物撮り

物撮りとは?物撮りの概要や撮影方法について徹底解説

「物撮りとはなんですか?」
「物撮りがうまくなる方法が知りたいです」

このように思っている方は多いです。

インスタグラムやツイッターのようなSNSでは、いろいろなものの写真を載せている人が多いですよね。

特にインスタ映えを狙うのであれば、物撮りは欠かせません。

この記事では物撮りについて解説します。

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

物撮りとは?どのような撮影方法?

そもそも物撮りとは?という方も多くいますよね。

まずは物撮りについて解説します。

物撮りとは、人物を撮影することではなく小物や商品などを撮影することを指します。

冒頭でも取り上げた、インスタグラムやツイッターに食べ物を載せる人が増えていますよね。

それらの写真も物撮りにあたります。

また最近はメルカリやネットオークションのような、簡単に商品を販売できるサービスが増えていますよね。

そこで出品する写真を撮影することもあると思いますが、それも物撮りです。

このように、知らず知らずのうちに物撮りをしているという方も多くいます。

物撮りは人物以外の物を撮影するときに使われる言葉だと覚えておきましょう。

物撮りに必要なものとは?

物撮りに必要なものとは?では物撮りに必要なものについて解説します。

物撮りはインスタやフリマアプリを利用している方であれば、誰でも撮影することになります。

そのため物撮りに必要なものについて解説します。

具体的には以下の物が必要です。

  • カメラ・レンズ
  • フラッシュ
  • 三脚・スタンドライト
  • 背景色

これらについてそれぞれ解説します。

カメラ・レンズ

まずはカメラやレンズを用意しましょう。

物撮りをするためには、写真を撮影する必要があるのでカメラが必要です。

もちろん一眼レフやミラーレスカメラがあるのがベストですが、スマホカメラでも工夫次第でうまく撮影できます。

フラッシュ

続いて必要なものは、フラッシュや光です。

カメラに取り付けられている光を利用するのではなく、外付けの光を利用するのがおすすめです。

カメラから離して光を利用することで、写真の印象を大きく変えることができます。

また使えるのであれば、自然光を利用するのがおすすめです。

日が出ている日中帯であれば、窓付近で物撮りをすることで自然でおしゃれな写真を撮影できますよ。

ただ日中帯に撮影できないなら、フラッシュを利用して撮影しましょう。

三脚・スタンドライト

三脚やスタンドライトを利用するのがおすすめです。

三脚を利用しないと、撮影ごとにカメラが動いてしまいます。

三脚やスタンドライトがあれば、簡単にぶれない写真を撮影できるようになるので用意してみましょう!

背景色

最後に設定しておくべきものは、背景色です。

背景色をしっかりと用意しておくことで、その写真の印象を大きく変えることができます。

基本的に、シンプルな写真を撮影したいのであれば白色の背景色を用意するのがおすすめです!

しかしスニーカーのようなカラフルさを出すことでおしゃれに見せられるものであれば、カラフルな背景色を利用するのもいいでしょう。

その際には、できるだけ商品が目立つような背景色をセットしてあげてくださいね。

物撮りをうまく撮影する方法とは?

物撮りをうまく撮影する方法とは?続いては、物撮りをうまく撮影する方法について解説します。

具体的にうまく撮影する方法は以下のとおりです。

  • 撮影する物の特徴をしっかりと写す
  • 適切な明るさを作る
  • ピントを商品に合わせる

これらについてそれぞれ解説します。

撮影する物の特徴をしっかりと写す

まずは撮影する物の特徴をしっかりと写せるようにしましょう。

その際に必要な方法としては、物撮りスタジオを簡単に作成することです。

白背景のブースを作ることによって、背景に情報がなくなります。

そうすることで、撮影するものの特徴を全面的に押し出せるようになりますよね。

また簡易的な物撮りスタジオを作成できれば、三脚をセットしていつでも撮影できるようにするのもおすすめです。

いつでも簡単に物撮りができるようになるため、売れる商品の撮影やインスタ映え写真を日頃から撮影している方ならブースを作ってしまいましょう!

適切な明るさを作る

適切な明るさに調整するのも大切です。

光の加減によっては、光が足りていなく全体的に暗い印象をもたせてしまう写真になってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、できるだけ真上からライトで照らしてあげましょう。

真上からライトを当てることで、影ができにくくなるのでシンプルな写真が撮影できます。

ピントを商品に合わせる

カメラで撮影をしていると、ピントが商品に合っていないこともありますよね。

スマホカメラであれば、勝手に被写体にピントを合わせてくれます。

また仮にピントが合わなくても、タッチするだけで簡単にピントが合います。

一方で一眼レフやミラーレスカメラでは、ISO感度やシャッタースピードによってもピントが合わないことがあります。

ピントがどうしても合わない時には、オートフォーカスモードを利用してください。

オートフォーカスモードではスマホカメラと同様に、勝手に被写体にピントを合わせてくれます。

簡単に撮影できるようになるので、ぜひオートフォーカスモードにしてみてくださいね。

商業用物撮りを撮影するならプロカメラマンに依頼しよう

プロに撮影依頼商業用の商品写真を撮影してもらうなら「ふぉとる」がおすすめです。

商業用の写真も物撮りですが利益に直結しているため、プロに利用したほうが結果的に良くなります。

商業用の商品写真をプロカメラマンに依頼すれば、すぐにでも売れるようなキレイな写真を撮影してもらえます!

商業用の物撮りを依頼するなら、ふぉとるがおすすめです。

ふぉとるでは写真スタジオや他の出張撮影サービスの中でも業界最安値となっています。

もちろん最安値だからといってカメラマンの腕が悪いわけではなく、厳正な審査に通過したプロカメラマンが満足にいくまで撮影します!

コンシェルジュに相談することもできるので、ぜひふぉとるを使って商業用商品写真を撮影してもらってくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】物撮りとは商品や物を撮影すること

この記事では物撮りについて解説しました。

物撮りの需要は年々高まっています。

フリマアプリやインスタのようなSNSで映える写真を撮影したい方は、ぜひ物撮りをマスターしてみてくださいね。

また商業用の商品の物撮りをしたい方もいますよね。

商業用の商品の場合、写真によって売れるか売れないか決まってしまうと言っても過言ではありません。

そのため自分で撮影するのではなく、プロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

ふぉとるでは商業用の商品写真にも対応しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。