フォトグラファー

副業フォトグラファーの稼ぎ方を紹介!年収1,000万円まで成り上がれ!

「本業の収入だけでは物足りないから、何かしらの副業がしたい…」
「カメラマンを副業としてやってみたいと思っているけど、何をすればいいの?」

何かしらの副業をやってみたいと考えている方の中には、フォトグラファーという選択肢もあるでしょう。

本業があるという方もいるので、あくまでも副業としてフォトグラファーをしたいという方向けに、副業フォトグラファーとしての稼ぎ方について紹介します。

これから、フォトグラファーを副業にしたいという方は是非参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

副業フォトグラファーはどのような稼ぎ方ができる?

ではさっそく、副業フォトグラファーとして働く場合、どのような稼ぎ方ができるのかについて紹介します。

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

  • ストックフォトサイトで写真を販売する
  • 撮影の依頼を受ける
  • ご自身のスキルで教室を開く
  • YouTubeやブログで情報発信

順位にフォトグラファーとして稼ぐ以外の方法もあるので、ぜひ最後まで参考にしてくださいね。

ストックフォトサイトで写真を販売する

フォトグラファーとして写真を扱うのであれば、ストックフォトサイトに写真を販売することがおすすめです。

「そもそもストックフォトサイトとはなんですか?」という方もいると思います。

ストックフォトサイトというのは、PIXTAやShutterstockのような写真を販売しているサービスのことです。

上記のようなサイトで、ご自身の写真を販売することができます。

ダウンロードしてもらえると、それだけ売上になるのでとりあえず登録しておくことをおすすめします。

ストックフォトサイトを使用する人は、企業のウェブサイトを運営している方が多いので、その人達が使ってくれそうな写真を投稿することが重要です。

ニーズがそこそこあって、強豪がいないような写真を狙ってみましょう。

ただ、ストックフォトサイトにはデメリットがあります。

それは、即金性がないという点です。

ご自身の写真を登録してから、ダウンロードされるまでには時間がかかるでしょう。

また、そもそも審査に受からないという可能性もあります。

質の高い画像が求められているので、審査が厳しくなっています。

そのため、素人の方がいきなり登録することができないかもしれませんね。

その分、販売することができれば、一生ストック収益になるのでとてもおすすめです。

まずは、ストックフォトサイトに登録することを目標に始めてみましょう。

撮影の依頼を受ける

フォトグラファーとして副業をするのであれば、最も自然な形が撮影の依頼を受けるということですね。

ただし、素人の方がいきなり撮影の依頼を受けることは難しいです。

というのも、素人に大切な写真撮影を頼みたいと思う方はほとんどいないからです。

まずは、実績を作るために無料でも活動してみましょう。

また、クラウドワークスやランサーズのようなサイトに登録して、撮影の依頼を受けることもおすすめですね。

カメラ専用の「タイムチケット」というサービスもあるので、調べてみましょう。

フォトグラファーとして、依頼されるジャンルというのはとても多いです。

  • プロフィール写真撮影
  • ウェディングフォト
  • マタニティフォト
  • 商品撮影
  • 広告撮影
  • イベント撮影
  • 成人式・結婚式の前撮り

今思い浮かんだジャンルでもこれくらいあります。

この中から、ご自身の得意なジャンルを作っておくことがおすすめです。

ご自身のスキルで教室を開く

すでにフォトグラファーとしての経験をしている方であれば、ご自身のスキルを活かして写真教室を開いてみることをおすすめします。

他にも、セミナーやオンラインサロンのような手段を取ることもできます。

文章が得意な方であれば、noteで有料記事を書いてみてもいいですね!

こちらもストック型の収益になるので、将来的に見れば収入が伸びるでしょう。

即金性もそこそこあるので、かなりおすすめの方法です。

YouTubeやブログで情報発信

最後は、YouTubeやブログで情報を発信していくことがおすすめです。

直接的な収益には繋がりませんが、広告やアフィリエイトで稼いでいくことができます。

特に、フォトグラファーとしての実績があるのであれば、その情報を発信することで有名にもなれますし、お金にも繋がります。

とてもおすすめの方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

副業フォトグラファーとしての収入を伸ばすための方法

ここからは、副業フォトグラファーとして、収入を伸ばすための方法について紹介します。

ここで紹介する内容は下記のとおりです。

  • ポートフォリオサイトを作成する
  • SNSアカウントを運用する
  • YouTubeで情報発信する
  • 実績がない方は実績を作るためにタダでも活動する
  • コンテストに出場する
  • 出張撮影サービスに登録する

これらについてそれぞれ解説します。

フォトグラファー・カメラマンの平均年収はいくら?年収1,000万円も夢じゃない! 「フォトグラファーになりたいと思っているけれど、年収がわからないとなんとも言えないな…」 フォトグラファーやカメラマン...

ポートフォリオサイトを作成する

まずは、ポートフォリオサイトを作ってみましょう。

ポートフォリオというのは、作品集のことです

ご自身の作品をまとめておくサイトを作ることで、すぐに自分の実力を判断してもらうことができます。

もちろん、実績がない段階でポートフォリオサイトを作っても意味がないので、しっかりと実績を作ってからサイトを作ってみましょう。

また、ポートフォリオサイトにお問い合わせフォームを設置しておくことで、仕事を依頼される可能性もあります。

SNSアカウントを運用する

フォトグラファー活動をしていくためのSNSアカウントも作成しておきましょう!

SNSが主流の時代なので、フォトグラファーとしての名前を売ることが大事です。

その際には、インスタグラムやツイッターのような使えるSNSがとても多いので、使わない手はありません。

そのアカウントから、仕事の依頼を受けることもできるので、しっかりとプロフィールを作成しておきましょうね。

YouTubeで情報発信する

先程も簡単に説明しましたが、YouTubeもおすすめです。

YouTubeに関して言えば、SNSやブログと同じような理由ですね。

ご自身の認知度を上げることもできますし、収益につなげることもできます。

ぜひYouTubeも挑戦してみましょう。

実績がない方は実績を作るためにタダでも活動する

副業としてフォトグラファーを始めて、実績がない状態でいい案件がもらえるわけがありません。

そのため、まずはタダの案件だとしても実績のために引き受けることが大事です。

「自分の成長につながるな」と思ったら、案件を引き受けてしまいましょう!

また、フォトグラファーの業界では人脈がとても大事なので、いろいろな人と仕事をしておくことがおすすめです。

例えタダの案件であっても下積み期間だと思って受けてくださいね。

もちろん、ご自身になんのメリットもないのであれば引き受ける必要はないので、しっかりと考えましょう!

コンテストに出場する

フォトコンテストというものが開催されていることもあります。

そのフォトコンテストに参加することで、ご自身の作品を不特定多数の人に見てもらうことが可能ですね。

賞を取ることができれば、名前を売れるのでとてもおすすめです。

それ以外にも、他の人の実力を見ることができるので、他人と比較できるいい機会になります。

コンテストに出ている方たちと情報交換をするコミュニティを作ることもできるでしょう。

機会があればフォトコンテストに出てみてくださいね。

出張撮影サービスに登録する

出張撮影サービスに登録することもおすすめです。

具体的には、「ふぉとる」や「ラブグラフ」のようなサイトのことですね。

これらのサイトは、フォトグラファーと撮影をしてもらいたい人のマッチングサイトだと思えばOKです。

これらのサイトに登録をしておくことで、仕事をもらうことができるでしょう。

ただ、いままでの実績や持っているカメラによっては審査で落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

そもそも副業フォトグラファーに向いている人とは?

ここまで、副業フォトグラファーについて紹介してきました。

しかし、「そもそも副業フォトグラファーに向いているのかな…?」と考えている方もいると思います。

そこで、ここからは副業フォトグラファーに向いている性格について紹介します。

副業フォトグラファーに向いている性格は以下のとおりです。

  • 写真を扱うことが好きな方
  • コミュニケーション能力がある方
  • 体力がある方

これらに当てはまる方が、フォトグラファーに向いていると言えるでしょう。

それでは、それぞれ解説します。

フォトグラファー・カメラマンに向いている性格とは?向き不向きアリ!フォトグラファーやカメラマンと聞くと、「才能がないとなれない仕事」や「性格があっていないと難しそう」と思われるかもしれませんね。 ...

写真を扱うことが好きな方

当たり前の話ではありますが、副業フォトグラファーをするのであれば写真を扱うことが好きな方がおすすめです。

フォトグラファーという仕事は、写真を撮影するだけではありません。

撮影した写真の、レタッチをすることもあるので、写真と向き合っている時間がとても長くなります。

そのような作業に抵抗がないという方であれば、副業フォトグラファーに向いていると言えます。

写真を自分のイメージ通りに!レタッチのポイントを解説します!【この記事を書いた人】 Ezogeek 1995年生 神奈川県出身大学生の頃に旅行のために購入したカメラにハマり、国内/海外を問わず...

コミュニケーション能力がある方

フォトグラファーの仕事は、写真撮影がメインです。

物撮りをすることもあれば、ポートレート撮影をすることもあります。

いろいろな撮影ジャンルがありますが、圧倒的にポートレート撮影をすることが多いです。

ポートレート撮影をするということは、被写体の人間がいるわけですか¥ら、コミュニケーションが必須になります。

また、被写体の表情を最大限引き出すためにもコミュニケーションが必須です。

コミュニケーション能力がないと、フォトグラファーは向いていないでしょう。

体力がある方

フォトグラファーの仕事は、基本常に立っていなければなりません。

また、狙った瞬間を撮影するために、長時間粘ることもあります。

そもそも、カメラの機材を長時間持ち運ばなければならないので、とても疲れますよね。

このような点で、フォトグラファーの仕事には体力が必要ということがわかります。

副業フォトグラファーとして働く際の注意点

副業フォトグラファーとして働く際に、気をつけておくべき注意点について紹介します。

  • お金のためだけにしてはならない
  • 週末カメラマンと言わない

よくあるミスとして、上記のようなものが挙げられます。

これらについてそれぞれ解説しますね。

お金のためだけにしてはならない

もともと、カメラで写真を撮影することが好きな方が副業フォトグラファーを始めてしまうと、お金のためだけに活動してしまうことがあります。

それでは、長続きしなくなってしまいます。

このような理由から、お金のためだけに行動することはおすすめできません。

まずは、撮影を楽しんでみて、その後副業にすることができれば最高の流れですね。

週末カメラマンと言わない

週末しかフォトグラファー活動ができない方を指す言葉で「週末カメラマン」という言葉があります。

週末カメラマンという言葉は、自分から言わないことがおすすめです。

大きな依頼をもらえるチャンスがきたとしても、週末カメラマンと言ってしまえば案件を受けることができなくなってしまう可能性があるからですね。

フォトグラファーとして活動するのであれば、「プロカメラマン」と名乗ったほうが、聞こえがいいでしょう。

週末カメラマンと聞いてしまうと、副業でやっているだけのフォトグラファーだとすぐに分かってしまいます。

そうなると、大きな仕事は任せてもらえないでしょう。

プロフォトグラファーと名乗るのに抵抗があるのであれば、ただのフォトグラファーとして活動すればOKです。

週末カメラマンという肩書はやめておきましょうね。

フリーランスカメラマンとして働くなら「ふぉとる」!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

そのような方には、フォトグラファー専用のプラットフォームに登録することがおすすめです。

フォトグラファー専用のプラットフォーム「ふぉとる」では、フォトグラファーをしっかりと審査して採用しています。

ある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」!

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

副業フォトグラファーはいろいろな稼ぎ方ができる!

この記事では、副業フォトグラファーとして稼ぐ方法をいくつか紹介しました。

もう一度まとめておくと以下のようになります。

  • ストックフォトサイトで写真を販売する
  • 撮影の依頼を受ける
  • ご自身のスキルで教室を開く
  • YouTubeやブログで情報発信

基本的には、このような方法で稼ぐことになるということを覚えておきましょう。

フォトグラファーとしての経験を継続することで、それなりに収入を伸ばすことができます。

最初のうちは稼げない方も多いですが、とりあえず継続してみてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

フォトグラファー・カメラマンとは?仕事内容や種類を徹底的に紹介!「フォトグラファーとカメラマンって何が違うの…?」 「フォトグラファーを目指しているのですが、どのような働き方があるのか知りたい!」 ...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。