物撮り

物撮りのコツについて徹底解説!スマホでもきれいな写真が撮れる

「物撮りをマスターしたいのですが、何かコツはありますか?」
「スマホで上手く物撮りをする方法がわからない…」

このように思っている方は多いです。

フリマアプリで商品を売りたいのになかなか売れなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

できれば早く売り切ってしまいたい商品もありますよね。

この記事では、物撮りをマスターして商品の写真を上手く撮影する方法を紹介します。

物撮りをマスターすることで、フリマアプリで売れやすくできるのでぜひ参考にしてくださいね!

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

物撮りをするときのコツ

ではさっそく、物撮りをするときのコツについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 明るい自然光を利用する
  • 性能のいいカメラ・スマホを用意する
  • 三脚を用意する
  • 背景を白に統一する
  • 構図を意識する

これらのコツについてそれぞれ解説します。

明るい自然光を利用する

物撮りをする際には、明るい自然光が入る場所で撮影するのがおすすめです。

窓が大きければ大きいほどたくさんの自然光が入るので、商品が明るくなります。

商品が明るいだけでも、商品がおしゃれに見えるようになるため自然光を利用するのがおすすめです。

よくライトを当てて撮影する方もいますが、そうすると影ができてしまうのでおすすめできません。

自然光が全く入らない家に住んでいる場合、真上からライトを当てれば影ができにくくなるので試してみましょう。

性能のいいカメラ・スマホを用意する

続いては、性能のいいカメラやスマホを用意することがおすすめです。

最近のスマホカメラであれば、物撮りなら簡単にできてしまいます!

特に大事なのは画素数なので、確認しておきましょう。

もちろん、一眼レフやミラーレスカメラを持っているならそちらを利用するのがおすすめです。

スマホカメラでは簡単に撮影することはできますが、物撮りではどれだけ綺麗に見せるかが重要なので性能が良いカメラのほうがいいですね。

スマホで撮影されるのであれば、下記の機種がおすすめです。

  • ソニー:Xperia 5 Ⅱ
  • ソニー:Xperia PRO XQ-AQ52
  • サムスン:Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998N
  • グーグル:Pixel 5
  • アップル:iPhone 12
  • アップル:iPhone 13 MLNT3J/A

三脚を用意する

続いてはカメラに合う三脚を用意しましょう。

物撮りをする目的で三脚を購入するなら、ミニ三脚で十分です。

ミニ三脚を利用することで、写真のブレを防げるのが最大のメリットです。

アングルも固定化されるので、物撮り写真に統一感がでます。

商業用の物撮りを目的としているなら、必須のアイテムです!

背景を白に統一する

商品の背景色を白色にすることによって、被写体が引き立てられます。

また白背景で統一することによって、一貫性のある写真を撮影できます。

白い背景は家でも簡単に作れるので、ぜひ作ってみましょう。

背景用のバックペーパーを使用する方法やポスターボードなどを購入すれば、代用できます。

1,000円程度で簡易的な背景を作れるので、物撮りを自分でやる場合には用意してみてくださいね。

背景については理由がない限り、白で統一するのがおすすめです。

白の背景の場合、色を反射させるため商品が撮影しやすくなります。

統一性以外にもこのようなメリットがあるので、白で統一するようにしましょう。

構図を意識する

商品を撮影する際には、その商品のイメージや目的によって意識する構図が異なります。

ただ物撮りでは基本的に以下の2つの構図を使用するのがおすすめです。

  • 日の丸構図
  • 対角線構図

これらの構図について解説します。

日の丸構図

日の丸構図とは被写体を日の丸のように、ど真ん中に置くことです。

写真の中央に置くだけなので、簡単にできます。

もちろん商品を最大限目立たせられる写真に仕上げられるので、物撮りとの相性もいいです!

メルカリのようなフリマアプリの商品写真としてもおすすめなので、ぜひ利用してみてくださいね。

対角線構図

対角線構図とは、写真の対角線上に被写体を置いて撮影する手法です。

手前から奥に掛けて対角線上に商品を置くことで、対角線構図が出来上がります。

対角線構図をするメリットは、写真に奥行きを作れる点です。

日の丸構図よりもインパクトは薄くなりますが、その分おしゃれさが増します。

おしゃれな写真が似合う商品を撮影する際には重宝される構図です。

物撮り時に注意するべきポイント

物撮り時に注意するべきポイント続いては、物撮り時に注意するべきポイントについて解説します。

具体的には以下のポイントを注意して確認しておきましょう。

  • 商品にピントを合わせられているか
  • 雰囲気や質感が伝わるようになっているか
  • 商品の特徴がわかるか

これらについてそれぞれ解説します。

商品にピントを合わせる

まずはしっかりと商品にピントが合っているか確認しましょう。

写真を撮影する際にもっとも重要なのはピントです。

商品にピントが合っていなければ、ぼやけてしまってパットしない写真になってしまいますよね。

それだけでも商業用の写真としては失敗しています。

そのため必ず商品にピントが合うように写真撮影をおこないましょう!

雰囲気や質感が伝わるようになっているか

物撮りはその商品についてできるだけ知ってもらうために撮影する必要があります。

そのため、被写体の雰囲気や質感が伝わるように撮影しなければなりません。

雰囲気や質感は光を使うことで、引き立てることができます。

どちらも光をうまく使うことで、伝えられるようにできると覚えておきましょう。

自然光やストロボライトを利用して、調整してみてくださいね。

商品の特徴がわかるか

最後に重要なのは、商品の特徴がわかるかどうかです。

細部まで商品を伝えたい場合には、レンズを変えて撮影することがおすすめです。

例えば、アクセサリーや小物類を撮影する場合にはマクロレンズを使うことで細部までしっかりと撮影できます。

レンズを変えるだけでも表現できる写真の幅がとても広がります。

一眼レフやミラーレスカメラを利用して撮影を検討されているなら、ぜひレンズを変えて撮影をしてみてくださいね。

商業用の物撮りをするならプロカメラマンに依頼するのがおすすめ

ここまで物撮りをする際のコツについて紹介してきました。

しかし物撮りのコツが掴めない方もいますよね。

そのような方は、プロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

ここではプロカメラマンに物撮りを依頼するメリットについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 機材を揃えるコストが減る
  • プロのテクニックで売れる写真を撮影してもらえる
  • 物撮りに掛ける時間を他に回せる
  • 売上につながる

これらについてそれぞれ解説します。

機材を揃えるコストが減る

商業用の物撮りを自分でやる場合、1から機材を集めなければなりません。

仮に機材を1から揃えるとなれば、以下の機材を集める必要があります。

  • 照明
  • レフ板
  • ディフューザー
  • カメラ・レンズ
  • スタジオ代

これらを揃えるとなれば、初期費用として数十万円掛かってしまいます。

プロカメラマンに依頼できれば、1回あたり10,000円程度でも撮影してもらえるので、20回分くらいまでなら依頼するほうがお得です。

もちろん機材を購入しても、維持費用がかかるためそこも考慮する必要があります。

機材を揃えるとなれば、これだけの費用がかかってしまうのでプロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

プロのテクニックで売れる写真を撮影してもらえる

プロカメラマンに依頼すれば、プロのテクニックを使って撮影してもらえます。

物撮りであっても、初心者が撮影するのとプロが撮影するのでは大きく異なりますよね。

プロのテクニックがあれば売れる写真も撮影してもらえるので、依頼するのがおすすめです。

物撮りに掛ける時間を他に回せる

物撮りを撮影するとなれば、スタジオにいきカメラを用意して商品を並べる時間がかかってしまいますよね。

これらをすべてプロカメラマンに任せられれば、とても時間が浮きます。

その浮いた時間を他の事業に回せれば、その分売上をあげることが可能です。

プロに撮影を依頼する時間分の費用を稼げれば、マイナスにはならないのでぜひ依頼してみましょう。

売上につながる

自分で撮影するのとプロカメラマンに撮影してもらうのとでは、最終的な売上に差が出てしまいます。

カメラ初心者とプロカメラマンの撮影技術に差が無ければ、物撮りのプロカメラマンはいませんよね。

しかし現に物撮りのカメラマンはたくさんいます。

ということは、プロカメラマンに大きな金額を支払ってでも撮影をしてもらいたい方が多いことがわかります。

どれだけいい写真が撮影できるかが、最終的な売上につながっていると覚えておきましょう。

プロに物撮りを依頼するなら「ふぉとる」がおすすめ

プロに撮影依頼プロに物撮りを依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

先程も解説したとおり、物撮り写真の良し悪しが最終的な売上につながっています。

そのためプロカメラマンに物撮りを依頼して、最終的な売上をあげるほうがおすすめです。

また商業用の商品写真をプロカメラマンに依頼すれば、すぐにでも売れるようなキレイな写真を撮影してもらえます!

ふぉとるでは出張撮影サービス業界で最安値で撮影を提供しています。

もちろん最安値だからといってカメラマンの腕が悪いわけではなく、厳正な審査に通過したプロカメラマンが満足にいくまで撮影します!

物撮りに特化したプロカメラマンも多数在籍しています。

まずはコンシェルジュに相談することもできるので、ぜひふぉとるを使って商業用商品写真を撮影してもらってくださいね。

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】物撮りのコツを掴んで売れる写真を撮影しよう

この記事では物撮りのコツについて解説しました。

もう一度、物撮りのコツについてまとめます。

  • 明るい自然光を利用する
  • 性能のいいカメラ・スマホを用意する
  • 三脚を用意する
  • 背景を白に統一する
  • 構図を意識する

これらが物撮りのコツなので、自分で撮影しようと考えている方は意識してみてくださいね。

商業用の商品の物撮りをするなら、プロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

物撮り写真は最終的に得られる売上にも直結してくるので、できるだけプロに撮影してもらいましょうね!

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。