物撮り

物撮りをおしゃれにする方法とは?誰でもできるアイデアを紹介!

「物撮りをおしゃれにしてインスタ映えする写真にしたい!」
「おしゃれな物撮りができれば商品の売上もあがるかな?」

このように思っている方も多いです。

物撮りはインスタグラムで流行っている撮影の手法です。

もちろん、商業用の商品の写真を撮影する際にも物撮りをしますね。

どちらにしても、映える物撮りができなければバズることはありません。

そこでこの記事では、物撮りをおしゃれにする方法について解説します。

これから物撮りをおこなおうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

物撮りをおしゃれにするために必要なこと

ではさっそく、物撮りをおしゃれにするために必要なことを紹介します。

具体的には、以下のポイントを意識することが大切です。

  • 角度を意識する
  • 光の当て方を意識する
  • 構図を意識する
  • 背景を意識する
  • 小物を用意する
  • 置き方を工夫する

これらについてそれぞれ解説します。

角度を意識する

物撮りをおしゃれにするなら、角度を意識することが大切です。

物撮りをおしゃれにするなら、以下の2つの角度から撮影してみましょう。

  • 真上から撮影する
  • 斜めから撮影する

それぞれ解説します。

真上から撮影する

真上から物撮りをするのは、もっともベーシックな方法です。

簡単に撮影できて、おしゃれに見えるので初心者におすすめですね!

斜めから撮影する

斜めから撮影すると、奥行きが生まれます。

真上から撮影しても平面にしかみえないので、差別化したいときにおすすめの撮影方法です。

また立体感が生まれることで、商品や物のサイズ感がわかりやすくなります。

商品の情報をより詳しく載せたい場合には、斜めから物撮りをしてみるのがおすすめです。

光の当て方を意識する

物撮りをする際には、光の当て方も重要です。

基本的には自然光を取り入れて撮影すると、きれいな写真が撮れやすいです。

自然光だと、窓から取り入れることが多いため斜めから光を当てることになります。

どうしても影ができてしまうため、商品の向きを決めるのも重要です。

また影を作らないように、真上から光を当てるのもおすすめです!

真上から光を当てれば、影がほとんどできなくなるためシンプルな写真になります。

ぜひ色々な光の当て方を試してみましょう。

構図を意識する

物撮りをおしゃれにするなら、構図を意識するのは欠かせません。

具体的におすすめの構図は以下の2つです。

  • 日の丸構図
  • 対角線構図

これらの構図についてそれぞれ解説します。

日の丸構図

日の丸構図とは、被写体を写真のど真ん中に配置して撮影することです。

写真の中心に被写体を置くだけなので、初心者にもおすすめの構図とされています。

インスタ映えやフリマアプリの商品写真にも向いているので、ぜひ利用してみてくださいね。

対角線構図

対角線構図は、写真の対角線上に被写体を配置して撮影することです。

手前から奥に被写体が置かれることで、写真に奥行きを作れます。

対角線構図を利用するなら、複数の被写体があるときがおすすめです。

逆に1つの被写体で対角線構図を利用するのは難しいので、日の丸構図を使いましょう。

背景を意識する

物撮りをおしゃれにしたいなら、背景にも気を使いましょう。

具体的には、以下のどれかを背景に使うのがおすすめです。

  • 真っ白な背景
  • 色付きの背景

両方とも使い方があるので、解説します。

真っ白な背景

物撮り背景の王道といえば、白色の背景です。

もっとも多くの物撮りで真っ白な背景が見られます。

まるでカタログのような写真が撮影できるので、手っ取り早くおしゃれな物撮りができますよ!

白い背景が用意できない場合には、100均で購入できます。

またベットシーツが白色であれば、それを利用することで簡易的な白背景ができますね!

ベットシーツの場合には、シワが入らないように気をつけましょう。

色付きの背景

色付きの背景を利用する場合には、印象に残りやすくなります。

注意点としては、背景の色と被写体の色が似ないようにすることです。

被写体と背景の色が似ていると、被写体が目立たなくなってしまいます。

物撮りでは商品を目立たせることが最重要なので、目的から逸れてしまいますよね。

そのためカラフルな背景を利用する際には、被写体との色の相性を意識しましょう。

小物を用意する

被写体とは関係のない小物を用意するのもおすすめです。

手っ取り早くおしゃれにしたいなら、ドライフラワーや本がおすすめです。

写真にアクセントを加えられるので、パットしないときに取り入れてみましょう。

置き方を工夫する

物撮りでは、置き方を工夫するのも重要です。

例えば、同じ大きさのものを並べたりサイズ順に並べたりするのがおすすめですね。

一方で均等感がなく、バラバラに配置してみるのも効果的です。

他にも重ねたり商品を写真からはみ出させたりしてみることで、工夫できます。

自分に合った物撮り方法を見つけるためにも色々試して見てくださいね。

物撮りのおしゃれなアイデア

では最後に、物撮りのおしゃれなアイデアを紹介します。

実際にインスタグラムに投稿されているものを参考にしているので、真似してみるのがおすすめです!

日の丸構図で撮影されたおしゃれな物撮り

 

この投稿をInstagramで見る

 

NANAE(@nanamuh6939)がシェアした投稿

対角線構図×白背景のおしゃれな物撮り

 

この投稿をInstagramで見る

 

りーまんかめら(@busiphotos)がシェアした投稿

商品のバラバラに配置しておしゃれな物撮りに

商業用の物撮りをするならプロカメラマンに依頼しよう

プロに撮影依頼プロに物撮りを依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

プロに物撮りをしてもらうことで、売上の上がる写真を撮影してもらえます!

初心者でもおしゃれな物撮りを撮影することはできるのですが、プロが撮影する写真はよりおしゃれです。

そのためプロカメラマンに物撮りを撮影してもらうのがおすすめです。

ふぉとるでは出張撮影サービス業界で最安値で撮影を提供しています。

もちろんふぉとるに在籍しているカメラマンは全員がプロなので、おしゃれな物撮り写真を提供できます!

また商業用の物撮りに特化したプロカメラマンも多数在籍しています。

まずはコンシェルジュに相談することもできるので、ぜひふぉとるを使って商業用の物撮りをしてもらってくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】物撮りをおしゃれにして売上につなげよう

この記事では物撮りをおしゃれにする方法についてまとめました。

もう一度、物撮りをおしゃれにする方法をまとめます。

  • 角度を意識する
  • 光の当て方を意識する
  • 構図を意識する
  • 背景を意識する
  • 小物を用意する
  • 置き方を工夫する

これらを意識して物撮りをおしゃれにしてみてくださいね。

また商業用の物撮りをおしゃれに撮影しようとしている方ならプロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

物撮り次第で商品の売れ行きが変わるので、機会損失につながる可能性もあります。

プロカメラマンに物撮りを依頼して、売れる写真を撮影してもらってくださいね!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。