お花見

お花見写真の撮り方を徹底解説!おしゃれな桜の写真を撮影しよう!

「お花見写真の上手な撮り方が知りたい!」
「桜の写真を綺麗に撮ってバズらせたい!」

お花見や桜の写真はとても綺麗に写るので、撮影に向いています。

しかしコツを理解していないと、平凡な写真になってしまいがちです。

そこで今回の記事では、お花見や桜の写真の上手な撮り方について解説します。

これからお花見や桜の写真を撮影しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

お花見写真をうまく撮れない方の理由を解説

お花見写真を撮影しようとしても、うまく撮影できなくて困ってしまったことはありませんか?

実は桜の写真を撮影するときによくある撮影の失敗例があるのです。

具体的には以下に当てはまっているとうまく撮影できません。

  • 木全体を撮っている
  • ピンク色ではない桜を撮っている
  • 構図を意識していない
  • 見頃の時期よりもズレている
  • 人が入ってしまっている

これらに当てはまっていると0、上手い桜の写真は撮影できません!

そのため、最低限上記のポイントを理解しておきましょう。

お花見写真のおしゃれな撮り方

お花見写真のおしゃれな撮り方では実際に、お花見写真をおしゃれに撮影する方法を紹介します。

具体的には以下のポイントを意識するのがおすすめです。

  • 木全体ではなく一部をアップにして撮影する
  • 人と桜を一緒に撮影する
  • ローアングルで撮影する
  • 背景をぼかす
  • 手前をぼかす
  • 青空と桜を一緒に撮影
  • 逆光ならシルエット写真に!

これらの撮影方法についてそれぞれ解説します。

木全体ではなく一部をアップにして撮影する

木全体を撮影するのではなく、一部分をアップにして撮影するのがおすすめです。

桜の木はとても人気なので、木全体を撮影しようとするとどうしても人が入ってしまいます。

それでは満足のいく桜の写真は撮影できません。

そこでおすすめなのが、桜の一部分にフォーカスを当てて撮影することです。

広範囲を撮影するのではなく一部分を撮影すると、うまく撮影できますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

人と桜を一緒に撮影する

桜の写真は桜単体で撮影する必要はありません。

人と一緒に桜を撮影することでも、おしゃれな写真ができあがります!

桜を見上げている姿や桜を触っている姿など、いろいろな写真を撮影してみましょう。

具体的におすすめのポーズについては以下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。

ローアングルで撮影する

シンプルな撮り方ではありますが、ローアングルで撮影するのもおすすめです。

ローアングルで撮影すると、地面や建物が入らないメリットがありますね。

人の目線で撮影してしまうと、桜以外にも人や建物地面などいろいろなものが写真に写ってしまいます。

そうなると写真がごちゃごちゃしてしまいますよね。

それではいい写真は撮影できません。

ローアングルで撮影して、なるべくごちゃごちゃしないような写真を心がけましょう。

背景をぼかす

背景をぼかすことで、写真の中の情報を減らせます。

写真の中に要素が多すぎると、何を主張したい写真なのかわからなくなってしまいますよね。

しかし背景をぼかすことによって、写真の中で主張したい部分が鮮明になります。

特にカメラ初心者の方であれば、ぼかすことを意識してみましょう。

手前をぼかす

逆に手前をぼかすこともおすすめです。

桜が立体的になっている場所であれば、手前の桜をぼかして奥の桜にピントを合わせることもおしゃれな撮り方になります。

桜を手前にするのであれば、ズームを最大にしてレンズに当たるくらいまで近づけてみましょう!

迫力のある写真が撮影できるので、ぜひ試してみてくださいね。

青空と桜を一緒に撮影

快晴の日にお花見ができるのであれば、青空と桜を一緒に撮影してあげましょう!

淡いピンク色と青空の相性は抜群なので、併せて撮影してみてくださいね。

ただし、逆光になってしまうとよくわからない写真になってしまうので、太陽とかぶらないように撮影するのがおすすめです。

具体的には、太陽が出ている方向と逆の空を撮影するのを意識してみてください。

逆光ならシルエット写真に!

逆光しか撮れない場所に桜の木がある場合もありますよね。

そんな時には、思い切ってシルエット写真を撮影してみましょう!

桜をシルエットにして撮影することで、雰囲気のある写真が撮影できます。

花を活かすか空を活かすか選べるので、ホワイトバランスを調整して撮りたい写真を取ってみてくださいね。

お花見写真はポートレート撮影にもおすすめ!

お花見写真はポートレート撮影にもおすすめ!この記事では、お花見写真の撮り方について解説しました。

ただ、お花見写真は桜やお花だけを撮影するだけではありません。

ポートレート撮影をするのもとてもおすすめです!

「そもそもポートレート撮影とは?」という方もいると思いますので、簡単に解説します。

ポートレート撮影とは、人物を撮影することを指します。

つまり桜と人物を一緒に撮影するのがおすすめということです!

お花見をしているシチュエーションを撮影してあげましょう。

お花見写真をマスターしてプロカメラマンとして働こう!

ふぉとるカメラマンになる

せっかく高級なカメラを購入してフォトグラファーになったのであれば、副業にしてみたくありませんか?

そのような方には、フォトグラファーとして副業を初めて見ることがおすすめです!

フォトグラファーとして働くのであれば、「ふぉとる」を利用してください。

実績やお持ちのカメラを元に審査をして、合格したらふぉとるのカメラマンとして副業をはじめられます!

これまでにある程度の活動実績があれば、登録をして撮影の仕事を見つけることが可能です。

現在ふぉとるでは、フォトグラファーの募集を強化しているのでぜひ応募してみてくださいね!

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして働きたいという方であれば、「ふぉとる」!

\1分で仮登録完了!/

【まとめ】お花見写真は撮り方が重要

この記事では、お花見写真の撮り方について紹介しました。

もう一度お花見写真の撮り方についてまとめます。

  • 木全体ではなく一部をアップにして撮影する
  • 人と桜を一緒に撮影する
  • ローアングルで撮影する
  • 背景をぼかす
  • 手前をぼかす
  • 青空と桜を一緒に撮影
  • 逆光ならシルエット写真に!

これらを意識することで、おしゃれなお花見写真を撮影できるのでぜひ試してみてくださいね。

またお花見写真のプロカメラマンを目指すのもおすすめです。

せっかくカメラを購入したのであれば、副業でもフォトグラファーを始めてみましょう!

フォトグラファーとしてカメラマンに登録するならふぉとるを利用してみてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。