フォトグラファー・カメラマン

フォトグラファー・カメラマンとは?仕事内容や種類を徹底的に紹介!

「フォトグラファーとカメラマンって何が違うの…?」
「フォトグラファーを目指しているのですが、どのような働き方があるのか知りたい!」

フォトグラファーやカメラマンという単語を聞いたことはあると思いますが、それぞれの意味の違いについては知らない方も多いのではないでしょうか。

それぞれ若干意味が異なるので、詳しい違いを知りたい方もいますよね。

そこで今回の記事では、フォトグラファーやカメラマンという仕事の種類について解説します。

フォトグラファーやカメラマンという仕事に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

\稼げるフォトグラファーになれる!/
ふぉとるフォトグラファー登録はこちら▶

出張撮影・写真撮影なら「ふぉとる」

撮影料金
10,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで9,780円(税込)~
撮影時間
1時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

フォトグラファー・カメラマンとは?

フォトグラファー・カメラマンとは?フォトグラファー・カメラマンとは、両方とも写真を撮影することを仕事にしている人たちのことを指します。

ただ、フォトグラファーとひとことでいえる仕事ではありません。

例えば、フォトスタジオや写真館で撮影をするようなフォトグラファーもいれば、風景の写真を撮影するフォトグラファーなどたくさんの種類がありますからね。

そのため、フォトグラファーやカメラマンは一言で言い表せる仕事ではありません。

フォトグラファーの中にはとてもたくさんの種類の仕事内容があると覚えておいてくださいね。

この記事の後半で、フォトグラファーのいろいろな働き方について解説するのでぜひ参考にしてください。

フォトグラファー・カメラマンになるための方法とは?

フォトグラファー・カメラマンになるための方法とは?フォトグラファーやカメラマンになるためには、学校を卒業してからアシスタントやスタジオで経験を積まなければなりません。

独立がしやすい仕事ではありますが、その分競争率が高い点に注意です。

後ほど解説しますが、フォトグラファーとしての得意分野がなければすぐに負けてしまうような世界です。

1つの分野に限らず、いろいろな分野で経験を積むことで、向き不向きがわかるようになります。

学校を卒業してからの下積み期間で、ご自身のスキルを見つめ直してみましょう!

フォトグラファー・カメラマンの仕事内容とは?

フォトグラファー・カメラマンの仕事内容とは?続いては、フォトグラファーやカメラマンの仕事内容や仕事の流れについて解説します。

フォトグラファーやカメラマンの仕事というと、撮影するだけだと思われてしまうかもしれません。

しかし、撮影以外にもさまざまな仕事があることを知っておきましょう!

具体的には、以下のような仕事があります。

  • 撮影の準備
  • 撮影の進行
  • 撮影した写真の編集
  • 撮影する機材の管理

これらも、フォトグラファーやカメラマンの仕事に含まれます。

それぞれ簡単に内容を説明します。

撮影の準備

撮影をするとなれば、その場所の下調べや撮影依頼のシチュエーションの撮影方法などを準備しなければなりません。

依頼されている内容によっては、普段と異なる機材を用意しなければいけないこともあります。

そのため、クライアントとのやりとりの段階から仕事が始まっていると覚えておきましょう。

撮影の進行

ポートレート撮影をするとなれば、カメラマンが率先してリードしなければなりません。

モデルの方の要望を聞いて、そのとおりの写真を撮影したり、逆におすすめのポージングや表情を引き出したりする必要があります。

撮影の時間は決められているので、その時間内でどれだけ効率的に進行できるかが重要です!

撮影した写真の編集

一度の依頼で数百枚以上の写真を撮影することがほとんどです。

その撮影した写真の中から、クライアントに納品するための写真を選定して、それを納品できる形に編集します。

基本的には、PhotoshopやLightroomのような写真編集ソフトを使用することになるので、そちらの技術も必須ですね。

撮影する機材の管理

ご自身のカメラを持って撮影するのであれば、そこまで気にする必要はないかもしれません。

仮に、現場でカメラをレンタルするのであれば、機材の管理も仕事になります。

基本的に、撮影するための機材は数十万円以上するため、丁寧に扱わなければなりません。

カメラ製品はとてもデリケートなので、取り扱いにも注意しましょう!

フォトグラファー・カメラマンの種類とは?

フォトグラファー・カメラマンの種類とは?ではさっそく、フォトグラファーやカメラマンと呼ばれていている仕事の種類と内容について紹介します。

今回紹介するフォトグラファーやカメラマンの種類は以下のとおりです。

  • 商業フォトグラファー・カメラマン
  • 自然のフォトグラファー・カメラマン
  • 風景写真のフォトグラファー・カメラマン
  • テレビカメラマン
  • イベントカメラマン
  • フリーランスフォトグラファー

大きく分けると、このような分類になりますね。

ではそれぞれ詳しく解説します。

商業フォトグラファー・カメラマン

カメラマンという言葉を聞いて最初に思い浮かべるのが、商業用の写真を撮影している方ではないでしょうか。

ただ、商業カメラマンと言っても、更に細分化することができます。

今回は以下の商業カメラマンについて詳しく解説します。

  • 広告用の写真を撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • ポートレート撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • モデルを撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • 食べ物を撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • 建築物を撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • 鉄道撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • 航空撮影するフォトグラファー・カメラマン

これらが商業用の写真を撮影するカメラマンに当てはまるでしょう。

それでは、それぞれ解説します。

広告用の写真を撮影するフォトグラファー・カメラマン

広告用の写真を撮影するカメラマンは、デザインセンスも求められます。

広告用に使われる写真として撮影をしなければなりませんので、文字やタイトルなどを挿入するスペースまで考えて撮影をしなければなりません。

フォトグラファーやカメラマンの中でも、特に構図や表現力が求められるということを覚えておきましょう。

また、広告用のカメラマンとして売れていくためには、ご自身のセンスがとても重要になります。

広告の写真ということで、商品を売るために使われる写真を撮影しなければなりません。

つまり、インパクトが必要ですよね。

周りと同じような写真を撮影していては、広告も埋もれてしまいます。

広告写真のカメラマンとして働きたいのであれば、人と違うセンスを表現できるようにしておきましょう!

ポートレート撮影するフォトグラファー・カメラマン

続いては、ポートレート撮影をするフォトグラファーやカメラマンの紹介です。

ポートレート撮影というのは、人物の写真を撮影することです。

芸能人を撮影することもあれば、個人を撮影するなど、様々です。

ポートレート撮影に関しても、ライティングを意識して撮影をしなければなりません。

ポートレート撮影は、人気が高いので競争率も高いということを覚えておきましょう。

また、広告用の写真と同じように、周りとは違うセンスを盛っておく必要があります。

モデルを撮影するフォトグラファー・カメラマン

ファッション雑誌に載るようなモデルの撮影をするカメラマンのことを、モデルフォトグラファーやファッションカメラマンといいます。

ポートレート撮影にも似ていると思われるかもしれませんね。

しかしファッション雑誌では、「人」というよりは「服装」を中心に見てもらうことになります。

そのため、人物の撮影というよりは、服をメインに捉える必要がありますね。

ポートレート撮影とファッション撮影の両方をできるようにしておくと、いろいろな仕事を受けることができますね!

食べ物を撮影するフォトグラファー・カメラマン

食べ物を撮影するフォトグラファーやカメラマンのことを、フードカメラマンということがあります。

フードカメラマンは、美味しそうに魅せることが必要です。

その写真を見て「この食事を食べてみたい!」と思わせなければならないので、表現力が大事になっています。

高級感が必要な場合もありますし、湯気を扱う場合もあります。

いろいろなフード撮影ができないと難しい職でしょう。

建築物を撮影するフォトグラファー・カメラマン

建築物を撮影するフォトグラファーやカメラマンもいます。

芸術として撮影することもあれば、風景写真のように撮影することもあり、建築物の撮影だけでも数種類に分かれることがありますね。

職業としての建築撮影の場合には、雑誌に載せるための写真を撮影することが多いです。

建築撮影をしたいという方は、建築物に対する知見を深めなければならないので、建築業界で働いている方が有利と言えるでしょう。

かなり特化した分野になるので、勉強が必要です。

鉄道撮影するフォトグラファー・カメラマン

鉄道を撮影するフォトグラファーやカメラマンもいますね。

趣味で撮影をしている方が多いという印象が強いかもしれません。

しかし、雑誌の写真を撮影することもあるので、プロの鉄道カメラマンもいます。

ただ、かなり狭き門なので趣味として楽しむことがおすすめですね。

航空撮影するフォトグラファー・カメラマン

航空写真を撮影するカメラマンもいます。

基本的に、飛行機がメインです。

一見簡単なように見えて、超高速移動をしている物体を撮影しなければならないのでとても難しい職業です。

ピントと構図を一瞬にして合わせる必要があるので、慣れていないと難しいですね。

また、撮影をする被写体が飛行機のみなので、これから先発展していくとは考えにくいです。

すでに、飛行機を撮影する方法や構図などは確立されてしまっているので、新規参入は難しいでしょう。

自然のフォトグラファー・カメラマン

続いては、自然のフォトグラファーやカメラマンです。

自然と言っても、大きすぎて話になりませんね。

ここでは、以下の種類を紹介します。

  • 民族を撮影するするフォトグラファー・カメラマン
  • 動物を撮影するフォトグラファー・カメラマン
  • 水中で撮影するフォトグラファー・カメラマン

上記のような自然を撮影するフォトグラファーやカメラマンについて紹介します。

民族を撮影するするフォトグラファー・カメラマン

ポートレート撮影と同じですが、民族を撮影するフォトグラファーがいます。

世界中を回って、民族を撮影することで、他の誰もできないような希少性を生むことが可能です。

しかし、収入に繋げられるかと言われると難しいです。

動物を撮影するフォトグラファー・カメラマン

動物を撮影することも自然のフォトグラファーと言えるでしょう。

サバンナやアマゾンのような過酷な地域で生きている動物を撮影するようなフォトグラファーもいれば、道端にいる犬や猫を撮影するようなフォトグラファーもいます。

雑誌の表紙に動物を載せることもあるので、仕事の量は多いと言えるでしょう。

とはいっても、技術力や表現力はとても重要なので、しっかりと勉強することをおすすめします。

水中で撮影するフォトグラファー・カメラマン

ダイビングライセンスをお持ちの方であれば、水中で撮影をするフォトグラファーになることもできますね。

水中カメラマンは、その名の通り、水中で写真撮影をするカメラマンです。

個人を撮影することもあれば、テレビのロケで撮影をすることもあるでしょう。

カメラのスキル以外にも、水中に居続けるための体力が必要になります。

簡単になれる仕事ではないので、その分希少性が高いですね。

風景写真のフォトグラファー・カメラマン

続いては、風景写真のフォトグラファーについての紹介です。

風景写真というのは、海や山、道など、きれいな風景を撮影することを指します。

風景写真を仕事として受けることは難しく、ほとんどの方は趣味として撮影していることが多いです。

風景写真のフォトグラファーとして仕事を受ける場合には、広告の写真として使われることが多いですね。

例えば、JRの広告ですね。

JRの広告では、風景の写真を使っていることが多いです。

狭き門ではありますが、風景写真でもプロになれることはあるでしょう。

テレビカメラマン

続いては、テレビカメラマンです。

テレビカメラマンは、その名の通りテレビで使われる写真や動画を撮影する方のことを指します。

ここまででは、写真を扱う方がメインでしたが、テレビのカメラマンの場合には動画がメインになることが多いです。

大手のテレビ局でカメラマンをすることになれば、いろいろな場所にいって撮影をすることになるでしょう。

また、人を撮影することもあれば、物を撮影することもあります。

そのため、ここまでで紹介したようなカメラマンの技術をすべて必要とされることも考えられますね。

報道用のカメラマン

テレビカメラマンの中には、報道カメラマンもいます。

報道カメラマンというのは、事件の様子を撮影するカメラマンのことですね。

具体的には、事故や事件が発生した場所にアナウンサーと一緒に向かって撮影することになります。

スキャンダル狙いで撮影をしているカメラマンも、報道カメラマンと言えるでしょう。

スタジオカメラマン

ここで言うスタジオカメラマンは、報道をする際に生放送用のカメラを扱う方のことです。

見たことがある方もいるかもしれませんが、一般的なカメラとは全く違う機械ですよね。

それ専用の技術が必要になるということを覚えておきましょう。

イベントカメラマン

続いては、イベントカメラマンについて解説します。

イベントカメラマンというと、とても大きな分類になってしまいますが、ここで紹介する内容は下記のとおりです。

  • ニューボーンフォトグラファー
  • マタニティフォトグラファー
  • ウェディングフォトグラファー
  • 七五三カメラマン

細分化をすれば、大量になってしまいますので、ここでは上記のイベントカメラマンについて紹介します。

ニューボーンフォトグラファー

ニューボーンフォトという言葉を聞いたことがある方もいると思います。

その名の通りで、赤ちゃんが産まれてすぐに撮影をすることです。

産まれてすぐの赤ちゃんはとても可愛いので、撮影をしておきたいと考える方はとても多いです。

そのため、ニューボーンフォトグラファーとしても働くことができます。

基本的には、フリーランスとして行っている方が多いですね。

サイトに登録して、ニューボーンフォトグラファーとして撮影依頼をしてもらうことになるでしょう。

マタニティフォトグラファー

マタニティフォトは、お腹が膨らんでいる姿を撮影する方法です。

お腹が膨らんでいる姿というのは、一生で一度しか撮影できないかもしれません。

そのため、ニューボーンフォトと同じような需要があります。

また、ニューボーンフォトグラファーと同じようにフリーランスとして働くことが多いですね。

ウェディングフォトグラファー

ウェディングフォトグラファーとは、結婚式の写真撮影を行う方のことを指します。

結婚式は一生に一度しかされないため、とても重要な役割を担うことになりますね。

そのため実力と緊張に打ち勝てる強さが必要な仕事です!

また結婚式は毎日のようにおこなわれており、フォトグラファーの需要も高いため仕事に困ることはないです。

ただ先程も言ったとおり、依頼者の思い出に大きく関与することになるため、しっかりとした実力が必要です!

七五三カメラマン

七五三のカメラマンは、七五三を迎えた子供の撮影をするのが仕事です。

七五三は神社にお参りするのが一般的なので、神社まで行き出張撮影をすることになるでしょう。

依頼者の家族が撮影しているシーンやお子さんだけの写真をしっかりと撮影する必要があります。

構図やアングルまで意識しなければならないので、しっかりと勉強することが大事です。

フリーランスフォトグラファー

最後に紹介するのはフリーランスフォトグラファーです。

フリーランスフォトグラファーは、ご自身で仕事を請け負って撮影を行う方のことを指します。

先程解説した、ウェディングフォトグラファーやニューボーンフォトグラファーのようなイベントカメラマンに多いです。

自分自身で仕事を取って来なければならないので、カメラの技術以外にも営業力が必要になります。

最近では、「ふぉとる」や「ラブグラフ」のようなマッチングサイトもたくさん出てきているので、フリーランスフォトグラファーも仕事を受けやすくなっていますね。

いろいろな案件があるので、対応力は必要になりますが、仕事に困ることはないかもしれません。

また、レタッチやデザインについての知識も必要になることがほとんどなので、カメラ以外の部分もしっかりと勉強をすることが大事ですね。

フォトグラファー・カメラマンとして働くなら「ふぉとる」!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

フォトグラファーと撮影して欲しい人とのマッチングサービスを利用するのがおすすめです。

フォトグラファーと撮影して欲しい人とのマッチングサービスの「ふぉとる」では、フォトグラファーの方を募集しています。

活動実績や持っているカメラを基準に、登録審査をおこなわせていただきます。

その審査に通過していただければ、ふぉとるのフォトグラファーとしてフリーランスフォトグラファーになれます!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」で審査を受けてみてくださいね!

またフォトグラファースクールも展開しており、技術から営業スキルまで完全サポートしています。

スクール受講後には案件の紹介もできるので、まずは無料相談からしてみてくださいね。

稼げるフリーランス・副業スクール
\まずは無料相談から/

友だち追加

【まとめ】フォトグラファー・カメラマンとは?

フォトグラファー・カメラマンという仕事の種類はとてもたくさんあります。

フォトグラファー・カメラマンになりたいという方は、どの種類のフォトグラファー・カメラマンになりたいのか、しっかりと定めておくことがおすすめです。

そうすることで、いまから勉強しなければならないポイントを理解することができますね。

しっかりと、なりたいフォトグラファー・カメラマンを定めておきましょう!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
出張撮影・写真撮影がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影・写真撮影なら「ふぉとる」

撮影料金
10,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで9,780円(税込)~
撮影時間
1時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!
プロの写真撮影券をプレゼント!ふぉとるギフト

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

▶ふぉとるギフトはこちらからチェック

関連記事
カメラマンアシスタントはつらい・きついと言われる理由を解説 フォトグラファー・カメラマン

カメラマンアシスタントはつらい・きついと言われる理由を解説

2023年3月10日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
カメラマンアシスタントはきついと聞いたことがある方は多いですよね。 アシスタントとして数年間働くことで、業界を知れたり師匠の技術を盗め …
フォトグラファーの会社に勤める方法を紹介!アルバイトから始めよう フォトグラファー・カメラマン

フォトグラファーの会社に勤める方法を紹介!アルバイトから始めよう

2021年4月7日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「フォトグラファーってかっこいいよなぁ…」 「どうやったらフォトグラファーになれるのかな?」 フォトグラファーになりたい …
有名な写真コンテスト14選!コンテストの概要や応募方法について解説 フォトグラファー・カメラマン

有名な写真コンテスト14選!コンテストの概要や応募方法について解説

2023年3月9日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
写真コンテストは写真家としてチャレンジしたいと考えている方におすすめです。 いろいろなコンテストで優れた作品が評価され、受賞者には賞金 …
フォトグラファー・カメラマン

写真の趣味で何を撮ればいいのかわからない方は多い!解決策を紹介

2021年7月26日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「写真を趣味にしてみたのはいいけど、何を撮ればいいのかわからない」という悩みを持っている方が多いです。 撮るものがないと感じてしまうと …
仕事のないカメラマンにならない方法とは?カメラマンの将来性も解説 フォトグラファー・カメラマン

仕事のないカメラマンにならない方法とは?カメラマンの将来性も解説

2022年2月16日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
カメラマンとして活動していても、いつ仕事がなくなってしまうのか不安に思う方も多いです。 また駆け出しのカメラマンが仕事をもらえずに困っ …
フォトグラファー・カメラマン

フォトグラファーが仕事を取るためにはマーケティングが重要!

2021年4月9日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
フリーランスフォトグラファーの方や、副業フォトグラファーの方で仕事をもらえないということで悩んでいる人は多いです。 そんな方たちは、マ …
フォトグラファー・カメラマン

初心者フォトグラファーにおすすめの勉強方法!効率的に勉強しよう

2021年4月22日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
初心者フォトグラファーだと、どんな勉強をしていいのかわからないという方がいます。 「カメラを買って写真を撮ってみたけど、思っていた …
副業フォトグラファーの稼ぎ方を紹介!年収1,000万円まで成り上がれ! フォトグラファー・カメラマン

副業フォトグラファーの稼ぎ方を紹介!年収1,000万円まで成り上がれ!

2021年4月8日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「本業の収入だけでは物足りないから、何かしらの副業がしたい…」 「カメラマンを副業としてやってみたいと思っているけど、何をすればい …
フォトグラファー・カメラマン

カメラマンとフォトグラファーの違いはある?わかりやすく解説!

2021年4月5日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「カメラマン」と「フォトグラファー」の言葉の違いを知っているでしょうか? とても似たような言葉ではありますが、微妙にニュアンスが異なる …
最大8,000円クーポンプレゼント