フォトグラファー

フォトグラファー・カメラマンになるには?仕事内容を徹底解説!

「フォトグラファーになるのが夢だけど、何をしていいのかわからない…。」
「フォトグラファーやカメラマンってどんな仕事をするのかな?」

フォトグラファーという仕事に興味があるけれど、どんなことをすればフォトグラファーになれるのかわからないという方も多くいるかと思います。

この記事では、フォトグラファーやカメラマンになるための方法や仕事内容などを徹底的に解説しています。

フォトグラファーやカメラマンを目指している方はぜひ参考にしてください。

\1分で仮登録完了!/

フォトグラファー・カメラマンになるには?

早速、フォトグラファーやカメラマンになる方法を解説します。

何をやるにしても基礎が大事になってきますので、まずは基礎知識を学ぶようにしましょう。

フォトグラファーやカメラマンになるための方法は以下の通りです。

  • 学校に通う
  • 写真家のアシスタントをする
  • 独学で勉強する

フォトグラファーやカメラマンになるためには、これら3つの方法が主流となっています。

それぞれ詳しく解説します。

学校に通う

プロのフォトグラファーやカメラマンになるためには、専門的な知識が必須です。

専門的な知識や技術を学ぶためには、学校に通うことが一番の近道と言えるでしょう。

例えば、大学の芸術学科や写真関連の学部がある短大、写真の専門学校に通うことが一般的です。

フォトグラファーは、フリーランスの方が多いですが人数も多いため、得意分野が必須となってきます。

そのため、学校に通い写真のいろいろな分野に触れておき、得意分野をしっかりと見極めておくことがおすすめです。

また、学校に通うことのメリットは専門的な知識を得られるだけでなく、人脈や学校の紹介を利用することができるという点もあります。

先ほども説明しましたが、フォトグラファーはフリーランスとして働いている人が多いです。

そのため、フォトグラファーの仕事を得るためには人脈や紹介が必須と言っても過言ではありません。

その点で、学校に通うということは大きなメリットと言えるでしょう。

フォトグラファーやカメラマンになるための他の2種類の方法と比べても、学校に通うことが一番現実的と言えますね。

写真家のアシスタントをする

続いては、写真家のアシスタントをするという方法です。

こちらも、プロの仕事を間近で見ることができるため、上達スピードは速くなるでしょう。

また、プロ同士の関わりについていくことも可能なので、人脈作りにも有効です。

アシスタントとしての仕事内容は、写真に関する雑用から始まり、プロの指導や撮影現場での技を教えてもらうなど、実践的なことが多いです。

しかし、学校に入ることは誰でもできる反面、アシスタントになることは誰でもできるとは言い難いです。

求人サイトで募集されていることはほとんどないので、人脈を利用することが重要になってきます。

他には、SNSでアシスタント募集している人を探すことがお勧めです。

また、アシスタントになるためには多少の実技経験が必要となることも念頭に置きましょう。

全くの未経験でアシスタントになりたいと言っても採用される確率は相当低いです。

アシスタントとして面談することになった場合には、ポートフォリオを作成して、できることを最大限にアピールしましょう!

また、アシスタントに慣れなかった場合には、カメラのスタジオで働くことがお勧めです。

写真スタジオのスタッフになれれば、プロフォトグラファーの仕事を間近で見ることができるため、効率よく技術を窮することができるでしょう。

また、運がよければ人脈作りにも繋がるので、アシスタントになれなかった場合にはカメラスタジオのスタッフという路線も考えてみることをおすすめします。

独学で勉強する

最後は、独学で勉強するという方法があります。

インターネットには、写真の取り方や加工の方法など、様々な技術が紹介されています。

それらの技術をすべて吸収し、アウトプットできるようになれば仕事を獲得することも可能でしょう。

まずは趣味として始めてみて、自分に合っていればプロのフォトグラファーとして働いてみる、といった柔軟な行動を取れるのが大きなメリットですね。

現に、趣味がきっかけとなってフォトグラファーとして働いている方は多くいます。

しかし、先ほどから重要と言っている『人脈』が全くできないという点が難点です。

仕事の獲得まで自分でやらなければならないので、かなりハードルが高いということを覚えておきましょう。

最近では、独学でフォトグラファーやカメラマンになるためにはSNSの利用が必須となっています。

SNSを利用すれば、人脈を作ることが可能なので、カメラの技術以外にもSNSマーケティングなどの知識も同時に勉強することが必要になるでしょう。

フォトグラファー・カメラマンの主な仕事内容

ここからは、フォトグラファーやカメラマンの主な仕事内容について紹介します。

フォトグラファーやカメラマンの仕事の流れとしては、仕事を受注し、撮影の準備を整え、写真の撮影をして、撮影した写真の加工をし、納品という流れになっています。

フォトグラファーやカメラマンが撮る写真は様々です。

具体的には仕事内容は以下の通りです。

  • 商業写真
  • アート写真
  • 個人向けの写真

大まかにこれらの写真に分類されるでしょう。

それぞれ解説します。

商業写真

商業写真と言っても、色々な分野があります。

  • 広告用の写真
  • 報道向け写真
  • スポーツ写真

このように商業用の写真はいくつかの分野に分けられることが多いです。

広告用の写真であれば、商品やモデルを取るようなフォトグラファーになるでしょう。

物と人では、求められる撮影技術や撮影機材が全く異なるため、広告用の写真家もさらに細分化されることになります。

報道向けの写真であれば、新聞や出版社に所属して写真を取ることになるでしょう。

報道向けの写真家であれば、芸術的な要素は求められず、事故や事件の様子をいち早く取ることが求められます。

個性や写真の質は特に求められないのが、報道向けの写真家です。

このように、商業用の写真家は数え切れないほどの種類があります。

アート写真

続いては、アート写真を取るフォトグラファーです。

商業用の写真を取るフォトグラファーとは打って変わって、個性を出していかなければならない仕事となります。

基本的に、アート写真にはクライアントが存在しないため、アート写真を売るだけで生計を立てられるフォトグラファーは、ごく一部に限られています。

アート写真家になりたいのであれば、仕事の合間に副業として行うことが主流となるでしょう。

超一流のアーティストカメラマンになれるまでは、生活費を稼ぐことは難しいです。

また、アート写真の場合にはフォトショップのような加工ソフトを用いて写真をよりきれいに見せるような技術も求められます。

商業用の写真よりも難易度が高いということを覚えておきましょう。

個人向けの写真

最後は、個人向けの写真を撮るということです。

フリーランスとして、フォトグラファーのマッチングサイトに登録し、個人の依頼をこなすことが仕事になります。

基本的に、七五三やお食い初めのようなイベントを取ることになるため、人物を撮ることに慣れておく必要でしょう。

商業用の写真というよりは、アート写真寄りの仕事になるため、写真の加工スキルは必須と言えます。

また、マッチングサイトを利用して、個人間で仕事をすることになるため、コミュニケーション能力や体力などが重要です。

撮影現場に向かって、撮影時の構図などを指示する必要があるため、コミュニケーション能力は必須です。

依頼の中には、長時間撮影するようなこともあるため、体力も必要と言えるでしょう。

フォトグラファー・カメラマンになるために必要な資格・スキル

ここからは、フォトグラファーやカメラマンになるために必要な資格やスキルについて紹介します。

結論から言ってしまうと、フォトグラファーになるために必要な資格というのはありません。

それどころか『私はフォトグラファーです』と名乗ればフォトグラファーになれてしまいます。

ただ、それだけでは仕事をもらえるわけがありませんよね。

そこで、今回は持っておくと有利になる資格を紹介します。

フォトグラファーやカメラマンが持っておくと有利になる資格は以下の通りです。

  • 写真技能士資格
  • フォトマスター検定
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

これらについて解説します。

写真技能士資格

写真技能士資格というのは、都道府県が実施している技能検定の一種です。

写真技能士資格には階級が分かれており、

  • 1級写真技能士
  • 2級写真技能士
  • 3級写真技能士

となっています。

この資格は、肖像写真の撮影に必要な資格で、写真館などで必要になる資格です。

基本的に、写真館で働いてみたいと考えている人が取るべき資格でしょう。

難易度的にはそこまで高くなく、日常的に撮影を行っている人であれば難しくない内容といわれています。

ただ、注意点があり写真技能士の資格は初心者がいきなり取れるような資格ではありません。

受験資格として『実務経験』が必須となっているので、実務経験をある程度積んでから挑戦するようにしましょう。

フォトマスター検定

続いては、フォトマスター検定です。

フォトマスター検定とは、文部科学省の検定試験となっています。

どちらかといと、プロの人が取るような資格ではなく、カメラが好きな人が知識を試すために受験するような資格となっています。

フォトマスター検定も階級が分かれており、

  • フォトマスターEX級
  • 1級
  • 準1級
  • 2級
  • 3級

と分かれています。

素人が取る資格と言っても、それなりの知識が求められるので、フォトグラファーとしての知識を身に着けておきたい場合には取ることをおすすめします。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、Photoshopを使った画像加工能力を図るための試験となっています。

フォトグラファーやカメラマンになるためには、撮影の技術以外にも画像加工の能力が必要になります。

そのため、撮影には直接的に関係のない『Photoshop』の加工資格も重要になるのです。

Photoshopクリエイター能力認定試験には階級が2つあります。

  • スタンダード
  • エキスパート

スタンダードは、ソフトを使って基本的な加工ができるかどうかを見られます。

エキスパートでは、Photoshopを利用してクライアントからの要望に応えられるような作品を作ることが目的となっています。

エキスパートの方が難しいですが、フォトグラファーやカメラマンになるのであれば、クライアントの要望に応えられるようになっておく必要があります。

そのため、できればエキスパートの資格の取得を目指しましょう。

日常的にPhotoshopを利用している人であれば合格自体はそこまで難しくないとされているので、練習を怠らないようにしましょう。

フォトグラファーの将来性

最後に、フォトグラファーやカメラマンに将来性があるのかどうかについて紹介します。

この記事では、様々なフォトグラファーやカメラマンの形態があるということを紹介しました。

例えば、商業用の写真家であったり、アート写真家であったりですね。

この中で、雑誌や新聞のような紙媒体を利用しているものだと需要は低くなっていく可能性があります。

しかし、それに代わってインターネットの広告やサイトには必要とされ続けることが予想できます。

そのため、今後もフォトグラファーの需要というのは保たれることが予想できますね!

また、七五三やお食い初めのようなイベントを得意とするようなフォトグラファーであれば、今後も特に困ることはないでしょう。

ただし、フォトグラファーの人口が増えればその分質が求められるようになるため、知識や経験は豊富な方がいいです。

フォトグラファーとして成功することは決して簡単なことではありませんが、将来的にも仕事はあると予想できるので、目指したいという方はしっかりと努力することをおすすめします。

フォトグラファーになるためには行動をしよう

この記事では、フォトグラファーやカメラマンになるための方法をまとめてきました。

プロのフォトグラファーとして生活していきたいのであれば、学校に通いしっかりと基礎を学ぶことが重要ですね。

実務としては、いろいろなマッチングサービスに登録し、積むといいでしょう。

PHOTORU(ふぉとる)は、プロ・アマ問わずフォトグラファーとして登録ができる、撮影依頼マッチングサービスです。

依頼者の大切な瞬間を思い出に残す仕事をしてみませんか?

\1分で仮登録完了!/

フォトグラファー・カメラマンの平均年収はいくら?年収1,000万円も夢じゃない! 「フォトグラファーになりたいと思っているけれど、年収がわからないとなんとも言えないな…」 フォトグラファーやカメラマン...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。