マタニティ

マタニティフォトをセルフ・自撮りで撮影する方法とは?おしゃれアイデアも紹介

お腹の中の赤ちゃんが大きくなったタイミングで撮影するのが、マタニティフォトです。

もともとは海外で日常的に撮影されていた写真なのですが、最近では日本でも流行っています。

赤ちゃんがお腹にいるときから、思い出を残したいという方が撮影していますね!

特に、初めてお子さんができたという方がマタニティフォトを撮影することが多いです。

今回の記事では、マタニティフォトをセルフでおしゃれに撮影する方法を紹介します。

これからマタニティフォトを撮影しようと考えている方は是非参考にしてくださいね。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

目次
  1. マタニティフォトを撮影する魅力とは?
  2. マタニティフォトをセルフ・自撮りで撮影する際の準備
  3. セルフマタニティフォトはいつ撮影するべき?
  4. セルフ・自撮りでできるマタニティフォトのおしゃれなポージング
  5. セルフや自撮りでも簡単!おしゃれなマタニティフォトのアイデア
  6. マタニティフォトを撮影した方にアンケート調査
  7. マタニティフォトをセルフ・自撮りしているおしゃれな写真を紹介!
  8. マタニティフォトは自撮りではなくプロカメラマンに撮影してもらうのがおすすめ!
  9. マタニティフォトの撮影を希望している方によくある質問
  10. セルフ・自撮りでもマタニティフォトは撮影できる!

マタニティフォトを撮影する魅力とは?

マタニティフォトとは、お腹が大きくなった妊婦の姿を記念として残すために撮影されます。

妊娠している姿はめったに見られるものではなく、記念に残したいという方も多いです。

これから生まれてくる赤ちゃんとの最初の思い出を作るために撮影される方が増えています。

マタニティフォトは生まれてから思い出を作るのではなく、生まれる前から思い出を作れるのが最大の魅力ですね!

子供が大きくなったときに見返して、生まれる前から大切にしていたことを思い出したら感動します。

マタニティフォトは今しか撮れないのでぜひ撮影してみましょう!

マタニティフォトをセルフ・自撮りで撮影する際の準備

マタニティフォトをセルフ・自撮りで撮影する際の準備さっそく、マタニティフォトをセルフ・自撮りで撮影する際の準備方法を紹介します。

マタニティフォトを撮影するためには何ヶ月間も待たなければなりません。

また、一度逃してしまうと一生撮影できない可能性があるほど貴重な写真になるのでしっかりと準備をしておきましょう。

マタニティフォトの準備方法は以下のとおりです。

これらについて紹介します。

マタニティフォトの衣装

まずは、衣装を用意することを考えましょう。

マタニティフォトは、お腹の膨らみを撮影することがほとんどなので、肌の露出ができる衣装を購入しましょう。

ただ、肌の露出が恥ずかしいと感じる方もいますよね。

そのような場合には、カジュアルな服装をして撮影することも考えましょう。

マタニティフォトの目的は、お腹の膨らみを撮影することなので、それさえ撮影できれば問題ないですね!

お腹を出して撮影がしたいのであれば、マタニティドレスという服装もおすすめです。

マタニティドレスであれば、母親の体に負担をかけることなく着ることができます。

マタニティドレス以外の服装を着る際には、お腹を締め付けないように気をつけましょう!

可愛い小物

続いては、可愛い小物を用意することをおすすめします。

マタニティフォトを撮影する際には、以下のようなアイテムがよく使われています。

  • アルファベットや数字の置物
  • 赤ちゃん用の服やシューズ
  • 赤ちゃん用のおもちゃやぬいぐるみ
  • 糸電話
  • エコー写真

これらの小物と一緒に撮影をすることで、将来的に懐かしい気持ちになれること間違いなしです!

アルファベットや数字の小物が鉄板ですね。

赤ちゃんの出産予定日や名前のイニシャルなどと一緒に撮影しましょう!

これらのアイテムを使うことでおしゃれな写真を撮影することができます。

あらかじめ使いたいものを購入しておきましょう。

撮影する場所

マタニティフォトを撮影する場所も重要です。

基本的には、マタニティフォトを撮影する場所は自宅かフォトスタジオがおすすめです。

体調に問題がなければ海や公園などで撮影することもありますね。

ただ、自宅やフォトスタジオであれば安心して撮影をしてもらうことができます。

自然な雰囲気を出してマタニティフォトの撮影をしたいのであれば、自宅かフォトスタジオで撮影してもらいましょう。

自宅ではおしゃれに撮影できないのでは?

「自宅ではおしゃれに撮影できないのでは?」と思う方もいるかもしれませんね。

ただ、自宅であってもおしゃれな撮影をすることはできます。

背景をぼかすことで、自宅とは思えないような写真を撮影することもできますので、撮影方法を考えてみましょう!

また、どうしてもおしゃれな撮影をしたいという方は、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用してみてください。

フォトグラファーの出張撮影サービスであれば、お好みの場所にお好みの時間だけ写真撮影をしてもらうことができます。

写真をデータとして受け取ることができるので、知り合いや親戚に送ることもできますね!

マタニティフォトをしっかりとした思い出として残したい場合には、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用してみましょう。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

セルフマタニティフォトはいつ撮影するべき?

マタニティフォトを撮影したいと考えている方の中には、いつ撮影すればいいのかわからないという方もいるかと思います。

結論からいってしまうと、7~9ヶ月目くらいの時期に撮影することがおすすめです。

マタニティフォトでは、母親のお腹が膨らんでいる姿を撮影します。

そのため、出産時期に近づくにつれてマタニティフォトらしさが出てきます。

ただ、出産予定日よりも早く出産することもあるので、7~9ヶ月目くらいに撮影することがおすすめです。

母親への負担増加や出産タイミングで撮影ができなくなってしまうこともあると覚えておきましょう。

セルフ・自撮りでできるマタニティフォトのおしゃれなポージング

セルフや自撮りでマタニティフォトを撮影する際には、ポーズを決めることも大切です。

例えば、お腹が膨らんでいる姿を正面から撮影してもよくわからない写真になってしまいますよね。

せっかくのマタニティフォトがよくわからない写真にならないためにも、ポーズを決めることが大切です。

今回おすすめするポージングは以下のとおりです。

これらについて紹介します。

お腹に手を置く

お腹に手を添えて撮影してみましょう!

優しくなでているような写真を撮影することができるので、優しく柔らかい雰囲気の写真を撮影することができますよ!

座って撮影するだけでなく、立ったり横になったり、いろいろなポージングを試してみましょう。

また、マタニティフォトを撮影する際には真正面からではなく、斜めや横から撮影することがおすすめです。

真正面では、膨らみもよくわかりませんからね。

お腹の膨らみを強調したい場合には、斜めや横から撮影してみましょう。

お腹だけを撮影する

お腹だけにフォーカスを当てて撮影することもおすすめです!

ただただお腹を写しても、よくわからないのでいろいろなグッズを取り付けて撮影してみましょう。

よくある撮影方法としては、お花をお腹につけることや文字を書くことですね。

インスタグラムでマタニティフォトと検索してみると、たくさんのアイデアが転がっているので、いいものを見つけたら真似してみるといいでしょう。

夫婦で撮影するとき

マタニティフォトは夫婦で撮影することもありますよね!

夫婦で撮影する際には、夫が母親のお腹に耳を当てている写真が定番です。

また、お腹の上でハートマークを作ることもありますね!

夫婦でマタニティフォトを撮影しておくことで、幸せな感じを表現することができます。

しかし、マタニティフォトを夫婦で撮影しようとすると、どうやって撮影をすればいいのかわからないですよね。

セルフタイマー機能を使ったとしても、上手く撮影するのは至難の業です。

そんなときには、フォトグラファーの出張撮影サービスを利用しましょう!

ご自宅まで出張してくれて、撮影をしてもらうこともできます。

セルフや自撮りでも簡単!おしゃれなマタニティフォトのアイデア

セルフや自撮りでも簡単!おしゃれなマタニティフォトのアイデアセルフや自撮りでも簡単にできる、おしゃれなマタニティフォトのアイデアを3つ紹介します!

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

これらがマタニティフォトをおしゃれに撮影するポイントです。

それぞれ具体的に解説します!

モノクロで撮影する

モノクロ写真は、一見古いように見えるという方もいるかもしれませんね。

しかし、モノクロ写真はおしゃれな印象をもたせることができます!

同じ構図で2枚撮影し、1枚をモノクロにしてみると雰囲気の違いにびっくりするでしょう。

どちらも、おしゃれな撮影方法になるので是非試してみてくださいね。

ただし、すべての写真をモノクロにしてしまってはあまり意味がありません。

撮影した写真の数枚だけを、モノクロにしてみましょうね。

お腹の膨らみの影を撮影する

続いては、お腹の膨らみの影を撮影する方法です。

マタニティフォトを撮影する際には、全身を撮影することを想像される方も多いでしょう。

そのような固定概念があるからこそ、影だけを撮影するとおしゃれになるというわけですね。

お腹の膨らみだけを影で撮影することで、全く違った印象を与えることができます。

影の上位互換!シルエット写真もおすすめ!

逆光状態で全身を撮影することで、全身のシルエット写真を撮影することができます。

全身のシルエット写真は、とても神秘的な印象を与えることが可能です。

妊娠は神秘的なものなので、シルエット写真との相性がとてもいいといえるでしょう。

お腹の輪郭をはっきりと写せるように撮影してみてくださいね。

お腹の膨らみだけを撮影する

最後は、お腹の膨らみだけを撮影する方法です。

シンプルにお腹だけの写真も撮影しておくこともおすすめします。

あえて全身を写さないことでおしゃれな写真にすることができるでしょう。

先程も言いましたが、小物と一緒にお腹だけを撮影することもおすすめです。

これらの方法を試して撮影してみてくださいね。

マタニティフォトを撮影した方にアンケート調査

ここからは、実際にマタニティフォトを撮影された方にアンケート調査をおこなった結果を紹介します。

マタニティフォトの調査に関しては以下の2つの質問をおこないました。

  • マタニティフォトを撮影した方法について
  • マタニティフォトを撮影した時期について

実際に撮影した方の結果を見て、参考にしてみてくださいね。

マタニティフォトを撮影した方法について

約半数の方が出張撮影サービスを利用して、マタニティフォトを撮影していることがわかりました!

その次に多いのが、写真スタジオです。

セルフで撮影された方は、全体の3割程度ということがわかりますね。

以下、マタニティフォトを撮影した方にいただいたコメントを紹介します。

人生で何度もマタニティフォトを撮影できるわけではないので、プロに撮影してもらいたくて出張撮影サービスを利用しました。
セルフで撮影するよりもきれいな写真を撮ってもらえたので大満足です!!
(出張撮影サービスを利用された方のコメント)

スマートフォンで撮影しました。
いろいろな用意をして撮影したわけではなく、自撮りをして撮影しました。
ラフな感じで写真が撮れたので良かったです。
(スマートフォンで撮影された方のコメント)

マタニティフォトを撮影した時期について

マタニティフォトを撮影された時期は、圧倒的に7ヶ月~9ヶ月が多かったです。

その頃が一番安全に撮影できますし、お腹の膨らみもわかりやすいからですね。

以下、マタニティフォトを撮影した方にいただいたコメントを紹介します。

7ヶ月目に撮影をしました。
お腹の膨らみがわかりやすかったので、撮れるうちに撮っておきたかったのではやめに撮りました。
(7ヶ月~9ヶ月目に撮影された方のコメント)

9ヶ月目以降に撮影しました。
最大まで大きくなったお腹を撮影したかったからです。
今ではいい思い出になっています!
(7ヶ月~9ヶ月目以降に撮影された方のコメント)

マタニティフォトをセルフ・自撮りしているおしゃれな写真を紹介!

ここからはマタニティフォトをセルフや自撮りでしているおしゃれな写真を紹介します。

これからマタニティフォトをセルフや自撮りでしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

臨月にマタニティフォトを撮影

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKA(@tokuyuka2021)がシェアした投稿

ペイントシールでおしゃれなマタニティフォト

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝙺𝚘𝚛𝚒 ⌇⌇(@kori1130)がシェアした投稿

夫婦でおしゃれなマタニティフォト

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_diary_312_がシェアした投稿

はっきりと膨らんだマタニティフォト

 

この投稿をInstagramで見る

 

35(@sacco324)がシェアした投稿

お腹に焦点を当てたマタニティフォト

 

この投稿をInstagramで見る

 

PHOTORU ふぉとる(@photoru.jp)がシェアした投稿

マタニティフォトは自撮りではなくプロカメラマンに撮影してもらうのがおすすめ!

プロに撮影依頼マタニティフォトをセルフで撮影する方法について紹介しましたが、プロカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです。

プロに撮影してもらえれば、セルフや自撮りでは撮影できないようなおしゃれなマタニティフォトを思い出に残せます!

プロカメラマンにマタニティフォトを撮影してもらうなら、「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは、1時間あたり10,780円でマタニティフォトを撮影できます。

業界最安値で提供しているので、ぜひ思い出に撮影を依頼してみましょう!

またふぉとるには専属のコンシェルジュがいて、撮影したい写真を伝えるだけでその撮影が得意なカメラマンを紹介できます!

まずはコンシェルジュにマタニティフォトの相談からできるので、ぜひ利用してみてくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

マタニティフォトの撮影を希望している方によくある質問

最後に、マタニティフォトの撮影を希望している方によくある質問についてまとめます。

具体的には以下の通りです。

  • 何か月くらいに撮影するのが良いですか?
  • 衣装はレンタルできますか?

これらについてそれぞれ解説します。

何か月くらいに撮影するのが良いですか?

マタニティフォトは、7~9ヶ月目くらいの時期に撮影することがおすすめです。

それ以降になると、危険を伴うのでやめましょう。

またそれ以前の場合、おなかの膨らみが小さくなってしまい映えない写真になってしまいます。

衣装はレンタルできますか?

基本的に出張撮影サービスで衣装をレンタルすることはできません。

そのためご自身で使いたい衣装を用意しましょう。

セルフ・自撮りでもマタニティフォトは撮影できる!

マタニティフォトはセルフでも撮影することができます。

しかし、夫婦で撮影をしたいという方にとってはハードルが高くなってしまいますね。

そのため、夫婦でマタニティフォトを撮影したいという方は、フォトグラファーの出張撮影サービスを使うことがおすすめです。

数時間単位で撮影をしてもらうことができるので、負担が少ないですね!

この記事で紹介した、おしゃれに撮影する方法を参考に撮影をしてみてくださいね!

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

セルフマタニティフォトの参考になる動画はコチラ!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

LINEから無料相談