ウェディング

結婚式の写真をうまく撮影する方法とは?おすすめの撮り方を解説!

友人や知り合いの結婚式の写真撮影を頼まれることもありますよね。

また、頼まれはしなくとも、新郎新婦の写真をたくさん撮ってあげたいと思う方がほとんどです。

しかし、結婚式では、席の移動ができなかったり、照明が暗かったりして、撮影をすることが難しいのです。

それでもきれいな写真を撮影したいと思う方がほとんどですよね。

そこで今回は、結婚式の写真をうまく撮影する方法について解説します。

これから結婚式の写真撮影をする予定があるのであればぜひ参考にしてくださいね。

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

結婚式写真の撮り方を知る前に準備を整えよう

結婚式写真を撮るためには、しっかりと準備を整える必要があります。

準備の段階で失敗するかしないか決まってしまう可能性もあるため、気をつけてくださいね。

具体的に結婚式写真を撮影する前の準備は以下のとおりです。

  • 結婚式の流れを聞いておく
  • 撮って欲しい写真を聞いておく
  • 一眼レフやミラーレスカメラ
  • ズームレンズ
  • 予備のバッテリー・メモリーカード

最低でも上記のものを用意するのがおすすめです。

それぞれ具体的に解説します。

結婚式の流れを聞いておく

結婚式当日の流れを聞いておけば、撮影しやすくなりますよね。

挙式の大体の流れは同じですが、会場によって異なることもあります。

また当日のサプライズがある可能性もあるため、しっかりと対応できるように流れを確認しておきましょう。

これだけでも失敗を防げる点が多いので、必ず聞くことをおすすめします。

撮って欲しい写真を聞いておく

友人の結婚式で写真撮影を頼まれている場合には、撮って欲しい写真を予め聞いておくのがおすすめです。

何も聞かずに撮影をしていて、写真を渡したときにがっかりされても嫌ですよね。

撮影してほしい写真を聞いておけば、絶対に喜んでもらえます。

撮って欲しい写真にシチュエーションについては数箇所聞いておきましょう。

一眼レフやミラーレスカメラ

スマホで撮るのもいいのですが、一眼レフやミラーレスカメラを持っているならそちらを利用しましょう。

ただ長時間撮影することにもなるので、三脚を使ったりなるべく軽いカメラを利用するのがおすすめです。

連写機能があると便利ですね!

ズームレンズ

一眼レフやミラーレスカメラを利用する場合には、レンズも必要です。

ポートレート撮影では単焦点レンズが好まれますが、基本的にズームレンズを利用しましょう。

いろいろなシチュエーションで撮影をしなければならないため、ズームレンズを取り付けている方が対応しやすくなります。

オートフォーカスの性能にも注目して選びましょう。

予備のバッテリー・メモリーカード

長時間撮影するため、バッテリーが無くなってしまう可能性があります。

また大量の写真を撮影する場合、メモリーカードの容量がいっぱいになります。

途中から写真が保存できていなかったとなると、かなり残念ですよね…。

そのため、予備のメモリーカードを用意して対応できるようにしましょう!

結婚式写真の撮り方を徹底解説

結婚式写真の撮り方を徹底解説ではさっそく、結婚式の写真をうまく撮る方法について解説します。

結婚式の写真をうまく撮影する方法は以下のとおりです。

  • ズームして顔をアップにして撮影する
  • 不意に撮影する
  • 両親や祖父母にも注目する
  • テーブルにあるものも撮影する
  • 会場にある食べ物を撮影する
  • 結婚式場の写真を撮影する
  • 連写する

これらを意識して撮影してみましょう!

ズームして顔をアップにして撮影する

新郎新婦の写真を撮影しようとすると、きれいな姿を残したいので、全身の撮影をしてしまうことが多いです。

しかし、どこかしらにズームを当てて撮影することがいちばんおすすめです。

特におすすめなのが、顔にズームを当てることです。

幸せそうな顔を写真に収められます。

正面からの写真もおすすめではありますが、横顔の写真もとてもおすすめなので、ぜひ撮影しておきましょう!

もちろん、顔だけではなく、指輪やネックレスのような小物に焦点を合わせて撮影することもおすすめです。

不意に撮影する

カメラ目線を意識していないときに撮影することもおすすめです。

自然な写真を撮影できますよ!

例えば、以下のようなシチュエーションで撮影しましょう。

  • 友人や家族と話している
  • 新郎新婦で話している・見つめ合っている

どれも幸せそうな写真になりますね!

両親や祖父母にも注目する

結婚式の主役は、新郎新婦です。

しかし、新郎新婦と同じくらい喜んでいるのが、新郎新婦の両親ですよね。

息子・娘の晴れ舞台を見て、感極まって泣いてしまう方もいます。

そんな両親の写真も撮影しておいてあげましょう。

具体的には、以下のようなシチュエーションでの撮影がおすすめです。

  • ヴァージンロードを歩いている姿
  • 手紙が読まれているときの顔

これらは感動するシーンなので、ぜひ撮影しておきましょう!

テーブルにあるものも撮影する

結婚式の写真は、人物の写真だけではありません。

テーブルの上に乗っている食べ物や小物もおしゃれなことが多いですよね。

それらのモノを撮影することもおすすめです。

ウェルカムボードや飾り付けられている装飾など、いろいろ撮影しておきましょう。

会場にある食べ物を撮影する

会場には、装飾以外にも食べ物もありますよね。

結婚式場の食べ物はおしゃれなことが多いので、写真映えします。

きれいな食べ物を見ているゲストの写真も合わせて撮影しておくことで、会場の雰囲気も伝わるのでおすすめです!

結婚式場の写真を撮影する

結婚式所の外観や内装の写真もしっかりと撮影しておきましょう!

結婚式場の内装は、結婚式がない限り見ることができません。

とてもおしゃれな作りになっているので、思い出として撮影しておきましょう。

また、外観についても、季節感や天気がわかるように撮影することで、当日の雰囲気を伝えられます。

このような写真を撮っておいてあげると、新郎新婦も喜ぶでしょう。

連写する

移り変わるシーンをいちいち撮影していては、ブレた写真だらけになってしまう可能性があります。

失敗を避けたいなら、同じシーンも連写するのがおすすめです。

一度撮影したいシチュエーションが決まったら3枚以上は撮影するといいですね。

なるべく失敗しないように連写を心がけましょう。

結婚式に欠かせない写真シーンとは?

結婚式の写真撮影をするとなれば、いろいろなシーンがありますよね。

しかし、絶対に撮影しておきたいシーンもあります。

知らず知らずにそのシーンを逃さないためにも、おすすめの撮影シーンについて解説します。

結婚式に欠かせない写真シーンは以下のとおりです。

  • 型物ポーズ
  • ケーキ入刀シーン
  • ヴァージンロードシーン
  • エスコートシーン
  • 指輪をはめるシーン
  • キスシーン

これらの撮影シーンを撮影しておくことで、思い出に残る写真を撮影してあげられますよ!

以下の記事で具体的に解説しているので、是非参考にしてくださいね。

結婚式写真を撮影する際に気をつけるべきポイント

結婚式写真を撮影する際に気をつけるべきポイントについて解説します。

具体的には以下の2点を意識しましょう。

  • ブライダルカメラマンの邪魔にならないようにする
  • 他の参加者の邪魔にならないようにする

これらを意識して撮影をしてくださいね。

それぞれ解説します。

ブライダルカメラマンの邪魔にならないようにする

結婚式場には、プロのブライダルカメラマンがいます。

その方が基本的に撮影をしているので、邪魔にならないようにすることが大切です。

最優先はプロのブライダルカメラマンが撮影している写真なので、同じ画角からの写真は撮影してもあまり意味がありません。

ブライダルカメラマンが残せなそうな角度からの写真を撮っておくと、邪魔にもならないのでおすすめです。

他の参加者の邪魔にならないようにする

結婚式場にはブライダルカメラマン以外にも、他の参加者がいますよね。

撮影に夢中になってしまうと、参加者の前を通ってしまうかもしれません。

そうなると邪魔に思われてしまうので、しゃがんで移動することやあまり移動しないことを意識して撮影してくださいね。

結婚式の写真を想い出に残すなら「ふぉとる」!

プロに撮影依頼結婚式の写真撮影をプロのフォトグラファーに依頼してみましょう。

プロのフォトグラファーに撮影を依頼することで、きれいで思い出に残る写真撮影を行ってもらうことができます。

「ふぉとる」の結婚式の写真撮影では、ご要望にお答えして、満足の行く写真をしっかりと撮影してもらうことが可能です。

もちろん、お悩みやご相談にも真摯に対応いたします。

「ふぉとる」であれば、ロケーション撮影やスタジオ撮影のどちらでも出張して撮影することが可能!

また、1時間からフォトグラファーに撮影を依頼することができるので、短時間で満足の行く写真を撮影できます。

結婚式や結婚式の前撮りに特化しているフォトグラファーも多数いますので、安心して撮影を依頼することができます。

結婚式の前撮りをプロのフォトグラファーに依頼したいという方は、ぜひ「ふぉとる」をご利用ください。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

【まとめ】結婚式の写真をうまく撮影する方法

この記事では、結婚式の写真をうまく撮影する方法についてまとめました。

結婚式の写真をうまく撮影する方法をもう一度まとめておきます。

  • ズームして顔をアップにして撮影する
  • 不意に撮影する
  • 両親や祖父母にも注目する
  • テーブルにあるものも撮影する
  • 会場にある食べ物を撮影する
  • 結婚式場の写真を撮影する

これらの撮影方法を参考にして、結婚式の写真を撮影してみましょう!

好きな場所で!低価格で!
\理想の写真が撮りたいなら/
コンシェルジュへ相談

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。