家族

年賀状に家族写真を載せてもいい?注意点やおしゃれな撮影方法を紹介

年賀状に家族写真を載せたいと考えている方は多くいますよね。

しかし、年賀状に家族写真を載せられて嫌な思いをするという方もいるでしょう。

そこで今回は、年賀状の家族写真はどのような人に送ればいいのかについて解説します。

また、年賀状に家族写真を載せる際の注意点やおしゃれに撮影するためのポイントを紹介するので、是非参考にしてください。

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

家族写真を撮影するときの服装に迷う方必見!行事別に服装を徹底解説

家族写真が載っている年賀状には賛否両論あり

年賀状に家族写真を載せるという方も多くいるかと思いますが、中には家族写真が嫌という方もいます。

家族写真を嫌がる人の中には、子供が作りたくても作れない人もいるので、子供の写真を見ると辛くなってしまう方もいるのです。

このようなことも考えられるので、注意が必要です。

また、年賀状に家族写真を載せることに賛成・反対の意見をいくつかヒアリングしたのでまとめておきます。

家族写真をおしゃれに撮るための方法を徹底解説!服装やポーズが重要

年賀状に家族写真を載せることに賛成の意見

年賀状に写っている幸せそうな家族を見るとこちらまで幸せな気持ちになれます。
子供の写真も微笑ましいですし、嬉しいです。

子供が成長していく過程を見せてもらえるので嬉しいですね。
特に、友達に似てきているなと思って楽しく見られます。

イラストが載っているだけの年賀状よりは力がこもっている感じがしますね。
疎遠になってしまっても、近況がわかるだけで嬉しいものです。

年賀状に家族写真を載せることに肯定派の方々はこのように思っているようです。

子供や家族の近況を見ることで、成長を見ていけることに嬉しさを感じられるのでしょう。

年賀状に家族写真を載せることに反対の意見

子供が産まれてすぐであれば、近況報告として必要なのかなとは思いますがそれ以降は別に興味ないのでいらないです。
友達の近況報告がほしいので、子供ばかりだとどうでも良くなってしまいます。

親しい人の子供の写真であればいいのですが、そこまで仲良くない人の写真だと興味はないですね。親しい人間でなければ普通のイラストがいいです。

事情が合って子供が作れないので、子供の写真を見ると辛くなってしまいます。
できれば見たくないのでイラストにしてほしい。

年賀状に家族写真を載せることに反対派の方の意見です。

親しい人でもない限り、子供の写真を見せられても困るという意見が多いですね。

また、事情があって子供が作れないという方もいるので、そこには注意しなければなりませんね。

特に、事情を知っているのであれば気を使って、その人にはイラストの年賀状を送るような配慮が必要です。

年賀状に家族写真を載せても不快にさせないための注意点

年賀状に家族写真を載せると不快に感じてしまうという方もいるということはわかっていただけたかと思います。

しかし、それでも家族の写真を使いたいという方や、イラストだけだとそっけない感じがすると考えている方もいますよね。

そこでここからは、年賀状に家族写真を載せても不快にさせないための注意点を紹介します。

年賀状に家族写真を載せても不快にさせないための注意点は以下のとおりです。

  • 家族全員で撮影した写真を使う
  • 子供の裸の写真は載せない
  • 子供だけの写真を載せない
  • 子供の友達が写っている写真を載せない

これらについて解説します。

家族全員で撮影した写真を使う

先程のインタビューの結果を見ていただければ分かる通り、子供の写真だけを見せられても困るという意見が多いことがわかります。

そのため、子供の写真だけではなく、家族全員で撮影した写真を用意しておくことをおすすめします。

基本的に、年賀状を送る相手は子供の友達ではなく、親の友達や仕事繋がりの方ですよね。

そのため、子供の近況を知りたいという方は少ないと考えられます。

それでも、子供の写真を載せたいという方もいると思うので、いっそのこと家族全員で撮影した写真を載せてしまいましょう。

そうすれば、子供のことも自分たちのことも伝えることができますね。

親の近況を知りたいと考えている方に応えられるように年賀状を作成しましょう。

子供の裸の写真は載せない

インタビューの中には出てきませんでしたが、子供の裸の写真は載せないようにしましょう。

子供だから全裸でもいいのでは?と思うかもしれませんが、子供であっても不快に思う方もいます。

また、たくさんの方に送るものなので万が一流出してしまった場合には取り返しがつかないことになる可能性もありますよね。

そのようなことまで考えて、年賀状を作成しましょう。

子供だけの写真を載せない

先程も言いましたが、子供だけの写真を載せないようにしましょう。

親の近況を知りたいという考えが多いと想像できるので、子供だけではよくわかりませんよね。

ただ、何枚も写真を載せるのであれば、1枚くらい子供だけの写真があっても大丈夫です。

写真を使うのであれば、子供だけの写真ではなく親の写真も入れましょう。

また、どうしても子供以外の写真を載せたくないという方は、手書きのコメントを入れることで、近況報告をするという方法もあります。

そうすれば、力が入っているとわかりますし、好感が持てます。

子供の友達が写っている写真を載せない

子供の友達と遊んでいる写真を使いたいと考えている方もいるかもしれませんが、それはNGです。

なぜなら、友達の方の知らない人にも年賀状を送るからです。

どうしてもその写真を使いたい!と言うのであれば、写っている友達の親に確認をとりましょう。

万が一、無断で利用してしまうと肖像権の侵害に当たるのでトラブルの原因になる可能性があります。

新年早々トラブルになるのが嫌であれば、必ず確認しましょうね。

年賀状に使えるおしゃれな家族写真の撮影方法

ここからは、年賀状に使えるおしゃれな家族写真の撮影方法を紹介します。

おしゃれな写真を年賀状に載せることで、しっかりと見てもらうことができますね。

今回紹介する内容は以下のとおりです。

  • 自宅で撮影する場合
  • 外で撮影する場合
  • スマホで撮影するときのポイント
  • 服装に統一感があるとベスト!

それぞれ紹介します。

自宅で撮影する場合

年賀状の写真は自宅でもおしゃれに撮影することができます。

自宅で撮影する際には、以下のポイントを覚えておきましょう。

  • 自然光を利用する
  • カーテンでゆったりとした感じを出す
  • 家の照明は消す
  • 家具は移さずに壁を背景にする

これらについて解説します。

自然光を利用する

自然光というのは、照明のような人工的な光のことではなく太陽のような光のことを指します。

自然光を使うことで柔らかな印象を与えられるので、とてもおすすめです。

自然光を利用したいのであれば、窓際での撮影をしましょう。

カーテンでゆったりとした感じを出す

窓際で自然光を利用して撮影するのであれば、カーテンを利用するとより美しい写真を作ることができます。

風が差し込んでいると、カーテンが膨らんでふんわりとした写真になりますよね。

その隙間から光が指すので、幻想的な写真にすることもできます!

とてもおしゃれな写真になるので是非試してみてくださいね。

家の照明は消す

自然光を利用する場合には、家の照明は消しましょう!

照明をつけてしまうと、いらない影が生まれてしまい美しい写真にはなりにくいです。

家の中で写真を取る際には、照明を消すことで影を薄めることができます。

ポートレート以外にも使えるので、覚えておきましょう!

家具は映さずに壁を背景にする

家の中で写真を撮影するとなると、家具が写真に写ってしまう可能性がありますよね。

しかし、家具が写真に写ってしまうととたんに生活感が増してしまいます。

そのため、おしゃれな写真にはなりにくいです。

おすすめのポイントとしては、白色の壁の前で撮影することです。

フォトスタジオのようなきれいさを表現することができるので、是非試してみましょう!

また、家具が写ってしまう場合には背景をぼけさせることでおしゃれな写真にすることもできます。

レンズや絞り値についての知識が必要になるので、以下の記事を参考にしてください。

外で撮影する場合

続いては、外で撮影する場合のポイントを紹介します。

外で撮影する際には、公園や芝生などの大きな場所での撮影がおすすめです。

開放的な場所で撮影することで、子供の笑顔が撮影しやすくなります。

ただし、公園であってもマナー違反にならないように注意しましょう。

また、晴れている日の場合は直射日光によって、顔がしかめっ面になってしまうこともあるので日陰を利用することをおすすめします。

スマホで撮影するときのポイント

続いては、スマホで写真を撮影する際のポイントを解説します。

スマホで写真撮影するときのポイントは以下のとおりです。

  • ピントや明るさを調整する
  • 照明を使わない
  • アプリを使う

これらについてそれぞれ解説します。

ピントや明るさを調整する

最近のスマートフォンだと、ピントを調整する機能がついていることが多いです。

オートフォーカス機能がついているので、ピントがすぐに合うのですが背景をぼけさせるような調整が難しいです。

おしゃれな写真を撮影するのであれば、ピントや明るさの調整は重要なので、しっかりと確認してみましょう。

照明を使わない

先程も紹介しましたが、人工照明を使わないようにしましょう。

人工的な照明では影ができやすいので、表情が暗くなりやすいです。

自然光を使うことで、まったりとした影を表現できるのでおすすめです。

アプリを使う

最近のスマートフォンアプリでは、画像の加工までできてしまいます。

写真の色味や明るさなどの細かい調整ができるので、きれいな写真を作りやすいです。

服装に統一感があるとベスト!

最後は、写真の撮影テクニックではなく、写真を取る際のポイントです。

写真を撮影する際には、服装に統一感を作りましょう。

全身リンクコーデとまではいかなくとも、服の色やアクセサリーなどを同じものにしましょう。

干支のコスプレをしてみると可愛いかもしれませんね!

年賀状の家族写真はどんな人にも不快な気持ちを与えないようにしましょう!

年賀状に家族写真を載せることで、辛くなってしまうという方もいるということはわかっていただけたかと思います。

また、おしゃれな写真を撮影するための方法も紹介したのでぜひ試してみてくださいね。

また、年賀状は人にみられるので、できるだけきれいな写真を撮ってもらいたいと思いますよね。

年賀状の写真をプロのフォトグラファーに撮影してもらうということもできます。

難しい要望にも応えてくれるので、ぜひ利用してみてくださいね!

\ふぉとるなら1時間¥10,780円~撮影可能!/

>>ふぉとるの詳細はこちら

家族写真にはお揃いコーデがおすすめ!カジュアルな服装が人気

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。