ポートレート撮影

モデル撮影のカメラマンになるには?撮影の流れについても解説

最近ではポートレート撮影やスナップ撮影のような、モデルを撮影する手法が流行っています。

そのためモデル撮影のカメラマンになりたいと考えている方も多いです。

しかしどのような方法でモデル撮影のカメラマンになればいいのかわからない方もいますよね。

そこで今回の記事では、モデル撮影のカメラマンになる方法について解説します!

また実際にモデル撮影をする際の流れについて解説するので、これからモデル撮影に挑戦したいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

ふぉとるの詳細はこちら

モデル撮影のカメラマンになるための方法

ではさっそく、モデル撮影のカメラマンになるための方法を解説します。

具体的に以下の3つのことを知っておく必要があります。

  • 必要な機材
  • 必要なスキル
  • 必要なカメラの設定

初歩的なことも紹介するので、知っている方は振り返り程度に確認してみてくださいね。

必要な機材

モデルを撮影するなら、一眼レフカメラやミラーレスカメラが必要です。

スマホやコンパクトデジタルカメラで撮影を考えている方もいるかもしれませんが、画質が落ちてしまうのでやめておきましょう。

基本的には、一眼レフカメラやミラーレスカメラでモデルを撮影します。

またカメラを購入する場合には、レンズが必要です。

初心者がカメラを購入する場合、標準ズームレンズ付きの初心者用キットを購入してしまうことが多いです。

もちろんそれがダメだということはないのですが、モデル撮影におすすめのレンズは決まっています。

モデル撮影をする場合におすすめのレンズは「単焦点レンズ」だと覚えておきましょう。

また焦点距離もおすすめが決まっており、「50mm」のものが一番使いやすいです。

初心者でこれから一眼レフカメラやミラーレスカメラを購入するのであれば、「焦点距離が50mmの単焦点レンズ」を購入すると良いですね。

必要なスキル

続いては、必要なスキルについて解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • アイキャッチを入れる
  • 手前にピントをあわせる
  • 光と影を上手に使う
  • 玉ボケを利用する
  • モデルとのコミュニケーションを取る

撮影に必要なスキルといっても、カメラの技術的な部分だけではありません。

特にモデル撮影の場合には、モデルとのコミュニケーションが必須です。

必要なカメラの設定

初心者がいきなりカメラの設定をいじるのは難しいかもしれません。

しかし、少しずつ慣れる必要があります。

そこで最初に慣れておくべきカメラの設定を紹介します。

具体的には以下のとおりです。

  • マニュアルモードの操作方法
  • ホワイトバランスの調整方法
  • シャッタースピードの調整方法
  • 絞りの調整方法

最低限、これだけはできるようになっている必要があります。

モデル撮影をするのにモデルを探す方法とは?

モデル撮影をするのにモデルを探す方法とは?モデル撮影をしようとして、機材や知識を揃えたとしましょう。

しかしモデルをどのように見つければいいのかわからない方も多いです。

モデルを見つける方法が分からなければ、モデル撮影をすることはできません…。

そこで、モデル撮影を依頼する方法について解説します。

具体的には以下の2通りの方法で撮影をすることができます。

  • 事務所所属のモデルやフリーランスモデルを雇う
  • SNSで探す

これらについてそれぞれ解説します。

事務所所属のモデルやフリーランスモデルを雇う

まずは事務所所属のモデルやフリーランスモデルに依頼をすることで撮影する方法があります。

事務所所属のモデルに依頼するとなると、費用が大きくなってしまいますが、フリーランスモデルに撮影を依頼すれば比較的安く撮影できます。

そのため、フリーランスモデルに依頼してみるといいですね!

具体的な金額については以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSで探す

最近では、初心者モデルと初心者カメラマンがSNSで撮影相手を募集していることがあります。

「#無償相互撮影」のようなハッシュタグで検索してみると、いろいろなモデルを見つけられます。

もちろん、初期アカウントで連絡をしても怪しまれてしまうだけなので、ある程度実績を作ったら声を掛けてみるのもおすすめです。

モデル撮影時や撮影後にカメラマンが意識すること

続いては、モデル撮影時や撮影後にカメラマンが意識することについて解説します。

具体的には以下の3つを意識しましょう。

  • コミュニケーションを取る
  • SNSに写真をアップロードしていいか聞く
  • 撮影した写真はレタッチをしてモデルに渡す

これらについてそれぞれ解説します。

コミュニケーションを取る

先程も言いましたが、コミュニケーションを取ることが必要です。

プロのモデルだとしても、いきなり100%の力を発揮できるわけではありません。

コミュニケーションを取って緊張を解してあげる必要があります。

そのため、カメラマンとモデルのコミュニケーションが大切です。

ポーズを取ってもらう際にも、雑談をはさみつつ穏やかに進めましょう。

SNSに写真をアップロードしていいか聞く

カメラマンとしての実績を作りたい場合には、SNSに写真を載せたいですよね。

しかしモデルに無断で写真をアップロードするのはマナー違反です。

そのため、SNSに写真をアップロードしたい方は事前に確認をしましょう!

SNSだけでなく、作品展や商用利用する際にも必ず確認してくださいね。

撮影した写真はレタッチをしてモデルに渡す

撮影した写真のデータはレタッチをしてモデルに渡してあげるのが親切ですね。

全データを渡すこともありますし、レタッチをして良い写真だけ渡す場合もあるため、事前に確認しておくとスムーズです。

事務所に所属している場合には、その事務所から写真の扱いについて伝えられるので問題ありません。

しかしフリーランスや趣味程度でモデルをおこなっている方は、それぞれ写真の扱いが異なるので確認しておきましょう。

モデル撮影のカメラマンになるなら「ふぉとる」に登録しよう

ふぉとるカメラマンになるふぉとるではプロカメラマンの募集をおこなっています。

モデル撮影を練習していると、それを仕事にしたいと思う方も多いです。

モデル撮影やポートレート撮影は需要が高いので、ぜひふぉとるに登録してみて下さい。

ポートレート撮影やコスプレ撮影などの案件も多数ありますので、気になる方はぜひ「ふぉとる」にプロカメラマンとして登録してみてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

ふぉとるの詳細はこちら

【まとめ】モデル撮影のカメラマンになるなら練習あるのみ

この記事では、モデル撮影のカメラマンになるための方法を解説しました。

難しいことはなく、撮影するための知識やカメラを揃えるだけでもモデル撮影を始められます。

モデルはお金を払うことで撮影させてもらえることもありますし、練習したい場合には費用の安いモデルをレンタルしてみましょう。

また最近ではSNSで無料相互撮影が流行っているため、そちらを利用するのもおすすめです。

モデル撮影に慣れてきたら、ふぉとるのカメラマンとして働くこともできるので利用してみてくださいね。

\1分で仮登録完了!/

ふぉとるの詳細はこちら

ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
出張撮影ならふぉとる
ふぉとるバナー
  • 記念写真をプロカメラマンに依頼したい
  • スマホの写真では将来見たときに後悔しそう…。
  • 一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい!

このように思っている方は、出張撮影サービスの「ふぉとる」がおすすめ!
撮影したいシチュエーションにマッチしたプロカメラマンを紹介します。