一眼レフの基礎知識

一眼レフとミラーレスカメラの違いとは?それぞれの長所短所を紹介!

『カメラを買おうと思っているのですが、一眼レフとミラーレスカメラってどんな違いがあるんですか…?』

一眼レフとミラーレスカメラは見た目が似ているのに、名前が違うためどっちを選んでいいのかわからないという方も多くいらっしゃいます。

性能の差がわからないと購入しにくいですよね。

今回の記事では、一眼レフとミラーレスカメラの性能の違いや、どんな人に向いているかなどを紹介します。

迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!

一眼レフとミラーレスカメラの違い紹介

それでは早速一眼レフとミラーレスカメラの違いを紹介します。

簡単に言うと以下の5点が違います。

  • サイズが違う
  • ミラーの有無
  • ファインダーの違い
  • イメージセンサーの違い
  • レンズのバリエーションの違い

これらについて紹介します。

サイズが違う

一眼レフとミラーレスカメラの最大の違いはサイズの大きさと言っても過言ではありません。

一眼レフは、サイズが大きく重さも500グラム以上あることがほとんどです。

一方で、ミラーレスカメラはコンパクトで400グラムを下回っていることがほとんどです。

コンパクトなカメラを購入したいという方は、ミラーレスカメラを選ぶことになるでしょう!

一眼レフは、大きい分持ち手のグリップやボタン配置などがしっかりしているので、快適に撮影することができるようになっています。

そのため、一概にミラーレスカメラの方が良いとは言いにくいですね。

また、耐久面についても一眼レフのほうが強いということもありますので、安心して使いたい場合には一眼レフがいいかもしれません。

ミラーの有無

ミラーレスカメラの名前の由来は、カメラ本体の中にミラーがないことからきています。

一眼レフの場合には、カメラ本体の中にある鏡に、レンズが映している景色を反射させて光学ファインダーに通して景色を見せています。

ミラーが入っている分、一眼レフの重さの方が大きくなってしまうということですね。

一方でミラーレスカメラの場合は、ミラーが内蔵されていない代わりに、レンズが映している形式を映像に変換し、電子ビューファインダーに移しています。

撮影をする前に明るさや色味を確認することができるので、「思っていた写真と違う」という悲しい思いをしなくて済みます。

ファインダーの違い

先ほども少し紹介しましたが、一眼レフには『光学ファインダー』が搭載されていて、ミラーレスカメラの場合は『電子ビューファインダー』が搭載されています。

それぞれの違いを説明します。

  • 光学ファインダー:電子的な処理をしていない光をそのまま映している
  • 電子ビューファインダー:センサーに当たった光を画像化して表示

電子ビューファインダーの場合は、電子処理が行われるため若干表示に遅れが生じてしまいます。

電子ビューファインダーの遅れる点が嫌という方も多いので一度試してみることをおすすめします。

因みに今後は電子ビューファインダーの遅れも気にならないくらいになるそうなので、早いうちから慣れておくというのもいいかもしれませんね!

イメージセンサーの違い

続いては、イメージセンサーについて紹介します。

「そもそもイメージセンサーって何?」という方もいるかもしれませんので、まずは簡単に紹介します。

簡単に言ってしまえば、『レンズから入ってきた光景を電子信号に変換するための部品』です。

高画質な写真を撮りたい場合には、とても重要な部分となってきます。

イメージセンサーのサイズは大きければ大きいほど、高画質な写真を撮ることが可能です。

初心者の方であれば、『APS-Cサイズ』というものを選んでおけば問題ありません。

その上に『フルサイズ』と呼ばれるイメージセンサーもあるのですが、プロ向けなので『APS-Cサイズ』でOKです。

基本的に、一眼レフのほうが大きいイメージセンサーを搭載していることが多いので、その点では一眼レフが有利ですね。

ただ、ミラーレスカメラでも『APS-Cサイズ』を搭載しているカメラもあるのでしっかりと確認してから購入することをおすすめします。

レンズのバリエーションの違い

最後は、レンズのバリエーションについてです。

結論から言ってしまうと、一眼レフのほうがレンズのバリエーションが圧倒的に豊富です。

いろいろなシチュエーションでの撮影を考えているのであれば、一眼レフを購入してレンズをたくさん購入するといいでしょう。

スマホのカメラとはどう違う?

普段から、スマートフォンで写真を撮っているという方もいらっしゃいますよね。

そのような方は、スマートフォンと一眼レフやミラーレスカメラの違いについて知りたいと思うかもしれません。

簡単に、一眼レフやミラーレスカメラとスマートフォンカメラの違いを紹介します。

最近では、スマートフォンでも様々なアプリが出ていて、きれいな写真を撮影することは容易になっていますよね。

しかし、センサーサイズが圧倒的に違うので、画質の差は如実に現れます。

基本的にスマートフォンに搭載されているイメージセンサーは『1/3.2型』といわれるものです。

最小のイメージセンサーなので、その分画質が荒くなってしまいます。

また、スマートフォンのカメラには手振れ補正がないため写真のブレが目立ちます。

このような違いがあるため、高画質な写真を撮りたいのであれば、一眼レフやミラーレスカメラがおすすめです。

一眼レフのメリット・デメリット

ここからは、一眼レフのメリット・デメリットについて紹介します。

後ほどミラーレスカメラのメリット・デメリットについても紹介するので見比べて確認してみてください。

一眼レフのメリット

それではまずは、一眼レフのメリットを紹介します。

一眼レフのメリットは以下の通りです。

  • 高画質の写真を撮れる
  • 光学ファインダーが使える
  • 遅延が少ない
  • バッテリーが比較的長持ちする

これらについてそれぞれ紹介します。

高画質の写真を撮れる

先ほども簡単に説明しましたが、一眼レフには大きなサイズのイメージセンサーが使用されています。

そのため、とても画質の良い写真を撮影することが可能です。

『APS-C』以上のイメージセンサーを使用している一眼レフがほとんどですので、高画質の写真を撮ることは簡単にできてしまいます。

また、写真をぼやけさせることも簡単にできるので、プロのような写真を簡単に撮れてしまいます!

光学ファインダーが使える

ミラーレスカメラにはない光学ファインダーを使用することができる点も大きなメリットのうちの一つです。

ミラーレスカメラだと画像に変換する処理があり、タイムラグが発生します。

そのようなラグがなく撮った写真を見ることができる点がいいですね。

カメラでの撮影=ファインダーをのぞくことと言っても過言ではないので、やはり光学ファインダーは一眼レフならではのメリットといえるでしょう!

遅延が少ない

光学ファインダーが搭載されていることによって、画像に変換される際のタイムラグがほとんどありません。

撮りたい風景をしっかりと写真に納めるためにもタイムラグは少しでもないほうがいいですよね。

特に、運動会や鉄道などの動いている物体を撮りたい場合には、タイムラグが致命的になる場合もあります。

そのような写真を撮りたいのであれば、光学ファインダーを搭載している一眼レフがおすすめです。

バッテリーが比較的長持ちする

一眼レフのバッテリーは、ミラーレスカメラと比較して長持ちします。

ミラーレスカメラのようにリアルタイムで電子的な処理を行わなくていい分、長く使えるということです。

旅行や長時間の撮影を考えているのであれば、一眼レフの方がいいかもしれませんね!

ただし、バッテリーは予備を持っておけば対策ができるのでそこまで大きな差ではないです。

一眼レフのデメリット

続いては、一眼レフのデメリットについて紹介します。

  • カメラが大きい・重い
  • 写真の完成系がわからない
  • 撮影時の音が大きい

これらについて

紹介します。

カメラが大きい・重い

一番のデメリットはカメラの大きさの重さですね。

「重いくらいなら大した問題ではないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、カメラの重さはとても重要です。

重くて大きいとなると、気軽に持ち運ぶ気にはならないですよね。

そうなると、だんだんとカメラに対するモチベーションがなくなってしまって、最終的にカメラをいじらなくなってしまう可能性もあるのです。

このような点で、カメラの重さはとても重要です。

具体的には、以下のような差があります。

EOS Kiss X10i(一眼レフ)の重さ EOS Kiss M2(ミラーレス)の重さ
約515グラム 約388グラム

一眼レフは、気軽に持ち運びたいという方にはおすすめできませんね。

写真の完成系がわからない

一眼レフの場合、光学ファインダーを覗いて撮影することになります。

そのため、撮影した写真の完成系を想像することが難しいです。

撮影中にホワイトバランスを調整することもありますが、ファインダー越しではわかりませんよね。

そのような点でデメリットと言えるでしょう。

撮影時の音が大きい

一眼レフで撮影する際には、シャッターと連動して内蔵されているミラーが動く仕組みになっています。

そのミラーが動くタイミングで「カシャ」という音がする仕組みです。

シャッターを切るたびに音が出てしまうので、静かな場所で撮影するときには注意が必要です。

ミラーレスカメラのメリット・デメリット

続いては、ミラーレスカメラのメリット・デメリットを紹介します。

ミラーレスカメラのメリット

まずは、ミラーレスカメラのメリットです。

  • 小型で軽量
  • 静かに撮影できる
  • オートフォーカス機能が充実
  • 写真の完成系を想像しやすい

これらについてそれぞれ紹介します。

小型で軽量

先ほどから紹介している通り、ミラーレスカメラには一眼レフにあるミラーがありません。

その分小型化され軽量になっています。

小さくなっている分、デザイン性も上がっていて女性人気も高いですね。

何と言っても、持ち運び安いという点が大きいメリットです。

飽き性がある方は、できるだけコンパクトで持ち運びやすいミラーレスカメラをおすすめします。

静かに撮影できる

一眼レフと違い、ミラーが動く仕様もないため音を発さずに撮影をすることができます。

赤ちゃんや静かな場所、入学式などの目立たずに写真を撮りたい場合にはミラーレスカメラがおすすめです。

オートフォーカス機能が充実

一眼レフにもオートフォーカス機能がついているものがほとんどですが、ミラーレスカメラのオートフォーカス機能の方が充実していることがほとんどです。

一眼レフよりも、オートフォーカス機能でピントを合わせられる範囲が広いです。

被写体が画面の真ん中にいなかったとしてもピントを合わせることができます。

カメラを一切触ったことがないような初心者の方でも簡単に撮影することができる機能が充実しています。

写真の完成系を想像しやすい

ホワイトバランスを設定した場合、その設定が反映されてファインダーやモニターに表示されます。

そのため、写真の完成系が想像しやすいです。

明るさや色味などを調整しながら写真を撮ることができるので、無駄に多く写真を撮らなくても良い点はメリットですね。

ミラーレスカメラのデメリット

続いては、ミラーレスカメラのデメリットの紹介です。

  • バッテリーが少ない
  • レンズのバリエーションが少ない
  • ファインダーにタイムラグがある

これらをそれぞれ紹介します。

バッテリーが少ない

ミラーレスカメラは、本体自体が小さく設計されているためバッテリーの量も少なくなっています。

また、ミラーレスカメラはほとんどの処理に電子的な処理をしなければならないため、バッテリーの消費量が大きいです。

長時間の撮影には向いていないことがわかりますね。

レンズのバリエーションが少ない

一眼レフと比べて、歴史が浅いのがミラーレスカメラです。

そのため、レンズのバリエーションもまだまだ少ないのが現状です。

今後は、一眼レフからミラーレスカメラが主流になっていく可能性もあるので、レンズのバリエーションも増えていくことが予想されています。

しかし現状ではまだ一眼レフのレンズの方が多いということも覚えておきましょう。

ファインダーにタイムラグがある

先ほども簡単に解説しましたが、多少でもタイムラグが生まれてしまう点がデメリットです。

その一瞬で撮りたかった写真を逃してしまうということも考えられます。

素早い動作をしている被写体を撮りたいのであれば、タイムラグがほとんどない一眼レフをおすすめします。

一眼レフとミラーレスカメラのどちらがおすすめなのか

ここまで、一眼レフやミラーレスカメラのメリット・デメリットを紹介してきましたが、「結局どっちのカメラがおすすめなの?」と思う方も多くいるかと思います。

結論から言ってしまうと、適材適所としか言えません。

ここからは、一眼レフを購入するべき人・ミラーレスカメラを購入するべき人を分けて紹介します。

当てはまるほうを参考にしてみてくださいね。

一眼レフを購入するべき人

一眼レフを購入するべき人は以下に当てはまる方です。

  • 光学ファインダーで写真を撮りたい
  • 形から入りたいという方
  • バッテリーを気にして撮影したくないという方

大きくて重い一眼レフですが、『フォトグラファー』のような方がもっているのも大きなカメラであることがほとんどです。

そのため、形から入ることでモチベーションにつながるという方も多くいらっしゃいます。

一眼レフはそんな方におすすめですね!

ミラーレスカメラを購入するべき人

続いては、ミラーレスカメラを購入するべき人です、

ミラーレスカメラがおすすめの人は以下に当てはまる方です。

  • コンパクトで持ち運びやすさを重視している
  • 気軽に写真を撮りたい
  • 簡単に良い写真を撮りたい

やはり一眼レフよりも初心者向けなのがミラーレスカメラなので、簡単に撮影してみたいという方におすすめです。

あまり高価なものではなくていいからスマートフォンよりも良い写真が撮りたいといったライト層の方にもおすすめです!

初心者におすすめの一眼レフカメラ

では、初心者におすすめの一眼レフカメラを紹介します。

キヤノン『EOS Kiss X80』

値段 約44,000円(中古品)
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約440グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~6400
連続撮影速度 最高約3.0コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi

型落ちモデルではありますが、その分安く購入することができるので初心者におすすめできるカメラです。

かなりコスパがいいので、一眼レフを考えている方はこちらを検討してみましょう。

キヤノン『EOS Kiss X7』

値段 約34,000円(中古品)
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約407グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~6400
連続撮影速度 最高約4.0コマ/秒
Bluetooth機能

こちらもキヤノンの型落ちモデルです。

一眼レフなのに、ミラーレスカメラと変わらないくらい軽くコンパクトな作りになっています。

レンズとセットで販売されている物でも4万円程度で購入することができるのも大きなメリットです!

初心者におすすめのミラーレスカメラ

キヤノン『Canon EOS M10』

値段 約55,000円
センサーサイズ 22.3mm×14.9mm
大きさ・重量 約265グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~12800
連続撮影速度 最高約4.6コマ/秒
Bluetooth機能 Wi-Fi機能

新品でも5.5万円程度で購入できる点が大きなメリットです。

また一眼レフと同等レベルの性能をもっているので、性能面も重視している方におすすめのモデルです。

キヤノン『EOS M200』

値段 56,925円
センサーサイズ APS-C
大きさ・重量 約299グラム
液晶モニター TFT式カラー液晶モニター
ISO感度 100~25600
連続撮影速度 最高約6.1コマ/秒
Bluetooth機能 Bluetooth/Wi-Fi

EOS M200は300グラム以下という圧倒的な軽さを誇っています。

軽さやコンパクトさにこだわりたいのであれば、とてもおすすめのカメラです。

デザインも豊富で、女性人気も高いですね!

自身の使用用途に合った一眼レフ・ミラーレスカメラを選びましょう!

今回は、一眼レフとミラーレスカメラの違いについて紹介しました。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、しっかりと理解したうえで購入を検討しましょう。

どちらを購入したとしても、スマートフォンよりは高画質の写真を撮ることはできるのでその点は安心してくださいね!

また、今回紹介したカメラは初心者向けのエントリーモデルのカメラとなっています。

下記記事では、最新の一眼レフのおすすめやミラーレスカメラのおすすめをまとめているので、興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

【2021年】おすすめの一眼レフカメラ13選!初心者からプロまで!最近では、スマートフォンで手軽にきれいな写真を撮ることができるようになっています。 InstagramやTwitterなどでも、ス...
【2021年】初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ15選!写真を趣味に一眼レフカメラよりもコンパクトで持ち運びやすいという点で人気な『ミラーレス一眼カメラ』。 一昔前までは、一眼レフカメラの方がきれい...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。