お宮参り

お宮参り当日の流れを徹底解説!おすすめのスケジュールも紹介

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから30日程度で行われる行事です。

初めてのお子さんの場合、お宮参りをどのように行っていいのかわからないという方もいますよね。

当日の流れがわかっていないと、どのようにお宮参りをしていいかわからなくなってしまうので、負担が大きくなることも考えられます。

そうならないためにも、事前にしっかりとスケジュールや準備をしておきましょう!

この記事では、お宮参り当日の流れやタイムスケジュールについて解説します。

これからお宮参りをしようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

お宮参り当日の流れ!

ではさっそくお宮参り当日の流れについて紹介します。

お宮参り当日の流れは以下の通りです。

  • ご祈祷をしてもらうための受付
  • ご祈祷
  • お宮参りの記念撮影
  • 食事会
  • 近所の方に挨拶(親しい場合のみ)

これが、お宮参り当日の流れです。

これだけでは、具体的な内容がわからないので、それぞれ紹介します。

ご祈祷をしてもらうための受付

お宮参りをするとなると、ご祈祷をしてもらうこともあります。

ご祈祷をしてもらうとなると、神社で受付をしなければいけません。

ご祈祷自体は、その日の先着ということが多いので、できるだけはやめに行くことがおすすめです。

ここからは、ご祈祷をしてもらうとなった際の流れを紹介します。

ご祈祷をしてもらうとなれば、受付をする際に初穂料を納める必要があります。

初穂料というのは、神社でご祈祷をしてもらうことに対する謝礼金のようなものです。

基本的には、5,000円から10,000円程度を納めることが多いですね。

神社によっては、金額を指定していることもありますが、「お気持ち程度で」という神社もあります。

「お気持ち程度」の費用であれば、5,000円を納めることがおすすめです!

ご祈祷の待ち時間~ご祈祷

ご祈祷の受付が済んだら、ご祈祷をしてもらうまでの時間がありますよね。

その間には、境内で休憩をしておくことがおすすめです。

お宮参りをする時期というのは、生後30日程度なので、母親も赤ちゃんも体力が多いわけではありません。

そのため、できるだけリラックスして休憩できるような場所にいることがおすすめです。

時間に余裕があるのであれば、お参りをしている様子の写真撮影をしておくこともいいですね!

ご祈祷の順番が来たら、祝詞が読み上げられて、30分程度ご祈祷をしてもらいましょう。

また、ご祈祷をしてもらう際には、ご神酒を飲むことになります。

授乳をしている場合、お酒を飲むことができないので、飲んでいるふりをしましょう。

神社によって、ご祈祷の順番やルールがことなるので、事前に気になるポイントを聞いておくことがおすすめです。

お宮参りの記念撮影

お宮参りのご祈祷が終わったら記念撮影をすることが多いです。

写真スタジオを利用することもありますが、最近は出張撮影サービスが主流でしょう。

出張撮影サービスというのは、指定した場所にカメラマンを呼んで撮影してもらうことができるサービスです!

出張撮影サービスであれば、お宮参りをしている写真を撮影してもらえます。

お宮参りをした後に写真スタジオに行くこともできますが、時間がたくさん掛かってしまいますよね。

それを避けるためにも、出張撮影サービスを利用してみましょう!

食事会

記念撮影を終えたら食事会に移ります。

基本的には、レストランか自宅で食事をすることが多いですね。

レストランで食事会をするとなれば、食事を作る手間や片付けの必要がないので、負担が軽減されます。

また、レストランを選ぶ際には、授乳室やおむつを替えることができる場所を選びましょう。

お宮参りをしたまま行くということは、長時間外に居なければいけないので、できるだけ処理ができる場所を選ぶことが大切です。

レストランではリラックスできない場合には、テイクアウトや仕出し料理という手もあるので、覚えておきましょう。

近所の方にあいさつ(親しい場合のみ)

これらすべてが終わったら、近所の親しい方にあいさつをしましょう。

赤ちゃんを披露するということもありますが、日ごろ世話になっている方にあいさつをする目的があるので、しっかりとあいさつをすることが大切です。

お宮参りをする日までに準備しておくべきこと

ここまでは、お宮参り当日の流れについて紹介しました。

続いては、お宮参りをする当日までに準備をしておくべきことについて紹介します。

お宮参り当日までに準備しておくべきことは以下の通りです。

  • 日程を決める
  • 参加する人を決める
  • 参加する人の服装を決める
  • お参りをする神社を決める
  • 当日赤ちゃんを抱く人を決める
  • ご祈祷をするかどうかを決める
  • 参拝後に食事をする場所を決める
  • 写真撮影をするかどうかを決める

これらについてそれぞれ解説します。

日程を決める

まずは、お宮参りをする日程を決めましょう。

お宮参りをする日程は正式に決められているので下記を参考にしてください。

  • 男の子は生後31日目か32日目
  • 女の子は生後32日目か33日目

ただし、絶対に上記の日程で行わなければいけないわけではないので、体調や天候などを考えて日程を決めましょう!

また、六曜を加味して考えることもあります。

正式な日程で行わなくても大丈夫なので、いける日を決めましょう!

参加する人を決める

続いては、誰を呼ぶか決めましょう。

基本的には祖父母を呼んで行うことが多いです。

場合によっては、親戚を呼ぶこともあるので、しっかりと決めておく必要があります。

なぜなら、当日の食事会の費用が変わるからですね。

誰を呼ぶかしっかりと決めておきましょう!

参加する人の服装を決める

続いては、参加する人の服装についても考えましょう。

1人だけカジュアルな格好で、ほかの人がスーツだと浮いてしまいますよね。

お宮参りでは写真撮影をすることもあるので、しっかりと服装の格を合わせておくことが大事です。

普段着でも問題はありませんが、家族全員で合わせることをおすすめします。

下記記事でお宮参りの服装について紹介しているのでぜひ参考にしてください。

お宮参りの写真を撮影する服装に注意!赤ちゃん・両親の服装を解説お宮参りは、赤ちゃんにとっても、両親としても初めての行事です。 お宮参りでは、赤ちゃんが無事生まれたことと、これからの健康を祈るた...

お参りをする神社を決める

続いては、お宮参りをする神社を決めましょう!

基本的には、地域の神社に行くことが多いですが、有名な神社でご祈祷をしてもらうという方もいます。

ただ、お宮参りは住んでいる地域の氏神様に対して、赤ちゃんが生まれたことの報告とこれからの健康的な成長を祝うことが目的なので、有名な神社に行くよりは地域の神社にお参りをすることがおすすめです。

当日赤ちゃんを抱く人を決める

お宮参りをする際に、誰が赤ちゃんを抱っこするかを決めておきましょう。

昔は、お宮参りをする際に赤ちゃんを抱っこする人は、父親の母でした。

しかし、近年ではそのような風習もなくなっているので、誰が抱っこをしても問題ありません。

とは言っても、当日になって悩まないために、事前に抱っこする人を決めておくことがおすすめです。

ご祈祷をするかどうかを決める

お宮参りをするとなれば、お参りだけで済ませるのか、ご祈祷をするのか決めなければいけません。

必ずしもご祈祷をしてもらわなければいけないということはないので、ご祈祷をしてもらうかどうかを決めておきましょう。

参拝だけの家庭も多いので、ご家族で相談して決めてみてくださいね。

参拝後に食事をする場所を決める

ご祈祷や参拝が終わったら、食事会をするでしょう。

その食事会をする場所を決めておくことがおすすめです。

人数がわからないと食事会の予約がしにくいので、参加する人をはやめの決めておきましょうね。

お宮参り後の食事会で食べるご飯とは?そもそも食事会は必須?お宮参りをするとなると、親戚と集まることもありますよね。 その際に、写真撮影や食事会などいろいろなことを行う家庭が多いです。 ...

写真撮影をするかどうかを決める

お宮参りでは写真撮影をすることが多いです。

写真スタジオや出張撮影サービスを利用しなくとも、ご家族内で写真撮影をしておきましょう。

ただ、お宮参りは赤ちゃんにとって初めての行事なので、できれば記念写真を撮影しておくことがおすすめです。

出張撮影サービスであれば、お参りをしている様子を撮影してもらえるので、二度手間になりません。

気楽に撮影をしてもらいたい方は、出張撮影サービスを利用してみましょう!

お宮参りの写真をスタジオで撮影したい方必見!おすすめの写真スタジオ紹介お宮参りというのは、済んでいる地域の氏神様が祀られている神社にお参りをすることが多いです。 赤ちゃんが生まれたことの報告とこれから...

お宮参り当日のおすすめのスケジュール例

最後に、お宮参り当時のスケジュール例について紹介します。

神社に訪れる:8時ごろ
神社で受付:8時15分ごろ
ご祈祷:9時ごろまで
写真撮影:9~10時
地元の方に挨拶:10~10時半ごろ
食事会をする場所に移動:11時30分ごろ
食事会:11時30分から13時

このようなスケジュールがおすすめです。

あくまでも例なので、これを参考にスケジュールを作ってみましょう!

お宮参りの写真を想い出に残すなら「ふぉとる」!

お宮参りは、赤ちゃんにとって最初の行事となりますよね。

また、親としての立場で見れば両親にとっても最初の行事になります。

そのため、写真撮影をしっかりとしておきましょう!

せっかくの行事ですから、写真におさめることで思い出に残すことができます。

ご自身で撮影することも考えられますが、おすすめの方法はフォトグラファーに撮影してもらうことです。

大手チェーンフォトスタジオを利用することでも写真を撮影してもらうことはできますが、多大な費用が掛かってしまいます。

そのため、費用を抑えつつプロのフォトグラファーに撮影をしてもらうためには、主張撮影サービスを使うことがおすすめです。

出張撮影サービスでは、撮影して欲しい時に、撮影して欲しい場所で、プロのフォトグラファーに撮影してもらうサービスです。

プロのフォトグラファー撮影してもらうことができるので、とてもきれいな写真を残すことができますね! 1時間で1万円程度なので、比較的安いと言えるでしょう。

1時間780円~※
\キャンペーン実施中!/

※クーポン適用時

お宮参り当日の流れまとめ

この記事では、お宮参り当日の流れについて紹介しました。

お宮参りは、赤ちゃんにとって初めての行事なのでしっかりとしてあげることがおすすめです。

また、人生最初の行事なので、写真撮影をしておくことをおすすめします。

絶対に思い出になるので、写真撮影をしておきましょうね!

お宮参りの写真はいつまでに撮影する?おすすめの時期を解説
お宮参りの写真はいつまでに撮影する?おすすめの時期を解説「お宮参りの写真っていつ撮影すればいいの?」 「お宮参りは生まれてから1ヶ月位だけど、絶対にその時期にいかなきゃいけないのかな?」 ...
ABOUT ME
ふぉとる事務局
写真がもっと好きになる総合Webメディア
ふぉとるギフトを大切な人に贈る

・大切な瞬間を思い出に残したい
・新しい形のプレゼントがしたい
・一生の記念に残る写真を撮影してもらいたい

「ふぉとる」は日常の大切な瞬間を切り取る出張撮影サービスです。
みなさんの大切な人へ、ぜひ「大切な瞬間を、ふぉとる」ギフトを。

LINEから無料相談