マタニティ

マタニティフォトの撮影に最適な時期はいつ?撮り方についても解説

「マタニティフォトを撮影する時期っていつが最適なの?」
「マタニティフォトを撮影する時期は1人目と2人目で違うって聞いたけどほんと?」

このように思っている方も多いです。

マタニティフォトは最近流行っている、妊婦さんを撮影する写真です。

そんなマタニティフォトですが、どんな時期に撮影をすればいいのかわからない方も多いです。

「妊娠何ヶ月で撮影をすればいいの?」という疑問を持っている方に対して、撮影時期を解説します。

これからマタニティフォトを撮影しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

マタニティフォトを撮影する時期はいつ?

さっそく、マタニティフォトを撮影する時期はいつなのか解説します。

結論からいうと、妊娠8ヶ月~9ヶ月目程度で撮影をすることがおすすめです。

ただ、そのお子さんが何人目かによって異なります。

ここでは以下の場合ごとに、おすすめの撮影時期を紹介します。

  • 一人目の場合
  • 二人目の場合
  • 双子の場合

これらの場合をそれぞれ紹介します。

一人目の場合

初めてのお子さんの場合には、妊娠8ヶ月~9ヶ月目程度で撮影をすることがおすすめです。

ただ、初めてのお子さんを撮影したいと思っている方にありがちなミスがあるので紹介します。

初めてのお子さんの場合には、お腹が大きければ大きいほど良いと思っている方が多くいるので、撮影をせずに臨月近くに入ってしまうことがあります。

臨月近くになってしまうと、いつ生まれるかわからない状態になって、撮影できません。

体調も不安定になってしまうので、そのまま撮影をせずに終わってしまうことがあります。

そのため、お腹の膨らみが足りないと感じていたとしても、臨月近くになる前に撮影をすることがおすすめです。

二人目の場合

二人目の場合は、妊娠7ヶ月~9ヶ月目程度で撮影をすることがおすすめです。

一人目のマタニティフォト撮影の段階で、一通り理解できているはずなので、比較的安全に撮影をすることができますね。

ただ、注意点としては、二人目のお子さんは一人目のお子さんよりもお腹が早く膨らむという点です。

7ヶ月目程度で、マタニティフォトの撮影に適している大きさまでお腹が膨らむので、それを目安に撮影を検討しましょう。

双子の場合

双子は珍しいので、マタニティフォトを撮影したいと考えている方も多いです。

ただ、一人目や二人目と違い、常に体調を気にしなければ撮影することができません。

というのも、双子を妊娠している場合、「安定期はない」と言われているからです。

双子を妊娠している方は、体調が万全で、経過が順調な場合のみ、マタニティフォトを撮影することができると覚えておいてくださいね。

これらの前提を踏まえた上で、双子のマタニティフォトにおすすめの時期は、妊娠5ヶ月~7ヶ月目程度です。

双子の場合には、妊娠後期になってくると、動きづらくなってしまいます。

そのため、マタニティフォトを撮影するとなると、負担がとても大きくなってしまいます。

それを避けるためにも、できるだけ早い段階でマタニティフォトの撮影をしておきましょう!

マタニティフォトを撮影するメリット・デメリット

ここからは、マタニティフォトを撮影するメリット・デメリットについて紹介します。

マタニティフォトを撮影するメリット

マタニティフォトを撮影するメリットは以下のとおりです。

  • 神秘的な写真を撮影できる
  • 生まれてくる前から思い出を作れる

これらについてそれぞれ解説します。

神秘的な写真を撮影できる

マタニティフォトは、妊娠をしている数カ月間しか撮影することができません。

しかも、一生で何度経験できるかわかりませんよね。

まさに生命の神秘といった写真を撮影することができます。

自分の体の中にもう一つの命があるという神秘的な状況を撮影することができるという点で、メリットといえるでしょう!

生まれてくる前から思い出を作れる

お子さんとの思い出は、生まれてきてからしか作れないと思っていないでしょうか?

マタニティフォトは、お子さんと最初に作れる思い出です。

生まれる前から、思い出を作ることができるという点でメリットといえますね。

これから生まれてくる赤ちゃんとの最初の思い出を作っておきましょう!

生まれて数年経って見てみると、とても感動できる写真になっていると想像できますね。

マタニティフォトを撮影するデメリット

マタニティフォトを撮影するデメリットは以下のとおりです。

  • マタニティフォトに対する偏見を持っている人がいる
  • ギリギリの撮影にはリスクが伴う

これらについてそれぞれ解説します。

マタニティフォトに対する偏見を持っている人がいる

マタニティフォトを撮影することに偏見を持っている方もいます。

具体的には、「マタニティフォトは気持ち悪い」や「マタニティフォトを撮っている人は頭がおかしい」といっている方がいます。

このような方に誹謗中傷をされてしまう可能性がある点で撮影することが嫌になりますよね。

ただ、基本的に、インターネットにアップロードをしなければ、誰かに誹謗中傷されることもないので、デメリットにはなりません。

これらの理由でマタニティフォトの撮影をやめようと考えているのであれば、インターネットにマタニティフォトをアップロードしないことをおすすめします。

そうすれば、デメリットにはなりませんね!

ギリギリの撮影にはリスクが伴う

お腹が大きければ大きいほど、マタニティフォトらしさを出すことはできます。

しかし、臨月近くになってしまったり、出産予定日ギリギリまで撮影を延期してしまったりすると、リスクが伴ってしまいます。

具体的には、いつ生まれてくるかわからないという点です。

マタニティフォトを撮影している間に生まれてくるかもしれませんよね。

また、ママの体調も万全とはいえません。

臨月近くになると、動くことすら辛いという方もいます。

そのようなことを考えると、ギリギリの撮影にはリスクがあることがわかりますよね。

ギリギリの撮影はやめておきましょう!

マタニティフォトを撮影する時期におすすめ写真

マタニティフォトを撮影する時期におすすめ写真マタニティフォトを撮影するとなれば、春夏秋冬のいずれかになります。

マタニティフォトでは、四季によって撮影できる写真が異なります。

もちろん自宅で撮影をすれば年中撮影ができますが、できればおしゃれな写真を撮影したいところです。

ここでは、春夏秋冬それぞれにおすすめの写真を紹介します。

春にマタニティフォトを撮影できるのであれば、桜と一緒に撮影することがおすすめです。

春といえば桜なので、風情のある写真を撮影できるでしょう。

桜が咲く時期は、若干寒さが残っている場合もあるので、体調には十分気をつけてくださいね。

夏のマタニティフォトは、海や公園で撮影することがおすすめです。

公園の場合には、ひまわりのような夏をイメージしやすいものと一緒に撮影すると、より季節感のある写真を撮影することができますね。

ただ、夏の場合には暑さで体調を崩してしまう可能性があります。

日焼けや暑さ対策を万全にして、マタニティフォトの撮影をしましょう!

秋にマタニティフォトを撮影できるのであれば、紅葉と一緒に撮影することがおすすめです。

紅葉が満開になる時期は、若干寒さが出始めるので、風邪をひかないように注意しなければなりません。

冬が近づいてくると、妊婦さんに負担になってしまうので気をつけてくださいね。

冬にマタニティフォトを撮影するのであれば、ロケーション撮影はおすすめできません。

とても寒い時期なので、妊婦さんに負担を与えてしまいます。

そのため、自宅でマタニティフォトを撮影しましょう。

どうしても撮影をしたいのであれば、できる限りの防寒対策をして、短時間で撮影をしましょうね。

もちろん、お腹を出して撮影することはできないので、服をきて撮影することになります。

マタニティフォトを撮影する時期は早すぎても遅すぎてもNG

マタニティフォトを撮影するとなれば、撮影時期が早すぎても遅すぎてもだめです。

早すぎてしまうと、お腹が膨らんで居ない写真になってしまい、マタニティフォトかどうかわからなくなってしまいます。

また、遅すぎてしまうと、様々なリスクが生じます。

このように、早すぎても遅すぎてもだめということを覚えておきましょう。

そのため、基本的には、妊娠8ヶ月~9ヶ月目程度で撮影をすることを意識してくださいね!

マタニティフォトを撮影するのにおすすめの衣装

マタニティフォトを撮影する場合、衣装が重要です。

マタニティフォトの撮影なのに、膨らんでいるお腹がわかりにくかったら何の写真なのかわからなくなってしまいますからね。

ただドレスのような派手な衣装をしたくない方も多いです。

そこでおすすめなのが、ユニクロやGUで衣装を購入することです。

実はユニクロやGUには、マタニティフォト向けの衣装がとても多く用意されています。

普段着もできるような服装で、マタニティフォトを撮影できるので自然なマタニティフォトを撮影したい方におすすめです!

詳しくは以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マタニティフォトを撮影するにはセルフ・スタジオ・出張撮影のどれがおすすめ?

マタニティフォトを撮影するとなれば、セルフ・スタジオ・出張撮影のどれかが基本です。

どの方法で撮影するのがいいのかわからない方も多いですよね。

そこでここからは、マタニティフォトを撮影するにはセルフ・スタジオ・出張撮影のどれがおすすめなのかについて解説します。

マタニティフォトをセルフで撮影する

マタニティフォトをセルフで撮影することもできます。

ただ自宅で撮影することになるため、代わり映えのない写真ができてしまう可能性が高いです。

マタニティフォトはお腹を立体的に写す必要があるので、初心者には難しいとされています。

そのため、できればプロカメラマンに依頼をしましょう。

マタニティフォトをスタジオで撮影する

マタニティフォトはスタジオでも撮影することができます!

マタニティフォトをスタジオで撮影するとなれば、しっかりとしたセットの中でプロカメラマンに撮影してもらえます。

デメリットを上げるとすれば、わざわざスタジオまでいかなければいけない点です。

妊婦さんはお腹が大きく、できるだけ動かないようにしたいと思う方も多いですよね。

しかし写真スタジオまでいかなければならないため、負担をかけてしまいます。

その点でスタジオ撮影にはデメリットがあると覚えておきましょう。

マタニティフォトを出張撮影で撮影する

マタニティフォトは出張撮影でも撮影してもらえます。

出張撮影サービスを利用すれば、自宅でもプロカメラマンに撮影してもらえます。

妊婦さんに負担をかけることなくマタニティフォトを撮影してもらえるので、とてもおすすめです。

出産が近づいてくると、お腹が大きくなり負担が大きくなってしまいますよね。

そのため自宅でマタニティフォトを撮影してもらえるのは大きなメリットです!

マタニティフォトを撮影してもらう際には、出張撮影サービスを利用してみましょう。

マタニティフォトを撮影するなら出張撮影がおすすめ!理由を解説

ここまでマタニティフォトを撮影するための方法を3つ紹介しました。

ただ最もおすすめできる撮影は、出張撮影サービスを利用することです。

出張撮影をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 好きな場所で撮影してもらえる
  • 負担が少ない
  • 費用が安い

これらについてそれぞれ解説します。

好きな場所で撮影してもらえる

出張撮影とはその名の通り、カメラマンに出張してもらって撮影をしてもらえるサービスです。

好きな場所で撮影してもらえるため、自分が思い描いているマタニティフォトを撮影してもらえますね。

もちろん、自宅でも撮影してもらえるので移動を負担に感じてしまう方にとっても優しいです。

妊娠8ヶ月目にもなると、お腹の膨らみもかなり大きくなってくるため、移動するのが辛いですよね。

万が一のことも考えて負担の少ない撮影ができるのもメリットです!

負担が少ない

マタニティフォトを撮影する場合、母子共に多少なり負担があります。

お腹が大きいため、移動するのにも一苦労です。

しかし出張撮影では自宅で撮影してもらえ、自宅解散なのでほとんど負担がありません。

また写真の納品に関してもネット上でおこなわれるため、自分でなにかする必要が無いです!!

負担を最小限にできるのがメリットですね。

費用が安い

出張撮影は写真スタジオで撮影するよりも費用が安いです。

その分、衣装のレンタルや小物の用意をしてもらえることはありません。

自分のありのままの姿をマタニティフォトとして記録できますね。

もちろん、自分で衣装や小物を用意しておけば利用できるので問題ありません。

ぜひ出張撮影を使って安く撮影してもらってくださいね。

マタニティフォトを安く撮影する方法とは?節約して撮影するポイントを解説

マタニティフォトの写真を適切な時期に撮影するなら「ふぉとる」!

プロに撮影依頼マタニティフォトを撮影するとなれば、準備や撮影が体力的に難しく、撮影自体をしない方もいます。

しかしマタニティフォトは一生に一度しか撮影できない可能性のある写真です。

お腹の中にいる赤ちゃんとの最初の思い出を作るためにも撮影するのがおすすめです。

そこでおすすめなのが、マタニティフォトの写真をプロカメラマンに撮影してもらうこと!

マタニティフォトをプロカメラマンに撮影してもらえば、一生の思い出に残る大切な思い出を作ってもらえます。

出張撮影サービスのふぉとるでは、1時間あたり10,780円で撮影可能!

もちろん厳正な審査に通過したプロカメラマンが満足にいくまで撮影します。

マタニティフォトを一生の思い出にしたいという方は、ぜひ利用してみてくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

【まとめ】マタニティフォトの撮影時期は8ヶ月目が最適

この記事では、マタニティフォトのおすすめの撮影時期について紹介しました。

最後に、妊娠状態ごとにおすすめの時期をまとめておきます。

  • 一人目のマタニティフォト:妊娠8ヶ月~9ヶ月目
  • 二人目のマタニティフォト:妊娠7ヶ月~9ヶ月目
  • 双子のマタニティフォト:妊娠5ヶ月~7ヶ月目

これらの時期を参考に、お腹の膨らみ具合や経過を見て、マタニティフォトの撮影時期を決めましょう!

マタニティフォトで失敗しないための方法について下記記事で紹介しているので、併せて参考にしてみてくださいね。

下記動画も参考になるので、見るのがおすすめです!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

LINEから無料相談