プロフィール

他撮りとは?自撮りとの違い・やり方や必要なアイテムを解説

「他撮りってなんですか?」
「自撮りとは違うんですか?」

最近は自撮りではなく、他撮りという撮影方法が流行っています。

流行りに乗っかりたい方は、他撮りについて知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、他撮りと自撮りの違いについて詳しく解説します。

他撮りで撮影してみたい方はぜひ参考にしてくださいね。

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

他撮りとは?自撮りとの違いは何?

ではさっそく他撮りと自撮りの違いについて解説します。

簡単に言ってしまえば、それぞれで以下のような意味の違いがあります。

  • 他撮り:自分以外の誰かに自分を撮影してもらうこと
  • 自撮り:自分自身で自分のことを撮影すること

文字通りなので、混乱することはないですよね!

ただし、それ以外にも違いがあるので以下のポイントをそれぞれ解説します。

  • 撮影する方法
  • 撮影の自由度

ぜひ参考にしてくださいね。

撮影する方法

他撮りと自撮りでは、撮影する方法が違います。

自撮りではスマホを利用して、自分で撮影するのが基本です。

しかし他撮りでは、スマホだけではなく一眼レフを利用して撮影してもらうことも多いです。

しっかりとした他撮りのことを「ポートレート撮影」といいます。

自撮りとは違い全身や背中の写真も撮影できるメリットがありますね!

撮影の自由度

他撮りと自撮りでは、撮影の自由度が大きく違います。

自撮りをする場合、腕を伸ばして撮影するかセルカ棒を使って撮影することが多いです。

しかし他撮りであれば、あらゆる角度から撮影してもらうことができます。

他撮りのほうが構図のバリエーションが豊富だといえますね!

全身の写真や後ろ姿、動いている写真など様々な写真を撮影できるとおぼえておきましょう。

自分で他撮りをするのに必要なアイテムとは?

自分で他撮りをするのに必要なアイテムとは?他撮りは他人に撮影してもらうことを指します。

しかし他撮りは工夫次第で、自分で撮影することができるようになります。

そこでここからは、自分で他撮りをするのに必要なアイテムについて解説します。

具体的に必要なアイテムは以下のとおりです。

  • 三脚
  • シャッターリモコン

これらについてそれぞれ解説します。

三脚

まずは三脚を用意しましょう。

最近ではスマホに対応している三脚も販売されているので、スマホで他撮り風写真を撮影したいときにもおすすめです。

三脚があれば好きな角度で自分自身を写せるので、他撮りのような写真を撮りやすいです。

スマホにはタイマー機能が付いているので、ポーズを取るのも簡単ですね!

他撮り風写真を撮影したいなら、三脚を用意しましょう。

シャッターリモコン

たくさんの写真を撮影したい方もいますよね。

そこでおすすめなのが、シャッターリモコンです。

三脚でカメラをセットして、毎回タイマー機能を使っていると全然撮影できません。

しかしリモートシャッターリモコンがあれば、遠くからでも簡単に撮影することができます。

ボタンを押すだけで撮影できるので、簡単です。

ぜひ三脚と合わせてシャッターリモコンを購入してみましょう。

他撮りが盛れないときの対処方法とは?

他撮りが盛れないときの対処方法について解説します。

具体的におすすめの方法は以下のとおりです。

  • アゴを引く
  • 斜め下を向く
  • わざとブレた写真にする
  • 虫歯ポーズ
  • 顔を隠す

これらについてそれぞれ解説します。

アゴを引く

 

この投稿をInstagramで見る

 

RINA(@ashsp_dry)がシェアした投稿

他撮りをする際には、アゴを少し引いて撮影してみましょう。

アゴを引くことで、顔がシュッとして見えるようになるのでおすすめです。

また目が大きく見えるメリットもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ただし、アゴを引きすぎてしまうと二重アゴになってしまうので気をつけてください。

斜め下を向く

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちほ(@c.s_1110)がシェアした投稿

斜め下を向いて撮影してみましょう。

簡単にできるポーズで、すぐに盛れるので人気ですね!

真下を向くのではなく、斜め下を見るのがポイントです。

座って撮影するなら、足を伸ばしてつま先を見るくらいの感覚がいいですよ!

わざとブレた写真にする

 

この投稿をInstagramで見る

 

オコシ ユキナ(@y_o_1007)がシェアした投稿

わざとブレさせるのも流行っている撮影方法です。

完全にブレッブレにするのではなく、動きを感じられるような写真にするのがおすすめです。

動きながらテキトーに連写をすると、簡単に撮影できますよ!

虫歯ポーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUMI♥︎(@yuuumi111)がシェアした投稿

最近流行りの虫歯ポーズもおすすめです!

顔のラインを隠せるため、小顔効果があります。

片手だけでなく、両手で虫歯ポーズもいいですね!

顔を隠す

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐒𝐚𝐫𝐢(@_l018.sr)がシェアした投稿

最近であれば、マスクを付けて行動することが多いですよね。

そこでおすすめなのが、顔を隠して他撮りをすることです。

マスク以外にも、サングラスや持っている物、食べ物などがおすすめです!

大きいもので顔を隠せば小顔効果もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

盛れた他撮りをしてもらいたいならプロに撮影してもらおう!

プロに撮影依頼他撮りを撮影してもらうのであれば、プロカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです!

プロカメラマンなら、とても綺麗でおしゃれな写真を撮影してくれますよ。

他撮り写真はSNSやマッチングアプリのプロフィール写真としても使えるので、できるだけおしゃれなものがおすすめです。

そしてプロカメラマンに他撮りを依頼するなら「ふぉとる」がおすすめです。

ふぉとるでは業界最安値でプロカメラマンの出張撮影サービスを提供しています!

もちろんポートレートやプロフィール写真の撮影に特化しているプロカメラマンの多数在籍しているので、おしゃれな他撮りを体験できます。

またふぉとるにはコンシェルジュがいるので、希望している他撮りのシチュエーションをヒアリングして、それにお答えできるプロカメラマンを紹介します。

ぜひふぉとるを使って他撮りをしてもらってくださいね。

>ふぉとるで撮影できる写真はInstagramで確認!

【ふぉとるのサービス概要】

撮影料金 10,780円(税込)~
撮影時間 60分~
納品枚数 15枚~
※プランによって異なる
対応している地域 全国47都道府県
データ納期 1週間以内
衣装レンタル なし(フォトグラファーに相談することは可能)
カメラマンの登録数 約1,000名
撮影実績数 公開していない
キャンセル料金 72時間以内:50%
24時間以内:100%
返金の補償 ・フォトグラファー都合で撮影がなくなった場合
・悪天候時のキャンセル

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】他撮りと自撮りの違い

この記事では、他撮りと自撮りの違いについて解説しました。

もう一度、他撮りと自撮りの違いについてまとめます。

  • 他撮り:自分以外の誰かに自分を撮影してもらうこと
  • 自撮り:自分自身で自分のことを撮影すること

ぜひ覚えておいてくださいね。

また他撮りをしてもらうなら、プロカメラマンに依頼するのがおすすめです。

ふぉとるでは業界最安値で出張撮影を提供しているので、ぜひ利用してみてくださいね!

\お手頃価格の10,780円~/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。