ニューボーンフォト(新生児の写真)

子供の写真は一生モノ!撮影のコツからおすすめの管理・活用方法まで徹底解説!

「子供の写真ってどうやって撮るのがいいの?」
「子供の写真がどんどん増えていって、どうしたらいいんだろう」

などとお考えの方はいませんか?

子供ができると、写真の枚数は一気に増えますよね。

日常の何気ない表情からイベントなどの特別な日まで、子供の成長していく過程は逃さず残しておきたいもの。

時間が経ってから見返しても楽しめるので、思い出とともに写真のデータがどんどん増えていきます。

でもどうせなら、写真のクオリティにも気をつけて撮影したいですよね。

この記事では、子供の写真を撮る際のコツや撮影方法について詳しく解説します!

また、記事の後半では写真の管理や活用方法も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

👉この記事がおすすめな方

  • 子供や家族との写真を撮ることが好きな方
  • 子供や家族との写真をもっときれいに撮りたい方
  • 写真の管理や活用方法にお悩みの方
  • 撮影方法ごとの特徴を知りたい方
ニューボーンフォトの出張撮影なら「ふぉとる」
【バナー】ニューボーンフォト-20240221ふぉとる公式サイトの無料相談画面に移ります
撮影料金
21,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで13,780円(税込)~
撮影時間
2時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

フォームから相談の赤ボタン

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

目次
  1. 子供の写真は大事な成長の記録
  2. 子供の写真はいつ撮影する?
  3. 子供の写真を撮影するときのコツ7つ
  4. 子供と家族写真を撮影するときのコツ7つ
  5. 子供の写真を上手に管理する方法
  6. 子供の写真を活用する方法
  7. 子供の写真撮影で困ったときの解決アイディアQ&A
  8. 子供の写真を撮影する方法と特徴
  9. 子供の写真を撮影するならはじめての利用でも相談しやすいコスパ抜群の「ふぉとる」で決まり!
  10. まとめ 〜子供の写真は撮影以外も子供をいちばんに考えて撮ろう〜

子供の写真は大事な成長の記録

写真は思い出を残す大事なアイテムですが、「子供ができて写真を撮影する機会が格段に増えた」という方も多いですよね。

子供の写真は、大事な成長を記録してくれます

育児中は果てなく感じる子供との時間ですが、過ぎてしまうとあっという間です。

その一瞬一瞬の貴重な瞬間を写真に残しておくことで、後々子供が大きくなったときにその時期を振り返れます。

さまざまな表情やたくさんの初めての瞬間、学校のイベントなど、写真を通して成長の足跡をたくさん残しましょう

撮影はカメラでもスマホでもOK

写真を撮影する道具は、高価なカメラでなくともスマホでも大丈夫です。

スマートフォンのカメラも非常に高性能になものが多く、気軽に綺麗な写真が撮れます。

大切なのは道具よりも、その瞬間を逃さずキャッチすること。

手軽に撮影できるスマホを持っていれば、日常の中のさまざまなシーンを記録することができます。

また、カメラに夢中になりすぎて、画面越しでばかりお子様を見ている状態にならないようにも気をつけましょう。

写真やアルバムとの関わりが子供に与える好影響

写真を撮影するメリットは、思い出を形に残しておけること以外にもあるとされています。

写真を通して得られる可能性がある影響について見てみましょう。

コミュニケーションを生む

ひとつは、写真の撮影と見返す行為が家族や友人間でのコミュニケーションを生む点です。

アルバムを一緒に見る時間は、その時の思い出話やエピソードを共有する良いきっかけとなり、関係の深まりを感じられるものです。

また、アメリカの研究では、写真を見て記憶を引き出す「回想法」という心理療法が、高齢者の認知症予防やリハビリに有効とされており、日本でも取り入れられています。

写真を通じて家族の楽しい思い出を蘇らせることが、意外な効力を発揮する可能性があるというのは驚きですね。

自己肯定感を育てる

もうひとつが、子供の自己肯定感を育てることにつながる点です。

子供がいちばん輝いている瞬間や夢中になっている瞬間の写真を、部屋の見える場所に貼っておきます。

そうすることで子供が客観的に自分の姿を確認でき、「がんばってるじゃん、わたしって結構いいじゃん」と思えるようになるそうです。

物事の達成感やそれまでの努力の過程は、さまざまな記憶に上書きされて忘れてしまいがちです。

その瞬間を写真に残し、どういうところが素晴らしいのか、親御さんからコメントなども一緒に添えておくと、子供も誇らしい気持ちになるでしょう。

そういったプロセスや成功体験を積み重ねていくことで、自己肯定感の向上につながることがあります。

また、自分がどれだけ愛され、大切にされているのかを写真を通して知ることで、自分を大切に思う気持ちが育まれていきます。

自分を大切に思う気持ちが、他者への優しさへもつながっていくでしょう。

家族写真を撮ろう

写真は家族写真も定期的に撮るようにしましょう。

子供の写真というと、親御さんと一緒の写真を撮り忘れてしまい、子供が主役の写真になりがちです。

子供と一緒にいるときの親御さんの表情も、たくさん残しておきましょう。

どんな表情で接していたのか、もしくは接してくれていたのか、一緒に過ごしたたくさんの瞬間をさまざまな視点から残しておくことで、思い出がより鮮明に蘇るでしょう。

子供の写真はいつ撮影する?

子供の写真は、主に2つに分類できます。

  • 行事やイベントの思い出に撮った写真
  • 日常の何気ない表情や瞬間を撮った写真

行事の思い出や記念として

子供が生まれると、さまざまな行事ができます。

今まで過ごしてきたイベントも、子供がいることで違った過ごし方になるでしょう。

どのようなイベントがあるのか、紹介します。

  • 人生のイベント
  • 季節のイベント
  • 家族旅行
  • 学校行事
  • 習い事や所属クラブでの様子

人生のイベント

子供が生まれてから、1回目の誕生日を迎えるまででも以下のイベントがあります。

月齢目安 出来事
生後7日目 お七夜
生後1週間〜1ヶ月後 ニューボーンフォト
生後31日〜33日目 お宮参り
生後100日目 お食い初め
生後6ヶ月目 ハーフバスデー
生後1年目 初誕生日

また、生後1年前後で保育園に入園される子供も多いでしょう。

3歳以降で一般的な行事は以下です。

年齢 出来事
3歳 七五三・幼稚園入園
5歳 七五三
6歳 幼稚園卒業・小学校入学
7歳 七五三
10歳 1/2成人式・十歳 (ととせ) の祝い
12歳 小学校卒業・中学校入学
12歳(数え年13歳) 十三参り・十三詣り
15歳 中学校卒業・高校入学
18歳 高校卒業・大学/専門学校入学
20歳 成人式

「2分の1成人式」、「十歳の祝い」は、近年記念日が認定されたこともあり、行事として定着しつつあります。

もともと10歳という節目を祝う習慣が各地でありましたが、縁起の良いと言われる「3」と「7」を足して「10」になることに由来し、3月7日が「十歳祝いの日」として制定されました。

「2分の1成人式」は「ハーフ成人式」とも言われ、2月1日が「2分の1成人式の日」として制定されました。

七五三同様、子供の成長を祝う行事です。

十三参り(十三詣り)の起源は古く、平安時代まで遡るともされています。

数え年13歳の男女が、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を本尊とする寺社へお詣りする行事で、昔の元服年齢になることを祝い、また、無限の知恵を持つという虚空蔵菩薩を詣でることで、知恵を授けてもらうという意味を持ちます。

また、成人年齢は18歳に改定されましたが、成人式の対象年齢は20歳という自治体がほとんどです。(※2023年9月現在)

季節のイベント

一年ごとに行う季節のイベントも多数ありますが、代表的なものをまとめてみました。

春(3月〜5月) 新学期、花見、桃の節句、端午の節句
夏(6月〜8月) 七夕、夏祭り
秋(9月〜11月) お月見、ハロウィン
冬(12月〜2月) クリスマス、お正月、節分

そのほかにも、バレンタインデーやホワイトデー、また長期休暇として5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークなど、多数のイベントが1年を通して待っています。

家族旅行

一般的に制定されているイベントのほかに、家族旅行も写真撮影のチャンスです。

普段とは異なる景色や出来事にはしゃぐ子供の姿は愛らしいですよね。

日帰りはもちろん、泊りがけの旅行などの際には、予備のバッテリーや充電機器、SDカードなども万全に用意していきましょう。

学校行事

学校行事は年間を通してさまざまありますが、そのなかでも家族が参加できるものがあります

小学校の場合は一般的に以下があります。

実施月 行事
4月 入学式
5月 運動会(春開催の場合)
10月 運動会(秋開催の場合)
11月 発表会
3月 卒業式

そのほかにも、遠足やプール、夏休みの自由研究作りや宿題、授業参観などの行事が目白押しです。

準備にわくわくしている姿や、なかなか宿題が終わらなくて苦戦している表情など、どれも後から振り返ると懐かしくなりますよね。

中学、高校でも行事はたくさんありますが、年齢が上がるにつれて家での写真を撮る機会が減ってしまいます。

写真を撮れるうちにたくさん撮影しておきましょう。

習い事や所属クラブでの様子

また、校外や家の外での様子として、習い事やスポーツなどの所属クラブでの様子も撮影チャンスです。

発表会や試合など、子供が頑張っている姿を見るのは喜びもひとしお。

最中に撮影できないことも多いので、その間は子供を精一杯応援して、前後で撮影できるときにしましょう。

日常の思い出として

子供の写真は、特別な日だけでなく、日常の中のさまざまな瞬間も撮影することをおすすめします。

初めての笑顔、嫌いなものを初めて食べられたとき、公園で遊ぶ風景など、何気ない日常も後々の大切な思い出となります。

写真として残すことで、後々その日常の中の幸せをありありと思い出せるのです。

子供の写真を撮影するときのコツ7つ

子供の写真を撮影する際の最も大切なことは、自然な瞬間をキャッチすることです。

強制的なポーズや表情ではなく、日常の中での子供らしい笑顔や動きを捉えることで、魅力的な写真になります。

ここでは、魅力的な写真を撮影するためのちょっとしたコツを紹介します!

  1. ポートレートモードで撮る
  2. 子供の目の高さで撮る
  3. 低い位置のときは逆さに撮る
  4. 連写して撮る
  5. 少し引きの状態で写真を撮る
  6. 光の当たり方に工夫して撮る
  7. 構図を意識して撮る

関連記事:子供の写真の撮り方を徹底解説!誰でもおしゃれな写真が撮れるようになる

1. ポートレートモードで撮る

まずひとつは、ポートレートモードを利用して写真を撮ることです。

ポートレートモードは、被写体を鮮明にしつつ背景をぼかすことができ、一眼レフで撮影したかのような仕上がりに近づけます。

この機能を活用すると、被写体の表情や特徴を際立たせることができるので、特に表情豊かな子供の顔をクローズアップして撮る場合に効果的です。

2. 子供の目の高さで撮る

次に、写真は大人の目の高さではなく子供の目の高さで撮影しましょう

大人の目の高さで撮ると子供を見下げるかたちになってしまい、子供の顔がはっきりと撮影できません。

大人の目の高さから見える子供との景色を撮影する場合には有効ですが、できるだけしゃがんで、子供の目の高さから写真を撮ることで、しっかりと子供の表情をとらえることができます

多少高さが上下してもアングルに変化をもたせられるので、いろいろ試してみてください。

3. 低い位置のときは逆さに撮る

3つめが、子供の顔が低い位置にあるときは、カメラを逆さにして撮影する方法です。

特に小さな子供や、地面で遊んでいるシーンを撮影する際、カメラやスマホを逆さにしてレンズを下の位置にかまえると、撮影しやすくなります

少し子供を覗き込むような雰囲気も出るので、ちょっとした秘密を共有している気分も味わえます。

4. 連写して撮る

次に、子供の写真は連写での撮影がおすすめです。

子供は動きが非常に活発で、表情も豊かです。

一瞬一瞬の表情の変化や動きを写真におさめるために、連写モードを活用してみましょう。

連写モードは連続して複数の写真を撮影できるので、撮影したデータのなかから最も良い表情の瞬間を選べます。

手ブレ対策にもなるので、一石二鳥ですね。

もし連写でもブレてしまう場合は、動画で撮影をして、後から好きなカットを写真編集するという方法もあります。

5. 少し引きの状態で写真を撮る

広角レンズで撮影する場合は、イメージよりも少し引きの状態で撮ってみましょう

特にスマホの場合、機種にもよりますが、広角レンズが搭載されていることが多いです。

広角レンズの特徴として、遠近感が強く出がちになります。

子供の顔が画面の端にくると、顔が伸びて写ってしまうこともあるので、端から少し空間をあけて顔がおさまるように撮影しましょう。

撮影後にトリミング調整して、構図を整えれば大丈夫です。

6. 光の当たり方に工夫して撮る

写真は光の当たり方によって雰囲気が変わるため、工夫して撮影しましょう

光の当たり方 効果
真正面 明るくはっきり
真横 顔に影が出やすくカッコ良い雰囲気
斜め後ろ 明るくふんわり
ほぼ真後ろ ドラマチックで神々しい雰囲気

斜め後ろとほぼ真後ろからの光の当たり方では、子供の顔が少し暗くなってしまうので、露出補正を少し上げて撮影しましょう。

できれば自然光のもとで撮影すると、より柔らかい雰囲気になります。

7.  構図を意識して撮る

もうひとつが、写真撮影の基本構図を意識して撮影することです。

基本構図は以下です。

  • 日の丸構図
  • 三分割法構図
  • 対角線構図
  • 前ボケ
  • フレーミング構図

難しくはないので、ワンランク写真の質を上げるために試してみましょう!

日の丸構図

「日の丸構図」とは、被写体を画面の中央に配置する構図のことです。

この構図はとてもシンプルかつ、被写体の存在感を際立たせられます

背景を利用して子供を真ん中で目立たせたい場合や、とびきりの表情をおさめたい時などに効果的です。

子供の頭を画面のど真ん中に配置すると、より背景との差が生まれ強い画になります。

三分割法構図

「三分割法構図」は、画面を縦・横に等分する3本のラインで分け、その交点やライン上に被写体を配置する方法です。

この構図は安定感が高く、バランスの良い写真が撮影できます。

被写体の位置や向きはもちろん、背景やシチュエーションもしっかり写真におさめておきたい、という場合に有効です。

対角線構図

「対角線構図」とは、画面の対角線上に被写体を配置する構図方法です。

この構図は、特に動きのあるシーンや、力強さを表現したい場合に効果的です。

子供が何か作業していたり、遊んだりしているときの撮影に試してみましょう。

前ボケ

「前ボケ」は、前景の物体を意図的にぼかして背景の被写体を強調する方法です。

この撮影方法で、被写体の存在感を高めた雰囲気の写真が撮れます。

また、視覚的な深みを作れることで、写真に立体感を持たせる効果もあります。

子供の表情や雰囲気を強調できるため、おすすめの撮影方法です。

フレーミング構図

「フレーミング構図」は、画面の中で窓枠やドア、枝などをフレーム代わりに使用して被写体を囲み、視点を被写体に集中させる方法です。

被写体への注目度を高めることができ、フレームの素材次第で雰囲気を変えたり季節を感じさせたりできます。

手で形を作ってお子さんを囲った写真なども、温もりのあるあたたかい写真が撮れますね。

子供と家族写真を撮影するときのコツ7つ

子供だけの写真を何かと撮りがちになってしまいますが、家族での写真も忘れずにしっかり撮っておきましょう

子供と一緒に過ごす親御さんの姿を写真に残しておくことで、子供が大きくなって見返したときに「こんな表情を向けていたんだ」と親御さんの気持ちを改めて知ってもらえる機会になります。

どんな点に気をつければいいか、コツを見ていきましょう。

  1. ポートレート機能を使う
  2. セルフタイマー機能を使う
  3. 連写機能を使う
  4. HDR機能を使う
  5. 三脚や自撮り棒を使う
  6. 広角レンズを使う
  7. カメラマンに撮影を頼む

関連記事:家族写真をおしゃれに撮るための方法を徹底解説!服装やポーズが重要

1. ポートレート機能を使う

ひとつは、ポートレート機能を使って撮影することです。

基本的に人物を撮影する場合は、ポートレート機能を使うときれいに撮影できます。

家族で撮影する場合でも活用しましょう。

2. セルフタイマー機能を使う

セルフタイマー機能は、カメラを設置してから一定の時間が経過してからシャッターが切れる機能です。

カメラにもスマホにもほとんどに搭載されている機能で、設定時間内にポーズを整え、自然な笑顔で撮影することができます。

タイマーをセットする前に、しっかり構図なども確認しましょう。

3. 連写機能を使う

次に、連写機能を使用して撮影することです。

すぐにカメラやスマホに触れない分、連写にして枚数を撮影しておくことで良い写真をピックアップできます。

家族写真を撮影する場合にも有効なので、活用しましょう。

4. HDR機能を使う

HDR機能は、明るい部分と暗い部分のコントラストを調整し、より鮮明な写真を撮影する機能です。

逆光の中での家族写真や、光が反射しやすい場所、日差しの強い日の撮影に適しています。

こまめに調整ができない状態では、特に有効です。

5. 三脚や自撮り棒を使う

次に紹介するのは、三脚や自撮り棒でカメラやスマホを固定し撮影する方法です。

撮影範囲を広げることで、アングルや構図の幅が広がります。

現在は三脚と自撮り棒の機能を両方兼ね備えたタイプもあるので、用途に合ったアイテムを探してみましょう。

6. 広角レンズを使う

広角レンズは、広い範囲を写せるレンズです。

背景の風景を広く捉えたい時や大人数での家族写真に使えるので、カメラで撮影する場合は用意しておくと良いでしょう。

スマホはもともとカメラ機能に搭載されているものが多いですが、もし搭載されていない場合は、外付け広角レンズも販売されているので購入を検討してみましょう。

7. カメラマンに撮影を頼む

なかなか上手く撮れない場合は、プロのカメラマンに撮影を依頼してみましょう。

日常の写真を撮影するためにプロに依頼すると費用がかさんでしまいますが、お祝いごとや記念撮影の際には、思い切ってプロに依頼することをおすすめします。

子供の写真を上手に管理する方法

子供の写真をいくつも撮っていくと、データ枚数が多くなったときに困るのが写真の管理です。

どうやって整理・管理していけばいいか悩むこともありますよね。

写真をうまく管理する方法をまとめてみました。

関連記事:フォトグラファーの写真管理やおすすめ整理術!撮影データのバックアップ方法も

こまめに写真を整理する

まず、写真はこまめにデータを整理しておくことが重要です。

写真の数が増えると、後から整理するのが億劫になりがちです。

できればまとめて撮影したら、当日か翌日などに整理することをおすすめします。

また、記憶がフレッシュな方が高揚感が持続しているので、写真整理も楽しみながらできます。

すぐにできない場合でも、なるべく時間を置かずに手をつけるようにしましょう。

不要な写真は消す

まず、撮り損じた写真や似たような写真など、不要なデータはすぐに削除しましょう。

不要なデータは意外とあるもので、残しておくと整理が面倒になるだけでなく、ストレージも圧迫してしまいます。

一枚一枚整理する前にざっと目を通しながらデータを整えましょう。

お気に入りにする

写真データの機能を使って、お気に入り登録しておくと良いでしょう。

特に思い出深い写真や、子供の良い表情が撮れた写真は「お気に入り」としてマークすることで、後から探しやすくなります。

タグ付けをする

写真にタグを付けることで、検索や整理が一段とスムーズになります

例えば、「誕生日」「遠足」「家族旅行」など、イベントや場所ごとにタグをつけて管理すると探しやすいです。

タグ付けして管理したい場合は、写真管理のアプリやソフトを使用しましょう。

写真をフォルダに振り分ける

写真それぞれのデータを整理したら、フォルダを作成し振り分けて整理しましょう

月ごとやイベントごとにフォルダを作成して写真を振り分けておくと、後から探すときの手間が減ります。

さらにタグ付けをしてあると、絞り込んで写真を探すこともできます。

また、デジタルアルバムやフォトブックを作成する際にも、フォルダごとに整理してあると便利ですよ。

アプリを活用する

写真管理アプリやクラウドサービスを活用しましょう

アプリやクラウドサービスは、複数のデバイス間での写真の同期や、大量の写真データの容量不足も解決してくれます。

さらに、アプリによっては自動で写真を整理してくれる機能もあるので、「自分で整理するのが面倒くさい」という方にはおすすめです。

バックアップデータをとる

子供の写真を守るために、バックアップデータを定期的にとることをおすすめします。

パソコンの故障やスマホの紛失など、想定外の事態に備えて、定期的に外部ドライブやクラウドサービスにバックアップをとっておきましょう。

予期せず写真が取り出せなくなったり見れなくなったりすると、とてもショックですよね。

事前の対策もしっかりしましょう。

子供の写真を活用する方法

子供の写真を見るのもいいけど、それだけじゃちょっとつまらない、と写真データの活用方法にお困りの方も多いでしょう。

かわいい子供の写真を、単に飾ったりするのでは物足りない方へ、写真の活用アイディアを紹介します!

  • アルバムにする
  • フォトブックにする
  • 写真を送る
  • グッズを印刷する

アルバムにする

まずは、定番の写真をアルバムにまとめることです。

子供の成長の歩みを一冊のアルバムにまとめることで、家族や親戚との楽しいひとときを作ることができます。

また、後々そのアルバムを見ながら思い出を振り返ることもできます。

ぜひ時間に余裕があればやってみましょう。

関連記事:【2023年最新版】赤ちゃんの写真を残すのにおすすめのアルバムを紹介!

デコレーションしてみよう

アルバムを華やかにするために、デコレーションしてみましょう

写真を切ったりシールを使ったりして可愛く彩ったり、写真の周りにメモを付け足すことで、写真それぞれにストーリーを加えられます

写真撮影の情報やシチュエーションも添えておくと、写真を見ながら当時のエピソードを振り返りやすくなりますね。

フォトブックにする

もうひとつは、フォトブックにすることです。

アルバムとは異なり、レイアウトを選んで写真データを送って専門のサービスに依頼すると、一冊の本にしてもらえます。

大きなくくりで作成しようとすると写真が膨大になってしまうので、大切なイベントや記念日の写真など、カテゴリごとの印刷をおすすめします。

写真を送る

遠くに住む親戚や友人に、子供の写真を送ってもいいですね。

特に赤ちゃん等の乳幼児の写真は癒やしを与えてくれることもあります。

挨拶と一緒に、小さな子供の成長を共有しあって近況報告などしても良いでしょう。

グッズに印刷する

子供の写真データを活用して、オリジナルグッズを作れます

写真を印刷したり閲覧用に残すだけでは物足りない、という方はチャレンジしてみましょう。

カレンダー

いちばん手を出しやすく、実用的なアイテムが写真を使ったカレンダーです。

子供の写真を使ったカレンダーは、部屋やデスクを飾るのに最適です。

また、祖父母に印刷したカレンダーを送っても喜ばれるでしょう。

マグカップやクッションカバー

日常で使うマグカップやクッションカバーなどにも、写真データを印刷できます。

この場合はそのまま使用するのではなく、少しデコレーションをしたり加工したりしてサービスを利用してみましょう。

インテリア的なオシャレな写真にしてみてもいいですね。

Tシャツ

Tシャツにも写真データは印刷できます

カッコ良く写真にグレースケールを施し、サングラスのスタンプなどで顔も少し隠したデザインにすると、違和感なく普段使いにもできます。

写真を工夫して、ぜひ挑戦してみてください。

子供の写真撮影で困ったときの解決アイディアQ&A

ここまで、子供の写真をうまく撮影する方法を中心に解説してきましたが、「そもそも子供が写真に対応してくれない…!」という場合もありますよね。

よくある子供の撮影のお困りごとと解決のためのアイディアをQ&Aで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:子供が写真撮影で笑わない時の対処法は?無理に撮影しないことも必要

Q. 子供が写真嫌いにならないようにするには?

写真を撮ってもらうことが大好きな子供もいれば、カメラを向けても全く笑わなかったり、嫌がって泣き出してしまう子供もいます

できるだけたくさんの子供の姿を撮っておきたい親御さんからすると、少し悲しく感じてしまうこともあるでしょう。

なぜかわからないと、余計に戸惑ってしまうこともあります。

A. 子供の気持ちを無視せず子供の都合を優先させてみよう

写真を嫌がってしまう子供には、子供の感情や意向を尊重し、その時の気持ちや状況、子供のペースを考慮することが大切です。

親としては、子供を可愛く思うあまりできる限り写真にその姿を残しておきたくなるものですが、その気持ちが先行して子供の気持ちやペースを後回しにしていることはないでしょうか。

その場合は、「自分の気持ちが優先されない」と撮影に嫌悪感や抵抗感を抱いてしまっている可能性があります。

また、写真を撮るときに「笑って」という声がけが、子供のプレッシャーになっている場合もあります。

「笑うことを強制されているようで嫌だ」と子供が感じてしまわないように、記念写真などの大事な場面以外では、自由な表情でいさせてあげましょう

また、そんなときは写真は置いておいて、子供と一緒に遊んだり楽しんだりすることを優先させてみましょう。

Q. 動き回る子供をうまく撮るには?

大人に比べてとても活発で、よく動き回る子供を撮影する際は、子供の動きや表情を逃さないための工夫が必要です。

どのような点に注意して撮影すれば良いでしょうか。

A. 連写やISOオート低速限界を活用して撮影しよう

動きの早い子を写真におさめるためには、カメラの連写機能とISOオート低速限界を活用すると効果的です。

連写することで手ブレも防ぐことができます。

また、シャッタースピードも重要な点で、被写体がブレにやすくなるスピードは「1/250秒以下」とされています。

室内等の光の量が少ない場所での撮影では、カメラが光をたくさん集めようとするため、シャッタースピードを遅くなります。

ISOオート低速限界は、そのシャッタースピードが必要以上に遅くならないように設定する機能です。

この機能を活用することで、暗い場所でもブレにくく、鮮明な写真を撮影することが可能となります。

スマホでは難しいですが、カメラで撮影する場合は試してみましょう。

Q. 恥ずかしがり屋の子供の写真をうまく撮るには?

恥ずかしがり屋の子供は、カメラを向けられると緊張してしまうことがあります。

時にうつむいてしまったり、うまく笑顔が作れなかったり、親御さんは少しもどかしさを感じてしまうかもしれません。

A. カメラを意識させず撮影を楽しんでもらうようにしよう

恥ずかしがり屋の子供に対しては、カメラを意識させないように心がけることが大切です。

例えば、遊びながらの撮影や、子供自身が興味を持っているものや活動に焦点を当てて撮影することで、自然な笑顔や表情を引き出しやすくなります。

また、好きなキャラクターのマネをしてもらったりしても効果的です。

一緒に楽しい時間を共有することで緊張をほぐしてカメラへの意識を低め、子供らしい写真が撮れるかもしれません。

Q. 子供が変顔ばかりしてしまうときは?

子供はカメラを向けられると、変顔をしたり、いたずらっぽい表情をすることがあります

これもまた、子供らしい姿として楽しむことができる一方、普段の様子を撮りたい場合には工夫が必要です。

また、かしこまった撮影や記念撮影の場では普通の表情を作らないといけないこともあります。

対処法はあるのでしょうか。

A. 大事な撮影の場ではかしこまった雰囲気を作ってみよう

特別なイベントや行事の撮影では、場の雰囲気を少しフォーマルにすることで子供もその場の重要性を感じとり、真面目な表情をしてくれることがあります。

その際、子供に「今は特別な日だから、きちんとした写真を撮ろう」と伝えると、協力的になることが多いです。

撮影者によって反応が変わることがあるので、ほかの方に撮影を頼んでみてもいいでしょう。

また、さまざまな理由はあれど、変顔が子供とって心地よい表情やポーズになっている可能性があります。

その場合は変顔に対しての反応が助長させてしまうことがあるので、日頃からあまり反応しないのもひとつの方法です。

子供の写真を撮影する方法と特徴

子供の写真を撮影する最適の方法は、シチュエーションや用途、状況によってもさまざまです。

以下3つの方法について、特徴を解説します。

  • 自分たちで撮る
  • スタジオで撮る
  • 出張撮影で撮る

自分たちで撮る

ひとつは、自分たちで写真を撮る方法です。

メリット デメリット 適したシチュエーション
  • 費用があまりかからない
  • 自分たちの都合やスケジュールで撮影できる
  • 写真の品質が安定しにくい
  • 家族での写真など複数名の写真はセッティングが大変
  • 日常の写真撮影
  • 撮影者が写真に詳しい場合

メリット

自分たちで撮影することのメリットは、費用があまりかからず、自分たちの都合やスケジュールで撮影できる点です。

小さな子供は撮影時間が長くなるとぐずってしまうこともあるので、常に時間と子供の様子を気遣っておく必要があります。

また、撮った写真のデータはすべて自分たちが持っているので、たくさんの枚数を手元に残しておけます。

デメリット

自分たちで撮影すると、よっぽど写真の知識がない限り、安定した品質の写真が撮りにくい点でしょう。

家族で写真を撮る場面では自撮り棒やカメラの三脚を使うにしても、撮影のアングル確認や設定に時間を要することもあります。

また、自分でカメラを用意する場合は、ある程度の写真の品質を求めるとどうしても機材に投資する必要があります。

適したシチェーション

自分たちで撮影するのは、日常的な写真を撮る場合にとどめた方が良いでしょう。

記念に残しておきたい写真は、プロのカメラマンに依頼した方が無難です。

もしくは、撮影者が写真に詳しく、もともとある程度の撮影機材をそろえている場合は自分たちで撮っても良いでしょう。

スタジオで撮る

一般的な写真スタジオでは、プロのカメラマンやヘアメイクのスタッフが、用途に合わせて撮影の用意をしてくれます

さまざまなプランやオプションサービスがあり、衣装もレンタルできるところが多いです。

メリット デメリット 適したシチュエーション
  • 高品質の写真が撮れる
  • 設備や機材が整っている
  • 費用が高い
  • 納品枚数が決まっている
  • イベントや記念日

メリット

スタジオで撮影することのメリットは、高品質な写真が撮れることと、プロの設備や機材が整っていることです。

行事ごとに必要な背景や衣装、小物が充実しており、ほぼ手ぶらの状態でも撮影しに行けます。

子供連れの方は手荷物が多くなる場合も多いので、すべてスタジオで対応してもらえると楽ですよね。

デメリット

スタジオ撮影は、費用が高いことが多いです。

撮影費用のほか、納品写真の現像代やアルバム制作代の値段が比較的高く設定されています。

用途によって衣装やヘアメイクを頼むと、その分費用がかかります。

また、納品データが数枚ということもあり、たくさんのポーズが撮れるスタジオも少ないです。

適したシチュエーション

スタジオ撮影を利用するのは、撮影ポーズがある程度決まっているような少しかしこまった記念日や行事の撮影が良いでしょう。

ある程度自由にポーズできる場面では、いろいろ試してみたくなります。

アルバム制作に進む場合は、現像する写真をかなりしぼらなくてはいけないので、ある程度ポーズの型が決まっているようなシチュエーションでの利用がおすすめです。

出張撮影で撮る

出張撮影とは、プロのカメラマンに希望場所まで来てもらい、撮影してもらうサービスです。

メリット デメリット 適したシチュエーション
  •  高品質の写真が撮れる
  • 好きな場所で写真が撮れる
  • スタジオ撮影に比べ費用が安い
  • 屋外の場合天気に左右されやすい
  •  撮影以外の手配が必要
  •  日常の写真撮影
  • イベントや記念日

関連記事:おすすめの出張撮影(出張カメラマン)サービス10社を徹底比較!【2023年最新版】

メリット

出張撮影のいちばんのメリットは、好きな場所で撮影してもらえる点でしょう。

基本的には屋内でも屋外でもどこでも依頼可能です。

また、高品質の写真が撮れることは当たり前ですが、スタジオ撮影に比べ費用が安い点も大きな魅力です。

出張撮影の場合、写真の納品は基本的にデータで行いアルバム制作代などが発生しないため、全体料金を見るとスタジオ撮影よりも費用が抑えられるのです。

ただし、撮影費用のほかに交通費や編集費用が別途発生する場合があるので、事前の問い合わせの際に全体の見積もり料金を確認することをおすすめします。

デメリット

あまりデメリットがないように見える出張撮影ですが、屋外撮影の場合は天気や気候にコンディションが左右されやすい点があります。

屋内であればほぼ問題ありませんが、自然光を利用できるので、あたたかく自然な雰囲気を演出できるため屋外での撮影も人気があります。

風が強い場合はヘアスタイルやメイクが崩れやすくなってしまうので、注意が必要です。

適したシチェーション

出張撮影は、自宅や近所にも来てもらえるため、「日常の子供の姿もしっかりした写真におさめておきたい」といった場合も適しています

また、記念日やイベントの際にももちろん素敵な写真を撮ってもらえるでしょう。

シチュエーションに制限がないことが、いちばんのメリットと言えるかもしれないですね。

子供の写真を撮影するならはじめての利用でも相談しやすいコスパ抜群の「ふぉとる」で決まり!

ふぉとるTOP-20230808「子供の写真を撮るコツは分かったけど、自分ではなかなか難しそう」
「撮影を依頼したいけど、あまり費用がかかるのは避けたいし…」
と感じている方はいませんか?

シチュエーションや用途によってどう依頼していいかわからないと、不安な方も多いですよね。

そんな出張撮影をの利用をはじめて検討している方は、気軽に相談しやすくコスパの良い撮影をしてもらえる「ふぉとる」で決まりです!

「ふぉとる」の魅力は主に以下の3つです。

👉「ふぉとる」の特徴

  • プロのカメラマンによる安心・安全で高品質な写真撮影
  • コスパ抜群の価格設定
  • LINEや問い合わせフォームからでも気軽に撮影の相談が可能

【サービス概要】

撮影料金 9,780円  (税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
キャンセル料金
  • 72時間以内:50%
  • 24時間以内:100%
返金の補償
  • フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
  • 悪天候時のキャンセル
お問い合わせ方法

費用を抑えながらも、希望するシチュエーションで写真を撮ってもらいたい、という方は「ふぉとる」に依頼しましょう。

はじめてご利用いただく方にも安心していただけるよう、専属のコンシェルジュが無料でサポートしてくれますよ。

プロのカメラマンによる高品質の撮影写真

「ふぉとる」認定の腕の良いカメラマンがご希望の場所までおうかがいしますので、さまざまなシチュエーションに対応可能です。

また、事前にカメラマンの過去の実績や写真を見て依頼できるのも嬉しいですね。

経験に基づいて最高の1枚を撮影できるようにサポートしてくれるので、子供が一緒でも安心して撮影を任せられます

用途に合わせて選べる撮影プラン

さまざまな用途やニーズにお応えできるよう、撮影プランも充実しています。

ふぉとる料金プラン-20230914

かかる費用は利用料金のみで、写真のデータ費用や編集費用もかかりません!

わかりやすい料金設定が、利用しやすさの秘密のひとつでもあります。

LINE・専用フォーム・お電話でいつでも気軽に相談できる

「ふぉとる」では、LINE・専用フォーム・お電話の3つの相談窓口を用意しています。

「どんなサービス内容か聞いてみたい」「こんなシチュエーションでも依頼できるかざっくりと相談したい」という方は、ぜひお電話(0120-791-214)でご相談ください!
※サポート対応時間(10:00 – 19:00)

特に急いではいない方や、ちょっと気になることを空いた時間で聞いてみたい、という方はLINEの無料相談をご利用ください。

具体的に撮影が決まっていない場合でももちろんお問い合わせいただけます。

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

具体的に撮影予定が決まっている方は、下記の専用フォームからのお問い合わせをお待ちしております!

フォームから相談の赤ボタン

写真の品質をコスパの良さを兼ね備えた「ふぉとる」で、出張撮影デビューしてみませんか?

まとめ 〜子供の写真は撮影以外も子供をいちばんに考えて撮ろう〜

本記事では、子供の写真の撮影方法からコツ、写真の管理や活用アイディアまで解説してきました。

親御さんからすると、一分一秒も逃さず子供の成長を見守りたいもの。

そしてその姿を少しでも写真に残しておきたいですよね。

そのために撮影のコツを駆使してみるのも良いですが、撮影の際には子供を置いてけぼりにしないよう、子供の意思や気持ち、状況を優先させることが何より大切です。

ここまで紹介した内容を参考にしていただき、ぜひ子供と写真を通したコミュニケーションを撮りながら、素敵な1枚を撮影してみてくださいね。

そして、プロのカメラマンに撮影を依頼される場合は、ぜひ「ふぉとる」までご依頼ください!

子供とご家族のありのままの姿を写した、とっておきの1枚をお届けいたします。

ニューボーンフォトの出張撮影なら「ふぉとる」
【バナー】ニューボーンフォト-20240221ふぉとる公式サイトの無料相談画面に移ります
撮影料金
21,780円(税込)~ ※プレミアム会員限定プランで13,780円(税込)~
撮影時間
2時間以内~
撮影場所
47都道府県対応
納品期間
1週間以内
ふぉとるのおすすめポイント
  • ☑サービス利用者満足度97.5%!
  • ☑撮影費用が安いからコスパ抜群!
  • ☑専属コンシェルジュがしっかりサポート!

フォームから相談の赤ボタン

ふぉとるLINE登録の緑ボタン

プロの写真撮影券をプレゼント!ふぉとるギフト

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

▶ふぉとるギフトはこちらからチェック

関連記事
ニューボーンフォトを安く撮影してもらうには?費用を抑えるなら出張撮影サービスを利用しよう ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトを安く撮影してもらうには?費用を抑えるなら出張撮影サービスを利用しよう

2021年6月18日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「ニューボーンフォトを安い費用で撮影したい」 「出張撮影は写真館やスタジオとのサービスの差はあるのかな?」 新生児期のわ …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

赤ちゃんが体験する行事を紹介!お祝い事を忘れないようにチェック

2021年5月28日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
赤ちゃんが生まれてくると、いろいろな行事が待っていますよね。 出産後すぐに行われる行事もあるので、しっかりと確認しておかなければ逃して …
ニューボーンフォトが怖い!なぜニューボーンフォトを撮影するのか ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトが怖い!気持ち悪い…なぜニューボーンフォトを撮影するのか

2021年3月9日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトが怖いという方もいるかと思います。 実際に、ニューボーンフォトについて、「怖い」や「気持ち悪い」といった感想をお持ち …
赤ちゃんをきれいに撮れる写真アプリを紹介!たくさん写真を撮りたい方におすすめ ニューボーンフォト(新生児の写真)

赤ちゃんをきれいに撮れる写真アプリを紹介!たくさん写真を撮りたい方におすすめ

2021年11月26日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「赤ちゃんの写真をきれいに撮れるアプリはどれ?」 「赤ちゃんの写真ってどうやったら可愛く撮れるのかな…」 このような疑問を持っている …
川崎でニューボーンフォトを撮れる安いサービスは?おすすめの出張撮影サービスを比較解説! (1) ニューボーンフォト(新生児の写真)

川崎でニューボーンフォトを撮れる安いサービスは?おすすめの出張撮影サービスを比較解説!

2023年10月26日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「川崎でニューボーンフォトを撮れるところはどこだろう?」 「ニューボーンフォトの安くてお得な情報を知りたい!」 と、情報をお探しの方 …
ニューボーンフォトってかわいそう?かわいそうな写真にしないためのポイントも解説 ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトってかわいそう?かわいそうな写真にしないためのポイントも解説

2024年3月1日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「"ニューボーンフォトはかわいそう"ってSNSで見たけど…」 「本当に赤ちゃんにとってかわいそうなの?」 TwitterやInsta …
岡山で安いニューボーンフォトを撮るなら出張撮影がおすすめ!サービスを比較解説 ニューボーンフォト(新生児の写真)

岡山でニューボーンフォトにおすすめの安い撮影サービスまとめ!サービスを比較解説

2023年11月6日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「岡山でニューボーンフォトはどこで撮れる?」 「ニューボーンフォトってどうやって撮ればいいんだろう」 「岡山で安くニューボーンフォトを撮 …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

ニューボーンフォトを写真スタジオで撮影してもらう!おすすめスタジオ紹介

2021年6月21日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
ニューボーンフォトを撮影しようとしたけれど、素人が撮影をすることは危険と聞いたことがあるかもしれません。 ニューボーンフォトは、生まれ …
ニューボーンフォト(新生児の写真)

赤ちゃんの歯の写真を撮影するタイミングは?こんにち歯を撮る方法

2021年9月17日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「赤ちゃんの歯が生えてきたので記念に撮影したい!」 「こんにち歯は撮ったほうがいいのかな?」 このように思うパパやママは多いです。  …
千葉でニューボーンフォトを撮れる安い出張撮影サービスまとめ!それぞれの特徴も解説 ニューボーンフォト(新生児の写真)

千葉でニューボーンフォトを撮れる安い出張撮影サービスまとめ!それぞれの特徴も解説

2023年10月26日
ふぉとるプラス|出張撮影・写真撮影の総合Webメディア
「ニューボーンフォトを千葉で撮影するならどのサービスがいい?」 「ニューボーンフォトを安く撮影できる方法を知りたい!」 「ニューボー …
最大8,000円クーポンプレゼント