スナップ

スナップ写真の撮影におすすめの設定を紹介!設定だけでもプロ級に!

スナップ写真を撮影するとなると、撮影したい一瞬を逃せませんよね。

そもそも、スナップ写真というのは、日常を切り取る写真のことです。

何でもない日常のワンシーンを撮影することが目的なので、「撮影したい!」と思った一瞬を逃さないことが重要ですね。

ただ、カメラの設定を間違えていると、うまいスナップ写真を撮影することができない可能性があります。

スナップ写真を撮影しに行ってから設定をいじっても遅いので、撮影に行く前に設定を完了しておきましょう。

この記事では、スナップ写真の撮影におすすめの設定を紹介します。

これからスナップ写真を撮影しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

スナップ撮影におすすめのレンズ紹介!レンズ選びの基準を徹底解説

スナップ写真の撮影におすすめの設定8選!

ではさっそく、スナップ写真の撮影におすすめの設定を紹介します。

スナップ写真の撮影におすすめの設定は以下のとおりです。

  • 絞り値優先orシャッター優先モードに設定
  • 連続撮影機能を使う
  • フォーカスエリアを全面に設定する
  • 絞りを深い値に設定
  • 被写体に合ったシャッタースピードにする
  • オートフォーカスを設定
  • ホワイトバランスを調整する
  • 「モノクロ」で撮影してみる

これらについてそれぞれ解説します。

絞り値優先orシャッター優先モードに設定

スナップ写真を撮影するのであれば、「絞り優先」か「シャッター優先」のどちらかを選びましょう。

「絞り優先」というのは、ISO感度と絞り値を設定したら、カメラが自動的に露光量を設定してくれるモードです。

「シャッター優先」は、ISO感度とシャッタースピードを設定したら、カメラが自動的に露光量を設定してくれるモードです。

どちらも半自動で撮影をすることができるので、撮影したいと思った瞬間を逃しません。

マニュアルモードを利用して撮影をしたいという方もいるかもしれませんが、スナップ写真には向いていません。

しっかりと、「絞り優先」か「シャッター優先」のどちらかを使いましょう。

連続撮影機能を使う

撮影したい瞬間を逃さないためには、連続で撮影し続けることもおすすめです。

たくさん写真を撮影すれば、いい写真が撮影できる可能性もあがりますよね。

動きのある被写体を撮影するのであれば、より有効的です。

連続撮影機能を覚えておきましょう。

フォーカスエリアを全面に設定する

フォーカスエリアを全面に設定しましょう。

フォーカスエリアというのは、ピントのズレが生じない撮影モードです。

いきなり撮影をしたとしても、ピントが合うのでスナップ写真の撮影に向いています。

フォーカスエリアは、自分自身で設定することもできますが、基本的には全面に設定しておけばOKです。

ピントが全面に合ってしまうので、ボケ感をだすことは難しくなってしまいます。

その点はデメリットといえるかもしれませんが、スナップ写真を撮影するのであれば仕方ありません。

フォーカスエリアを全面に設定して撮影をおこないましょう。

絞りを深い値に設定

絞り値を深い値に設定しておきましょう。

具体的には、「F8」くらいに設定しておくことで、ピントの合う範囲を広げることができます。

「F1.4~F2.8」くらいに設定していると、とっさに構えてもピントがあわないことが多いです。

絞りを深い値に設定して、全面的にピントが合うようにしておきましょう。

被写体に合ったシャッタースピードにする

シャッタースピードを被写体にあわせましょう。

具体的には、歩いている人を撮影する場合「1/60」程度のシャッタースピードに設定しておけば問題ありません。

ただ、車の撮影や早く動いているものを撮影するとなると、「1/60」程度のシャッタースピードでは遅いです。

そのため、スナップ写真で撮影をしたいものが決まっているのであれば、それにあわせたシャッタースピードに設定しておきましょう。

そうすることで、被写体のブレを避けることができます。

ただ、いきなり自分が撮影したい写真にあわせたシャッタースピードがわかるわけではないですよね。

そのため、何度も練習をして、被写体にあわせたシャッタースピードを覚えることがおすすめです。

自分の中で、その被写体に対するシャッタースピードがわかっていれば、撮影することも楽になります。

まずは、被写体にあわせたシャッタースピードを勉強しましょう。

筆者がおすすめする「スナップ写真に使えるシャッタースピード例」を紹介します。

  • 1秒:花火
  • 1/30秒:動かないもの
  • 1/60秒:歩いている人やランニングをしている人
  • 1/125秒:自動車(スポーツカーはもっと早く)
  • 1/250秒 〜 1/500秒:動きのあるスポーツ・子ども

オートフォーカスを設定

一眼レフやミラーレスカメラを使用しているのであれば、オートフォーカス機能が付いていることがほとんどです。

オートフォーカスモードというのは、カメラが自動的にピントを被写体にあわせてくれる機能です。

常時オートフォーカスモードに設定しておくことで、ブレのない写真を撮影することができますね。

とくにスナップ写真では、動いているものを撮影することもあるので、オートフォーカスモードがとても重要です。

スナップ写真を撮影する際には、オートフォーカスを利用しましょう。

ホワイトバランスを調整する

ホワイトバランスの設定も大切です。

撮影したい写真の印象にあわせて色味を変えることがおすすめでしょう。

スナップ写真におすすめのホワイトバランスは「曇り」です。

曇りに設定しておくことで、まるで夕焼けのような写真を作り出すことができます。

ホワイトバランスを設定するだけでも、簡単に写真の印象を変えることができるので、おすすめです。

「モノクロ」で撮影してみる

ホワイトバランスで色味の調整をすることもおすすめですが、「モノクロ」で撮影してみることもおすすめです。

モノクロで撮影をすることで、フィルム撮影をしたかのような印象を出すことができますね。

色がなくなる分「味」のある写真を作り出せます。

「色がしっくりこないな…」という場合には、モノクロ撮影をしてみましょう!

スナップ写真の撮影には設定以外にもカメラやレンズが重要!

スナップ写真を撮影するとなると、設定が大切ということを解説してきました。

ただ、どれだけ設定をあわせても、カメラやレンズがスナップ写真向けになっていなければ、いい写真を撮影することは難しいです。

おすすめのカメラやレンズについては以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スナップ写真の撮影におすすめのカメラ紹介!選び方も徹底解説

フリーランスカメラマンとして働くなら「ふぉとる」!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいと思っているけれど、仕事を見つけることができないという方も多くいますよね。

そのような方には、フォトグラファー専用のプラットフォームに登録することがおすすめです。

フォトグラファー専用のプラットフォーム「ふぉとる」では、フォトグラファーをしっかりと審査して採用しています。

ある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」!

\1分で仮登録完了!/
無料でフォトグラファー登録

スナップ写真の撮影におすすめの設定まとめ

この記事では、スナップ写真の撮影におすすめの設定について紹介しました。

もう一度、スナップ写真におすすめの設定をまとめます。

  • 絞り値優先orシャッター優先モードに設定
  • 連続撮影機能を使う
  • フォーカスエリアを全面に設定する
  • 絞りを深い値に設定
  • 被写体に合ったシャッタースピードにする
  • オートフォーカスを設定
  • ホワイトバランスを調整する
  • 「モノクロ」で撮影してみる

これらの設定にして、スナップ写真を撮影しましょう!

また、カメラやレンズも関わってくるので、あわせて確認してみてくださいね。

スナップ撮影とは?スナップ写真を撮影するコツやおすすめカメラを紹介

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。