ポートレート撮影

社員証の写真を変えたい…!失敗しない写真の撮り方をご紹介

入社面接のときに提出した証明写真を社員証の写真として使う会社は少なくないようです。

証明写真の写真では、まじめで堅すぎるから明るい印象にしたいと考えている方もいるでしょう。

入社されてから時間が経つ方の中には、入社時の若々しい写真を使い続けている方もいますね。

社員証の写真を定期的に取り直したり、新しくしたりする会社も多いので、変えたいと考えている方は撮影する前に確認しましょう!

社員証の写真を取り直す、新しくすることを考えているあなたへ、失敗しない社員証写真の撮り方をご紹介します!

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

そもそも社員証って何のためにある?

会社に入社した時にほとんどの方が渡されるのが社員証ですよね。

そもそも社員証とは何のためにあるのでしょうか?

身分証明のため

社員証には、会社名、氏名、社員番号、入社年月日などの個人情報と身分を証明するための写真が記載されています。

社員証を持っていることで、部外者でなく会社に所属しているメンバーであるということの証明にもなります。

セキュリティのため

社員証は会社に所属しているという証明になるので、会社への出入りの際に社員証を提示することで部外者ではないかを判断することが出来ます。

そのためセキュリティの面で大きな役割を果たしています。

最近ではICチップが組み込まれた社員証もあります。

機械によって判別されるのでより高度なセキュリティが実現されています。

タイムカードとして使われていることもあるでしょう。

システム上で勤怠を管理することで、会社の雇用管理の面でも役に立っています。

所属を分かるようにするため

社員証には会社の所属をわかるようにするという意味もあります。

同じ会社でも、多くの部署がある場合では初めて会う人もいるでしょう。

社員証に所属が書かれているため、一目見るだけでどの部署の誰なのかを判断できます。

社員としての意識を持つため

社員証には社員としての意識を持つためという意味があります。

出勤時に社員証を首にかけると、襟が正された気分になりませんか?

会社に所属しているという自覚がもて、責任を感じるのではないでしょうか。

社員全員が同じ社員証を身に着けていることで、共同意識を感じることもできますよね。

社員証の写真の用途は?

社員証の写真は名刺やSNSアカウントなど、他にもいろいろな場面で必要になります。

社員証の写真の主な用途としては以下の場面があります。

  • 名刺
  • SNSアカウントのアイコン
  • 社内emailアドレスのプロフィール写真
  • セキュリティカード
  • 人事書類
  • 会社の広報誌

色々な場面で使いまわされる分、社員証の写真は納得のいくものにする必要があります。

社員証の写真と証明写真の違いは?

社員証の写真は、免許証や面接時に用いる堅い証明写真とは違います。

自分の良さや伝えたいイメージを意識して撮影するのが良いでしょう。

特に決まりはない

社員証はその会社に属していることを証明するためのもので、証明写真のように堅い写真を撮る必要はありません。

ただ会社の顔になるという意識をもって節度のある撮影を心がけましょう!

会社のイメージアップを意識しよう!

外部の人と関わる際、社員証の写真は会社の雰囲気を伝えるものにもなります。

名刺を渡すときに明るい印象の写真があれば、名刺全体もパッと明るく見えますよね。

最近ではWEB会議なども増えてきています。

社員証の写真はWEB会議アプリのアカウントのアイコンになることもあります。

会社を代表して会議に臨むわけですから、会社のイメージアップにつながるようなポジティブな写真にするとよいでしょう。

笑顔でもいい

明るく見せるために笑顔を意識して写真を撮るとよいです!

免許証や面接の写真のように歯が見えてはいけないことはないので、笑顔を作るときは歯が少し見えるぐらいまで広角を上げてみるのも良いでしょう。

ぱっと明るい印象の写真になりますよ。

社員証の写真を撮るときのコツ!

社員証の写真を撮るときのコツ!社員証の写真を撮るときは、証明写真を撮るときと違って明るい印象をイメージして撮るのが一般的です。

そのため証明写真を撮るときに気を付けるポイントとは少し異なる部分があります。

社員証の写真を撮るときに明るく好印象に見えるコツについてご紹介します!

表情

表情は以下の2点を特に意識しましょう!

  • 口角を上げる
  • 目元に力を入れる

まず笑顔を意識しましょう。

口角を上げて笑顔を作ることで明るさをアピールします。

目元には力を入れてみましょう。

目元に力があるとやる気のあるイメージを伝えることが出来ます。

このとき、あくまで自然に見開きすぎないように注意しましょう。

服装

社員証の写真はスーツで撮るかオフィスカジュアルで撮るかなど服装について気になることがある方も少なくないでしょう。

気になる服装について、男性と女性に分けてご紹介します!

男性

普段会社で着ている服装をしましょう。

基本的にはネクタイを締めてスーツを着ます。

会社によってはノーネクタイでもよいところがありますが、ジャケットは着るようにしましょう。

白いシャツだけだと顔がくすんで見えることがあります。

ネクタイを締めるときはネクタイが曲がっていないか、スーツを着るときはしわがないかなどをチェックしてから撮影しましょう。

証明写真ではないとはいえ、だらしのない格好をしていると悪い評価に繋がってしまいます。

女性

女性の服装は白や淡い色のシャツやカットソーがおすすめです。

首周りがすっきりするので、顔が明るく見えます!

会社によってはスーツを着る必要がある場合があります。

スーツを着るときには、黒や紺、グレーの色の物を選ぶようにしましょう。

スーツはサイズが合っているものか、しわがないかなどをチェックしておきましょう。

姿勢

証明写真と同じように背筋を伸ばして顎を引くようにしましょう。

立って撮影するときには以下の4点を意識しましょう!

  • 背筋を伸ばして胸を張る
  • おなかに力を入れてへこませる
  • 下腹部とおしりを引き締める
  • へその下に意識を持っていく

下腹部とおしりを引き締めると体全体をスリムに見せることが出来ます。

へその下に意識をもっていくと、肩の力が抜けるので自然な状態で撮影することが出来ます。

髪型

髪型がきちんと整っていると清潔感がある印象になります。

寝癖がありまとまっていなかったり、傷んでパサついていたりすると清潔感がない印象を持たれてしまいます。

寝癖を直したり、髪の毛の手入れをしたりするようにしましょう。

社員証の写真を撮るときはどんな髪型がいいでしょうか。

社員証の写真を撮るときにおすすめの髪型をご紹介します!

男性

男性は以下の髪型がおすすめです。

  • オールバック
  • 七三分け

オールバックでは顔全体が良く見えるので男らしさ、信頼感をアピールできます。

七三分けは誠実さを伝えることができ、主張しすぎない無難なイメージになります。

セットするは整髪剤を付けてセットすることでシャキッと決まりますよ。

女性

女性は以下の髪型がおすすめです。

  • オールバック
  • ハーフアップ

オールバックであれば顔全体を見せることができ、誠実な印象を与えることが出来ます。

おでこを出しているため、意思が強い、頼りがいがある雰囲気にもなります。

ハーフアップとは、後ろ髪を上下にわけ、上の部分のみを結ぶ髪型のこと。

顔周りがすっきり見えるため、女性らしさをアピールしたい方にはおすすめの髪型です。

堅すぎないため社交的な印象を与えることが出来ます。

また、髪色によっても印象が異なります。

黒髪であれば誠実で落ち着いた印象に、茶髪であれば社交的、明るい印象にできます。

女性は特に髪色にも気を使うことで、伝えたいイメージを伝えることができますよ。

背景

背景と服は顔映りを左右する関係にあります。

背景がブルー系であれば白や淡い色の服を、背景が白や薄い色の時は濃い目の色の服を着ましょう。

社員証の写真をスマホで撮りたい!

社員証の写真をサクッとスマホで撮りたいと考えている人もいるかもしれません。

スマホで撮るメリットとデメリットについてご紹介します!

社員証の写真をスマホで撮るメリット

  • お金がかからない
  • 好きな時に撮影
  • 撮り直しが出来る

スマホで撮るメリットとして、お金がかからないことがあります。

また好きな時、好きな場所に撮影できるので、自分好みのシチュエーションが作りやすいです。

自由に取り直すこともできるので、1番気に入った写真を選ぶことが出来ますね。

社員証の写真をスマホで撮るデメリット

  • 写真の撮影場所に困る
  • うまく撮るのが難しい

どこでも撮影できるとはいえ、撮影場所は限られています。

スタジオで撮るのに比べ、公園や家で写真を撮るのは影や光の当たり方が分かりにくく、想像している写真を撮れないということもあります。

自撮りとちがって社員証に使う写真を撮るのは難しいという人もいますよね。

いっそのことプロに撮ってもらうのがおすすめです!

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

社員証の写真のサイズやデータ形式は?

社員証の写真は、35mm×45mmのパスポート写真と同じサイズのものが求められることが多いです。

社員証の提出を求められる時、プリント写真かデータ写真かで異なるケースがあります。

プリント写真であれば、パスポート写真と同じ35mm×45mmのサイズでプリントしましょう。

データ写真であれば、RGB形式のJPEG画像で提出することが多いです。

社員証の写真を変えたいとならないために。社員証の写真の撮り方まとめ!

社員証の写真の撮り方についてご紹介しました!

参考になる部分はありましたか?

社員証の写真は1度撮ったら何年も使っていくものですし、名刺やプロフィール写真にも使われることがあります。

納得できる写真にするために撮り方のコツを意識してみましょう!

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。