スナップ

スナップ撮影におすすめのレンズ紹介!レンズ選びの基準を徹底解説

スナップ写真を撮影しようと考えたときに、レンズに困ったことはないでしょうか。

何気ない日常を切り取る「スナップ写真」ですが、自由度が高いので人気です。

しかし、レンズ選びを間違えてしまうと、思っていたような写真を撮影することができません。

そこで今回の記事では、スナップ写真の撮影に向いているレンズについて紹介します。

レンズを選ぶ際の基準についても紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

そもそもスナップ写真とは?撮影方法を紹介

そもそもスナップ写真がどういう写真なのかしっかりと理解していない方もいます。

そのため、まずはスナップ写真についての解説をします!

スナップ写真とは、日常で起きた出来事や目に入ったものを瞬間的に撮影する手法です。

「スナップ」の言葉の意味は、「すぐに・瞬時に」といった意味があります。

ブレていたとしても、それがそのモノのありのままなのでスナップ写真としては成功しています。

つまり、被写体のありのままの姿を撮影することがスナップ撮影です。

その一瞬で感じ取ったものを写真に残すことが「スナップ撮影」だと覚えておきましょう!

スナップ写真の撮影におすすめのレンズ15選!

スナップ写真の撮影におすすめのレンズは、単焦点レンズ・ズームレンズ・広角レンズという風に紹介しました。

しかし、具体的におすすめのレンズがわからないと、購入もしにくいですよね。

そこでここからは、スナップ写真の撮影におすすめのレンズを紹介します。

単焦点レンズ・ズームレンズ・広角レンズに分けて紹介するので、興味のあるレンズを参考にしてくださいね。

ここで紹介しているレンズは以下のものです。

  • 単焦点レンズ:Canon RF800mm F11 IS STM
  • 単焦点レンズ:Canon EF50mm F1.8 STM
  • 単焦点レンズ:Canon EF-M32mm F1.4
  • 単焦点レンズ:Canon RF35mm F1.8
  • 単焦点レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S
  • 単焦点レンズ:Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7
  • 単焦点レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
  • ズームレンズ:Canon EF24-105mm F4L IS II USM
  • ズームレンズ:Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
  • ズームレンズ:Nicon AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II
  • ズームレンズ:SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4
  • 広角レンズ:Canon EF16-35mm F4L IS USM
  • 広角レンズ:Canon EF16-35mm F2.8L III USM
  • 広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • 広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G
  • 広角レンズ:FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF2.8

気になっているものがあれば、そちらから見ることをおすすめします。

では、それぞれ紹介しますね。

単焦点レンズ:Canon RF800mm F11 IS STM

レンズの大きさ・重量 約1260g
最短撮影距離 6.0m
最大撮影倍率 0.14倍
絞り値 11

Canon RF800mm F11 IS STMは、フルサイズセンサー対応のレンズです。

長い焦点距離を保ちつつも、さらに焦点距離を2倍にできます。

レンズを縮められるので、持ち運びにも便利なレンズです。

望遠対応の単焦点レンズを利用したいという方は、Canon RF800mm F11 IS STMがおすすめです!

単焦点レンズ:Canon EF50mm F1.8 STM

レンズの大きさ・重量 約160g
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率 0.21倍
絞り値 22

Canon EF50mm F1.8 STMは、人気のある単焦点レンズです。

また、なんと言っても1万円台で購入することができるという点が大きなメリットですね。

正直、1万円とは思えないくらいのクオリティです。

高価なレンズを購入するほどではないけどクオリティの高いレンズを使いたい方は、Canon EF50mm F1.8 STMがおすすめです。

また、ステッピングモータを搭載しているため、オートフォーカスの速度もはやいです。

スナップ写真の撮影にはとても向いているので、キャノンのカメラを利用している方は、ぜひCanon EF50mm F1.8 STMを使ってみましょう。

単焦点レンズ:Canon EF-M32mm F1.4

レンズの大きさ・重量 約235g
最短撮影距離 0.23m
最大撮影倍率 0.25倍
絞り値 16

「EF-M32mm F1.4」の特徴は、高い解像度です。

スナップ写真の撮影以外にも、ポートレート撮影や背景をぼかして撮影したい場合に役立ちます。

また、重さも約235gということで、持ち運びやすい重量です。

オートフォーカス機能でピントを合わせた後に、マニュアルフォーカスを使用してピントの微調整ができる点もおすすめポイントです!

単焦点レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

レンズの大きさ・重量 約505g
最短撮影距離 200mm
最大撮影倍率 0.19倍
絞り値 22

NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sの魅力は、写真の解像度です。

撮影距離を問わず、画像全域の画質がとても高クオリティです。

スナップ写真の撮影以外にも、ポートレート撮影や風景撮影にもおすすめなので、スナップ写真以外にも撮影を考えている方は、NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sの購入を検討してみましょう!

もちろん、スナップ写真の撮影にも向いていて、重量は505gと比較的軽めです。

そのため、長時間持ち運んでも疲れませんね。

そのようなメリットがあるので、NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sもおすすめです。

単焦点レンズ:Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7

レンズの大きさ・重量 約115g
最短撮影距離 15mm
最大撮影倍率 0.1倍
絞り値 16

Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7は、115gという超軽量の単焦点レンズです。

スナップ写真を撮影するとなれば、軽量であればあるほどいいので、とてもおすすめできるレンズです。

オールドレンズのようなボケ感を出すこともできるので、スナップ写真とも相性がいいですね!

小型レンズを使いたいというかたにおすすめでしょう。

単焦点レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

レンズの大きさ・重量 約120g
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.08倍
絞り値 22

「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」は、レンズの反射防止コーティングがされていて、フレアやゴーストの排除が可能です。

逆光だとしても撮影できる点がメリットですね!

ボケ感を楽しみたいという方よりは、カッチリとした写真を撮影したいと考えている方に向いているレンズです。

ズームレンズ:Canon EF24-105mm F4L IS II USM

レンズの大きさ・重量 約795g
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.45倍
絞り値 22

Canon EF24-105mm F4L IS II USMは、フルサイズ向けのズームレンズです。

焦点距離が広く、気軽に持ち運べるくらいの重量なので、スナップ写真の撮影にとてもおすすめですね。

手ブレ補正機能も付いているので、スナップ写真の撮影に向いています。

焦点距離が広いので、画角にもバリエーションが出ますね。

スナップ写真の撮影レンズで迷っているのであれば、Canon EF24-105mm F4L IS II USMがおすすめです。

ズームレンズ:Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

レンズの大きさ・重量 約595g
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.24倍(200mm時)
絞り値 22〜38

Canon EF24-105mm F4L IS II USMは、広角や望遠に対応しているレンズです。

値段は3万円程度なので、手頃に購入できるレンズといえますね。

このレンズを付けているだけでも、スナップ写真を撮影することができるので、スナップ写真を撮影したい方におすすめです。

このレンズ1本でも広角と望遠の両方に対応していると考えてOKですね。

ズームレンズ:Nicon AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II

レンズの大きさ・重量 約300g
最短撮影距離 1.1m
最大撮影倍率 0.23倍(200mm時)
絞り値 55〜200

AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR IIは、望遠ズームレンズです。

手ブレ補正機能やオートフォーカスの速度がはやいことから、スナップ写真の撮影に向いていると言えるでしょう。

その上、300gというコンパクトサイズなので、持ち運びも楽です。

このような点から、AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR IIがスナップ写真に向いているといえますね!

ズームレンズ:SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

レンズの大きさ・重量 約426g
最短撮影距離 0.4
最大撮影倍率 0.20
絞り値 22

「SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4」は、よく使われる24mmから70mmの範囲をカバーしています。

光学式の手ブレ補正を搭載しているため、暗い場所での撮影や望遠での撮影も得意です。

ズームレンズでありながら、約426gなので、持ち運びもそこまで苦になりません。

広角レンズ:Canon EF16-35mm F4L IS USM

レンズの大きさ・重量 約615g
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.23倍
絞り値 22

EF16-35mm F4L IS USMは、広角レンズの中でも王道と言えるレンズです。

長年、多くのユーザーに愛されているレンズなので、安定して使うことができるでしょう。

広角レンズを購入するのであれば、最初に検討したいレンズともいえます。

広角レンズ:Canon EF16-35mm F2.8L III USM

レンズの大きさ・重量 約790g
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.25倍
絞り値 22

Canon EF16-35mm F2.8L III USMは、先程紹介したCanon EF16-35mm F4L IS USMよりも絞り値が明るくなっています。

定番の広角レンズなので、購入して損はないでしょう。

ただし、手ブレ補正が搭載されていない点に注意です。

スナップ写真を撮影するカメラ本体に手ブレ補正が付いていることを確認してからCanon EF16-35mm F2.8L III USMを購入しましょう。

広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

レンズの大きさ・重量 約970g
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.14倍
絞り値 22

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDでは、絞り値F2.8の明るさを搭載しています。

夜間のスナップ写真撮影をしたいと考えているのであれば、Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDがおすすめです。

夜間の社員撮影でも、明るいレンズとして活躍すること間違いありません。

広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G

レンズの大きさ・重量 約200g
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.16倍
絞り値 22

「Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G」は、約200gの軽量サイズの広角レンズなので、スナップ撮影にとても向いています。

ボケの仕様にクセがないので、初めて広角レンズを使用する方にもおすすめできるレンズですね。

スナップ撮影以外にも、テーブルフォトにも向いています!

広角レンズ:FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF2.8

レンズの大きさ・重量 約155g
最短撮影距離 17cm
最大撮影倍率 0.13倍
絞り値 22

「FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF2.8」では、スナップ撮影に欠かせないオートフォーカス機能の高速化がされています。

また、静音性も高いので、静かな場所での撮影も可能です。

それでいて、約155gの手軽さなので、スナップ撮影にとても向いていることがわかりますね!

スナップ写真の撮影に向いているレンズの選び方

ここまで、スナップ写真の撮影に向いているレンズを紹介しました。

しかし、具体的にどのレンズを選んで良いのかわからない方もいますよね。

そのような方向けにスナップ写真におすすめの選び方について紹介します。

  • レンズの大きさ・重量
  • 焦点距離
  • 絞り値
  • 手ブレ補正
  • オートフォーカスのはやさ
  • レンズの種類

上記の6点がスナップ写真の撮影に使うレンズの選び方です。

どれも重要なので、それぞれ解説します。

レンズの大きさ・重量

スナップ写真の撮影では、常にカメラを構えて撮影チャンスを逃さないようにします。

そのため、レンズの大きさや重量はとても重要です。

常に首からカメラを掛けていなければいけないので、重いレンズを使ってしまうと疲れてしまいます。

小さく、軽いレンズを選ぶことで、長時間持ち運ぶことも苦ではなくなるでしょう。

そのため、スナップ写真を撮影するのであれば、小さく、軽いものを選ぶことがおすすめです。

焦点距離

スナップ写真を撮影するとなれば、レンズが対応している焦点距離も大事です。

もちろん、「写真に答え」はないのでご自身が好きな焦点距離のレンズを使うことも間違いではありません。

しかし、スナップ写真に向いている焦点距離もあります。

一般的には、以下に当てはまる程度の焦点距離レンズがおすすめです。

  • 広角レンズ:28mm
  • ズームレンズ:85mm
  • 単焦点レンズ:35mm・50mm

上記に当てはまる焦点距離のレンズを選びましょう!

スナップ写真の撮影に、超広角レンズを選ぶ人もいますが、余計なものが多く入ってしまうのであまりおすすめできません。

また、望遠レンズを利用したいという方もいますが、重量や大きさの点でおすすめできませんね。

スナップ写真に慣れていないのであれば、上記に当てはまるレンズを選びましょう!

慣れてきたら、好きなレンズを使って撮影してもOKです。

絞り値

絞り値は、ボケ感をいじることができる値です。

基本的に、スナップ写真の撮影では絞り値の小さいレンズがおすすめです。

絞りを開放することで、暗い場所での撮影でも、シャッター速度をはやくできますね。

また、絞り値が小さいレンズを利用することで、手ブレ軽減にも繋がります。

暗い場所でのスナップ写真撮影を考えているのであれば、絞り値の小さいレンズを選びましょう!

手ブレ補正

スナップ写真の撮影をする場合には、首からカメラを下げて利用します。

つまり、三脚を使うことがないので、手ブレをしてしまう可能性があります。

もちろん、手ブレ込みでスナップ写真と見る方もいるかもしれませんが、できれば手ブレは避けたいですよね。

そのため、レンズに手ブレ補正機能が付いているものを選ぶことがおすすめです。

ただし、カメラ自体に手ブレ補正機能が付いているのであれば、レンズで手ブレ補正機能を付ける必要はありません。

まずは、ご自身が持っているレンズの機能を確認しておきましょう!

オートフォーカスのはやさ

スナップ写真の撮影では、一瞬を逃さないように撮影をしなければいけません。

そのため、オートフォーカスをするのに時間がかかっていては、シャッターチャンスを逃してしまいます。

シャッターチャンスを逃してしまうと、撮影したいと思っていたスナップ写真を撮影できませんよね。

そのため、オートフォーカスのはやさが重要です。

具体的には、ステッピングモータやインナーフォーカス機能が導入されているレンズがスナップ写真の撮影に向いていると言えるでしょう。

スナップ写真のレンズを買う際には、上記の機能があるかどうか確認することがおすすめです。

レンズの種類

最後に、スナップ写真の撮影に向いているレンズを紹介します。

スナップ写真の撮影に向いているレンズは以下のとおりです。

  • 単焦点レンズ
  • ズームレンズ
  • 広角レンズ

中でも一番おすすめできるレンズは、単焦点レンズです。

単焦点レンズは、1つの画角のみを移すことができます。

ただ、ズームの場合には、画角を変えることができるので、汎用性で言えば勝ります。

また、広角レンズの場合には、広い範囲を撮影できるので、ありのままの写真に向いていると言えますね。

このように、3つのレンズがスナップ写真の撮影に向いています。

スナップ写真の撮影用にレンズを購入するのであれば、上記の3種類のレンズを選ぶことがおすすめです。

スナップ写真の撮影にはレンズ1本?複数?

スナップ写真の撮影におすすめのレンズを紹介しました。

ここまで読んだ方のなかには、「単焦点レンズも、ズームレンズも広角レンズも持っておけばいいじゃないの??」と思う方もいるかもしれません。

たしかに、複数のレンズを持っておけば、どんな場面の撮影にも対応できますね。

しかし、メリットだけではありません。

そこで、ここからはレンズ1本のメリット・デメリット、レンズを複数持つメリット・デメリットについて紹介します。

レンズを1本持つか、複数持つか迷っている方は参考にしてください。

レンズ1本のメリット・デメリット

まずは、レンズ1本のメリット・デメリットを紹介します。

レンズ1本のメリット

レンズを1本だけ持つメリットは以下のとおりです。

  • 持ち運びが楽
  • レンズで迷わない

これらについてそれぞれ紹介します。

持ち運びが楽

当たり前ですが、レンズ1本であれば持ち運びが楽です。

最初にも言いましたが、スナップ写真は一瞬を逃さないために、長時間カメラを持ち続けなければなりません。

そのため、レンズは少ないほうが負担も少なくなります。

そう考えれば、スナップ写真にはレンズ1本のほうが良いと思いますよね。

レンズで迷わない

レンズを1本しか持っていないのであれば、レンズで迷うことがありません。

単焦点レンズ・ズームレンズを持ってスナップ写真の撮影をしていた場合、「このシーンにはズームレンズがいいかな…」と迷ってしまいます。

しかし、レンズを1本しか持っていなければ何の迷いも生じません。

その点で、レンズ1本がおすすめです。

レンズ1本のデメリット

レンズ1本のデメリットは以下のとおりです。

  • 撮影できる写真のバリエーションが減る
  • レンズが壊れた場合に困る

これらについてそれぞれ紹介します。

撮影できる写真のバリエーションが減る

レンズが1本だと、それだけ撮影できる写真のバリエーションが減ってしまいますよね。

画角を変化させることができないので、どうしても似通った写真を量産してしまいます。

全く別の場所を撮影したとしても、画角が同じなので、似ていると思われてしまうかもしれません。

逆に、同じ画角でどれだけ違いを出すことができるか、というチャレンジはできますね!(笑)

レンズが壊れた場合に困る

ほとんどありませんが、撮影中にレンズをぶつけてしまい、壊れてしまった場合に困ってしまいますね。

遠出をして撮影をしに行く場合、レンズが1本だと不安になってしまうかもしれません。

レンズが壊れたら撮影できないので、その不安を拭うことはできないでしょう。

レンズを複数持つメリット・デメリット

続いては、レンズを複数持つメリット・デメリットを紹介します。

レンズを複数持つメリット

レンズを複数持つメリットは以下のとおりです。

  • 色々な写真を撮影できる
  • レンズが壊れてもなんとかなる

これらについてそれぞれ紹介します。

色々な写真を撮影できる

レンズを複数持っていることで、いろいろな画角の写真を撮影することができます。

そのため、撮影できる写真のバリエーションが豊富になりますね!

一回の撮影で、たくさんの写真を撮影したいと考えているのであれば、複数のレンズを持っていくことがおすすめです。

なぜなら、レンズが1本だと、画角が同じになってしまい飽きてしまうからです。

レンズを複数持つことには、撮影自体に飽きないというメリットもありますね!

レンズが壊れてもなんとかなる

レンズを複数持っていることで、使っているレンズが壊れてしまってもなんとか撮影を続けることができます。

使いたい焦点距離のレンズを使えなくなってしまう点は残念ですが、撮影自体は継続できますよね。

長時間撮影をしたいのであれば、レンズを複数持っておきましょう。

レンズを複数持つデメリット

レンズを複数持つデメリットは以下のとおりです。

  • 持ち運びがつらい
  • レンズを交換しなければならない

これらについてそれぞれ紹介します。

持ち運びがつらい

レンズを複数持つとなると、持ち運びがつらいです。

レンズ一つ500グラムくらいあり、それを複数持つとなると、2~3キロに成ることもあります。

また、レンズバッグを肩から掛けていると、肩こりにつながってしまう可能性もあります。

このようなデメリットがあると覚えておきましょう。

レンズを交換しなければならない

レンズを複数持っているということは、レンズを交換しなければいけません。

できるだけ外出中にレンズの交換をしないほうが良いことを知っているでしょうか。

なぜなら、レンズの交換中にレンズの中に小さなゴミが入ってしまう可能性があるからです。

レンズの中に小さなゴミが入ってしまうと、カビの原因にもなりますし、単純に写真にゴミが写ってしまうこともあります。

また、レンズを交換しているときに落としてしまうという危険もありますよね。

これらを踏まえると、レンズを外で交換することはおすすめできません。

レンズを複数持っていると、外でレンズの交換をしなければいけなくなる点はデメリットといえるでしょう。

スナップ撮影向きのレンズは決まっている!理解して撮影しよう

この記事では、スナップ撮影向きのレンズについて紹介しました。

もう一度おすすめのレンズをまとめます。

  • 単焦点レンズ:Canon RF800mm F11 IS STM
  • 単焦点レンズ:Canon EF50mm F1.8 STM
  • 単焦点レンズ:Canon EF-M32mm F1.4
  • 単焦点レンズ:Canon RF35mm F1.8
  • 単焦点レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S
  • 単焦点レンズ:Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7
  • 単焦点レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
  • ズームレンズ:Canon EF24-105mm F4L IS II USM
  • ズームレンズ:Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
  • ズームレンズ:Nicon AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II
  • ズームレンズ:SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4
  • 広角レンズ:Canon EF16-35mm F4L IS USM
  • 広角レンズ:Canon EF16-35mm F2.8L III USM
  • 広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • 広角レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G
  • 広角レンズ:FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF2.8

また、スナップ写真を撮影するためにおすすめのレンズの選び方は以下のとおりです。

  • レンズの大きさ・重量
  • 焦点距離
  • 絞り値
  • 手ブレ補正
  • オートフォーカスのはやさ
  • レンズの種類

これらのポイントを抑えて、レンズを選びましょう。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。