォームから相談の赤ボタン

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

ニューボーンフォトってセルフで撮れる?

ニューボーンフォトは、セルフでも撮影可能です。

生まれて間もない新生児の姿は、約3〜4週間ほど。

この間にしか見れない表情や肌の質感、体の小ささなど、記念に残しておきたいですよね。

そんな新生児期にしか撮影できないニューボーンフォトですが、大きく分けて2種類あります。

このうち、セルフ撮影できるのは、主に「ナチュラルニューボーンフォト」という写真です。

ナチュラルニューボーンフォト

ニューボーンフォト-おむつで撮影

ナチュラルニューボーンフォトは、赤ちゃんの自然な姿をそのまま撮影するスタイルです。

寝ている姿、ふとした笑顔、時には泣いている表情も、赤ちゃんの「今」を切り取る大切な一瞬。

特別な小物やポージングは必要なく、赤ちゃんが一番リラックスしている自宅で、普段使いの布やおくるみを使って撮影することができます。

このスタイルのメリットは、準備が少なくて済み、赤ちゃんにストレスを与えずに撮影できる点です。

アートニューボーンフォト

【ふぉとる写真】ニューボーンフォト・白のベビードレス

一方で、アートニューボーンフォトは、らかじめ決められたポーズや小物を使って撮影するスタイル

おくるみでくるんだり、カゴに寝かせたりと、赤ちゃんを主役にしたアート作品のような写真を撮れます。

「ほおづえ」や「うつ伏せ」などのポーズは、赤ちゃんが自然に取ることのないポーズなので、撮影には技術や正しい知識が必要です。

セルフで挑戦する場合は、赤ちゃんの安全を第一に考え、無理なポーズは避け、十分な準備と情報収集、またプロによる指導が必要になります。

ニューボーンフォトで人気のおくるみとは

【ふぉとる写真】ニューボーンフォト-ぬいぐるみ

赤ちゃんが生まれたばかりの家庭にとって、おくるみはまさにマストアイテム。

授乳や寝かしつけ、さらには外出時にも大活躍する大判サイズの布で、赤ちゃんを優しく包み込みます。

おくるみに包まれることで、赤ちゃんは手足が固定され、まるでお母さんのお腹の中にいるかのような安心感を得ることができるのです。

このおくるみはニューボーンフォトでも活用されており、首がまだしっかりと据わっていないこの時期の赤ちゃんは、おくるみに包まれることで安定し、抱っこしやすくなります。

また、おくるみによる体温調節の効果もあり、赤ちゃんにとって快適な状態で撮影を行いやすくなります。

おくるみの布はシンプルな正方形や長方形のもののほか、星型の専用のものまで様々あり、シンプルな形状のものは、その後もブランケットとして利用できたりなど便利です。

基本的なおくるみの巻き方

ではまずは、基本となるおくるみの巻き方を紹介します。

基本的なおくるみの巻き方
  1. おくるみをひし形に広げて、一角を内側に折ります。
    折った部分が赤ちゃんの頭の位置になります。
  2. 赤ちゃんをおくるみの中央に寝かせ、右手 (向かって左) を身体に沿わせた状態で、左側のおくるみを赤ちゃんの体に巻きつけます。
    このとき、余った布は赤ちゃんの背中側に回して固定します。
  3. 足元の布を軽く持ち上げ、赤ちゃんの体に優しくフィットさせるように折ります。
    足に負担がかからないように注意しましょう。
  4. 最後に、赤ちゃんの左手 (向かって右) を身体に沿わせ、右側のおくるみを体に巻きつけ、背中側で固定します。

 

定番のおくるみ”おひなまき”の巻き方

では次に、ニューボーンフォトでも定番のおひなまきの巻き方についてです。

赤ちゃんとよりしっかりと固定するので、なかなか寝てくれない赤ちゃんにおすすめの巻き方でもあります。

おひなまきの巻き方
  1. おくるみを四角形にして床に置き、赤ちゃんの頭が出るように寝かせます。
  2. 左側の布を斜めに折り、反対側も同様に折ります。
    赤ちゃんの頭を頂点として、三角形を作るイメージです。
  3. 赤ちゃんの腕を真っすぐにし、左下の布を右肩にかけ、右下の布を左肩にかけます。
    このとき、足は自由に動かせるように少し開けておきます。

おくるみのセルフ撮影や巻き方で注意すべきこと

赤ちゃんとの大切な瞬間を楽しみながら、写真に残すおくるみのセルフ撮影。

その際には、赤ちゃんの安全と快適性を最優先に考える必要があります。

ここでは、おくるみを使った撮影や巻き方で気をつけるべきポイントを紹介します。

事前に練習をしておく

おくるみを使った撮影や巻き方は、見た目ほど簡単ではありません。

特に、おくるみを使った撮影を計画している場合、赤ちゃんがストレスを感じないようにスムーズに進めることが大切です。

そのために、事前にぬいぐるみなどを使って巻き方の練習をしておくことをおすすめします。

事前に巻き方をある程度理解しておくことで、実際に赤ちゃんをおくるみで包む際にも慌てずに済みます。

きつくしめすぎない

おくるみで赤ちゃんを包む際は、きつくしめすぎないように注意しましょう

赤ちゃんの呼吸がしやすいように、おくるみと赤ちゃんの間に手のひらが入るくらいのゆとりを持たせるのが理想です。

きつくしめすぎると、赤ちゃんの呼吸に影響を与えたり、不快感を感じさせたりする可能性があります。

手足は動くようにする

ニューボーンフォト①

赤ちゃんの手足は、自由に動かせるくらいの巻き方にしておくことが重要です。

特に、足は自然に動かせる程度の余裕を持たせておくことで、股関節脱臼のリスクを減らすことができます。

赤ちゃんが快適に過ごせるように、おくるみの巻き方には十分に気をつけましょう。

部屋の温度や湿度に気をつける

赤ちゃんは大人に比べて体温調節機能が未熟なため、部屋の温度や湿度が適切でないとすぐに体調を崩してしまう可能性があります

特におくるみを使う際は、室内が暑すぎると赤ちゃんが過熱してしまう恐れがあるため、室温は22〜25度、湿度は40〜60%を目安に保つことが理想的です。

エアコンや加湿器を適切に使用し、定期的に部屋の空気を入れ替えることも忘れずに行いましょう。

また、赤ちゃんが汗をかいていないか、呼吸が苦しそうでないかなど、常に赤ちゃんの様子をチェックし、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えましょう。

赤ちゃんの機嫌や体調を第一に

【ふぉとる写真】ニューボーンフォト_ママの肩

赤ちゃんが体調不良であったり、機嫌が悪い時に無理に撮影を進めることは避けましょう

赤ちゃんの安全と快適性を最優先に考え、最適なタイミングを見極めることが重要です。

撮影前には赤ちゃんが十分に休息を取り、お腹がいっぱいであることを確認しましょう。

また、撮影中も赤ちゃんの反応を見ながら、必要に応じて休憩を取るなど、柔軟に対応することが大切です。

必ず大人2名以上で対応する

赤ちゃんの撮影は、予期せぬ動きをすることがあります。

常に赤ちゃんの安全を守れるよう、ニューボーンフォトの撮影中は、必ず大人2名以上で行いましょう

一人はカメラを操作し、もう一人は赤ちゃんのサポートを担当します。

作業の分担をすることで、赤ちゃんが不意に動いたとしてもすぐに対応でき、安全に撮影を進められます。

また、赤ちゃんを安定した状態で保持しやすくなり、より安全に撮影を進めることができます。

赤ちゃんを安心させながら、自然な表情を引き出しやすくなるでしょう。

ニューボーンフォトをセルフで撮影するときのアイディア

自然な表情を撮ったり、おくるみで撮ってみたりするだけでも赤ちゃんとの時間は楽しめますが、せっかくならもっと赤ちゃんのかわいさや魅力を写真におさめたいですよね。

ご自宅でも無理なく、またお金をあまりかけずに撮影できるアイディアをまとめました。

ニューボーンフォトの撮影アイディア

足や手などのパーツだけ

【ふぉとる写真】ニューボーンフォト-結婚指輪

赤ちゃんの小さな手や足、ふっくらしたほっぺたなど、特定のパーツにフォーカスした撮影は、赤ちゃんのかわいらしさを際立た写真が撮れます。

特に、親の手と赤ちゃんの手を並べて撮影すると、赤ちゃんの小ささがより一層引き立ちます。

また、赤ちゃんの足の裏や手のひらをクローズアップすることで、成長の記録としても素敵な写真になります。

衣装や小物を使う

赤ちゃんの撮影には、帽子やスタイ、小さなぬいぐるみなどの小物を取り入れると、写真に彩りを加えられます

例えば、動物の耳がついた帽子をかぶせたり、お花の冠を頭にのせたりすると、とても愛らしい雰囲気の写真が撮れます。

また、赤ちゃんを大きなカゴや箱に寝かせて、その中にお気に入りのぬいぐるみを添えると、赤ちゃんの小ささが際立ちます。

【ふぉとる写真】ニューボーンフォト_コットン

そのほかにも、妊娠中のエコー写真を一緒にのせたり、赤ちゃんのまわりにドライフラワーやアルファベットブロック、ネームプレートを置いたりなども雰囲気が出ますよ。

赤ちゃんの下にレースを敷いたり、全体の色味を統一するだけでもおしゃれに見えます。

手をにぎってもらう

赤ちゃんに大人の指をにぎってもらい、その様子を撮影するのも人気です。

大人の手と赤ちゃんの手の大きさの違いが際立ちます。

赤ちゃんの手が小さくても、しっかりと指を握る力強さを感じられます。

家族の絆や愛情を感じさせる写真を残すことができ、愛おしい写真が撮影できるでしょう。

おくるみの選び方はある?

ベビーベッド

おくるみを選ぶ際には、赤ちゃんの快適性と安全性を最優先に考えることが重要です。

を心がけ、赤ちゃんにとって最適なおくるみを見つけましょう。

季節に合わせた素材のもの

赤ちゃんのおくるみ選びで最も重要なのは、季節に合わせた素材を選ぶことです。

夏生まれの赤ちゃんには通気性の良いガーゼやモスリンのおくるみが最適です。

こういった素材は軽くて空気を含むため、暑い季節でも赤ちゃんを快適に保ってくれます。

一方、冬生まれの赤ちゃんには、ウールやフリースなど保温性の高い素材がおすすめ。

赤ちゃんを暖かく保ちつつ、肌触りが柔らかいので赤ちゃんも快適に過ごせます。

また、赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、洗濯がしやすく、肌に優しい素材を選ぶことも忘れずに。

目的にあわせた形のもの

おくるみにはさまざまな形があります。

最も一般的なのは、正方形や長方形のシンプルな布ですが、赤ちゃんをしっかりと包み込むことができる特殊な形状のおくるみもあります。

例えば、足が分かれているデザインのおくるみは、少し大きくなって赤ちゃんがベビーカーに乗っている時に便利です。

また、ベルトで固定できるタイプのおくるみは、赤ちゃんが動いてもおくるみがずれにくいため、より安心して使用できます。

用途に合わせて、最適な形状のおくるみを選びましょう

ニューボーンフォトはできればプロに任せよう

赤ちゃんの普段の様子を日々写真におさめる程度であれば、もちろんセルフ撮影でも問題ありません。

ですが、先に紹介したアートニューボーンフォトのように凝った写真やポージング写真を撮影する場合には、必ずプロに依頼しましょう

赤ちゃんの身体や関節はかなりやわらかく、素人知識でポージングさせようとすると、窒息や身体を痛めるなどの思わぬ事故になりかねません。

以下にて、プロに依頼する2つの方法について、メリット・デメリット、またサービスの選び方について解説します。

プロに撮影してもらう方法

スタジオ撮影

ビデオカメラ・スタジオ撮影

スタジオ撮影は、フォトスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらう方法です。

メリット デメリット
  • プロの機材や設備が整っている
  • 高品質の写真が撮れる
  • 衣装や小物を貸し出ししてくれる
  • 費用がかかりやすい
  • スタジオまでの移動で負担がかかる

メリット

スタジオ撮影はなにより、プロクオリティの機材や設備が整っているなかで、高品質な写真を撮影してくれることです。

また、衣装や小物も多く揃えられているところが多くあります

撮影後のサービスも充実しており、写真選びからアルバム作成まで、一貫したサービスを提供してくれることもポイントです。

デメリット

一方で、スタジオは商品代が高く設定されていることが多く、費用がかかりがちになるのがデメリットです。

また、新生児はまだお出かけに適していない時期であることと、体調が戻りきらないママへの移動による身体的な負担も懸念されます。

どうしてもスタジオで撮影したい場合は、車での移動で近場のスタジオにお願いするなど、赤ちゃんとママの双方に負担の少ないよう最大限配慮しましょう。

スタジオの選び方

スタジオを選ぶ際には、料金だけでなく、撮影後のサービス内容やスタジオの雰囲気、カメラマンのニューボーンフォトに関する知識や経験の有無も重要なポイントです。

撮影時間が短く、赤ちゃんにとって負担が少なく、快適な環境を提供してくれるスタジオを選ぶことで、赤ちゃんもママもリラックスした状態で撮影に臨めるでしょう。

出張撮影

赤ちゃんの出張撮影

出張撮影とは、プロカメラマンに希望する場所まで来てもらい撮影してもらう方法です。

ニューボーンフォトの場合は、生後3週間ほどまでの新生児を撮影するので、ご自宅以外にも産院にカメラマンを招くこともあります。

メリット デメリット
  • 費用が安め
  • 移動せずに済むため赤ちゃんやママへの負担が少ない
  • 高品質の写真が撮れる
  • スタジオほどの設備を持ち込むのが難しいことがある
  • 衣装や小物を用意することがある
  • 支払料金がわかりにくいことがある

メリット

出張撮影の大きなメリットは、まずスタジオ撮影に比べてコストが抑えられることです。

多くの場合、データ納品が中心となるため、物理的なプリントやアルバム作成にかかるコストが省けます。

赤ちゃんの安全を第一に考え、自宅や慣れ親しんだ環境で撮影が行えるため、赤ちゃんやママへのストレスが少なく、リラックスした状態での撮影が可能で、自然な表情やポーズを捉えることができます。

また、ご自宅であれば、万が一何かあった場合でも対処しやすく、移動の負担もないので体調が安定しにくいママも安心です。

デメリット

デメリットとしては、自宅の環境によっては撮影に最適な光や背景を確保できない場合があることがあげられます。

プロのカメラマンによる出張撮影でも、ご自宅ではスタジオのように幅広い小道具や背景を用意することが難しい場合がありますが、通常は2畳分くらいの広さがあれば撮影自体は問題ありません。

また、カメラマンやサービスによっては、ご自身で衣装や小物を用意することがあります。

撮影料金以外にも出張費用がかかったり、編集代が別途必要なことがあるので、料金計算が必要なことも。

撮影後にトラブルにならないよう、依頼確定前に料金の確認はしておくようにしましょう。

出張撮影の選び方

出張撮影サービスを選ぶ際には、カメラマンの経験やポートフォリオを確認し、ニューボーンフォト撮影の専門知識や技術を持っているかをチェックすることが大切です。

撮影プランの内容やコスト、衣装や小物持ち込みの有無、撮影後の写真の納品方法など、サービスの詳細を事前に確認し、納得のいくサービスを選びましょう。

また、ニューボーンフォトの出張撮影は、他人をご自宅に招くことになります。

ニューボーンフォトは女性カメラマンが多いですが、産院に招く場合はともかく、ご自宅に招く場合に不安がある、という方は、旦那さんのいる日程で合わせるなども工夫しましょう。

ですが、産院やご自宅での撮影が可能な出張撮影は、赤ちゃんとママにとって負担が少なく、大切な瞬間を安心して残すことができるおすすめの撮影方法です。

ニューボーンフォトを撮影するならおくるみも安全に対応できる「ふぉとる」!

【バナー】ニューボーンフォト-20240221ふぉとる公式サイトの無料相談画面に移ります

おくるみでの姿をはじめとした、可愛らしい新生児の写真を撮影できるニューボーンフォト。

生後3週間ほどまでにしか撮影できないということで、できるだけクオリティの良い写真を残したいですよね。

ですが、費用はあまりかけたくないし、ちゃんと対応できる人じゃないと不安…という方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、コスパが良くニューボーンフォトの撮影実績も豊富な「ふぉとる」です!

ふぉとるは、撮影希望者とプロカメラマンをつなぐマッチングサービスで、全国47都道府県でサービスを展開しています。

コストパフォーマンスが高さ

ふぉとるのいちばんのポイントは、コストパフォーマンスの良さです。

ふぉとる-ニューボーンフォトの料金比較

ニューボーンフォトは赤ちゃんの様子をうかがいながら対応するため、2時間ほど時間があると余裕を持って撮影できます。

「おすすめ撮影プラン:21,780円(税込)」は、他社や撮影スタジオと比較しても手頃な値段で利用可能。

撮影料金・プラン
ふぉとるではベーシックな「通常会員プラン」と、撮影費用がよりお手頃な「プレミアム会員限定プラン」をご用意しています。
通常会員プラン
プレミアム会員限定プラン
「プレミアム会員限定プラン」とは?
ふぉとるをさらにおトクにご利用いただける無料会員制度!フォームから専属コンシェルジュに質問いただければ、プラン詳細をご説明いたします。

通常会員プラン

お試し撮影プラン
Light Plan
¥10,780(税込)
  • 納品枚数 15枚以内
  • 撮影時間 1時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

おすすめ撮影プラン
Basic Plan
¥21,780(税込)
  • 納品枚数 75枚以内
  • 撮影時間 2時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

よくばり撮影プラン
Premium Plan
¥52,800(税込)
  • 納品枚数 無制限
  • 撮影時間 5時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

プレミアム会員限定プラン

お試し撮影プラン
Light Plan
¥9,780(税込)
  • 納品枚数 15枚以内
  • 撮影時間 1時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

おすすめ撮影プラン
Basic Plan
¥18,780(税込)
  • 納品枚数 75枚以内
  • 撮影時間 2時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

よくばり撮影プラン
Premium Plan
¥44,800(税込)
  • 納品枚数 無制限
  • 撮影時間 5時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

はじめて撮影プラン
Firstable Plan
¥16,000(税込)
  • 納品枚数 50枚以内
  • 撮影時間 1.5時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内

満足撮影プラン
Delight Plan
¥31,000(税込)
  • 納品枚数 100枚以内
  • 撮影時間 3時間以内
  • 撮影場所 どこでも可
  • 納品機関 1週間以内
「プレミアム会員限定プラン」とは?
ふぉとるをさらにおトクにご利用いただける無料会員制度!フォームから専属コンシェルジュに質問いただければ、プラン詳細をご説明いたします。

プレミアム会員プランなら、さらにお得に利用できておすすめです。

なにかと費用がかかりがちな出産前後のパパママに嬉しいリーズナブルな価格設定です。

ニューボーンフォトの撮影経験や実績が豊富

ニューボーンフォトの撮影実績が豊富なことも、ふぉとるの魅力です。

  • ふぉとる:ニューボーンフォトの撮影事例
    くまさんのおくるみでキュートな一枚。ニューボーンフォトの撮影
  • ニューボーンフォト②
    アイテムを使いながら柔らかな仕上がりに。ニューボーンフォトの撮影
  • ふぉとるでニューボーンフォトの出張撮影・写真撮影3
    うさぎのニット帽でキュートな一枚に|ナチュラルテイストなニューボーンフォトの撮影
  • ニューボーンフォト④
    小さな足に2人の指輪をかけたおしゃれな一枚|ニューボーンフォトの撮影
  • ニューボーンフォト⑤
    今しか残せない自然な表情を浮かべた赤ちゃん|ニューボーンフォトの撮影
  • ふぉとるでニューボーンフォトの出張撮影・写真撮影5
    頭にリースをかけた天使みたいな一枚|グッズをふんだんに使ったニューボーンフォトの撮影
  • ニューボーンフォト⑦
    パパママの絆を感じられる一枚!バンザイ姿が可愛いニューボーンフォトの撮影
  • ふぉとるでニューボーンフォトの出張撮影・写真撮影4
    小っちゃな足にリングをかけて可愛く撮影|ニューボーンフォトの撮影

現役のパパママや、看護師などの赤ちゃんの対応になれているカメラマンが多く登録しています。

正しい知識と経験が必要なニューボーンフォトは、撮影実績も重要。

しっかりと赤ちゃんの様子や最適な環境を確保しながら、赤ちゃんの魅力をたっぷり写真に詰め込めるプロならではの対応が好評です。

ふぉとるでニューボーンフォトを
撮影してもらった人の口コミ

えみさん/20代後半/女性/おすすめ撮影プラン
「出来上がりの写真が素敵。ふぉとるにお願いしてよかった」
星星星星星
神奈川県
ニューボーン
出来上がりのお写真とっても素敵でした!
スムーズで時間も早くて、とても助かりました!
お願いしてよかったです!
またお写真撮る機会の時にぜひよろしくお願いします^_^

irissaさん/40代前半/女性/おすすめ撮影プラン
「赤ちゃんも安心して撮影に臨めました!」
星星星星星
熊本県
ニューボーン
ありがとうございます!
とっても可愛く素敵に撮っていただきました。
友達にふぉとるを紹介してもらい、偶然同じフォトグラファーさんでビックリでしたし、とても良いご夫婦で赤ちゃんも安心して預けることができました。ニューボーンフォト撮って本当に良かったです。

あゆみさん/20代後半/女性/おすすめ撮影プラン
「急ぎの依頼でしたが、丁寧に対応してくれました!」
星星星星星
神奈川県
ニューボーン
急ぎのニューボーンフォトのお願いだったのですが、衣装・小物の準備など丁寧な対応ありがとうございました!
赤ちゃんの扱い、あやしかたもとても上手で勉強になりました!
事前に私の好きなイメージを聞いて頂けて、ポーズの提案から全てサポートしてもらえて助かりました!!
データの納品も早く、たくさん素敵な写真をありがとうございました!!
ニューボーンフォトを撮るか迷っていたのですが、ikuさんにお願いできてとてもいい写真を残すことができました!
ありがとうございます!

ゆーみんさん/30代後半/女性/おすすめ撮影プラン
「寝かしつけの時間も考慮して、2時間のプランにして良かった」
星星星星星
大阪府
ニューボーン
生後3週目でニューボーンフォトを撮って頂きました♪
寝かしつけからして頂いたので2時間のプランにしてよかったです!
衣装もおくるみと洋服選べて大満足でした♡
出来上がった写真を見たら、ニューボーンフォトお願いして本当に良かったと改めて思いました!
凄く可愛いステキな写真たくさん撮って頂いて大満足です♡
本当にありがとうございました♡

赤ちゃんの対応はプロに任せられるので、ママもお休みの時間を設けて気分転換しましょう

専属コンシェルジュに気軽に相談できる

ふぉとる-コンシェルジュのイメージ

ふぉとるは、「出張撮影にお願いしたいけど、はじめての依頼で不安が多い…」という方も安心のご利用サポートが充実。

利用フォローからカメラマンのマッチングまで対応している専属コンシェルジュに、気軽に相談できます。

もちろんご相談は無料で、依頼が確定するまで料金は発生しません。

お問い合わせ窓口も豊富で、お電話、LINEや問い合わせフォームもあります。

「どんなサービスが話を聞いてみたい」といったざっくりとしたご相談なら、お電話(0120-791-214)で、具体的な依頼内容が決まっている方は問い合わせフォームからご依頼いただけます。

LINEなら友だち登録していただくと、最大8,000円割引になるクーポンなどもゲットできますよ。

フォームから相談の赤ボタン

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

ふぉとる コンシェルジュ
ふぉとる コンシェルジュ
安心安全の「ふぉとる」で、出張撮影デビューをしましょう!

まとめ 〜ニューボーンフォトに最適なおくるみの巻き方をマスターして安全にセルフ撮影しよう〜

本記事では、ニューボーンフォトで安全にセルフ撮影するためのおくるみの巻き方について解説しました。

ニューボーンフォトにもたくさんのポージングや撮り方の種類がありますが、そのなかでもおくるみは普段のお世話のなかでも利用するもの。

入念に注意を払い、赤ちゃん第一で対応すれば、パパママでの撮影も叶います。

ぜひ記事の内容を参考にして、赤ちゃんのかわいい姿を撮影してくださいね。

そのなかでも、少しでも不安がある方や、きれいに撮影したい、もっといろんな姿を写真に残したい、という方は、ぜひ「ふぉとる」にご相談ください!

リーズナブルな価格で、赤ちゃんへの配慮を第一に、プロならではのニューボーンフォトを撮影します。

ニューボーンフォトの出張撮影なら「ふぉとる」
【バナー】ニューボーンフォト-20240221ふぉとる公式サイトの無料相談画面に移ります
撮影料金
21,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで13,780円(税込)~
撮影時間
2時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

フォームから相談の赤ボタン

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

プロの写真撮影券をプレゼント!ふぉとるギフト

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

▶ふぉとるギフトはこちらからチェック

関連記事
ニューボーンフォトが怖い!なぜニューボーンフォトを撮影するのか ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトが怖い!気持ち悪い…なぜニューボーンフォトを撮影するのか

2021年3月9日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトが怖いという方もいるかと思います。 実際に、ニューボーンフォトについて、「怖い」や「気持ち悪い」といった感想をお持ち …
ニューボーンフォトを安く撮影してもらうには?費用を抑えるなら出張撮影サービスを利用しよう ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトを安く撮影してもらうには?費用を抑えるなら出張撮影サービスを利用しよう

2021年6月18日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「ニューボーンフォトを安い費用で撮影したい」 「出張撮影は写真館やスタジオとのサービスの差はあるのかな?」 新生児期のわ …
赤ちゃんを可愛く撮影するコツは?今だけの表情を撮る方法やアイディアを解説 ニューボーンフォト(新生児の写真)

赤ちゃんを可愛く撮影するコツは?今だけの表情を撮る方法やアイディアを解説

2023年9月10日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「赤ちゃんの今だけの可愛い表情や瞬間を逃さず撮影したい!」 「赤ちゃんの撮影のコツってあるのかな?」 日々すくすく成長していく赤ちゃ …
ニューボーンフォトを撮影した人は18.2%! 人気のポーズや満足度を紹介 ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトを撮影した人は18.2%!人気のポーズや満足度を紹介

2023年3月27日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトを撮影したいと思っている方の中には、実際に撮影している人の割合や人気のポーズなどが気になりますよね。 実際にニューボ …
ニューボーンフォトをセルフで撮るポイントを徹底解説!撮影方法/小物/衣装/ポーズ/機材はどうすればいい? ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトをセルフで撮るポイントを徹底解説!撮影方法/小物/衣装/ポーズ/機材はどうすればいい?

2021年2月26日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「ニューボーンフォトをプロに頼むとお高い…」 「子供が生まれたらセルフで撮影できないかな?」 ニューボーンフォトは写真館に依頼すると …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトに使えるグッズを紹介!定番アイテムでおしゃれに撮影

2021年8月18日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトの撮影をしようとすると、いろいろなグッズを揃えて、おしゃれな写真を撮りたいと思いますよね。 赤ちゃんをそのまま撮るこ …
子供の写真は一生モノ!撮影のコツからおすすめの管理・活用方法まで徹底解説! ニューボーンフォト(新生児の写真)

子供の写真は一生モノ!撮影のコツからおすすめの管理・活用方法まで徹底解説!

2023年9月25日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「子供の写真ってどうやって撮るのがいいの?」 「子供の写真がどんどん増えていって、どうしたらいいんだろう」 などとお考えの方はいませ …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトをセルフ撮影で費用を安く!100均グッズを活用しよう

2024年3月1日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「ニューボーンフォトのセルフ撮影でどんな100均グッズがあれば便利かな」 「ニューボーンフォトをセルフ撮影するのに、注意すべきことはある? …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトを写真スタジオで撮影してもらう!おすすめスタジオ紹介

2021年6月21日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトを撮影しようとしたけれど、素人が撮影をすることは危険と聞いたことがあるかもしれません。 ニューボーンフォトは、生まれ …
大阪でニューボーンフォトを安くおしゃれに撮影できるサービス5選!人気のフォトスタジオも紹介 ニューボーンフォト(新生児の写真)

大阪でニューボーンフォトを安くおしゃれに撮影できるサービス5選!人気のフォトスタジオも紹介

2023年10月27日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「大阪で安くおしゃれにニューボーンフォトを撮影したい」 「ニューボーンフォトの撮影って、どこに依頼したらいい?」 近年じわじわと人気 …
最大8,000円クーポンプレゼント