七五三

七五三で着る子供の服装はドレス?和装?迷っている方必見

「七五三は和装にすればいいの?洋装がトレンド?」

子供の七五三で着る服装に困っているお父さんお母さんの方は多いです。

七五三のお参りをするとなると、着物や袴の印象があるかもしれませんが、着付けをしなければいけないので面倒くさいと思う方も多いでしょう。

和装よりも楽に着ることができる洋装を選びたいという方もたくさんいます。

この記事では、お子さんが七五三で着る服装について紹介します。

これから七五三を迎えるお子さんがいる方はぜひ参考にしてくださいね。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

七五三の写真を安く撮る方法とは?質が高く費用の安いサービス紹介
七五三の写真を安く撮る方法とは?質が高く費用の安いサービス紹介お子さんが始めて七五三を迎える場合、わからないこともとても多いと思います。 七五三の時期やお参りの場所などいろいろわからないですよ...

七五三のお祝い時に着る服装を紹介!【子供・親・祖父母】

それでは早速、七五三のお祝い時に着る服装について紹介します。

ここでは以下の4通りを紹介します。

  • 男の子の服装
  • 女の子の服装
  • 親の服装
  • 祖父母の服装

お子さんに合わせた服装をすることがあるので、それぞれ参考にしてみてくださいね。

男の子の服装

まずは、七五三を迎える男の子の服装について紹介します。

男の子の場合には、袴着を着ることが一般的です。

男の子の正装は「羽織袴」と呼ばれている袴ですが、お宮参りで使用した「初着」を着ることもできます。

ただ、お宮参りの時とは体格がかなり変わっているので、仕立て直しをする必要がありますね。

基本的に、袴を持っていない方がほとんどだと思いますので、レンタルをするといいでしょう。

レンタルをする場合には、レンタルショップで七五三にふさわしい服装を出してくれるので、その旨を伝えてみましょう。

女の子の服装

続いては女の子の服装について紹介します。

女の子の場合には、3歳と7歳で着るべき服装が異なります。

3歳と7歳では、体格が全然違うので、着物が異なることも普通ですね。

3歳のときには、「三つ身」の着物を着ます。

体格があっているのであれば、お宮参りで着た「初着」を着ることも可能です。

7歳の時には「四つ身」の着物を着ることが一般的です。

丸帯を結んで、帯締めは大人と同じものを使いましょう。

着付けの手間を省きたいのであれば、作り帯でも問題ありません。

親の服装

続いては、親の服装について紹介します。

七五三のお参りをする際に注意しなければいけないポイントとして、子供の服装よりも派手になってはいけないという点です。

また、着物の「格」についても考えなければなりません。

着物の「格」については下記を参考にしてください。

子供 父親 母親
1 着物・袴 着物・フォーマルなスーツ 着物・スーツ
2 スーツ・ドレス ビジネススーツ ワンピース
3 カジュアル カジュアル カジュアル

服装の「格」を合わせることが大事なので、この表を参考に服装を選びましょう。

祖父母の服装

祖父母に関しても、父親母親と同じような考え方で服装を選びましょう。

父親母親と「格」を合わせるためにも、事前に当日の服装を聞いておくことが大切です。

七五三では、記念写真を撮影することがほとんどなので、服装が一生写真に残ってしまいます。

バラバラな服装だと見栄えも悪くなってしまうので気を付けましょう。

七五三でお参りをするときの服装のポイント

ここからは、七五三でお参りをするときの服装のポイントについて紹介します。

ここでは以下の2通り紹介します。

  • 男の子の服装を選ぶときのポイント
  • 女の子の服装を選ぶときのポイント

ぜひ参考にしてくださいね。

男の子の服装を選ぶときのポイント

まずは、男の子の服装を選ぶときのポイントについて紹介します。

男の子の服装を選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 和装を選んだら古典柄
  • 活発な男の子は洋装がおすすめ
  • 3歳のお祝いは地域によって異なる

これらをそれぞれ解説します。

和装を選んだら古典柄

和装をするのであれば、古典柄のものを選びましょう。

着物の古典柄というのは、日本独特のものが描かれている柄のものを指します。

花柄や吉祥文様のことを古典柄ということもありますね。

活発な男の子は洋装がおすすめ

5歳の男の子の場合、活発に動く子も多いでしょう。

その場合には、洋装がおすすめです。

なぜなら、和装だと動きにくくて活発に動くことができないからですね。

洋装の方が動きやすいことがほとんどなので、活発に動く子供の場合には洋装を選びましょう。

3歳のお祝いは地域によって異なる

最近では、男の子の場合でも3歳でお祝いをすることがあります。

ただ、地域によって異なっているので、しっかりと確認をしておく必要があるでしょう。

3歳の子供の場合には、和装を着つけることが難しいこともあるので、洋装を着ることが多いです。

衣装をレンタルする際に、3歳用の服装を選んでもらうといいでしょう。

女の子の服装を選ぶときのポイント

続いては、女の子の服装を選ぶときのポイントについて紹介します。

女の子の服装を選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 振袖が一般的
  • 大人びた色の服装が人気

これらについて紹介します。

振袖が一般的

女の子の服装を選ぶとなると、いろいろなものがあって悩んでしまうかもしれません。

ただ、一般的には振袖が選ばれているということを覚えておきましょう。

大人びた色の服装が人気

服の色に関して言えば、赤やピンク、水色のようなかわいらしく大人びた服装が人気です。

七五三は大きな行事であり、華やかに行うので、できれば目立つ色がいいですね!

主役なので、目立つような色を選ぶことがおすすめです。

ここで注意してほしいのが、七五三を迎えたお子さんよりも目立っている人がいてはいけないということです。

全員が華やかだと誰が主役なのかわからなくなってしまいます。

しっかりと主役としてわかるように、目立つ色はお子さんだけが使うようにしましょう。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

七五三でお参りをするときの服装のマナー

七五三でお参りをする際には、服装にマナーがあります。

ここでは、七五三でお参りをする際のマナーについて紹介します。

具体的に、紹介する内容は以下の通りです。

  • 「格」という概念を知っておく
  • 服装が派手になりすぎないように注意
  • カジュアルすぎる服装にも注意

ではそれぞれ解説します。

「格」という概念を知っておく

先ほども「格」については紹介しました。

服の「格」という概念についてはしっかりと理解しておくことがおすすめです。

服装の「格」は合わせることが大切です。

しっかりと、全員で話し合って「格」を合わせられるようにしてきましょう。

服装が派手になりすぎないように注意

あくまでも、お子さんがメインのイベントです。

そのため、お子さん以外の方の服装が派手になりすぎないように注意しましょう。

服装を見ただけで主役がわかるくらいの差があって問題ありません。

「格」は合わせるけど、派手になりすぎないように注意ですね。

カジュアルすぎる服装にも注意

七五三は大きなイベントの1つです。

そのため、カジュアルすぎる服装で行うことはおすすめできません。

基本的に、神社にお参りすることになるので、ご神前で失礼に当たらないような服装を選ぶことがおすすめです。

七五三について簡単に解説

最後に、七五三について簡単に解説します。

ここで解説する内容は以下の通りです。

  • 七五三はいつ行うのか
  • 七五三は正式には何歳でお祝いするのか

これらについてそれぞれ解説します。

七五三はいつ行うのか

そもそも、七五三はいつ行うの?という方もいるでしょう。

七五三は、11月15日が正式な日程です。

ただ、その日に全家庭が行ってしまうと、大変混雑してしまいますよね。

そのため、10月~11月の間に七五三のお参りをすることが一般的です。

前後1か月程度でお参りを行いましょう!

七五三は正式には何歳でお祝いするのか

七五三のお祝いは3,5,7歳で行うということはわかっているかと思いますが、満年齢と数え年のどちらが正式なのかわからないという方もいるでしょう。

結論から言ってしまうと、満年齢でも数え年でもどちらでも問題ありません。

満年齢と数え年の違いについては以下の通りです。

数え年:生まれた年を「1歳」として考える
満年齢:翌年の誕生日の前日から1歳

ややこしい部分もありますが、どちらでも問題はないので、お好きな方で七五三のお祝いをしてあげましょう。

七五三の写真を想い出に残すなら「ふぉとる」!

七五三は3歳、5歳、7歳の時にある行事ですね。

それぞれの年齢で体験することで、成長を実感することができます。

そのため、写真撮影をしっかりとしておきましょう!

せっかくの行事ですから、写真におさめることで思い出に残すことができます。

ご自身で撮影することも考えられますが、おすすめの方法はフォトグラファーに撮影してもらうことです。

大手チェーンフォトスタジオを利用することでも写真を撮影してもらうことはできますが、多大な費用が掛かってしまいます。

そのため、費用を抑えつつプロのフォトグラファーに撮影をしてもらうためには、主張撮影サービスを使うことがおすすめです。

出張撮影サービスでは、撮影して欲しい時に、撮影して欲しい場所で、プロのフォトグラファーに撮影してもらうサービスです。

プロのフォトグラファー撮影してもらうことができるので、とてもきれいな写真を残すことができますね! 1時間で1万円程度なので、比較的安いと言えるでしょう。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

七五三のお祝いをするときの服装まとめ

この記事では、七五三のお祝い時に着るべき服装について解説しました。

結論としては、和装洋装どちらでも問題ありません。

ただ、それ以外の部分にマナーがあるということを覚えておきましょう。

七五三では、記念写真を撮影することがほとんどなので、一生写真に残っても問題ないように気を付けましょうね。

記念写真をもっと手軽に『ふぉとる』|フォトグラファー・出張撮影マッチングサイト

七五三の写真を家族で撮影する際の服装には決まりが!?ポイント解説お子さんが七五三を迎えると、家族で記念写真の撮影をすることになるかと思います。 お子さんの場合には、着物やドレスを着て晴れやかな姿...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

LINEから無料相談