プロフィール

オーディション写真の撮り方を徹底解説!プロに撮影してもらうことがおすすめ

「オーディション写真の撮り方がわかりません…」
「オーディション写真を撮りたいのですが、どのように撮影してもらえばいいのですか?」

このように思っている方は多いです。

オーディション写真は、オーディション審査を受けるために必要な写真です。

審査員がオーディション写真を見て好印象だと思われなければ、審査に通ることはありません。

しかし多くの人は、どのようなオーディション写真が好印象に見えるのかわかっていません。

そこで今回の記事では、オーディション写真の撮り方を徹底解説します。

これからオーディション写真の撮影をしたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

オーディション写真の撮り方を徹底解説!求められている写真とは?

まずは、オーディション写真の撮り方を徹底的に解説します。

そもそも、オーディション写真には、以下の2種類の写真があります。

  • 全身写真の撮り方
  • バストアップ写真の撮り方

これらの2種類の写真を、審査時に送ることになります。

ただ、審査員は数百人単位でこの写真が送られてくるので、1枚1枚をみる時間は相当少ないです。

そんな中から「この子なら仕事を任せられそうだ」と思ってもらわなければいけません。

そのため、オーディション写真の撮り方をしっかりと理解しておく必要があります。

上記2点の撮影方法についてそれぞれ解説します。

全身写真に求められているもの

そもそも、全身写真に求められているのは、オーディションの主催者が求めている体格であるかどうかが判断しやすいかという点です。

そのため、体格や体型がわかりにくい服装はNGです。

また、全身写真で重要なのは「角度」です。

プロのカメラマンに撮影してもらえれば、オーディション写真におすすめのポーズを教えてもらえるので、特に準備する必要はありません。

全身写真に求められていることを理解しておきましょう。

バストアップ写真に求められているもの

バストアップ写真は、オーディションの審査にとても重要です。

というのも、オーディション審査の合否のほとんどがバストアップ写真で決まるからです。

目力のある写真や笑顔の写真が審査員の手に止まりやすいので、意識してみましょう。

オーディション写真でやってはいけない撮り方とは?

オーディション写真でやってはいけない撮り方とは?オーディション写真を撮影するときに、やってはいけないNG撮影方法があります。

オーディション写真でやってはいけないNG撮影方法は以下のとおりです。

  • 雑な写真やいい加減な写真
  • 無理やりな写真は撮影

これらについてそれぞれ解説します。

雑な写真やいい加減な写真

オーディションには、他にもたくさんの応募者がいますよね。

そのため、雑な写真やいい加減に撮られた写真は目にも止まらずに落とされてしまうでしょう。

具体的に、雑な写真の例をあげます。

  • 顔が見にくい写真
  • 顔面ドアップ写真
  • 加工がされている写真
  • プリクラで撮られた写真
  • 自分以外に人が写っている写真

上記に当てはまる写真は利用しないようにしましょう!

無理やりな写真は撮影しない

どうしてもオーディションに受かりたいと思っている場合、自分を無理やりよく見せようと頑張る方がいます。

もちろん、審査には容姿も重要視されています。

しかし容姿に求められているものは、かっこよさや可愛さ、きれいさだけではありません。

一番見られているポイントは、募集している人材に合っているかどうかです。

そのため、無理に容姿を良くしてもあまり意味がありません。

それどころか、審査に通ったとしても面接の時に、写真との差で受からない可能性もあります。

素を出してオーディション写真の撮影をしましょう。

オーディション写真を撮影する際の準備方法を紹介

オーディション写真を撮ろうと考えているのであれば、撮影の準備が必要ですよね。

ここからは、オーディション写真の撮影準備方法を紹介します。

オーディション写真の撮影準備方法は以下のとおりです。

  • カメラを用意する
  • 撮影してくれる人を探す
  • 背景にモノがないようにする
  • 外で撮影する場合は晴れの日にする

これらの準備方法についてそれぞれ解説します。

カメラを用意する

まずは、カメラを用意しましょう。

カメラと言っても、一眼レフやミラーレスカメラを用意する必要はありません。

スマホで撮影することもできるので、高級なカメラを持っていない方はスマホで撮影しましょう。

最近のスマホカメラは性能がいいので、オーディション写真の撮影に使ってもよく撮れます。

とりあえずカメラを用意してみてくださいね。

撮影してくれる人を探す

続いては、撮影してくれる人を探しましょう。

自撮りで撮影をしようと考えているかもしれませんが、オーディション写真は全身の写真とバストアップの2枚必要になります。

バストアップ写真であれば撮影できるかもしれませんが、全身となると難しいですよね。

またどちらも真正面から撮影する必要があるので、自撮り棒も使えません。

そのため、撮影してくれる人を探してくださいね。

どうしても撮影してくれる人を見つけられない場合には、自分と同じ高さに設定できる三脚を用意してください。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

背景にモノがないようにする

背景がごちゃごちゃしているのも、オーディション写真も好ましくありません。

オーディション写真を撮影するのであれば、後ろにものがない場所にしましょう。

家で撮影をするのであれば、家具が映らないようにしてください。

また、外で撮影することもありますよね。

その場合にも、後ろを壁にして、なにもない状況にしましょう!

外で撮影する場合は晴れの日にする

外で撮影をするのであれば、晴れの日を選びましょう!

写真を撮影するときに最も重要なのは、光です。

特に太陽から発せられる自然光で撮影することがおすすめです。

家の照明だと光が強いため、影ができやすくなってしまいます。

一方で自然光であれば、柔らかい印象を与えることができるので、写真の印象も変わります。

自然光は晴れの日のほうがいいので、外で撮影するのであれば晴れの日を選びましょう。

オーディション写真を撮影し終わってからするべきこと

オーディション写真を撮影し終わってからするべきことオーディション写真の撮影が終わったら、やらなければいけないことが2つあります。

それは以下の2つです。

  • 知人や家族に写真を選んでもらう
  • 写真の裏に自分のフルネームを書く

これらについてそれぞれ解説します。

知人や家族に写真を選んでもらう

撮影した写真を知人や家族に見てもらいましょう。

どうしても自分だけで選んでしまうと偏ってしまいがちです。

自分自身では、自分の良し悪しはわかりませんよね。

そのため普段から自分自身をよく見てくれている、家族や知人に写真を選んでもらいましょう。

写真の裏に自分のフルネームを書く

オーディションに使う写真を選べたら、写真の裏にフルネームを書きましょう。

郵送で写真を送る場合、オーディションの用紙からオーディション写真が剥がれてしまう可能性もあります。

その場合にも対応できるように、オーディション写真の裏側にフルネームを記載するのがおすすめです!

せっかく準備してきたのに、オーディションの用紙からはがれてしまっただけで審査に落ちてしまうのは嫌ですよね。

それを避けるためにも、必ずオーディション写真の裏側に自身の名前をフルネームで記載しておきましょうね。

オーディション写真の撮影におすすめの服装

オーディション写真を撮影するときにおすすめの服装について紹介します。

男性と女性で服装が異なるので、それぞれ分けますね!

男性と女性におすすめの服装は以下のとおりです。

【男性】

  • Tシャツ
  • シャツ
  • ジーンズ
  • チノパン
  • スキニーパンツ

【女性】

  • ブラウス
  • カットソー
  • ワンピース
  • スキニーパンツ
  • ショーパン
  • スカート

どの服も、清潔感が出るのでオーディション写真にとてもおすすめです!

これらの具体的な理由については以下の記事でまとめています。

これからオーディション写真を撮影したいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

オーディション写真の撮影ではメイクも重要!

オーディション写真の撮影ではメイクも重要!オーディション写真ではメイクも重要です。

メイク次第で合格を左右されると言っても過言ではないです。

ただオーディションごとに求められている人材にマッチしたメイクをすることをおすすめします。

よくナチュラルメイクがいいと言われていますが、薄化粧がいいわけではありません。

メイクの役割は「自分の短所を隠し、長所を活かす」ことです。

それらを意識してメイクを考えてみましょう。

オーディション写真の撮影におすすめのポーズ

オーディション写真ではポーズを意識することも重要です。

具体的には以下のポーズをするのがおすすめです。

  • 手を腰に置く
  • お腹の前に手を置く
  • 足をクロスさせる
  • 体を斜めにする
  • 利き顔を前にする

これらのポーズは、どれも自分をよく見せられるポーズなのでぜひ試してみてくださいね!

またポーズに関しては以下の記事で具体的に解説しているので参考にしてください。

オーディション写真を撮り方はわかったけどうまく撮れる自身がないなら「ふぉとる」!

プロに撮影依頼オーディション写真を撮り方はわかったけどうまく撮れる自身がないなら、プロに撮影を依頼するのがおすすめです!

オーディション写真はセルフでも撮影できるのですが、絶対に合格したいと思っているならプロに撮影してもらうのが確実です。

そしてプロカメラマンオーディション写真を撮影してもらうなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるは出張撮影サービスなので、オーディション写真をご希望の場所で撮影できます。

またふぉとるでは、オーディション写真を何枚撮影しても1時間10,780円で撮影できます!

出張撮影サービス業界の中でも最安値なので、ぜひ依頼してみてくださいね。

ふぉとるには専属のコンシェルジュがいるため、お客様が撮影したいオーディション写真のシチュエーションに合わせて撮影できます。

ぜひふぉとるを使って、オーディション写真をプロカメラマンに撮影してもらってくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

【まとめ】オーディション写真の撮り方解説

この記事では、オーディション写真の撮り方について解説しました。

オーディション写真は審査でとても重要なので、撮り方をマスターしておきましょう。

オーディション写真撮影の準備方法をもう一度まとめておきます。

  • カメラを用意する
  • 撮影してくれる人を探す
  • 背景にモノがないようにする
  • 外で撮影する場合は晴れの日にする

ご自身で撮影される場合には、しっかりと準備しておきましょうね。

また、オーディション写真はプロのカメラマンに撮影されることが多いです。

プロのカメラマンに撮影してもらえれば、圧倒的にきれいなオーディション写真が出来上がるので、ぜひ利用してみてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。